第246回地域ネットワーク勉強会を開催します

 日 時:平成30年7月23日(月) 午後7時〜午後8時30分

【テーマ】 脳血管障害やけが等による《高次脳機能障害》
     障害の特性と支援センターの取り組みについて


 講 師:山中俊広氏(支援コーディネーター)
      茨城県高次脳絹障害支援センター

 場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室

 参加費:無 料
 kao_oboerarenai_man.png

  脳血管障害(脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血など)や外傷により脳がダメージを受けると、身体に残る障害とは別に、「注意が散漫になる」「怒りっぽくなる」「物覚えが悪くなる」「段取りがうまくできなくなる」「こだわりが強くなる」などの症状が現れることがあります。このような言語や記憶、注意、情緒等の認知機能に起こる障害が、高次脳機能障害です。この障害は、退院して日常生活や職場に戻った時に初めて気づくことも多くあり、「見えない障害、隠れた障害」と言われることもあります。
 高次脳機能障害支援センターは、県内で唯一、当事者やご家族、関係機関等から寄せられる相談への対応や、研修会を通じて関係機関との連携を強化し、当事者が孤立しないネットワークづくりなどの包括的な取り組みをしています。

 勉強会では高次脳機能障害の特性、当事者への関わり方のポイントとあわせて、支援センターの相談支援体制についてお話しいただきます。
 高齢者、障害福祉サービス事業所スタッフや医療機関の相談員といった高次脳機能障害者と関わる機会の多い方、当事者、そのご家族など、皆様のご参加をお持ちしています。

★詳しくはこちら → PDFファイル地域ネットワークニュース平成30年7月号

【申込み・問い合わせ先】
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:名雪、高岡)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750
E-MAIL:mail@kamisushakyo.com
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します