【福祉教育出前講座】神栖第三中学校1年生

 2月25日(火)、神栖第三中学校1年生105名が福祉教育出前講座に取り組みました。

■高齢者疑似体験
 体の動きを制限するサポーター、白内障の視界を体験するゴーグルの着用により、加齢に伴って身体に生じる変化や、高齢者の生活を感じることができたのではないかと思います。
 また、市長寿介護課による認知症サポーター養成講座も同時開催となり、認知症についての理解も深まる時間となりました。

IMG_1792web.JPG 豆web.jpeg

 体験を通して、地域で生活する相手を思いやる気持ちが生まれることを期待しています。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します