《報告》平成30年度子育てサポーターフォローアップ研修会を開催しました

日 時:平成31年2月25日(月)10:00〜12:00
会 場 :市保健・福祉会館 2階 会議室2
参加者:サポーター23名
講 師:うずも保育所 所長 山中昭美氏
 ファミリーサポートセンターでは毎年1回、『サポーターのサポート力アップ!』を目的に、フォローアップ研修会を開催しています。
 今年度は、「保育の現場でのヒヤリ・ハット」と題して講義をお願いしました。さらなる安全なサポートについて考える場となり、大変有意義な時間となりました。また講義終了後はサポーター同士の交流会『サポーターCafe(カフェ)』を開催しました。


      山中昭美先生
yamanakaterumikousi.jpg
      熱心に受講中
foro-appukougi.jpg


 安全なおもちゃやゴム付きサンダル
annzennnaomotya.jpg
     サポーターCafe(カフェ)中
<ke-ki.jpg

【講義】
 ひとつの重大事故の水面下には300にもおよぶ事故に到る可能性のあった出来事「ヒヤリ・ハット」があるということ、そして重大事故を防ぐためには日頃より危険を感じる力を磨き、「事故防止」することが何より必要であるということを、年齢別、具体的事例を持って、本当に分かりやすく教えて頂きました。
 保育現場で使っている安全なおもちゃや転ばないように工夫されたゴム付きのサンダルなども見せて頂きました。

【サポーターCafe(カフェ)】
 講義終了後、温かいコーヒーとケーキを頂きながらサポーター同士の意見交流会を行いました。「活動記録表はどの位の量で書いてる?」「長時間のサポート中のお手洗いはどうしてる?」「キャンセル料のもらい方は?」「児童館で預かる時の注意点は?」など、日頃、他のサポーターはどうしてるんだろうと思うことなどを率直に意見交換していました。受講生からは他のサポーターの体験が沢山聞けて勉強になりましたという感想も出ていました。

 当センターも貴重なご意見を参考に、今後の運営に活かしていきたいと考えています。

  ★「ファミリーサポートセンター」は地域の中での育児の相互援助活動を行う会員制の事業をおこなっています。(会員登録無料)
 詳細は下記までお問い合わせ下さい。

 かみすファミリーサポートセンター    
  神栖本所:0299−93−1029(担当:大久保・高森)                         
  波崎支所:0479−48−0415(担当:横田・沢田)

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します