総合支援資金(特例貸付)の再貸付についてのご案内(令和3年2月18日時点)


 緊急事態宣言の延長等に伴う経済支援策として、新型コロナウイルス感染症の影響により減収・休業された方に対し、総合支援資金(特例貸付)の再貸付を茨城県社会福祉協議会が実施します。

再貸付に関するご案内(PDF)

■貸付対象 ※次の要件をすべて満たす世帯
・令和3年3月末までに緊急小口資金及び総合支援資金の貸付が終了していること。
 ※貸付の申請手続きを経て、口座に資金が振り込まれていること。
・新型コロナウイルスの影響による減収・休業や失業等により、現在、生活困窮状況にあること。
・自立相談支援機関での相談や継続的な支援を受けること。
 ※神栖市の場合は社会福祉協議会が市から自立相談支援機関を受託していますので一度に相談が可能です。

■受付期間
・令和3年2月19日(金)〜令和3年3月31日(水)


■申請書類 ※作成の際、フリクションペン(消せるボールペン)の使用は不可
(1)PDFファイル(再貸付)申込書        ※PDFファイル(再貸付)申込書記入例

(2)PDFファイル(再貸付)借用書        ※PDFファイル(再貸付)借用書記入例

(3)PDFファイル(再貸付)状況確認シート    ※PDFファイル(再貸付)状況確認シート記入例

(4)住民票謄本(借入申込者の世帯全員が記載された発行後3ヶ月以内のもの)

(5)振込口座通帳(名義人と口座番号がわかるページ。キャッシュカード可)

(6)PDFファイル 代筆を要する理由書
 ※外国籍の方で書類の記入が難しく第三者が代筆する場合は上記書類も作成してください。

 ※1 上記(1)(2)(3)(6)は、必ず借入申込者ご本人の署名が必要です。(4)の住民票謄本と(5)の振込口座通帳(写)も忘れずに添付してください。
 ※2 未成年の方は必ず神栖市社会福祉協議会にお問い合わせください。


■貸付金の送金
・ご指定の金融機関口座(ご本人名義に限る)に1ヶ月ごと分割で振り込まれます。
・2か月目以降は、初回送金日に関わらず、毎月25日(土日祝日の場合は前営業日)の送金となります。


■住所変更をしている方
・ご住所や連絡先、姓が変わったなど状況に変化があった場合は、必ず神栖市社会福祉協議会に連絡をお願いします。手続きに必要な書類を送付します。


■申込方法
〆涜濾佞梁仂殕弖錣謀てはまり、再貸付を希望する方は神栖市社会福祉協議会へ連絡をお願いします。

⊂況確認後、ご自宅に必要書類を送付します。

書類に必要事項を記入し、感染拡大防止のため郵送で手続きをお願いします。
 ・神栖市社会福祉協議会に郵送提出の場合は令和3年3月31日(水)の消印まで
  ※郵送申請の書類に不備があった場合は窓口来所にて修正をお願いします。

ち觚申請を希望される場合は、必ず予約の連絡(「総合支援資金の再貸付の件」とお申し付けください)をお願いするとともに、特例貸付の資金が振り込まれた預金通帳を持参してください(対応は9時〜15時、土・日・祝日を除く)。
 ・神栖市社会福祉協議会の窓口提出の場合は令和3年3月31日(水)の15時まで


■お問合せ先・申請書類の郵送先
 神栖市社会福祉協議会
 住所:神栖市溝口1746番地1
 電話:0299−93−0294


(参考1)
茨城県社会福祉協議会(通称:県社協)トップページ
   https://www.ibaraki-welfare.or.jp/

(参考2)
厚生労働省「総合支援資金の再貸付を実施します」
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16501.html
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します