【福祉教育出前講座】軽野小学校4年生

 9月19日、26日の2日間、軽野小学校の4年生児童82名は総合学習の時間で「福祉」をテーマに福祉教育出前講座に取り組みました。

■高齢者擬似体験
 年齢を重ねることによって、身体にどのような変化が現れるのか、お年寄りの方が普段どのような感覚で生活を送っているのかを少しでも感じ取ってもらえたと思います。
 また、市地域包括支援課による認知症サポーター養成講座も同時開催となり、劇団ぽん太が行う劇を通して認知症についての理解も深める時間となりました。

DSC06963web01.jpg DSC06974web02.jpg


■講話&グループワーク
 グループワークでは「地域でみんなができること」をテーマに、地域に住む高齢者や障害を抱える方に対して自分たちができることについて話し合いました。
 自由な発想で意見を出し合い、地域に住むということはお互いを理解することが必要であることを伝えさせていただきました。

DSC07025web.jpg DSC07023web.jpg

 今回の体験やグループワークを通し、身近にある福祉についてさらに考えを深めるきっかけになれば幸いです。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します