★社協職員レポート 住民同士の支え合いの気持ち 〜うぃるかみす〜

obaasan_woman_tasukeai310226.png  平成30年度もあと1ヶ月程で終わろうとしています。
 私にとって今年度は担当業務もでき、学びの多い一年となりました。来年度からは経験や反省を活かし、気持ちを新たに業務にあたりたいと思っています。

 今年度、私が担当した事業の「うぃるかみす」についてレポートします。

 「うぃるかみす」は高齢者・障害者世帯等で「ちょっと誰かに手伝ってほしい」という“利用会員”と掃除や買い物、外出時の支援などをする“協力会員”による住民参加型有償在宅福祉サービスです。
 協力会員のみなさんは「住み慣れた地域で安心して暮らし続けたい」という利用会員の思いに応え、助け合いの気持ちを持って活動してくださっています。



 先日、神栖地区で登録して下さっている協力会員の交流会を開催しました。
 交流会は会員同士の交流をするに留まらず、通院介助の際に気を付けていることやお掃除のポイント、利用会員との関わり方についてなど、活動の際の疑問点や注意点などを情報交換する場にもなっています。
 協力会員が活動を行う際には、社協のコーディネーターが調整役となり、サポートをしていますが、同じ協力会員からのアドバイスは不安を拭い、活動の自信につなげられるのだと思います。
kaigi_shifuku_brainstorming23102261.png

 また、利用会員にとって、よりよいサービスを提供しようとする姿は“ちょっと”のお手伝いですが、大きな思いやりにあふれていました。
 依頼内容に的確に対応していただくことはもちろんのこと、利用会員のことを思い、活動していただいていることを改めて知り、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 今後も協力会員の皆さんのご協力をいただきながら、「ちょっと困った」の相談に応えていければと思っています。

 現在、うぃるかみすでは協力会員を募集しており、協力会員として登録を希望される方はセンターの実施する養成講座を受講いただいています。今年度は3月11日(月)に開催予定で、介護の専門職から「車いすの安全な扱い方」を、ハウスクリーニングのプロから「水回りのお掃除の仕方」について学びます。
 「何か新しいことを始めようか」「地域のために何かしたい」と考えている方のご参加をお待ちしております。

★うぃるかみす協力会員養成講座の詳細はコチラ

【申込・問合先】
神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
    神栖本所 TEL 0299−93−1029(担当:大久保)
    波崎支所 TEL 0479−48−0294(担当:横田)

本所地域福祉推進センターO

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します