【福祉教育出前講座】波崎第二中学校1年生

IMG_2003.jpgweb.jpg  総合的な学習の時間で「福祉」と「国際理解」について学習を進めている波崎第二中学校1年生54名は、12月6日(金)、「人生の先輩に聞く会」において、さまざまな分野で活躍されている“人生の先輩たち”からお話を聞きました。
 6つの分野の講師が招かれて開催された会は、生徒たちが興味・関心のある2分野を選択し講話を聞くかたちで進められました。
 そのうちの1つに、「神栖市手話サークル虹の会」の早田恵子さん、山下文子さんが招かれ、聴覚に障害を抱える方の生活についてお話いただき、交流を図りました。

 生徒たちからは、手話に関する疑問や聴覚障害を抱える方に対して自分たちにはどんなサポートができるか等の質問があり、早田さん、山下さんから、手話は聴覚障害を抱える方にとって大切なひとつの言語であると教えていただきました。

 今回の交流を通して障害だけではなく相手に対する理解を深め、思いやりの気持ちを持ち生活するきっかけになればと思います。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します