【福祉教育出前講座】横瀬小学校5年生

 9月21日、10月16日、19日の3日間、横瀬小学校5年生85名は総合学習の時間で「ふれあい ささえあう 思いやりの心」をテーマに福祉教育出前講座に取り組みました。

DSC06988web1.jpg ■高齢者擬似体験
 加齢にともなう身体的な変化や気持ちの変化について体験を通して理解を深めました。
 市地域包括支援課による認知症サポーター養成講座も同時開催され、劇団ぽん太の劇から認知症についての学びも得ることができました。


DSC07204web.jpg ■講話&グループワーク
 社協職員による講話の後には「地域でみんなができること」をテーマにグループワークを行いました。相手のことを思いやり、自分にはどんなことができるのか考えることが大切であると伝えさせていただきました。

■車いす・アイマスク体験
 体験を通し、障害を理解することだけでなく、その人自身を理解することが重要であるとお話させていただきました。
IMG_2229web1.jpg H30.10.ys.002.jpeg

体験や講話を通じて、共に暮らす人を理解し助け合える、思いやりの気持ちがさらに生まれて来ることを期待しています。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します