【福祉教育出前講座】須田小学校4年生

 10月19日(木)、須田小学校4年生55名が、総合的な学習の時間で「身近な福祉」をテーマに車いす、アイマスク体験を行いました。
 子どもたちは、事前にユニバーサルデザインや肢体不自由の方が使っている道具などについて学習して、体験にのぞみました。

◆車いす体験
IMG_5196.JPG IMG_5214.JPG
 体験を通して児童から「車いすに乗りながら階段の上がり下りができるのか」、「車いすの人に出会ったときは何をしてあげればいいですか」など、たくさんの質問があり、自分たちにできることを考えるきっかけとなりました。

◆アイマスク体験
IMG_1292.JPG IMG_1286.JPG
 校舎内を当事者役と介助者役にわかれて体験を行いました。手を洗ったり、階段を上がったりと普段、当たり前のように行っていたことも、アイマスクを使って視覚を遮られると不安でいっぱい。しかし、介助者に「ゆっくりね」、「蛇口はここだよ」などと声をかけてもらったことで、不安な気持ちがほぐれました。

 この体験で得た”助け合いの気持ち”という芽が、クラスメイトや友達、家族などたくさんの人たちとの関わりを通して、大きな花となれば嬉しい限りです。

問い合わせ
神栖市社会福祉協議会
 【神栖本所】 神栖市溝口1746−1 神栖市保健・福祉会館内
          電話0299−93−1029(担当:萬代)
 【波崎支所】 神栖市土合本町3丁目9809−158 神栖市はさき福祉センター内
          電話0479−48−0294(担当:高岡)
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します