« 2018年05月 | ???? | 2018年07月 »

2018年06月29日

きぼうの家新聞 平成30年7月号を発行しました

きぼうの家新聞 第288号内容
・7月行事予定
・のうこうNews
・CHECK!製作物
・活動風景
きぼうの家新聞30.7月号

kibouie.jpg

平成30年度 神栖市福祉活動基金助成の募集について(応募締切 7月26日)

01AUG15A.jpg  神栖市社協では、社会福祉の分野で自主・自発的に活動する市内のボランティアグループや当事者グループ、福祉教育事業に取り組む市内小、中、高等学校に対して福祉活動基金から活動費用の一部助成を行っています。

 福祉活動基金は市民のみなさまから善意銀行によせられた寄付金等から成り立っています。平成29年度は、市内のボランティアグループ3団体、学校13校に対し、総額 748,500円の助成を行いました。

<平成30年度募集内容>
※助成を受けるには申請が必要になりますので、詳細をご確認の上ご応募ください。
「平成30年度助成基準」をご参照下さい。

<今回申請できる助成対象事業>
 ・ボランティアグループ活動費助成事業
 ・市民による地区別サロン活動の取組みへの助成事業
 ・当事者グループ活動への助成事業
 ・活動資機材の整備への助成事業
 ・ボランティア協力校助成事業

  ※申請回数、申請額には限度がありますので、以下の項目をご確認ください。
 

<受付期間>
 平成30年7月2日(月)〜7月26日(木)

<助成の内容及び基準>

ボランティアグループ活動費助成事業
  申請初回〜3回目まで 50,000円以内で助成
     4回〜5回目まで 20,000円以内(5回で終了)
  ※かつ、グループの年間総予算の1/2を超えない範囲での助成となります。
  ※神栖市や他機関から活動費の助成を受けている(受ける予定も含む)グループは
    対象外です。
    また、市や他機関が主催する事業への協力や、成果に対しグループ構成員へ
    対価が支払われる活動は助成の対象とはなりませんのでご留意願います。

市民による地区別サロン活動の取組みへの助成事業
  申請初回〜2回目まで 20,000円以内で助成
     3回目        10,000円以内(3回で終了)
  ※市民同士が市内で独自運営する「わくわくサロン」「子育てサロン」が対象です。

当事者グループ活動への助成事業
  申請初回〜2回目まで 20,000円以内で助成
     3回目        10,000円以内(3回で終了)
  ※「当事者グループ活動」とは、地域福祉における要支援者、障害者本人またはその
    家族同士が対等な立場で、情報や考え方などを交換・共有することを通じて、各自
    の課題解決や社会参加につなげていく活動で「自助グループ」「セルフヘルプグル
    ープ」なども含まれます。

活動資機材整備助成事業
  1グループにつき1回のみ 50,000円(対象経費の2/3)以内で助成
  ※´↓の要件を満たすボランティアグループ、サロン、当事者グループが対象です。
  ※,泙燭廊◆↓と合わせて申請することもできます。
  ※過去10年の間にこの助成を受けた団体は対象となりません。

ボランティア協力校助成事業
  50,000以内で助成 (神栖市内の小中学校、高等学校が対象です)

 いずれの事業も、助成は年1回です。詳細は 「平成30年度助成基準」をご参照ください。

<申請方法>
 所定の様式に必要事項を記載の上、下記宛郵送もしくは最寄りの神栖市社協窓口へ持参下さい。
 以下のリンクをクリックすると、申請書のEXCELファイルが表示されます。印刷してから必要事項をご記入の上、ご提出ください。

平成30年度基金助成金申請書(ボランティアグループ)
平成30年度基金助成金申請書(サロン、当事者グループ活動、活動資機材整備)
平成30年度基金助成金申請書(ボランティア協力校)
<選考結果のお知らせ>
 本会の福祉活動基金管理運営委員会で審査し、8月中旬頃、文書でお知らせいたします。

<申請・お問い合せ先>
 社会福祉法人 神栖市社会福祉協議会
   <神栖本所>
    〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1(神栖市保健・福祉会館内)
    電話: 0299-93-0294  担当:乳井・相良
    FAX: 0299-92-8750
    Eメール:mail@kamisushakyo.com
   <波崎支所>
    〒314-0343 茨城県神栖市土合本町3-9809-158(はさき福祉センター内)
    電話: 0479-48-0294  担当:篠塚・奥村
    FAX: 0479-48-1294

2018年06月27日

大阪府北部を震源とする地震に関する
災害ボランティアセンター等の情報について

 平成30年6月18日(月)午前7時58分頃、大阪府北部の深さ13劼鮨霧擦箸垢襯泪哀縫船紂璽6.1の地震が発生し、大阪府では大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市の5市区で震度6弱、大阪府や京都府の18市区町村で震度5強の揺れが観測されました。被災されたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。

 大阪府内では、7市で災害ボランティアセンターが設置されています。各被災地で、部屋の片付け、家具の移動、ごみの廃棄、その他の困りごとについて、ボランティアが活動しています。
 各地域によって支援が必要なニーズの状況、今後求められるボランティアの状況は変化します。被災地の状況やボランティアの募集等の情報については、随時、以下のホームページで発信されております。現地での混乱を防ぐため、事前に各災害ボランティアセンターが発信している最新情報を確認してください。
H30oosakajisinn.png

■全社協 被災地支援・災害ボランティア情報


■各災害ボランティアセンターの状況は以下を確認してください
<大阪府北摂地区>
・茨木市社会福祉協議会

・吹田市社会福祉協議会

・高槻市社会福祉協議会

・豊中市社会福祉協議会

・摂津市社会福祉協議会

・箕面市社会福祉協議会

<大阪府河北地区>
・枚方市社会福祉協議会


被災地でボランティア活動をされる方は、最寄りの市町村社協で災害時のボランティア活動保険への加入をお勧めします(神栖市内の方は、神栖市社協にて保険加入の手続きを行ってください)

★ボランティア活動保険
 ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにしたボランティア活動専門の保険です。

★対象となるボランティア活動
 国内における、自発的な意志に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動が対象です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

★保険の詳細についてはコチラ→全社協「ふくしの保険」

【ボランティ活動保険加入申込窓口・問合せ先】
神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
■神栖本所(月〜金 8:30〜17:15)
 神栖市溝口1746−1(市保健・福祉会館内)
 電話:0299−93−1029 (担当:大久保)

■波崎支所(月〜金 8:30〜17:15)
 神栖市土合本町3−9809−158(市はさき福祉センター内)
 電話:0479−48−0294 (担当:横田)

平成30年大阪府北部地震義援金の募集について

akaihane_gienkin.jpg  平成30年6月18日に発生した大阪府北部を震源とする地震により、多数の方々が生命又は身体に危害を受け、又は受けるおそれが生じており、継続的に救助を必要としている状況となっていることから、大阪府では府内12市1町(大阪市、豊中市、吹田市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、寝屋川市、箕面市、摂津市、四條畷市、交野市、三島郡島本町)に災害救助法が適用されました。
 大阪府共同募金会では、被災された方々を支援することを目的に義援金の募集しています。
 皆様のご協力をお願いいたします。

平成30年大阪府北部地震義援金
募集期間平成30年6月22日(金)から平成30年9月28日(金)まで
(義援金のみを取り扱います。)
義援金を送る
方法
☆神栖市社会福祉協議会窓口
社協窓口にて「平成30年大阪府北部地震義援金」とご指定いただければ、社協善意銀行を経由して指定の口座へ送金いたします。

☆大阪府共同募金会へ直接送金する場合
(1)ゆうちょ銀行
   口座番号: 00950−9−333113
   口座名: 大阪府共同募金会 大阪府北部地震義援金
 ※ゆうちょ銀行における窓口での振替料金は無料です。ATM及びインターネットバンキングを利用しての振込手数料は有料です。

(2)りそな銀行
   大手支店
   普通預金  口座番号: 0094445
   口座名: 大阪府共同募金会 大阪府北部地震義援金
※りそな銀行及び埼玉りそな銀行の本支店(窓口・ATM)から振り込んだ場合、振込手数料は無料です。(ただし、ATMご利用の際、時間帯により別途手数料がかかる場合があります。)

☆現金書留で送金する場合
 郵便局窓口で現金書留により義援金の送付を希望される場合は、現金書留用の封筒に「救助用郵便」と明記いただければ、郵便料金が免除となります。
(宛先)〒542-0065 大阪府大阪市中央区中寺1-1-54 大阪社会福祉指導センター内 社会福祉法人大阪府共同募金会
義援金の配分 義援金は、大阪府へ送金され、大阪府が設置する義援金募集委員会において使途・配分を決定し、被災された市町を通じて被災者に支給される予定です。
※ 義援金情報につきましては、中央共同募金会のホームページにも掲載されておりますので、ご参照ください。
中央共同募金会ホームページ

《報告》第245回地域ネットワーク勉強会を開催しました

 ◆日 時:平成30年6月14日(木)
        10:30〜14:30

 ◆テーマ
  「子どもの発達段階と発達が気になる子の理解」
  午前の部(10:30〜12:00)
    生まれてからの生育・成長過程
  午後の部(13:00〜14:30)
    発達障害の種別と特性

 ◆講 師:穂積妙子 氏(臨床発達心理士)
  【つくば子どもと教育相談センター 代表】

 ◆実参加者:38名
  (延べ57名:午前の部24名、午後の部33名)
img245.1.JPG



 今回の勉強会は子育てサポーター養成基礎研修の2日目と合同で開催しました。

 午前中の講義では、子どもの発達の過程の乳児期(0〜1歳前後)、幼児期(1歳半頃〜5.6歳)、児童期(7歳頃〜10、11歳頃)の段階に分けて、それぞれの発達課題に応じた子どもへの関わり方について説明がありました。また午後の講義は、発達障害を大きく学習障害、注意欠陥多動性障害、自閉症スペクトラムに分けて、障害の特性や、乳幼児期や学齢期といった年代に応じた関わり方のポイントの説明があり、一日を通じて子どもの発達に関して、学びの多い機会となりました。


【午前の部:生まれてからの生育・成長過程】
 人の発達の中でも、乳児期は全生涯で最も成長、発達が著しく、この時期の授乳や身体のケア、声かけ、あやし行為などを通じた母親や特定の保育者との強固な愛着形成が、以降の発達過程での家族以外の人との信頼形成や、社会性の獲得につながるという説明がありました。
 ただ、全ての子どもが同じように愛着を形成できるわけではありません。〇勸蕕討鬚垢訖銅身に、子育てのサポートを受けられない、経済困窮、発達障害がある、または育児放棄などの虐待を受けて育ったという事情がる場合、∋劼匹眤Δ砲癲∪犬泙譴弔人との関係を持ちにくい、反応が少ない、身体的・精神的に過敏でよく泣くなど、子どもの約1割に育てにくい子どもの存在が確認されています。子育てが一様ではなく、子どものありのままを受け入れて、気負いせずに子育てを楽しみましょう。と伝えられました。


【午後の部:発達が気になる子の理解と支援】
 乳幼児期の気になる子どもに対して、親が子どもに「育てにくい子ども」という印象を持って、育児不安や、ネグレクト(育児放棄)になることがあります。母親と子の「愛着形成」を築く大事な時期であり、母親が精神的、身体的にも余裕を持てるようサポートするために、「預かり支援」や子どもの「お気に入り遊び」のレパートリーを増やすこととあわせて、母親以外の家族へ育児協力を働きかけたり、社会的支援につなげる関わりが必要です。
img245.2.JPG
 幼児期(3歳程度)の気になる子どもの場合、特にこだわり行動は無理にやめさせるとパニックになることもあるため、状況を見ながら別の行動に置き換えることが大切です。また、この時期の子どもの失敗は責めずに、褒める部分は子どもにわかりやすく表現をしてあげること、他にも体を動かす遊びやリズム遊びなどを生活の中に取り入れて、夢中になりやすいゲーム機やスマートフォンとの接触はできるだけ控えるようにと、伝えられました。
 発達が気になるお子さんも、定型的な発達の子どもと異なる部分はあっても、発達し続けます。できるだけ早期にその子に合った教育や療育の方法、可能性を見つけだして、その子らしい発達を支える支援者のかかわりがとても大切と伝えていただきました。

 神栖社協ではお子さんの預かり支援「ファミリーサポートセンター」を神栖市より受託し、幼稚園や学校、児童クラブの送迎や預かりなどの子育ての援助を希望する方(利用会員)と、サポーター養成講座を受講した子育て経験者や保育士の有資格者(子育てサポーター)が、ともに登録して、相互援助活動として「お子さんの一時預かり」活動を行っています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートしています。

費用:午前7時から午後7時まで1時間あたり650円
    前述の時間以外の時間帯1時間あたり750円

お問い合わせ
 神栖本所 電話:0299−93−1029(担当:高森・大久保)
 波崎支所 電話:0479−48−0415(担当:沢田・横田)

 神栖社協 ファミリーサポートセンター
 神栖市子育て支援課 (ファミリーサポートセンター事業)

2018年06月26日

障害者デイサービスセンター(神栖市指定管理事業)
「のぞみ通信」を発行しました

20186.png
PDFファイル 平成30年度のぞみ通信No.3

 神栖市より指定を受けている障害者デイサービスセンター利用者様へのお知らせ、「のぞみ通信」平成30年度No.3を発行しました。今月はおやつクッキングの紹介、ボランティアさん来所の様子、看護師よりひとことをご紹介しています。 

 【のぞみ通信 平成30年度No.3の内容】
 ・外出の様子
 ・おやつクッキングの様子
 ・ボランティアさん来所の様子
 ・看護師よりひとこと
 ・障害者デイサービスセンターのぞみご紹介
 ・7月の予定

2018年06月25日

平成30年7月わくわくサロンの予定


DSC05898web1.jpg DSC05910web2.jpg

 6月1日(金)、『お茶の間サロン笑い処』が神栖市日川の小峰さん宅で開催されました。
 代表者小峰さんの息子さんである理学療法士の指導による「にこにこ体操」からスタート。脳トレと笑いが融合された体操は、頭も体も心もほぐしていきます。
 サロン協力者による手作りのおいしい昼食でお腹を満たした後は、“笑い処”定番のカラオケが始まります。
 華やかな衣装を身にまとい、美声を響かせ参加者をうっとりさせる方や、テンポの良い音楽に合わせた踊りを披露して爆笑の渦を巻き起こす方など、会場中が笑いにあふれ、まさに“笑い処”といったサロンでした。

 「お茶の間サロン笑い処」は、毎月第1金曜日に開催しています。
 次回は7月6日(金)に開催予定です。



【わくわくサロン】

名 称 場 所 開催日
友愛サロン 溝口集落センター 7月 2日(月)
わくわくサロンはさき 仲町区民館 7月 2日(月)
ほっとサロン 大野原児童館 7月 3日(火)
わくわくサロン知手浜 知手浜公民館 7月5日、19日(木)
わくわくサロンあけぼの 知手中央仲町公民館 7月 6日(金)
お茶の間サロン笑い処 小峰宅 7月 6日(金)
わくわくサロン大潮 明神前区民会館 7月 7日(土)
ティータイム はさき生涯学習センター 7月 7日(土)
わくわくサロン知手団地 東町区民館 7月 9日(月)
平泉わくわくサロン 平泉コミセン 7月10日(火)
なごみ会 高浜公民館 7月14日(土)
ふれあいサロンめだか 新港公民館 7月15日(日)
わくわくサロン松原 若ノ松区民会館 7月16日(月)
わくわくサロンすこやか はさき福祉センター 7月19日(木)

※市内のサロン予定を掲載しています。場所、開催日、内容等について随時更新していきますのでご確認下さい。

『サロン』は地域住民がつくる地域交流の場です

 サロンとは、家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって気軽に楽しい時間を過ごす活動です。

 神栖社協は、新たにサロンを立ち上げたい方々の「思い」を「活動」につなげられるよう、取り組みへの調整や側面的な支援を行います。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
神栖本所 電話 0299-93-0294 担当:大久保・飯田
波崎支所 電話 0479-48-0294 担当:横田・狩野
saronmap28.10.png
神栖市サロンマップ(PDF)
平成30年6月1日現在

2018年06月22日

【精神保健デイケア青空】平成30年7月の予定

 精神保健デイケア青空の「7月予定表」が完成しました。いよいよ夏到来。7月のおやつ作りでは、涼を感じることができるメニューにチャレンジします。26日(水)に作る“テンモーパン”は、タイのスイーツで、スイカのフローズンジュースです。日本ではあまり馴染みがありませんが、タイではレストランや屋台などどこにでも売っているようです。
 メンバーみんなで冷たく美味しいスイーツを満喫して、暑い夏を乗り切りましょう。

 右の活動予定表をクリックすると拡大します→ 平成30年7月の予定

 精神保健デイケア 「青空」「ほのぼの」では、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所がある安心感」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。

aozorayotei.7.jpg

■6月の活動報告(バーベキュー&ピクニック)■
IMG_2094.JPG IMG_2104.JPG
 毎年恒例のバーベキュー。メンバーは、慣れた手つきで火起こし、下ごし
らえを進めていきます。肉に魚、野菜と、ボリューム満点の食事を堪能しま
した。この日は、梅雨の晴れ間でとても暑かったですが、メンバー同士の交
流を深めることができました。【写真 左】
7人のメンバーで港公園までピクニックへ。園内を散策し、展望台から景色を
眺め、気分をリフレッシュすることができました。【写真 右】

【デイケアのご案内】
下記の「デイケアパンフレット」をクリックするとパンフレットを見ることができます。
デイケアパンフレット 表面
デイケアパンフレット 裏面

☆「青 空」(神栖地区):水・金曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:神栖市保健・福祉会館内)
            木曜日 午前10時〜正午(会場:神栖市保健・福祉会館内)
☆「ほのぼの」(波崎地区):火曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:はさき福祉センター内)

●デイケア対象の方●
精神科に定期通院中で主治医よりデイケアの利用について了解を得ている神栖市在住の方(ただし、1年以上神栖市に居住していること)


◆問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 高岡・野口
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 奥村・横田

平成30年度ボランティア登録グループ情報

 神栖社協ボランティアセンターには、手話、点字、おもちゃ修理、清掃活動、バルーンアートや福祉施設での演芸やメイクなどの様々なボランティアグループが登録しており、市内外で活躍されています!是非、ご覧下さい。
 【平成30年6月30日現在 81グループ】

 ※登録グループの中には代表者名や電話番号等、非公開のグループがあります。詳しい情報を知りたい方やボランティア活動に興味がある方、ボランティアを依頼したい方は、お気軽にボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。

平成30年度登録ボランティアグループ一覧表形式PDF版はこちら
shoes_326121.png

2018年06月21日

精神保健デイケアほのぼの 平成30年7月の予定

 「ほのぼの」の7月の予定表が完成しました。

 7月の活動は、パソコンの使い方の体験と、晴れたら気分転換にウォーキングを楽しむ予定です。また調理では、時短で作れる低カロリーな切り干し大根やひじき煮の和食メニューを作ります。
 フリータイムでは、手工芸、読書、大人の塗り絵、ゲームなど、参加メンバーが自由に活動内容を選択できます。  
 最新の予定表は下記をクリック!!
ほのぼの7月の予定

H30.7honobono-2.jpg
 「青空」「ほのぼの」は、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所作り」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。

◆“ほのぼの”6月の活動の様子【テーマトーク&涼菓フルーツ寒天作り】
MACHImeguri.jpg  H30.6.19-2kanten.jpg
 6/12のテーマトークの活動では、秋になったら行ってみたい銚子の街巡りについて話し合いました。参加者のSさんが銚子市観光協会からいただいてきてくださったパンフレットを広げ、レンタサイクル、観光名所、美味しいお店情報など、日帰りで楽しめる場所が見つかりました。
 6/19のおやつ作りでは、夏にぴったりな涼しげなフルーツ寒天を作りました。キウイフルーツや、みかん、黄桃、ナタデココがぎっしり詰まった宝石のようなおやつが出来上がりました。


◆デイケア活動に興味のある方のお問合せをお待ちしています!
illust3795thumb[1].gif

・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士をスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

 利用目的は、病状の安定や不調の早期発見、自宅から外への始めの一歩、ストレス解消、就労を目指すための心身の準備、人とお話ししたいなど、十人十色です。

下記の「デイケアパンフレット」をクリックするとパンフレットを見ることができます。
デイケアパンフレット 表面
デイケアパンフレット 裏面


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健・福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 高岡・野口・小林
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 奥村・横田

2018年06月20日

福祉後見サポートセンターかみす 平成30年5月の相談実績

illust2109[1].png  神栖市社協は、「福祉後見サポートセンターかみす」を設置し、法人後見事業に取り組んでいます。法人後見とは、社会福祉法人等が成年後見人等になり、個人が成年後見人等となった場合と同様に、判断能力が不十分な方の保護・支援を行うことです。
 福祉後見サポートセンターかみすでは、知的障がい者、精神障がい者、認知症高齢者などの判断能力が不十分な方々の権利を擁護するとともに、住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるように日常生活自立支援事業と法人後見受任事業、制度利用のための相談支援を行っています。

福祉後見サポートセンターかみすの詳細は  こちら

日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

 日常生活自立支援事業は、判断能力が不十分で、親族等の支援が得られない方に対して、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理援助及び書類等の預かりサービスを行っています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 1件 8件
 ※内新規利用相談 0件 6件
 契約件数 1件 1件
 解約件数 0件 0件
 現契約者数 20件
 支援員活動件数 8件 18件
 専門員活動件数 56件 120件
 利用者ケアカンファレンス回数 2件 4件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 14名 23名


成年後見事業

 成年後見制度は、判断能力が不十分な方々の権利を守る援助者(成年後見人等)を選任し、本人に代わって法律的に支援・援助するための制度です。
 神栖市社協は、成年後見制度利用相談や制度啓発、法人として成年後見人等を受任しています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 0件 1件
 ※内新規受任相談 0件 1件
 法人後見受任件数 0件 0件
 現受任件数 5件
 受任活動件数 19件 30件
 専門員活動件数 21件 34件
 利用者ケアカンファレンス回数 1件 2件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 6名 9名


成年後見制度・日常生活自立支援事業に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294(担当:名雪・荒井)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294(担当:奥村・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

平成30年5月交流サロン利用状況、相談実績

交流サロンは少人数での会議や打合せ等、ご自由にご利用できます。筺複娃横坑后檻坑魁檻隠娃横后砲任陵縮鵑蘯け付けています。
 またパソコンも設置してありますので、インターネットでの調べもの等にご利用になれます。
DSC05789-2.jpg  【左記の写真】
 ボランティアセンター交流サロンのカウンターの隣には、毎月バルーンアートwa’mくーるの皆さんの作品を展示しています。
 梅雨の便りが聞こえてくる季節となりました。ボランティアセンターの入り口では、かわいいアマガエルさんが、アヤメの花の下で雨宿りをしています。

 『バルーンアートwa’mくーる』バルーン教室は、毎月1回(第3火曜日 午前10:00〜12:00)、交流サロンで開催しています。興味のある方、一度参加してみませんか?
 6月の定例会は、予定を変更し、6月26日(火) 午前10:00〜となっています。

ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【平成30年5月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 4月からの累計
 打合せ・作業スペースの使用 157人 325人
 点訳室の使用 10人 17人
 録音室の使用 6人 10人
 掲示板、パンフレットラック利用  1団体 7団体
 パソコン、インターネット利用  3人 7人
※交流サロンでは社協ボランティア登録団体を対象にロッカーの貸し出し、コピーカードの貸し出しなども行っています。
※交流サロンは日曜日と年末年始を除き、8:30〜21:00まで、ボランティアの皆様の打合せなどで自由にご利用していただけます。

【平成30年5月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 4月からの累計
 ボランティア活動について 12件 25件
 ボランティア依頼について 15件 23件
 ボランティア保険について 3件 3件
 交流サロンについて 0件 0件
 福祉活動基金等助成について 1件 1件
 善意銀行について 10件 15件
 災害時対応について 2件 2件
 広報啓発の周知依頼について 2件 7件
 ボランティア・市民活動講座、交流会について 0件 0件
 地区・目的別サロンについて 2件 3件
 福祉団体関係について 0件 0件
 その他 1件 3件
 合計 48件 82件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンの利用案内

 交流サロンを予約したい場合は下記にて承ります(お電話でも可)。
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター(担当:大久保)
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029

多くの善意をありがとうございます
(平成30年5月の善意銀行預託状況報告)

平成30年5月1日〜5月31日受付分 順不同・敬称略
【寄付金預託 合計111,768円】

kitte_set_62en30615.png社協の地域福祉活動へ
波崎日中友好協会 46,325円
白十字総合病院看護部 5,000円
県造園建設業協会・神栖市緑化組合・神栖市総合建設業協会 54,101円
匿名 5,000円

寄付金は神栖市の地域福祉推進事業に大切に活用させていただきます。
ありがとうございました。



日本社会福祉弘済会 空飛ぶ車いす活動へ
吉川尚子(未使用ハガキ) 470円
野口豊(未使用ハガキ) 872円


【物品預託】
使用済切手 合計9,602枚
栄興業蠎島営業所、三国屋建設蝓∋杏ケミカル蠎島事業所、
神栖シニアハイキングクラブ、神栖法律事務所弁護士安重洋介、
神栖済生会病院、シニアネットワークかみす、菊地ツヤ、
鹿島石油蠎島製油所、日本トランスシティ衢∩課、
大勝建設蝓⊃誓翰絞惷鼻↓訖刃惰屋刷、吉川尚子、匿名6件

使用済カード 合計76枚
ダイヤリックス蠎島支社、神栖シニアハイキングクラブ、
シニアネットワークかみす、吉川尚子

ベルマーク合計2,854枚
三国屋建設蝓⊃誓乾轡縫▲魯ぅングクラブ、めん丸神栖店、
増康弘、テニスポートはさきスイミングクラブ会員
鹿島石油蠎島製油所、匿名4件

書き損じハガキ合計8枚
匿名2件

使用済インクカートリッジ・トナー合計160個
貫和電気管理事務所、神栖シニアハイキングクラブ、
神栖アウトドアクラブ、シニアネットワークかみす、
茅原一美、太田みゆき、匿名1件

その他
神栖シニアハイキングクラブ タオル22本
高須守 シルバーカー2台
村田和子 ハマグリ人形の材料100セット
奥主ちよ 布多数
訛臾邱業 タオル15本
匿名3件 布4枚、紙オムツ2袋、尿取りパッド1袋、毛糸多数


ご協力ありがとうございました。

お問い合せ先
神栖本所 0299−93−0294(担当:大久保)
波崎支所 0479−48−0294(担当:横田)

善意銀行とは・・・

「うぃるかみす」平成30年5月の実績

obaasan_woman_tasukeai2.jpg  住民参加型有償在宅福祉サービス「うぃるかみす」は、高齢者や障害者の世帯等で、買い物やお掃除、窓掃除、庭のお掃除等ができなくて困っている方のお宅にお伺いして、「ちょっとお手伝いしますよ」という住民の助け合い活動です。 社協のコーディネーターが利用会員と協力会員の調整役を行っています。状況によって一度に複数の協力会員で対応することもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【うぃるかみす活動実績(平成30年5月1日〜31日)】

実績 4月からの累計
 相談件数 39件 81件
 活動実績 42件 92件
 延べ利用時間 66.0時間 137.0時間
 新規協力会員登録  0名 26名
 新規利用会員登録  2名 29名


 協力会員として登録を希望される方は、センターの実施する養成講座を受講いただくことが必要です。
今年度の養成講座は詳細が決まり次第お知らせします。
協力会員として活動していただける方は事務局までご相談ください(随時入会可能です)。

「うぃるかみす」に関するお問い合わせは社会福祉協議会へ。

  神栖本所 0299−93−0294(担当:大久保、野口)
  波崎支所 0479−48−0294(担当:横田)

2018年06月19日

福祉総合相談 平成30年5月の相談実績

 社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談と訪問活動を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。

 また社協では「違いを認めあうこと・理解しあうことで豊かになれること」などについて考えるきっかけづくりとして、福祉体験出前講座を開催しています。小中高生のクラス・学年単位から、自治会・企業・商店会のみなさんまで、学びたい!体験してみたい!といった要望により、地域のサポーター(ボランティア、シニアクラブの皆さん、障害を抱える当事者など)と共に企画段階からご相談に応じます。
father_nigaoe[2].png

【福祉総合相談(平成30年5月1日〜31日)】

内容別相談実績 相談件数 4月からの累計
 生活福祉資金 8件 15件
 生活福祉制度・事業等 39件 64件
 低額診療制度 8件 10件
 生活困窮者自立支援事業 30件 56件
 日常生活自立支援事業 61件 129件
 成年後見制度 21件 34件
 障害者福祉(身体・知的・精神障害) 78件 159件
 こころの相談室 7件 23件
 発達障害者福祉 4件 9件
 ひきこもり 2件 4件
 高齢者 50件 102件
 貸出事業(介護機器・福祉車輌) 1件 2件
 福祉教育出前講座 10件 13件
 その他 8件 18件
 合計 327件 638件


★「社協の福祉総合相談」相談窓口はこちら(無料です)
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

地域生活支援センター 平成30年5月の相談実績

_ajisai_katatsumuri[1].png  社協が神栖市から受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(平成30年5月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

1.障害別相談 相談件数 4月からの累計
 身体障害 21件 35件
 知的障害 8件 18件
 精神障害 42件 91件
 発達障害 0件 1件
 その他(重複、難病など) 0件 0件
 合計 71件 145件

2.障害支援区分認定調査 調査件数 4月からの累計
 身体障害 4件 5件
 知的障害 1件 3件
 精神障害 0件 2件
 その他(重複など) 0件 1件
 合計 5件 11件

地域生活支援センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖社協地域生活支援センター(神栖地域)
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294 相談支援専門員 鴨川・飯田・高岡

 神栖社協地域生活支援センター(波崎地域)
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294 相談支援専門員 奥村・篠塚

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

こころの相談室 平成30年5月の相談実績

こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
illust3549[1].png

 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。
 また、波崎東ふれあいセンターにて、「こころの移動相談室」を実施していますので、ご利用ください。
 ■場 所:波崎東ふれあいセンター(旧波崎東小学校) 会議室1
      (住所:神栖市波崎9872-1)
 ■日 時:毎月第3水曜日 午後2時〜4時

・個室相談室によりプライバシーは保護されます。
・相談対応できる時間は1回の予約につき1時間です。
・相談はすべて予約制とさせていただいております。

【平成30年度 こころの相談室 利用実績5月】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
相談件数 16 7 23


【昨年度実績 152件】

「こころの相談室」問合せ先
 神栖本所
  住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
  電話:0299−93−0294(担当:高岡・鴨川)

 波崎支所
  住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
  電話:0479−48−0294(担当:奥村・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

かみすファミリーサポートセンター 平成30年5月実績

 かみすファミリーサポートセンターでは、子育てを地域で支援する「お子さんの一時預かり」活動を行っています。子育て経験者や保育士の有資格者が、サポーター養成講座を受講後、サポーターとして登録、活動しています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートします。お気軽にご相談下さい。
ehon_hahako[1].png

【事業実施状況(平成30年5月1日〜31日)】

【活動実績】

件数/実績 4月からの累計
 活動件数(実績) 129件 278件
 相談件数 82件 173件
 新規利用会員登録者数 8名 15名
 新規サポーター登録者数 0名 2名
※総利用会員数【722名】、総サポーター数【236名】

【事業実績(内容別活動件数)】

活動内容 活動件数 4月からの累計
 保育施設の保育開始時や保育終了後の預かり 2件 4件
 保育施設までの送迎 19件 55件
 放課後児童クラブ終了後の預かり 0件 0件
 学校の放課後の預かり 1件 3件
 冠婚葬祭や他の子の学校行事の際の預かり 3件 5件
 買い物等外出の際の預かり 8件 24件
 子どもの習い事等の場合の援助 30件 59件
 保育施設、学校等が休みの場合の援助 0件 0件
 保育所等の施設入所前の援助 0件 0件
 保護者の就労時の援助 15件 30件
 児童クラブ開始前の預かりと送り 11件 24件
 他の兄弟育児中の支援 3件 6件
 親自身のリフレッシュ 0件 0件
 学校開始前の校内での預かり〜教室までの送り 19件 32件
 その他 18件 36件
 合計 129件 278件

ファミリーサポートセンターに関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−1029(担当:高森・大久保)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0415(担当:沢田・横田)

2018年06月18日

平成30年度第1回理事会が開催されました

 平成30年6月1日(金)に第1回理事会が開催されました。神栖市社協の平成29年度事業報告及び決算、第4期となる指定管理事業者への応募等の案件について審議・議決がされました。
 会議の詳細は以下の通りです。

社会福祉法人神栖市社会福祉協議会 平成30年度 第1回 理事会

PDFファイル平成30年度 第1回理事会資料
PDFファイル平成29年度 事業報告書
PDFファイル平成29年度 事業報告書概要
PDFファイル平成29年度 決算書
PDFファイル平成29年度 決算書附属明細書

PDFファイル平成30年度 第1回理事会出席者

○ 日   時:平成30年6月1日(金) 午後1時57分〜午後2時57分まで
○ 場   所:神栖市保健・福祉会館 2階 会議室2
○ 定   数:18名
○ 出 席 人 員:理事15名、監事2名

○ 議   長 石田 進(会長)


議事の内容についてはコチラ → PDFファイル平成30年度 第1回理事会議事録

2018年06月15日

ボランティアセンターマガジンを発行しました
(平成30年6月15日号)

 「ボラマガ」第42号の特集は、「身近な活動場所 福祉施設のボランティア」です。高齢者・障害者施策の充実に伴い、私たちのまちの各所に開設された福祉施設は、身近なボランティア活動の場所となりました。間もなくボランティア体験月間の7月、8月を迎えます。ボランティアの第一歩を踏み出しませんか。

 ボランティアセンターホームページで「ボラマガ」PDF版をご覧になれます。

ボランティアセンター ホームページ

ボランティアセンターマガジン平成30年6月15日号(第42号)を発行しました

内容
・特集 身近な活動場所「福祉施設」のボランティア
・私たちの!わくわくサロン自慢 お茶の間サロン笑い処 編
・保育サポートたんぽぽ「たんぽぽ広場」を開催します
・子育てふれあい広場『ひよこ』
・愛着のあるおもちゃ、直します「神栖おもちゃ修理ボラ」
・寄付物品はどのように使われるの? 使用済切手、使用済みカード編
vm-logo.gif
PDFファイルボランティアセンターマガジン平成30年6月15日号(第42号)

2018年06月14日

平成30年5月の自立相談支援事業実績

 神栖社協では、平成29年4月から「生活困窮者自立支援事業」を市から受託し、自立相談支援事業所を開設しています。
 相談を受けてからどのような支援が必要か、相談者と支援員が一緒に考えます。支援員が具体的な支援プランを作成し、寄り添いながら自立に向けた支援を行います。相談は無料です。

job_shinadashi.png

生活困窮者自立支援事業の案内は  こちら


【事業実施状及び支援活動実績(平成30年5月1日〜31日)】

事業実施状況 件数 4月からの累計
 相談件数(新規) 11件 20件
 プラン作成(初回) 1件 1件
支援活動実績 件数 4月からの累計
 電話 4件 7件
 訪問・同行 3件 12件
 面接 7件 12件
 合計 14件 31件


自立相談支援事業所へのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 本所地域福祉推進センター
  住所:溝口1746-1 保健・福祉会館内
  電話:0299−93−0294(担当:鴨川・高岡)

  窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2018年06月13日

ことばと発達の相談室 平成30年5月の相談実績

illust1357[1].png  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

【平成30年度の ことばと発達の相談室 利用実績】

     4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催回数 4 3 7
利用者数 15 12 27

【昨年度実績 190件】

ことばと発達の相談室に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294(担当:大久保・飯田)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294(担当:横田・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2018年06月12日

高齢者相談センター 平成30年5月の実績

 社協波崎支所では、【波崎、矢田部、土合】の各地域を対象に「高齢者相談センター」を市から受託し開設しています。
 高齢者福祉サービスの申請代行、制度や事業の説明、安否確認や見守り等、高齢者の在宅生活を支援するための相談窓口として面接、電話、訪問などにより、きめ細かな対応をいたします。
 相談内容に合わせて必要なサービスへ繋ぎますので、介護などに関しての疑問や困ったことがあれば、なんでも相談して下さい。相談や支援にかかる費用は無料です。
hisako081003.jpg

【社協波崎支所での相談対応件数(平成30年5月1日〜31日)】

相談形態 相談件数 4月からの累計
 電話 11件 26件
 訪問 32件 55件
 面接 7件 17件
 その他 1件 4件
 合計 51件 102件

高齢者相談センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
  住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
  電話:0479−48−0294(担当:狩野・篠塚)

  窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

ボランティア活動保険加入者数(平成30年5月)

kossetsu_kasa_komaru_man2.jpg

【ボランティア保険加入者数(平成30年5月1日〜31日)】

ボランティア保険加入プラン 加入者数 4月からの累計
 基本Aプラン 29名 923名
 基本Bプラン 22名 57名
 天災Aプラン  0名 47名
 天災Bプラン  0名 16名
 合計 51名 1,043名

☆ボランティア保険は、ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

☆ボランティア保険の保険期間は、毎年4月〜3月末までとなっています。  年度途中の加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成31年3月31日午後12時までが保険期間となります。

 
災害ボランティアとして被災地に行く場合は居住地の社会福祉協議会で津波、地震などによるケガ等にも対応できる「天災型のボランティア保険」に加入して、活動に参加することをお勧めしています。

 ★詳しくはこちら→ふくしの保険

☆加入にあたっては、
 社協へのボランティア登録が必要となりますので、登録と合わせて保険加入手続きをとることをお勧めしています。なお、保険掛け金の一部は自己負担となりますのでご注意下さい。 各プランの内容等詳細はボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。
  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)(担当:大久保)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)(担当:横田)

2018年06月11日

ボランティア登録状況(平成30年5月)

ボランティア登録状況(平成30年5月1日〜31日受付分)
flower_gaku_ajisai2.jpg

【ボランティア登録状況(平成30年5月1日〜31日)】

実績 4月からの累計
 団体登録数  6団体 72団体
 団体所属人数 103名 1,547名
 個人登録数  0名 30名


 ★ボランティアグループの情報(平成30年5月末現在)は、こちら→平成30年度登録ボランティアグループ一覧


ボランティアセンター(交流サロン)を利用される団体・個人の方には、ボランティア登録(年度ごと)をお願いしています。本会にボランティア団体として登録いただくと、交流サロン内のロッカーやコピーカードを利用できます。

 ★詳しくはこちら→ボランティア登録
 登録についてのお問い合わせは、ボランティアセンターまで、お気軽にご連絡下さい。

  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)(担当:大久保)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)(担当:横田)

2018年06月06日

第245回地域ネットワーク勉強会を開催します


 日 時:平成30年6月14日(木)
      午前10時30分〜午後2時30分

【テーマ】
 子どもの発達段階と発達が気になる子の理解
 午前の部(10:30〜12:00):生まれてからの生育・成長過程
 午後の部(13:00〜14:30):発達障害の種別と特徴

 講 師:穂積妙子氏(臨床発達心理士)
      つくば子どもと教育相談センター代表

 場 所:神栖市保健・福祉会館 1階 集会室B

 参加費:無 料
 cnn245.001.png

 乳幼児期は、生涯にわたる発達の基礎が培われる時期です。子どもの成長は、それぞれが異なる資質を持つことから、個人差があります。そのため、子どもへの支援は、同じ月例・年齢の子どもの平均や標準に対して一律に行うのではなく、ひとりひとりの発達過程をふまえることが大切です。
 今回の勉強会では、午前に乳幼児から児童期の発達段階とその道筋、午後は生まれつきの脳機能の障害である発達障害の種別と特性、年齢に応じた支援のポイントをお伝えします。
 現在子育てをしている方、保育士等子育ての支援者など、みなさんの参加をお待ちしています。

★詳しくはこちら → PDFファイル地域ネットワークニュース平成30年6月号


※昼食は各自でご用意ください。午前もしくは午後のみの参加も可能です。
※今月の勉強会はファミリーサポートセンターが実施する「子育てサポーター養成基礎研修」の2日目と合同で開催します。こちらの研修も申込受付中です!
 詳しい内容についてはこちらをご確認ください →「平成30年度子育てサポーター養成基礎研修」

【申込み・問い合わせ先】
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:名雪、飯田)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750
E-MAIL:mail@kamisushakyo.com

2018年06月01日

平成30年度子育てサポーター養成基礎研修を開催します。
【受講者募集中!!】

 かみすファミリーサポートセンターは、安心して子育てができる環境づくりを目指し、子育ての手助けをして欲しい人(利用会員)と、子育てのお手伝いをしたい人(サポーター)が登録し、地域で支え合う子育て支援活動を行っています。
 当センターでは、神栖市のさらなる子育て環境の充実を目指し、年1回標記研修会を開催しています。この研修受講後、当センターに「子育てサポーター」として登録することで、サポーターとして活動することができます。
 地域の子育て支援に協力して頂ける方や支援活動に興味がある方は是非、ご参加下さい。
H30famikennsyuu.png

☆開催日時  【1日目】 6月13日(水) 10:00〜15:40
          【2日目】 6月14日(木) 10:30〜14:30
          【3日目】 6月19日(火) 10:00〜15:00
          【4日目】 7月 4日(水)  9:00〜12:00
※1〜3日目までは、市保健・福祉会館で、4日目は神栖消防署にて開催します。

☆講座内容
 臨床発達心理士、保健師、看護師、保育士等を講師に迎え、最新の育児情報や子育て支援サービスを知ること、子どもの成長に合わせた遊びの工夫や接し方、緊急時の対応について(普通救命講習)など、子育てのポイントを4日間の講座を通じて学びます。

☆詳しい研修日程や内容については下記、日程表をご覧下さい。
 PDFファイル平成30年度子育てサポーター養成基礎研修日程及び内容

☆会   場  市保健・福祉会館 旧館1階 集会室B

☆対 象 者  市内在住で子育て中もしくは子育て経験のある20歳以上の方

☆受 講 料  無 料

☆申 込 先  かみすファミリーサポートセンター
         神栖本所:0299−93−1029(担当:大久保、高森)
         波崎支所:0479−48−0415(担当:横田、沢田)

《報告》第244回地域ネットワーク勉強会を開催しました

IMG_1770640480.JPG ◆日 時◆
  平成30年5月29日(火)
   午後7時〜午後8時15分
◆テーマ◆
  知っておきたい!
   障害年金の受給要件と手続き
◆講 師◆
  浅野聡史氏
   神栖市国保年金課(国保年金グループ年金)
◆参加者◆
  37名

 障害年金の申請は書類で日本年金機構が審査するので、申請者が口頭で年金機構に説明する機会はありません。診断書では伝えきれない障害や病気による生活のしづらさや、症状の進行度合いなどは申請書類にある「病歴・就労状況等申立書」に、申請者自らが記入する必要があります。
 この書類を作成するために、大きな病気やケガをした際には、身体状況や病状、診療方法などを日頃から記録しておくことが大切になるというお話がありました。

 障害年金を受けるには、大きく3つの要件があります。
 ‐祿欧慮彊となった病気やケガの初診日(初めて医師等の診療を受けた日)が国民年金・厚生年金保険の加入期間、若しくは初診日が20歳前または60歳以上65歳未満で年金制度に加入していない期間であること。
 ⊂祿欧篏病の程度が法令に定められた規定を満たしていること。
 J欷盈舛稜蕊嬪弖錣鯔たしていること。(初診日が20歳前の場合は除く)

 市町村の年金担当部署は障害基礎年金の申請の窓口となっていますが、審査するのは年金機構であるため、障害年金を受給できるかどうか、障害厚生年金の申請などは年金事務所、年金相談センターとなります。
 神栖市から近い年金事務所は佐原年金事務所(香取市佐原)、県内では水戸南年金事務所(水戸市柳町)となりますが、年金事務所での相談や申請は住所を問わないため、自動車を運転できない人は高速バスで東京へ行って電車移動で駅に最寄りの年金事務所で相談する方もいるとのことです。
日本年金機構の年金相談・手続き窓口
電話での年金相談窓口 ねんきんダイヤル

かみす社協ニュース平成30年6月号を発行しました

表面

平成30年度高校生の進路アシストカレッジを7月から開催します!
第245回地域ネットワーク勉強会のお知らせ
 (子どもの発達段階と発達が気になる子の理解)
神栖市社会福祉協議会正職員を募集します

裏面

子育てサポーター養成研修を開催します
うちのイチオシ!障がい者就労支援センター「コンパス」の日替わり弁当
身近な地域で開催!6月のわくわくサロン・子育てサロン
つもる善意 平成30年4月1日〜4月30日受付分

かみす社協ニュース平成30年6月号