【福祉教育出前講座】大野原西小学校4年生

 10月23日、大野原西小学校4年生75名が福祉教育出前講座に取り組みました。
 1学期にも総合学習の時間で講話・グループワーク、手話体験を行い、「ひとりひとりがかがやけるまち」をテーマに相手の立場に立って物事を考えることの大切さについて学びを進めています。

■車いす・アイマスク体験
 車いすの操作方法や視覚障害を抱える方の介助方法を知ることだけではなく、体験から共に暮らす相手、ひとりひとりを理解することが大事なことであると伝えさせていただきました。

IMG_2247web.jpg H30.10.on.002.jpeg

 1学期からの学びをもって行った今回の体験から、思いやりを持って接するやさしい気持ちをいっそう育む機会となればうれしいです。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します