令和2年7月交流サロン利用状況、相談実績

表 きずなBOX.jpg  【左の写真】
 神栖市社会福祉協議会はNPO法人フードバンク茨城と連携し、気軽に食品を寄付できる「きずなBOX(食料収集箱)」を令和元年7月よりボランティアセンターに設置しています。お寄せいただいた食品は生活困窮者自立支援や社会福祉施設で活用されます。
 多くの皆さまのご協力をお願いいたします。


【ご協力いただきたい食品】
 缶詰、お米、インスタント麺、パスタ・うどん・そば等の乾麺、レトルト食品など
※常温保存可能、未開封で賞味期限が2ヶ月以上残っている食品をお願いいたします。
 要冷蔵・冷凍品や野菜・果物のような生鮮食品は入れないでください。

 緊急事態宣言が解除され、また、茨城県から社会経済活動再開に向けた段階的緩和の指針が示されたことから、神栖市は5月25日以降、公共施設の利用を制限付きで再開しています。
 これを受け、神栖市保健・福祉会館の貸館業務が再開され、ボランティアセンター交流サロンでの会議や活動も可能となりました。
 利用予約は、電話(0299-93-1029)でも受け付けておりますので、お問い合わせください。
 なお、利用に際しましてはPDFファイル『神栖市社会福祉協議会の感染防止対策』をご確認の上、マスクの着用、手指のアルコール消毒等のご協力をお願い申し上げます。

ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【令和2年7月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 4月からの累計
 打合せ・作業スペースの使用 64人 130人
 点訳室の使用 9人 9人
 録音室の使用 18人 35人
 掲示板、パンフレットラック利用 1団体 2団体
 パソコン、インターネット利用 2人 2人
※令和2年5月25日より神栖市保健・福祉会館の貸館業務を再開しています。


【令和2年7月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 4月からの累計
 ボランティア活動について 6件 21件
 ボランティア依頼について 2件 8件
 ボランティア保険について 0件 0件
 交流サロンについて 0件 0件
 福祉活動基金等助成について 1件 2件
 善意銀行について 13件 32件
 災害時対応について 0件 1件
 広報啓発の周知依頼について 4件 5件
 ボランティア・市民活動講座、交流会について 0件 1件
 地区・目的別サロンについて 2件 8件
 福祉団体関係について 1件 2件
 その他 0件 0件
 合計 29件 80件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンの利用案内

 交流サロンへのお問い合わせはこちら
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター(担当:大久保)
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029
神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
神栖本所
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館 2階 地図
 電話: 0299-93-1029(直通) FAX: 0299-93-2333(専用)
波崎支所
〒314-0343 茨城県神栖市土合本町3-9809-158 神栖市はさき福祉センター内 地図
 電話: 0479-48-0294  FAX: 0479-48-1294

メールアドレス mail@kamisushakyo.com