イベント・講座情報

 市内を中心としたボランティア・市民活動に関するイベント、講座情報です。これから活動を始めたい方はもちろん、ステップアップや仲間づくりを考えている方、是非ご活用ください!!

「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!

 自宅やお庭のお手入れ、料理などセカンドライフがもっと“輝く”全4回の講座です。
 仕事に区切りがつく方の多い60代、これまで気になっていても取り組みことができなかったことを、新たな仲間と楽しんでみませんか?ぜひ、ご参加下さい。

<開催日時・内容・会場>
【1日目】プロに学ぶそば打ち
日  時:平成29年10月4日(水)
      9:30〜14:00
講  師:二八そば越後店主 水島義治氏
持ち物:エプロン、三角巾
会 場:神栖市保健・福祉会館 栄養実習室
    (神栖市溝口1746−1)
 chirashi.jpg
  詳しくはチラシをクリック!

続きを読む "「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!" »

第236回地域ネットワーク勉強会を開催します

【テーマ】
 今、ボランティアの本質と価値を見つめてみよう
 講 師:小原宗一氏
  【NPO法人日本ボランティアコーディネーター協会理事】
 
 日 時:平成29年9月2日(土) 
     午後12時45分 開場・受付開始
     午後1時00分〜
      ・バルーンアートwa`mくーる作品展示・実演
      ・オカリナポポミニ演奏会
     午後1時30分〜午後3時 講演会

 場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室

 参加費:無 料
illust2291[1].png

 今回の勉強会は、ボランティアセンターで実施するボランティア講演会との合同開催となっています。
 ボランティア、企業での社会貢献活動、市民活動、市民協働事業など様々なボランティア活動のスタイルがある中で、自分に合った活動が見つけられるように、ボランティア活動の基本である「自発的な意思に基づき、他者や社会に貢献する行為」を改めて確認し、ボランティア活動の意味や価値を考えるとともに、今後の活動に役立つコミュニケーションの技術を学びます。
 当日は、ボランティア団体「バルーンアートwa`mくーる」の作品展示と実演、演芸ボランティア「オカリナポポ」によるオカリナ演奏も予定しています。ボランティア活動に関心がある方々のご来場をお待ちしています。

 ★詳しくはこちら→ PDFファイル地域ネットワークニュース平成29年9月号


【申込み・問い合わせ先】
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:三浦)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750
E-MAIL:mail@kamisushakyo.com

ボランティア講演会
 〜今、ボランティアの本質と価値を見つめてみよう〜ご案内

kazoku-5.png  
      来る9月2日(土)、神栖市保健・福祉会館において、
 
      市内のボランティア活動家を対象とした
 
      『ボランティア講演会』を開催致します。
          
   近年の日本各地で発生している大規模災害時には、多く方が災害ボランティアとして活動したり、また、ご近所同士の助け合いの大切さがあらためて見なおされています。

 ボランティア活動とは「自発的な意志にもとづき、他者や社会に貢献する行為」を指します。ボランティアの皆さんの活動の目的や内容は様々ですが、共通しているのは“誰かの役に立ちたい”という思いではないでしょうか?

  講演会では、ボランティア活動の意味や価値をあらためて考え、皆で思いを共有します。また今後の活動に役立つコミュニケーション技術も学びます。 
 
  当日は講演会前に、登録団体の『バルーンアートwa'mくーる』の作品展示や実演、演芸ボランティア『オカリナポポ』の演奏も予定しています。ぜひご参加ください!!


【ボランティア講演会】

・日 時   平成29年9月2日(土) 13時〜15時15分(受付開始12時45分〜)

・場 所   神栖市保健・福祉会館 2階 研修室
         (神栖市溝口1746−1 )

・主 催   神栖市社会福祉協議会

・内 容   日本ボランティアコーディネーター協会の、小原宗一氏を講師に迎え
        ボランティア活動の意味や価値をあらためて考えます。
       
                ※詳細についてはこちら  講演会チラシをご覧下さい。

・対象者  ボランティア活動に参加されている方、ボランティア活動に関心がある方

・定 員   70名
       

・参加費   無料

・締 切   平成29年8月28日(月)まで

・申込方法 申込書に必要事項を記入のうえ、メール又はFAXにて下記へお申込下さい。
         ※申込書はこちら → 団体申込書はこちら
                        個人ボランティア申込書はこちら

申込先   神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター

           神栖本所 TEL:0299-93-1029  FAX: 0299-92-8750 
                     E-mail:inoue@ibaraki-welfare.or.jp

           波崎本所 TEL:0479-48-0294  FAX: 0479-48-1294 

★報告★ 『 輝くための“男”の講座』

 この『輝くための“男”の講座』は、定年期を迎えた男性のセカンドライフの充実を目的としており、昨年に続き2回目の開催となりました。
 今回の講座は、『網戸張り』、『庭木のせん定』、『そば打ち』、『災害時にも役立つアウトドア料理』、全4回のプログラムとなっており、18名の男性が参加されました。初日は緊張の面持ちでしたが、回数を重ねるごとに交流も深まり、輝きを増していく男たちの背中がとても頼もしく感じられました!



【1日目】 10月12日(水)
 「網戸の張り替えにチャレンジ」
 講師:神栖市シルバー人材センター会員 藪田紀仁 氏、森田栄一 氏、城之内一男 氏

amido-H28.10.12-1.jpg   amido-H28.10.12-2.jpg

amido-H28.10.12-3.jpg   amido-H28.10.12-4.jpg
 ツインローラーを使って網戸のゴムの入れ方や網をたるませずに張るコツを教えていただきました。自宅から持って来た破けていた網戸を見違えるほど、キレイに張り替えることが出来ました。


続きを読む "★報告★ 『 輝くための“男”の講座』" »

「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!

 自宅やお庭のお手入れ、料理などセカンドライフがもっと“輝く”全4回の講座です。
 仕事に区切りがつく方の多い60代、これまで気になっていても取り組みことができなかったことを、新たな仲間と楽しんでみませんか?ぜひ、ご参加下さい。


<開催日時・内容・会場>
【1日目】 網戸の張り替えにチャレンジ
日  時:平成28年10月12日(水) 9:00〜12:00
講  師:シルバー人材センター会員
持ち物:網戸2枚(自宅にある物)、上靴
会 場:神栖市シルバー人材センター ワークプラザ(神栖市溝口4991−5)

【2日目】庭木のせん定を学ぼう
日  時:平成28年10月19日(水) 9:00〜12:00
講  師:シルバー人材センター会員
持ち物:軍手、刈込ばさみ、せん定ばさみ
会 場:神栖市はさき福祉センター 中庭(神栖市土合本町3−9809−158)

【3日目】プロに学ぶそば打ち
日  時:平成28年10月26日(水) 9:00〜15:00
講  師:二八そば越後店主 水島義治氏
持ち物:エプロン、三角巾
会 場:神栖市保健・福祉会館 栄養実習室(神栖市溝口1746−1)

【4日目】<交流会>災害時にも役立つアウトドア料理!
         (段ボールを使ったピザ焼き、アルミ缶を使った炊飯)

日  時:平成28年11月12日(土) 10:00〜13:00
講  師:ボーイスカウト神栖第1団
持ち物:軍手
会 場:神栖市神之池バーベキュー広場(神栖市溝口4991 神之池緑地内)

   teruogazou28.jpg
   詳しくはチラシをクリック!↑

<定  員>20名(先着順)
<対象者>60歳以上の男性(定年前の方も大歓迎です)
<参加費>1,000円

続きを読む "「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!" »

★報告★ 『 輝くための“男”の講座』

 この『輝くための“男”の講座』は、定年期を迎えた男性のセカンドライフの充実を目的に開催し、男性の趣味として今注目されている「DIY」や「料理」を体験しました。
 全三回のプログラムの中で、『網戸張り』、『まな板づくり』、『そば打ち』の技術を学んだ9名の参加者は、さらに輝きを増した男たちに変身していきました!


【1日目】 10月2日(金)
 DIY講座パート1 「網戸の張り替えにチャレンジ!」
 講師:神栖市シルバー人材センター会員 藪田紀仁 氏、渡會浩好 氏

H27.10.2-1.jpg   H27.10.2-2.jpg

H27.10.2-3.jpg   H27.10.2-4.jpg
 ツインローラーを使って網戸のゴムの入れ方やカッターで網を切るときのコツを丁寧に教えていただきました。参加者のみなさんは、自宅から持って来た網戸をキレイに張り替えていました。自宅に網戸を持って帰ると、奥さまたちに大好評だったようです。


続きを読む "★報告★ 『 輝くための“男”の講座』" »

「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!

 60代は、仕事に区切りがつき、ゆったりと自分の時間を楽しめる方が増える年代です。リラックスして、自分の好きなことをして第二の人生を満喫したいものです。
 今回は、セカンドライフの充実を目的として、男性の趣味として今注目されている“DIY”と“料理”に触れることができる全3回の講座を開催します。ぜひ、ご参加下さい。


<開催日時・内容>
【1日目】 DIY講座 パート1 網戸の張り替えにチャレンジ!
日  時:10月2日(金) 9:00〜12:00
講  師:シルバー人材センター会員
持ち物:網戸2枚(自宅にある物)、カッター、ツインローラー

【2日目】 DIY講座 パート2 まな板づくり 〜かんなの使い方〜
日  時:10月14日(水) 9:00〜12:00
講  師:シルバー人材センター会員(元建具職人)
持ち物:かんな、かなづち

【3日目】 プロに学ぶ“男”の料理! そば打ちに挑戦!
日  時:10月28日(水) 9:00〜15:00
講  師:二八そば越後店主 水島義治氏
持ち物:エプロン、三角巾、2日目に作ったまな板

        teruogazou.png
     詳しくはチラシをクリック!↑

<会  場>1・2日目 神栖市シルバー人材センター ワークプラザ(神栖市溝口4991−5)
         3日目  神栖市保健・福祉会館 栄養実習室(神栖市溝口1746−1)
<定  員>20名(先着順)
<対象者>60歳以上の男性(定年前の方も大歓迎です)
<参加費>1,000円

続きを読む "「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!" »

ボランティア・市民活動フェスティバル2015
〜安心した地域生活を送るために“ワタシ”ができること〜ご案内

kazoku-5.png  茨城県社会福祉協議会より『ボランティア・市民活動フェスティバル2015〜安心した地域生活を送るために“ワタシ”ができること〜』への参加支援の周知支援がありましたので、ご案内いたします。
   このフェスティバルは、地域の課題解決のために日々活動している方たちにスポットをあてて、ボランティア・市民活動の裾野を広げるとともに、活動をしている者同士、また活動している者とこれから活動している人々が「つながる」ことを目的として開催いたします。 

◆日 時   平成27年8月20日(木) 10時〜15時30分(受付開始9時30分〜)
◆場 所   常磐大学 H棟(全体会)、G棟/H棟(分科会)
         (水戸市見和1−430−1)
◆主 催   茨城県社会福祉協議会、常磐大学
         ※茨城県社会福祉協議会と常磐大学の包括連携協定に基づき開催します。
◆内 容   「100万人のGOMI拾い」提唱者である小説家 荒川祐二 氏による基調講演や
         様々なテーマの分科会を設けています。また、夏休み企画として、夏のデザートの
         販売もあります。
         ※詳細についてはこちら日程詳細をご覧下さい。
◆対象者  ボランティア・市民活動に関心がある方
◆定 員   230名
        (第1・第2分科会・・・各30名、第3・第5分科会・・・各60名、第4分科会・・・50名)
◆参加費   無料(※昼食は各自でご用意下さい。)
◆締 切   平成27年8月7日(金)まで
◆申込方法 申込書に必要事項を記入のうえ、メールまたはFAXにて下記へお申込下さい。
         ※申込書はこちら → 申込書
◆申込先   茨城県社会福祉協議会 福祉のまちづくり推進部
         TEL:029-241-1133 FAX: 029-241-1434 E-mail:inoue@ibaraki-welfare.or.jp

かみすみらいカフェ
〜人がつながる参加型まちづくり〜のご案内

kazoku-4.png  (公社)かしま青年会議所より『かみすみらいカフェ〜人がつながる参加型まちづくり〜』への参加支援の周知依頼がありましたので、ご案内いたします。
 このセミナーでは、地域の方々が実際にワークショップという手法を用いて、自分たちで地域の魅力を引き出し「この神栖地域がどうしたら元気になるか?」、「良いアイデアはどのように生み出すことが出来るのか?」を考えていく実践型のセミナーです。開催趣旨をご理解頂き、ぜひご参加下さい。


◆日   時  平成27年6月18日(木)19時〜21時30分(受付18時30分)
◆場   所  鹿島セントラルホテル 本館 飛鳥
          (神栖市大野原4−7−11 TEL:0299−95−5511)
◆主   催  公益社団法人 かしま青年会議所
◆参 加 費   無料
◆定   員  100名
◆申込方法  申込書をかしま青年会議所のホームページからダウンロードして頂くか、
          社会福祉協議会(ボランティアセンター)神栖本所及び波崎支所の窓口
          に設置しておりますので、必要事項を記入のうえ、下記の申込先へFAX
          にてお申込み下さい。
◆申 込 先   公益社団法人 かしま青年会議所
          FAX :0299−92−9321
◆問 合 先   公益社団法人 かしま青年会議所
          ソーシャルデザイン委員会 委員長 川畑雄一
          携帯:090−4937−5271

◇報告◇ステキに変身♪ ビューティーセミナー♪  〜メイクボランティア講座〜

26.12meiku-1.jpg  11月19日(木)に開催した『メイクボランティア講座』は18名の方にご参加いただき、アイビー化粧品茨城第3販社のメイクアップアーチストの青砲気鵑鮃峪佞砲迎えし、メイクとハンドマッサージの基本を学びました。当日は『もっと美しくなりたい』というワクワクした気持ちと、相手の人に上手にメイクできるかしら・・・と不安な思いもありましたが、受講生のみなさんはこの日が来るのをとても楽しみにされていました。
 講師よりご提供頂いた化粧品と化粧道具を使い、メイクの基本、顔をタッチする時の手の動かし方、ハンドマッサージを学びました。実技は受講生同士がモデルとなり、アイメイク、チーク、口紅の色を楽しく選びながらメイクを完成させました。
 

26.12meiku-3.jpg  12月11日(木)、はさき福祉センターで毎月開催されている、わくわくサロンすこやかを訪問し、参加者の皆さんにメイクやハンドマッサージを体験して頂きました。  「お化粧しましょうか?」の声かけに、はじめは遠慮がちなサロンの皆さんでしたが、1人が「私やってもらおうかしら・・・」とメイクを始めると次々と「私もやってもらおう♪」とメイク席は満席に。
 「口紅もピンクがお似合いね♪」「目元ぱっちり、唇もつやつやでステキよ」と、会場はみなさんのニコニコとした笑顔であふれました。お化粧でよりステキに変身した姿をみて、メイクをした受講生も笑顔になりました。 

続きを読む "◇報告◇ステキに変身♪ ビューティーセミナー♪  〜メイクボランティア講座〜" »

ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜受講生募集!

 女性であれば誰でも、メイクが持つ“パワー”を実感したことがあるのではないでしょうか。メイクによって気分が高まったり、自然と笑顔になれたり、人と会うときに自信が持てたり…。

 この講座では、相手に化粧をする時の簡単なポイントやお肌のお手入れ方法、ハンドマッサージなどを学び、メイクを通じて“笑顔になる魔法”を参加者同士で一緒に体験します。

 受講後に、市内の高齢者施設やわくわくサロン等を訪問し、高齢者のメイクボランティアとして活動する機会を設けています。メイクやボランティア活動に興味がある方は、是非参加して下さい。
 

meiku.3.png 講座名:ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜
日  時:平成26年11月19日(水) 10時〜12時まで
場  所:神栖市女性・子どもセンター 2階 集会室
対象者:メイクやボランティアに興味がある方
講  師:アイビー化粧品 茨城第3販社 青暴禹匯
参加費:無料
定  員:先着20名

【内 容】
 1.化粧品の基礎的な使い方
 2.お化粧をしてみよう!
    ・スキンケア(化粧水、乳液)
    ・メーキャップ(ファンデーション、口紅、ほほ紅など)
 3.ハンドマッサージ

※上記2〜3を2人1組になって相手に行います。
※当日はアイビー化粧品を使用します。お肌がデリケートな方はご相談下さい。


申込先:神栖市社会福祉協議会 波崎支所 TEL 0479−48−0294

【報告】夏休み!親子でハッピー☆バルーン教室

 夏休みを利用し、“気軽に・楽しく・子どもと一緒に”できるボランティア活動のきっかけづくりを目的として、『夏休み!親子でハッピー☆バルーン教室』を2日間(7月26日、8月2日)に渡って開催しました。
 講師は、市内を中心に活動されているバルーンアートボランティアの「バルーンwa’mくーる」(当センター登録ボランティア)のみなさんです。

DSC03402.JPG   DSC03401.JPG
“バルーンwa’mくーる”代表の佐藤さん  “バルーンwa’mくーる”のみなさん

続きを読む "【報告】夏休み!親子でハッピー☆バルーン教室" »

夏休み!親子でハッピー☆バルーン教室開催!参加者募集!!

 子どもだけではなく大人も夢中になれるのが“バルーンアート”。そのかわいらしさと、特別な道具を必要としない手軽さから多くの場面で活用でき、コミュニケーションツールとしても人気があります。
 この教室では、細長い風船をねじったり、結んだりする基本的なテクニックを学び、“気軽に・楽しく・子どもと一緒に”できるボランティア活動のきっかけづくりを目的として、2日間コースで開催します。
 夏休みにバルーンアートを通じて、子どもと触れ合い、楽しい時間を過ごしてみませんか。ぜひ、ご参加下さい!お申込をお待ちしています。
DSC00918.JPG

★バルーンアートとは・・・風船を使って動物などのオブジェを作ったり、デコレーションをしたりすることです。空気を入れたバルーンをひねったり、むすんで連結させたりすることで、様々な楽しいオブジェを作ることができます。

講座名:夏休み!親子でハッピー☆バルーン教室
日  時:【1日目】平成26年7月26日(土)10時00分〜12時00分
     【2日目】平成26年8月 2日(土)10時00分〜12時00分
場  所:神栖市保健・福祉会館 2階 会議室2
対象者:バルーンアートに興味がある親子
定  員:15組(2日間、参加できる方)
講  師:バルーンアートボランティア バルーンwa'mくーる
参加費:無 料
申込先:ボランティアセンター TEL 0299−93−1029

☆内 容☆
【1日目】
  ○バルーンの膨らませ方、結び方、ひねり方
  ○バルーンアートに挑戦! 舛わいい動物や花を作ろう!〜
【2日目】
  ○バルーンアートに挑戦!◆船▲鵐僖鵐泪鵑覆匹離ャラクターを作ろう!〜

※風船やポンプ(空気入れ)は、こちらでご用意します。


風船アートにわくわくドキドキ・・・ハッピー!バルーン教室

DSCF0825.JPG
受付ではアンパンマンがお出迎え♪
 3月8日(土)、年齢を問わず出来るボランティア活動のきっかけとして、バルーンアートの楽しさを体験していただくための講座を、神栖女性・子どもセンターを会場に開催しました。

 講師は、昨年同じ講座を受講され、バルーンアートの奥深さに魅せられてボランティアグループを立ち上げ、楽しみながら活動されている『バルーンwa’mくーる』のみなさんです。

 午前の一般の部は18名、午後からの親子の部は13組27名の参加がありました。


 みなさん風船を扱う顔は破裂しないよう真剣そのもの。最初はおっかなびっくりぎごちなかった手つきも、「犬」を3匹仕上げたあたりから段々とこつを掴みかけ、次の「花」が仕上がる頃には自分なりのアレンジを加える方もいるほどの目覚ましい上達ぶりです。

 普通の風船が手を加えることで様々な形に変化していく様子に創作意欲をかき立てられ、アンパンマンやくまのぷーさんの作り方を聞いて帰る方やもっと習ってみたいという方もいらっしゃいました。

 大人も子どももカラフルな風船に囲まれ、わくわくドキドキしながらの笑顔溢れる楽しいひとときを過ごしていただきました。

 両手に抱えきれないほどいっぱい出来上がった作品は、用意した特大袋に大切に詰められ素敵なお土産となりました。



IMG_2804.JPG
   かわいいお花がたくさん!

続きを読む "風船アートにわくわくドキドキ・・・ハッピー!バルーン教室" »

ハッピー☆バルーン教室 〜風船の楽しさを体験しよう!〜 参加者募集!3月8日(土) in波崎〜

 子どもだけではなく大人も夢中になれるのが“バルーンアート”。そのかわいらしさと、特別な道具を必要としない手軽さから多くの場面で活用でき、コミュニケーションツールとしても人気があります。
 この教室では、細長い風船をねじったり、結んだりする基本的なテクニックを学びます。
barun2.jpg

 カラフルな風船をワクワク、ドキドキしながら曲げて、ひねって形をつくる、楽しい体験をしてみませんか。
 親子で工夫することの楽しさに触れたい方、地域のお祭りや子ども会などのイベントに活用したい方など、子どもから大人まで大歓迎です!ぜひ一度、バルーンアートの魅力を感じてみて下さい。お申込をお待ちしています。

★バルーンアートとは・・・風船を使って動物などのオブジェを作ったり、デコレーションをしたりすることです。空気を入れたバルーンをひねったり、むすんで連結させたりすることで、様々な楽しいオブジェを作ることができます。
barun1.jpg   講座名:ハッピー☆バルーン教室
         〜風船の楽しさを体験しよう!〜
  日  時:平成26年3月8日(土)
       【一般の部】10時00分〜12時00分まで [定員30名]
       【親子の部】13時30分〜15時30分まで [定員30組]
  場  所:神栖市 女性・子どもセンター 集会室
  対象者:バルーンアートに興味がある方
  講  師:ボランティアグループ バルーンwa’mくーる
  参加費:無 料

【内 容】
 ステップ1 バルーンの膨らませ方、結び方、ひねり方
 ステップ2 バルーンアートに挑戦!〜かわいい犬や花、ブレスレットを作ろう!〜
※風船やポンプ(空気入れ)は、こちらでご用意します。

申込先:ボランティアセンター TEL 0479−48−0294 担当 横田・篠塚

★報告★ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜

【講座編】
 9月10日(火)、資生堂(茨城オフィス)より市来ルミ子氏をお招きしてビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜を開催し、30〜70歳代の女性15名が受講されました。

 この講座は、相手にお化粧をするときの簡単なポイントやハンドマッサージを学び、高齢者や障害者がお化粧によって、健康で生き生きと暮らせるよう美容を通じて心身のサポートをするボランティア活動のきっかけづくりを目的としており、昨年から引き続き2回目の開催となりました。

■講座の様子

make-1.jpg  make-2.jpg

 講座では、スキンケア(化粧水・乳液)とメーキャップ(ファンデーション・口紅・ほほ紅)のお化粧のポイントとハンドマッサージを2人1組のペアになって行いました。
 お化粧のポイントだけではなく、スキンケアで使うコットンの持ち方から相手に合うファンデーションの色の選び方、相手に対しての声かけなどの心遣いまで教えて頂き、受講生は美容のプロから技を学ぼうと真剣な眼差しでした。
 さらに講師より「“相手の肌に触れること”は“相手の心に触れること”です。」 と、技術よりも大切なことを教えて頂きました。

続きを読む "★報告★ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜" »

ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜受講生募集!

 「内面も外見も、いつまでも美しく輝いていたい!」女性なら誰もが願うことではないでしょうか。
 化粧によってほんの少しキレイになるだけで、家に閉じこもりがちだった高齢者が少しずつ外出するようになり、笑顔を取り戻すようになった事例もあります。
 メイクは女性の意識改善のきっかけになったり、自分への関心を高めたりといった活動意欲の向上が望めます。
 今回の講座では、相手に化粧をするときの簡単なポイントやハンドマッサージなどを学び、高齢者や障害者が“笑顔になる魔法”を一緒に体験します。受講後は、市内のわくわくサロンや高齢者施設等を訪問し、メイクボランティアとして活動する機会があります。ぜひ、ご参加下さい。

 この講座は、昨年も実施し20〜70歳代の女性22名が受講されました。現在は、『笑顔になる魔法の仕掛け人(メイクボランティア)』として活動中です。
 活動中の様子はこちら→ ☆わくわくサロンすこやか☆ ☆デイサービスセンターオレンジノート☆

biyo.png

  講座名:ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜 
  日 時:平成25年9月10日(火) 9時45分〜12時まで
  場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室
  対象者:メイクボランティアに興味がある方
  講 師:資生堂 市来ルミ子氏
  参加費:1,000円 
  定 員:先着20名

【内 容】
 1.化粧品の基礎的な使い方
 2.お化粧をしてみよう!
    ・スキンケア(化粧水、乳液)
    ・メーキャップ(ファンデーション、口紅、ほほ紅)
 3.ハンドマッサージ

※上記2〜3を2人1組になって相手に行います。
※当日は資生堂の化粧品を使用します。お肌がデリケートな方はご相談下さい。


申込先:ボランティアセンター TEL 0299−93−1029

「ボランティア・市民活動シンポジウム2013」のご案内
〜被災地復興と住民主体の地域づくりのあり方を考える〜

kazoku-2.png  茨城県社会福祉協議会より茨城県内でボランティア活動を実施している活動者を対象に、他県で行われているボランティア活動を学び、ボランティア活動者のスキルアップ、またボランティア活動者同士の交流を目的に、“ボランティア活動ステージアップ研修”として、『ボランティア・市民活動シンポジウム2013』への参加支援の周知依頼がありましたので、ご案内いたします。
   このシンポジウムでは、東日本大震災からの復興の取り組みや住民を中心とした多様な関係者が関わる最新の市民参加の事例をもとに、これからの新たな住民参加のあり方やボランティア・市民活動の展開について議論します。ぜひ、ご参加下さい。

◆日 時  平成25年6月6日(木)13時30分〜17時00分
◆場 所  国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟1階102
        (東京都渋谷区代々木神園町3−1  TEL:03−3469−2525)
◆主 催  「広がれボランティアの輪」連絡会議
◆内 容  詳細についてはこちら開催要項をご覧下さい
◆対象者 ボランティア・市民活動推進機関・団体関係者、活動実践者(ボランティア・NPO
       ・スタッフ等)、その他活動に興味のある方等
◆定 員  200名 ※茨城県内40名程度(最小催行人数 20名)です。(先着順)
◆交 通  現地集合もしくは下記よりバスが出ます
        ○水戸駅発(当日 行き…午前 8:30出発  帰り…午後8:00到着)
        ○守谷駅発(当日 行き…午前10:40出発  帰り…午後6:30到着)
◆参加費  無料
◆締 切  5月23日(木)
◆申込先 神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター 担当:馬場、下田
         TEL 0299-93-1029 FAX 0299-93-2333

【報告】ハッピー☆バルーン教室
〜風船の楽しさを体験しよう!〜

 3月16日(土)、バルーンアートボランティアの佐藤友美乃氏をお招きし「ハッピー☆バルーン教室〜風船の楽しさを体験しよう!〜」を開催しました。午前の一般の部は16名、午後の親子の部は16組(41名)とたくさんの方が受講され、バルーンの魅力を感じて頂きました。

DSCF6728.JPG   DSC00905.JPG
 まずステップ1で基本となるバルーンの膨らませ方、結び方、ひねり方をしっかりマスターしたあと、ステップ2に進み犬やキリン、一輪花や花のブレスレットを作りました。

続きを読む "【報告】ハッピー☆バルーン教室
〜風船の楽しさを体験しよう!〜" »

ハッピー☆バルーン教室〜風船の楽しさを体験しよう!〜 参加者募集!定員に達しましたので受付終了とさせて頂きます。ありがとうございました。

 子どもだけではなく大人も夢中になれるのが“バルーンアート”。そのかわいらしさと、特別な道具を必要としない手軽さから多くの場面で活用でき、コミュニケーションツールとしても人気があります。
 この教室では、細長い風船をねじったり、結んだりする基本的なテクニックを学びます。
d0185319_1555497.jpg

 カラフルな風船をワクワク、ドキドキしながら曲げて、ひねって形をつくる、楽しい体験をみんなでしてみませんか。
 親子で工夫することの楽しさに触れたい方、地域のお祭りや子ども会などのイベントに活用したい方など、子どもから大人まで大歓迎です!ぜひ一度、バルーンアートの魅力を感じてみて下さい。お申込をお待ちしています。

★バルーンアートとは・・・風船を使って動物などのオブジェを作ったり、デコレーションをしたりすることです。空気を入れたバルーンをひねったり、むすんで連結させたりすることで、様々な楽しいオブジェを作ることができます。

artbaloon.JPG   講座名:ハッピー☆バルーン教室
         〜風船の楽しさを体験しよう!〜
  日  時:平成25年3月16日(土)
       【一般の部】10時00分〜12時00分まで [定員15名]
       【親子の部】13時30分〜15時30分まで [定員20名]
  場  所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室
  対象者:バルーンアートに興味がある方
  講  師:バルーンアートボランティア 佐藤友美乃氏
  参加費:無 料

【内 容】
 ステップ1 バルーンの膨らませ方、結び方、ひねり方
 ステップ2 バルーンアートに挑戦!〜かわいい動物や花、かっこいい剣を作ろう!〜
※風船やポンプ(空気入れ)は、こちらでご用意します。


申込先:ボランティアセンター TEL 0299−93−1029

平成24年度茨城県ボランティア活動研究集会のご案内
〜広げよう、繋いでいこう、ボランティア〜

H24.7.19.jpg  神栖市の「メイクボランティア」が実践活動発表します!
 今年度は若年層・青年層のボランティア活動参加や、活動を次世代に繋ぐための仕掛けづくりを考えます。ボランティア活動をしている方や興味のある方、是非参加ください。

続きを読む "平成24年度茨城県ボランティア活動研究集会のご案内
〜広げよう、繋いでいこう、ボランティア〜" »

【報告】家庭で活かせる! お掃除のプロに学ぼう!!講座が終了しました

 9月26日(水)、「家庭で活かせる! お掃除のプロに学ぼう!!講座」を矢田部公民館を会場に開催しました。参加者はベテラン主婦やきれい好きな男性など、計27名の方にご参加いただきました。
 講師は神栖市でハウスクリーニング業を行っている「(有)ショウコーサービス」代表の山本正男氏にご指導をいただきました。
 「お掃除」は私たちが毎日気持ちよく生活するうえで欠かせません。「きれいな部屋で生活したい!」と誰もが思いますが、主婦の皆さんでも、なかなかきれいにならないと感じているお掃除の疑問を解決するために、お掃除のコツをプロの方に教えていただきました。

madohuki.jpg

続きを読む "【報告】家庭で活かせる! お掃除のプロに学ぼう!!講座が終了しました" »

お掃除プロの“技”を学ぼう!!講座
定員に達しましたので受付終了とさせて頂きます。ありがとうございました。

 換気扇の油汚れや、窓のサッシ部の掃除に苦労されていませんか?     
 今回の講座は、家庭でのお掃除をもっとキレイに仕上げるコツと掃除道具の上手な使い方を『窓と台所』を中心に"ハウスクリーニングのプロ”の方に教えていただきます。どなたでも参加できますので、お気軽にお申し込み下さい。男性のご参加も大歓迎です!



madohuki.jpg

  日 時:平成24年9月26日(水)午前10時〜12時 
  場 所:神栖市矢田部公民館 1階 視聴覚室
  講 師:市内のハウスクリーニング業者
  参加費:無料
  持ち物:乾いた使用済みのタオル1枚(雑巾用)
  対象者:どなたでも受講できます
  定 員:20名 
  申込締切:9月19日(水)まで


※申込み・問合せ先※
 神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
 神栖本所 TEL0299-93-0294(担当:馬場)
 波崎支所 TEL0479-48-0294(担当:横田)

メイクボランティアの活動が地域の広報誌で紹介されました♪


setumeicosme1.gif

 平成24年9月6日に発行された『よみうりタウンニュース(No.1348)』で、メイクボランティア活動の様子が掲載されました。


★掲載された記事はコチラ♪ → メイクボランティア紹介記事


 神栖社協のボランティアセンターでは、今後もメイクボランティア講座の企画やメイクボランティア受講生のメンバーとともに市内の各施設での活動を予定しています。

★報告★ビューティーセミナー
〜メイクボランティア講座〜 【実践編】

illust3445.png  7月19日(木)に開催した『メイクボランティア講座』の受講生12名が、8月9日(木)に市内の高齢者施設を訪れ、利用者の皆さんにメイクやハンドマッサージを施し、活動の第一歩を踏み出しました。

★『メイクボランティア講座』の詳細はコチラ♪ → ビューティーセミナー 〜メイクボランティア講座〜

mv.240809.005.JPG  「お化粧してみませんか?」の声かけに、はじめは遠慮がちな利用者の皆さんでしたが、1人が「やってもらおうかしら・・・」とメイクを始めると次々に「私も♪」と声があがりました。
 あちこちの席で「この色で合うかしら?」「このマニキュア綺麗な色ね」と、会場である施設は化粧品売り場のような賑わいに。

続きを読む "★報告★ビューティーセミナー
〜メイクボランティア講座〜 【実践編】" »

★報告★ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜

 7月19日(木)、資生堂(茨城オフィス)より小菅絹子氏をお招きしてビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜を開催し、20〜70歳代の女性22名が受講されました。
   この講座は、相手にお化粧をするときの簡単なポイントやハンドマッサージを学び、高齢者や障害者がお化粧によって、健康で生き生きと暮らせるよう美容を通じて心身のサポートをするボランティア活動のきっかけづくりを目的に開催しました。

■講座の様子
kosuge.jpg   make.2.jpg
 “美容のプロ”指導のもと、参加者が2人1組のペアになりスキンケア(化粧水・乳液)、メーキャップ(ファンデーション・口紅・ほほ紅)、ヘッド&ハンドマッサージ、ネイルをお互いに施す実践型の講座となりました。 
 お化粧をしたあとのみなさんは、笑顔がキラキラと輝いていてメイクの持つ“パワー”を実感しました。 参加されたほとんどの方が、今後メイクボランティア活動をしてみたい!との意思表示をされ、今後の活躍が期待されます。
 そしてさっそくですが、8月9日(木)に市内のデイサービスに出向き、今回の講座で習得した高齢者へのメイクやハンドマッサージの技を披露する予定です。

続きを読む "★報告★ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜" »

ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜受講生募集!定員に達しましたので受付終了とさせて頂きます。ありがとうございました。

 「内面も外見も、いつまでも美しく輝いていたい!」女性なら誰もが願うことではないでしょうか。
 化粧によってほんの少しキレイになるだけで、家に閉じこもりがちだった高齢者が少しずつ外出するようになり、笑顔を取り戻すようになった事例もあります。
 メイクは女性の意識改善のきっかけになったり、自分への関心を高めたりといった活動意欲の向上が望めます。
 今回の講座では、相手に化粧をするときの簡単なポイントやハンドマッサージなどを学び、高齢者や障害者が“笑顔になる魔法”を一緒に体験します。受講後は、市内のわくわくサロンや高齢者施設等を訪問し、メイクボランティアとして活動する機会があります。ぜひ、ご参加下さい。


meiku.png

  講座名:ビューティーセミナー〜メイクボランティア講座〜 
  日 時:平成24年7月19日(木) 9時30分〜12時まで
  場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 会議室2
  対象者:メイクボランティアに興味がある方
  講 師:資生堂 小菅絹子氏
  参加費:無 料 
  定 員:先着20名

【内 容】
 1.化粧品の基礎的な使い方
 2.お化粧をしてみよう!
    ・スキンケア(化粧水、乳液)
    ・メーキャップ(ファンデーション、口紅、ほほ紅)
 3.ヘッド&ハンドマッサージ
 4.ネイルの塗り方

※上記2〜4を2人1組になって相手に行います。
※当日は資生堂の化粧品を使用します。お肌がデリケートな方はご相談下さい。


申込先:ボランティアセンター TEL 0299−93−1029

ボランティア研究集会のご案内 〜鹿行ボランティア活動研究集会〜
今年は鹿嶋市で開催!テーマ『想いを伝える』

行方市・鉾田市・鹿嶋市・潮来市・神栖市でそれぞれ活動している個人ボランティア、ボランティアグループを対象とした研修会が開催されます。今年は東日本大震災がきっかけとなり、日頃からボランティア活動に参加している方も、災害ボランティアとして初めてボランティア活動に参加した方も、色々と考える機会となりました。今回は!「想いを伝えよう」をテーマとした講演会と活動発表を行います。是非ご参加下さい。
2011.12.13suzume.JPG

◆日 時     平成24年1月21日(土)午後1:30〜4:30

◆場 所     鹿嶋市大野ふれあいセンター 多目的ホール

            ※当日、会場までのバスを用意しますのでご利用下さい。

           (神栖市保健・福祉会館 保健センター前 集合出発 午後12:15)

◆講演内容   テーマ「仲間づくりの魅力」
     
          講師:常磐大学コミュニティ振興学部ヒューマンサービス学科 池田幸也 氏

          ☆私たちは東日本大震災で被災し、地域のつながりの大切さを改めて感じ、この
           経験を活かして、今後のボランティアの仲間づくりに活かす方法について 

◆ボランティア活動発表
           1.神栖市「友愛サロン」
          2.鉾田市「鉾田市女性連絡協議会」
          3.潮来市「大生原地域ふれあい給食サービス」 

◆定 員  定 員 280名 神栖市内30名程度 
        ※先着順とさせて頂きます。
◆参加費  無料 

◆申込締切 12月28日(水)締切

◆主 催  鹿行ブロックボランティア活動推進会議

◆問合せ・申込先 神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター 担当:横田
            TEL 0299-93-1029 FAX 0299-93-2333
   
E-mail mail@kamisushakyo.com

鹿行ボランティア活動研究集会募集チラシはこちら

夏のボランティア体験月間2011 「体験報告」

 神栖市社会福祉協議会では、7月8月の『ボランティア体験月間』に、神栖市内の社会福祉施設やボランティア団体等の協力をいただきボランティア活動の“きっかけづくり”を目的として、体験プログラムを実施しました。子どもから大人まで多くの皆さんが参加し、新しい出会いがたくさんありました。
 また、3月に発生した「東日本大震災」で活動された災害ボランティアの方からの報告会も開催し、『私たちにできること』を市内の皆さんと一緒に考える機会となりました。



2011かみすボランティア体験月間 活動プログラム体験フォト集


★災害ボランティア講座


・7月16日開催
【協力:災害ボランティア登録者(佐藤氏、吉本氏)、日赤アマチュア無線奉仕団神栖地区分団】
市内や東北の被災地で活動した災害ボランティアの方が集まり、「私たちに何ができるのか」
真剣に話し合いました。
saigaiotona2.JPG saigaiotona.JPG

・7月22日、8月27日開催(小中学生のための災害ボランティア講座)
【協力:災害ボランティア登録者(吉本氏)、おはなしボランティアの会ひまわり 田村氏、わくわくサロン松原 瀬尾氏】
子どもたちは、被災地へ心のこもったお手紙を書きました。
saigaikodomo.JPG tegami.JPG

続きを読む "夏のボランティア体験月間2011 「体験報告」" »

やってみっぺよ!!ボランティア〜 かみす夏のボランティア体験のお知らせ〜


 毎年7〜8月は全国の社協が中心となり、各地で様々なボランティア体験ができる『ボランティア体験月間』となっています。神栖市社協でも、東日本大震災で活動された災害ボランティアや市内福祉施設でのボランティア体験プログラムを計画しました。

 「年齢や生活スタイルにあわせた、自分でとりくんでみたいボランティア活動」に、夫婦で、親子で、お友達と一緒に是非ご参加下さい。
 ボランティアセンターが「あなたの思い」を応援します!参加者大募集!

くわしい活動プログラムはコチラ


yashi_01.JPG

◆体験期間 平成23年7月1日から8月31日の間で受入団体・施設等の定める期間
◆体験場所 市内社会福祉施設、ボランティア団体等の指定場所
◆参加対象 ボランティア活動に参加したい方
         (受入施設等によっては小学生の参加には保護者同伴を
          条件とさせていただく場合もあります。)
◆募集人数 受入施設・団体の定員による
◆参加費  無 料 ※体験内容によりボランティア保険(¥180−)に
              加入が必要なものがあります。
◆協  力 市内のボランティア活動団体、福祉施設等
◆申込方法 社協窓口または笋砲道前申込みをお願いします。
        ※ 福祉施設でのボランティア体験は社協窓口で前日までに
          ボランティア保険加入の手続きをお願いします。
◆安心して体験していただくために  
 活動中の万一の事故に備えるため、体験お申込み時にボランティア活動保険をご紹介しています。ご加入希望の方は、ご印鑑と掛け金(Aプラン180円)をお持ちください。

 ◆申込先  
神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター(担当:横田、下田)
TEL 0299-93-1029 FAX 0299-93-2333
波崎支所(担当:飯田)
TEL 0479-48-0294 FAX 0479-48-1294
E-mail mail@kamisushakyo.com

平成23年度…ボランティア養成講座…「傾 聴 講 座」を開催します

7月14日(木)、15日(金)「2日間コース」


 「傾聴」とは相手の話に耳を傾け心を込めて聴くことです。
 本講座ではカウンセリングの技法を使い「傾聴する」コツを学びます。ボランティア活動はもちろん日頃の対人関係にすくにでも活かせるコミュニケーションスキルをこの機会に身につけてみませんか。


右の画像をクリックすると傾聴講座のご案内と申込書(PDF)がご覧になれます
クリックkeichokoza23.7.14.15-ho-mupe-ji.JPG

続きを読む "平成23年度…ボランティア養成講座…「傾 聴 講 座」を開催します" »

平成23年度水戸養護学校「ボランティアスクール」のご案内 

茨城県立水戸養護学校PTAより、上記講座について周知依頼がありましたのでご案内します。04SPR21Atukusi.JPG
子どもたちとのふれあいの中で、ボランティアのノウハウを学びましょう!講座終了後に本校のボランティアとして活動してくださる方大歓迎です。

◆日 程  平成23年 6月25日(土)、8月12日(金)、10月1日(土)、
        11月5日(土)、12月10日(土)…全5回講座
◆場 所  茨城県立水戸養護学校ほか   【水戸市吉沢町3979 】
       (JR水戸駅の関東鉄道バス「吉沢車庫行」一里塚下西バス停下車徒歩7分)
◆内 容  講義:「障害のある子のかかわり方」「街に出かけよう」〜買い物&食事〜
       演習:「もちつきをしよう」〜みんなでぺったん〜
       講義:「福祉の現実とボランティア活動」 演習:「楽しく動こう」〜レク大会〜
       演習:「音楽を楽しもう」〜みんなでチャチャチャ〜 他
◆対 象  高校生、専門学校生、大学生、一般社会人でボランティアに関心のある方
◆定 員  50名 (定員になり次第、締め切ります。)
◆参加費  無料(本校までの交通費及び昼食代等は、各自負担となります。)
◆主 催  茨城県立水戸養護学校PTA
◆問合せ・申込先 所定の参加申請書にてFAX又は郵送で下記へ申し込んでください。
            水戸養護学校ボランティアスクール係
            〒310−0845 水戸市吉沢町3979 
            TEL:029−247−5924 【FAX:029−248−6704】
            ※チラシ及び申し込み用紙(PDF版)
◆申込締切 平成23年6月6日(月)

お待たせしました。第19回ふれ愛ミニスポーツ大会開催のお知らせ

ボランティア連絡協議会では、3月に開催予定していた、毎年こどもや高齢者・障害者とボランティア(市民)の交流を目的とした「ふれ愛ミニスポーツ大会」を6月に開催します。今年も楽しいレクリエーションをたくさん行います。どなたでも参加できますのでお気軽にお申込み下さい。
hosuto.JPG

◆日 時◆ 平成23年6月5日(日)9:00〜15:00  (8:40受付開始)

◆会 場◆ 神栖市民体育館

◆内 容◆ レクリエーションで楽しもう! 

◆参加費◆ 300円(当日集めます)3才以下は無料

◆申込締切◆5月28日(土)まで

◆持ち物◆ 上ばき、運動しやすい服装、飲み物、

◆昼 食◆ 主催者でおにぎり2個を用意します

◆保 険◆ ボランティア保険やAIU等の各自の保険で対応をお願いします。

◆問合先◆ 神栖市ボランティア連絡協議会 代表 梶山 0299-96-0331

                                早田 0299-96-2715

               ボランティアセンター 担当 高森 0299-93-1029

神栖市ボランティア集会 報告

3月5日(土)神栖市保健・福祉会館において、神栖市ボランティア集会が開催しました。
今年も「市内のボランティア大集合!観て・話して・体感して・つながろう!広がろう!」をテーマとし、社協登録ボランティア団体3団体の活動発表と、新しく誕生したわくわくサロン2団体の紹介を行いました。当日は市内の50名のボランティア活動家や神栖高校生の皆さんにご参加いただき、楽しく情報交換をすることが出来ました。
 では当日の発表の様子をご紹介します。

 
神栖市「劇団ふれあい」文化協議会の演劇「だるまちゃんとてんぐさん」
   〜だるまの親子と山の中に住む天狗の親子のほのぼのとした親子関係を描いた人形劇〜
☆神栖市「劇団ふれあい」文化協議会の活動は、平成6年に会が発足して会員数は現在11名。はさき生涯学習センターで毎月2回、地域の子どもたちを対象とし、人形劇や読み聞かせ、お話し会やパネルシアターを行って郷土愛を育てる「心の豊かさを育む」ボランティア活動を行っています。

今回の人形劇の人形は手作りでとてもかわいらしく、楽しい歌と代表者の須之内さんの名アドリブを交えてお話しがどんどん展開され、観ている人たちは楽しい世界に引き込まれてゆきました。
2011.3.5-1.JPG2011.3.5-3.JPG
2011.3.5-2.JPG


うぐいすの会 朗読発表
   〜朗読の世界をみんなで満喫しました。さだ まさしの「つぐない」に感動しました〜
☆うぐいすの会の会員数は現在20名です。主な活動は、視覚障害者の方に送る市の広報紙「広報かみす」を音訳する朗読ボランティアを続けています。その他に定期的に児童館や福祉作業所を訪問し、絵本などの読み聞かせ活動や、市のイベントでの司会なども活動されています。朗読を通じて、市民の皆さんに喜んで頂ける活動を目指しています。うぐいすの会の皆さんのそれぞれの作品の朗読を聞いて、元気が出たり、神妙な気持ちになったり、詩の情景が目に浮かびあがり、聞いている人たちの心に響く朗読でした。
2011.3.5-4.JPG2011.3.5-5.JPG

神栖シルバーリハビリ体操指導士会  リハビリ体操体験
   〜いつでも、どこでも、一人でもできる体操です〜
☆神栖シルバーリハビリ体操指導士会は現在会員が74名の大きな団体です。主な活動は定期的に市内8カ所で体操教室を開催し、またシニアクラブ等の小さな規模での出前講座も行っています。リハビリ体操は65才以上の方を対象とし、介護予防を目的とした「生活機能改善体操」と「要素的筋力強化体操」、「嚥下体操」、「失禁予防体操」により構成されているそうです。今回は肩こり予防体操と胸の筋力をつける体操を教えていただきました。
2011.3.5-6.JPG


わくわくサロン大潮と友愛サロンの活動紹介  
   〜平成22年10月に誕生したわくわくサロンを紹介します〜

☆わくわくサロン大潮の活動紹介
明神前区民会で月1回開催しているサロンの様子をスライドを使い代表の瀬尾さんが紹介して下さいました。
波崎地区の皆さんは漁師まちということもあり大漁節などの「踊る」文化が定着していて、サロンでもみんなで輪になり踊りることも多いそうです。またカラオケも人気があり、毎回楽しく活動しているという報告がありました。
>2011.3.5-7.JPG


☆友愛サロンの活動紹介
溝口地区の集落センターを会場に活動している様子をスライドで見ながら、代表の三宅さんが紹介して下さいました。サロン会場の玄関には庭に咲いている花を持ち寄り、ウェルカムフラワーを用意し、サロンの始まりにはみんなが握手をして「よくいらっしゃいましたね」と声をかけます。今ではボランティアの方が、次回は何をしようか考えるのが楽しみになっているそうです。
2011.3.5-8.JPG
 

続きを読む "神栖市ボランティア集会 報告" »

平成22年度 茨城県ボランティア活動研究集会報告

2月23日(水)小美玉市小川文化センターにおいて茨城県ボランティア活動研究集会が開催されました。
今年は「あなたの思いを実現するために」をテーマにした、この催しに県内から1000人あまりのボランティアが参加しました。神栖市からも23名が参加しました。

2011-2.25-1.JPG


第1部 講演「ボランティアでつくる新しい支え合い」
   講師は大阪教育大学 教育学部 準教授の新崎 国広氏地域福祉・まちづくりの推進におけるボランティア活動の意義”

講演は、現代日本で社会問題となっている孤独死や無縁社会というキーワードから始まりました。社会的孤立や孤独感を感じている人が多くなっている理由として、戦後、憲法25条による「生存権の保障」を守るために「公助」に頼りすぎた為に、地域でお互いに助け合う「共助」の機能が低下したことが考えられます。今後、安心して暮らすためには「自助」「共助」「公助」の3つの視点が大切で、これから地域福祉は「お互い様力(決してひとりぼっちにしない事・互いの違いを認めあい、共に生きること)」の共助のしくみを高めてゆくことが必要で、ボランティア活動も「共助」をすすめるうえで大きな役割を担っています。
 ボランティアとはー立(自分で生きてゆこうとする心)への援助者、支援者の役割⊆匆颪箸硫佑蔚境B緤杣圓箸靴討量魍筬ぅ椒薀鵐謄ア自身の自己実現、という4つの役割をもっています。「福祉のまちづくり」とは全ての住民一人ひとりが、幸せを実感できるまちを、住民が行政や社協と力を合わせて自分たちの手で創り上げることであるという内容の講義でした。会場のハートの熱いボランティアの皆さんにも、わかりやすい講義で、あっという間に時間が過ぎました。

2011.2.25-3.JPG


第2部 パネルディスカッション「みんなの思いを実現するために」
                                 コーディネーター・新崎 国広氏
                                 パネリスト・各県内ブロック代表者6名  
 県内を6ブロックに分け、その代表者がパネリストになり、各ブロックで話し合われたボランティア活動の課題について報告を聞きました。どのブロックでもボランティア活動の共通した課題として、1.高齢化が進んでいる 2.活動のマンネリ化 3.後継者がいない、という3点があげられていました。
 それらの解決策として.椒薀鵐謄ア自身が楽しく喜んで活動することが、後継者が入ってくるコツである 活動の重要性と必要性をアピールすることが大事 9埓の支援は年々減少するのでお金のかからない活動に変えてゆく っ楼茲魎き込んだ活動に広げてゆくことが必要である、という提言がされました。

2011.2.25-4.JPG

お忙しい中、参加いただいたボランティアのみなさん、ありがとうございました。

ボランティアセンターでは今後もボランティア間の交流事業を企画していきますので、ご意見・ご要望等ございましたらセンターまでお寄せください。

神栖市ボランティア集会  〜演劇・朗読・リハビリ体操・わくわくサロンを紹介します〜 

ボランティアセンターでは日頃様々な分野で活動しているボランティアの皆さんに、活動発表や情報交換を通じてネットワークを広げ今後の活動につなげて頂こうとボランティア集会を開催します。これから活動を始めてみようとお考えの方、市内ボランティアが集まるこの機会に足を運んでみませんか。


集会のチラシはこちら

 
◆日 時  平成23年3月5日(土)午前10:00〜12:05
◆場 所  神栖市保健・福祉会館 1階集会室B
        (神栖市溝口1746番地1)
◆内 容  ・センター登録グループ 活動発表
        〜「あなたに伝えたい」市民の底力をご覧ください〜 
         嵜誓慣狠弔佞譴△な顕酋┻腸顱廚砲茲覬薹燹
        ◆屬Δ阿い垢硫顱廚砲茲誅読発表
           ・軽食をとりながらのフリーおしゃべりタイム 
        「神栖シルバーリハビリ体操指導士会」による発表と体操体験
       ・センター登録グループ 活動紹介
        〜新しく誕生しました! わくわくサロン〜
         「わくわくサロン大潮」
         「友愛サロン」        

◆定 員  80名 
◆参加費  無料
◆問合せ・申込先 神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター 
              担当:横田、下田
            TEL 0299-93-1029 FAX 0299-93-2333
            E-mail mail@kamisushakyo.com

04SPR21Atukusi.JPG

平成22年度 鹿行ブロックボランティア活動研究集会 〜たくさんのご参加ありがとうございました〜

1月22日(土)行方市麻生公民館において鹿行ブロックボランティア活動研究集会が開催されました。
今年は「あなたの思いを実現するために」をテーマにした、この催しに鹿行地域からたくさんのボランティアが参加されました。神栖市からも27名が参加し、ボランティア活動で大切なコミュニケーションについての講演を聞きました。また鹿嶋市の「大同西お元気会」の一人暮らし高齢者の会食と交流活動、行方市の「ボランティアサークル相生会」は手話による唄や大賀ハスの栽培活動についての活動発表を聞いてきました。どちらも20年〜30年と時代やニーズに合わせながら活動を継続しているボランティア団体です。そのパワーに感心し、感動!した有意義な一日となりました。

講演「活動の原点はコミュニケーション」
   講師はフォーラム・ネクスト 代表の井上忠志氏ボランティア活動のキーワードは”なかま”

(1)ボランティア活動する側とされる側について
 相手とコミュニケーションを取る場合には、相手との関係の深さ、信頼関係の深さにより距離感が違います。 その距離感を近くするためには相手をよく観察し、相手の気持ちをくみ取り伝え合うことが大切です。また相手に与える第一印象が後の関わりに影響することが多いので、関わり方や見た目も含め、最初が肝心だと思います。 
(2)コミュニケーションが大切
 コミュニケーションをとる時に、「聴」耳と心できくことで、相手の「あるがまま」を受け入れ、お互いの気持ちをくみ取り伝えあうことができます。また相手の目を見てコミュニケーションをとることは、相手の気持ちがよく伝わるので、みなさん心がけてみてはいかがでしょうか。
(3)「ひとりひとりみんなが違う」それが大事。
 会場の参加者が全員が視覚や価値観の違いを感じるゲームを通して、みんな違う価値観を持っていて「みんなちがってみんないいんだ」ということを実感する体験をしました。
 会場のみんなでやってみたゲームの一例をご紹介します。

☆下の七つのキーワードを、自分が大切だと思う順番に並べて下さい。
   1.愛
   2.健康
   3.お金
   4.趣味
   5.ボランティア
   6.名声
   7.自己実現

 自分が並べ終わったら、隣の人と見くらべてみると、自分と近かったり、全く違っていたり・・・理由を聞いてみると、その人の価値観が少し分かります。正解は・・・どの人の答えも全て正解です。当日の会場では、みなさん左右前後の人と見比べてみるて、ゲームの前より、ちょっと深く相手を知る事が出来たような気持ちになりました。

(4)ボランティアのための金言の紹介

To Think Is To Forget.      訳   「考えるだけでは 忘れてしまう
To See Is To Remember.           見たことは 覚えている
To Do Is To Understand.           やってみたことは 理解できる
To Feel Is To Useful.              感じたことは 役にたつ」

◆峪蹇廚両匆陝ΑΑΑΑΑΑΑΑΑΧ盪劼澆垢此 屬澆鵑覆舛ってみんないい」
                 柴田とよ  「くじけないで」  
                  井村和清  「あたりまえ」     

rooko2011.1−1.JPGrooko2011.1-2.JPG

続きを読む "平成22年度 鹿行ブロックボランティア活動研究集会 〜たくさんのご参加ありがとうございました〜" »

ボランティア研修会のご案内 〜平成22年度茨城県ボランティア活動研究集会〜

「みんなの思いを実現するために」を県内のボランティア集会の共通テーマとして地域の課題解決に向け活動されている様々なボランティアにとって「原点」とは何かをみつめなおし課題を通じて今後の可能性や具体的な取り組みを考えます。

◆日 時  平成23年2月23日(水)午後1:00〜午後4:00
◆場 所  小美玉市小川文化センター(小美玉市小川225番地)
◆内 容  々岷蕁 屬澆鵑覆了廚い鮗存修垢襪燭瓩法
          講師 大阪教育大学  准教授  新崎国広 氏 (詳細は講師プロフィールを参照)
              
       県内ボランティアの参加によるパネルディスカッション

◆定 員  1100名※神栖市内20名程度
◆交 通  神栖市内からバスで送迎します
       集合出発(神栖市保健・福祉会館)9:30→昼食11:30〜12:15
       研修会(小川文化センター)13:00〜16:00→到着解散(神栖市保健・福祉会館)17:30
◆参加費  無料  ※バスを利用の場合は昼食として500円
◆締 切  1月25日
◆主 催  茨城県社会福祉協議会 茨城県ボランティア活動研究集会実行委員会
◆問合せ・申込先 神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター 担当:横田
            TEL 0299-93-1029 FAX 0299-93-2333
            E-mail mail@kamisushakyo.com


講師 新崎国広(あらさき くにひろ)氏のプロフィール


 <大阪教育大学 准教授>

 <略 歴>

 桃山学院大学社会学部社会福祉学を卒業。大阪赤十字病院附属大手前整肢学園 児童指導員、その後、南海福祉専門学校社会福祉士通信課程専任講師(学科長)を経て、中部学院大学社会福祉学部助教授を歴任。、現在は大阪教育大学准教授としてご活躍されております。専門分野は「ボランティアコーディネーション」。



03INS01Abosyuutyu.gif

ボランティア研究集会のご案内 〜鹿行ボランティア活動研究集会〜
今年は行方市にて開催します!申込終了しました。ありがとうございました。

行方市・鉾田市・鹿嶋市・潮来市・神栖市でそれぞれ活動している個人ボランティア、ボランティアグループを対象とした研修会が開催されます。当日は「みんなの思いを実現するために」をテーマとした講演会と活動発表を行います。是非ご参加下さい。

◆日 時  平成23年1月22日(土)午後1:30〜4:30
◆場 所  行方市麻生公民館 大ホール
※当日、会場までのバスを用意しますのでご利用下さい。
       (神栖市保健・福祉会館 集合出発 午後12:20)
◆内 容  講演会及び活動発表テーマ「みんなの思いを実現するために」
        講師:レクリエーションコーディネーター 井上忠志 氏
◆定 員  定 員 280名 神栖市内25名程度 
        ※先着順とさせて頂きます。
◆参加費  無料 
◆申込締切 1月4日(火)締切
◆主 催  鹿行ブロックボランティア活動推進会議

◆問合せ・申込先 神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター 担当:横田
            TEL 0299-93-1029 FAX 0299-93-2333
            E-mail mail@kamisushakyo.com

講師 井上忠志 氏の紹介


茨城県取手市在住。レクリエーションコーディネーター(楽しさの仕掛け人と呼ばれています)初対面の人がすぐにうちとけられるグッドコミュニケーショントレーニング(〜蠎蠅鮃猟蠹に受け止める∩蠎蠅離灰潺絅縫院璽轡腑鵑里せを理解するよく聴くこと、そしてアサーション※)を実践指導されています。

※「アサーション」とは相手の権利を奪わない形で、自分の正直な気持ちを率直に表現し、そこで自分が不愉快にならない、そんな人との関わり方が「アサーション」です

03INS01Abosyuutyu.gif

【報告】ういるかみす協力会員養成講座(平成22年度)開催しました!

 本年度の「ういるかみす協力会員養成講座」は、現協力会員を含む8名の方が受講し4名の方が新規協力会員として登録されました。 〔10月29日(金)〕


uirukouzajyarimiti.JPG
コツをつかめばジャリ道もスムーズ
 uirukouzatuekaijyo.JPG
下半身の不自由な人の介助は体を密着させて!

続きを読む "【報告】ういるかみす協力会員養成講座(平成22年度)開催しました!" »

★平成22年度ういるかみす協力会員養成講座受講者募集★

 「ういるかみす」は、高齢者や障害者、妊産婦など事情により生活するうえでの不安を抱えておられる方に対して、掃除や買い物などの家事支援、通院などの外出援助を行う『住民参加型たすけあい有償サービス』です。
 今回、協力会員としてお手伝いして頂ける方の養成を目的とした養成講座を開催します。多くの方のご参加をお待ちしています。(受講料無料)
★昨年の養成講座の様子です!!
youseikouzaho-mupe-ji2.JPG youseikouzaho-mupe-ji1.JPG
開催日時:平成22年10月29日(金) 午前9:30〜午後4:00
会   場:神栖市保健・福祉会館 研修室および館内
対 象 者:「ういるかみす」の事業の趣旨に賛同し協力頂ける方
受 講 料:無 料
講座内容: 1.障害者の抱える生活課題とは
       2.高齢者の抱える生活課題とは
       3.対人援助・家事支援・通院介助・車いすの操作
       4.ういるかみすの活動状況について
       5.後日(11月中)(先輩協力会員とのサービス同行1回)
【申込先および問い合わせ先】
     神栖市社協 ボランティアセンター 0299−93−1029(担当 下田・高森)
【ういるかみすの活動内容】
     ・掃除 ・洗濯 ・衣類の補修 ・食事作り ・庭の手入れ、剪定 ・買い物 ・日曜大工
     ・障害児者や寝たきりの方の見守り ・通院、外出介助
【年会費】利用会員・協力会員いずれも1,000円
【料  金】サービスは有料です。
     午前9時〜午後5時(1時間)700円(別途交通費200円/1回)
     上記以外       (1時間)800円
     
 ういるかみすの概要はこちら

夏のボランティア体験月間2010 「体験報告」

ボランティアセンターでは7、8月の『ボランティア体験月間』に、神栖市内の社会福祉施設やボランティア団体等の協力を頂きボランティア活動のきかっけづくりを目的として、体験プログラムを実施しました。子どもから大人まで多くの皆さんが参加し、新しい出会いがたくさんありました。



2010かみすボランティア体験月間 活動プログラム体験フォト集


★子育てサロン「ダンボ」を体験


親子で参加されました。昨年このボラ体験して、現在も活動している方の話を聴くことができました。
dannbotaikennoyako2.JPG dannbotaikenn2.JPG
 人気の子育てサロンを支えるボランティアの体験(協力:子育て支援ダンボ)

続きを読む "夏のボランティア体験月間2010 「体験報告」" »

神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
神栖本所
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館 2階 地図
 電話: 0299-93-1029(直通) FAX: 0299-93-2333(専用)
波崎支所
〒314-0343 茨城県神栖市土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内 地図
 電話: 0479-48-0294  FAX: 0479-48-1294

メールアドレス mail@kamisushakyo.com