第265回地域ネットワーク勉強会を開催します

日 時令和2年2月27日(木) 午後7時〜午後9時

【テーマ】高次脳機能障害を抱える方への支援
        〜事例を通して症状と関わり方を学ぼう〜


講 師山中俊広氏(支援コーディネーター)
     茨城県高次脳機能障害支援センター

場 所神栖市保健・福祉会館 2階 研修室

参加費無 料
cnn265.001.png

 高次脳機能障害は、病気や事故等により脳が部分的に損傷を受け、言語・思考・記憶などの機能が低下している状態です。具体的な症状には、曜日や日付がわからない、集中力が持続しない、目標を達成するための段取りを立てられない、感情のコントロールができず興奮しやすいなどがあります。
 本人は症状の自覚が難しく、外見では障害が分かりにくいため、本人が安心して生活を送るためには、支援者や家族など周囲の人たちの理解が大切です。


 今回の勉強会では、本人や家族、関係機関の相談支援やネットワークづくりなど包括的な取り組みを行っている茨城県高次脳機能障害支援センターから、高次脳機能障害の症状や関わり方のポイントとあわせて、センターの相談支援体制について事例を交えてお話いただきます。
 また、市内で活動している当事者を抱える家族会「高次脳機能障害を考える会」の代表から、グループの取り組みについてもお伝えします。

 高次脳機能障害の正しい理解が広まるよう、障害福祉サービスや介護保険サービス事業所のスタッフ、医療機関の相談員、当事者やその家族の方など、皆さまの参加をお待ちしております。

★詳しくはこちら → PDFファイル地域ネットワークニュース令和2年2月号

・参加申込書はこちら → 参加申込書


【申込み・問合せ先】
 神栖市社会福祉協議会 地域福祉総合相談センター (担当飯田・大川)
 TEL 0299−93−0294
 FAX 0299−92−8750
 E-MAILmail@kamisushakyo.com
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します