« 2017年08月 | ???? | 2017年10月 »

2017年09月29日

【精神保健デイケア青空】平成29年10月の予定

 精神保健デイケア青空の「10月予定表」が完成しました。
 10月は食欲の秋・スポーツの秋を満喫するプログラムとなっています。
 10月27日(金)は毎年恒例のほのぼの・青空合同遠足!!今年の行き先は参加予定者の投票で果実狩り(かすみがうら市)に決定しました。当日はなし狩りとぶどう狩りのどちらかを選ぶことができ、昼食はみんなでバーベキューという豪華な内容となっています。
 さらに、10月28日(土)には茨城県作業療法士会主催のフレンドボウリング大会に参加します。現在、神栖チームは団体戦で2連覇しており、3連覇をかけての参戦となります。
 右の活動予定表をクリックすると拡大します→平成29年10月の予定

  h29.10aozora.jpg
 「青空」「ほのぼの」では、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所がある安心感」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。


■9月の活動報告■
IMG_1187.JPG IMG_1206.JPG
 フリータイムの時間を有意義に利用しているメンバーが増えています。特に創作活動では裁縫・工芸に熱中している方が目立ちました。出来上がる作品も化粧ポーチ(写真左)やショルダーバック(写真右)、ペットボトルカバー、ペンスタンドなど実用性の高いものから、切り絵、ハロウィン3Dポスターなどアート性の高いものまで様々あり、芸術の秋の訪れを感じる時間となりました。

【デイケアのご案内】
下記の「デイケアパンフレット」をクリックするとパンフレットを見ることができます。
デイケアパンフレット 表面
デイケアパンフレット 裏面

☆「青空」  (神栖地区):水・金曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:神栖市保健・福祉会館内)
☆「ほのぼの」(波崎地区):火・木曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:はさき福祉センター内)

●デイケア対象の方●
精神科に定期通院中で主治医よりデイケアの利用について了解を得ている神栖市在住の方(ただし、1年以上神栖市に居住していること)


◆問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 小林・野口・三浦
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 横田・高岡・篠塚

きぼうの家新聞 平成29年10月号を発行しました

きぼうの家新聞 第279号内容
・10月行事予定
・のうこうNews
・CHECK!製作物
・活動風景
きぼうの家新聞29.10月号

kibouie.jpg

精神保健デイケアほのぼの 平成29年10月の予定

 「ほのぼの」の10月の予定表が完成しました。

 10月の活動では、「青空」・「ほのぼの」合同遠足で、なし狩り、ぶどう狩りに出かけます。年1度のビッグイベントなので、参加メンバーは、今から楽しみにしています。
 その他にも、手工芸、読書、テレビゲームなどから、参加メンバーが自由に選択できるフリータイムやカラオケを行います。
 また、鹿行地区の精神障害者グループの交流を図ることを目的に茨城県作業療法士会が主催する鹿行フレンドボウリング大会に参加します。

最新の予定表は下記をクリック!!
ほのぼの10月の予定

hono.10.jpg
 「青空」「ほのぼの」は、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所作り」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。

◆“ほのぼの”9月の活動の様子【調理】

004.JPG homepage.JPG
   9月5日(火)、メニューは、カルボナーラスパゲッティ。
 この日は、2名の実習生が参加。メンバーと雑談をしながら一緒にパスタを
茹でたり、盛つけをしたりと、わきあいあいとした雰囲気の中、料理が完成
  しました。みんなと一緒に食べたスパゲッティは格別でした。



◆デイケア活動に興味のある方のお問合せをお待ちしています!
illust3795thumb[1].gif
・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士をスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

 利用目的は、病状の安定や不調の早期発見、自宅から外への始めの一歩、ストレス解消、就労を目指すための心身の準備、人とお話ししたいなど、十人十色です。

下記の「デイケアパンフレット」をクリックするとパンフレットを見ることができます。
デイケアパンフレット 表面
デイケアパンフレット 裏面


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健・福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 野口・小林・三浦
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 横田・高岡・篠塚

2017年09月27日

★社協職員レポート〜CSWの取り組み〜

 今回は、波崎地区におけるCSWの活動についてレポートします。
 神栖社協では平成27年度より、地域密着型の相談員として、CSW(コミュニティソーシャルワーカー)を市内に配置しています。
 CSWは、高齢者・障害者・子ども・ひきこもりなど、どんな相談でも、地域の身近な相談窓口として、様々な専門機関と連携を図りながら、課題の解決に向けて一緒に考えていきます。
 
soudan_setsumei_business_old[1].png
 

 今年度より、神栖地区に続き、波崎地区にもCSWが配置されました。波崎地区で活動していくにあたって、地域の身近な相談者である民生委員との連携が必要不可欠であるため、民生委員の定例会にお邪魔し、CSWの活動について周知しました。
 定例会後、ある地区の民生委員から、早速、相談が寄せられました。
 対象者は、50代の男性Aさん。父との二人暮らしでしたが、昨年、他界して単身世帯。Aさんは、20年以上仕事をしておらず、父の年金と残してくれたお金で生活していました。支援機関との関わりがなかったため、民生委員が定期的に状況確認の訪問をしていましたが、Aさんの手持ち金が残り少なくなり、先々の生活が成り立たなくなってしまうため、他に手立てがあればとのことでした。
 相談を受けて、民生委員と同行訪問し、Aさんから生活状況や今後の意向などについて確認し、「働きたい気持ちはあるが、病気を抱えているため不安があること」が分かりました。そのため、まずは主治医と仕事ができるかについて相談してみるようアドバイスをしたところ、現在の体調では仕事が難しいことがわかったので、生活保護の申請を視野に入れて社会福祉課への相談を勧めました。
annshinn.png

 しばらくすると、Aさんから「生活保護の決定がおりました。体調を整えながら自立に向けて就職活動を頑張っていきます」との連絡がありました。
 Aさんに対して民生委員が関わっていたので、結果として制度に繋がりましたが、気にかけてくれる身内や近隣の人たちがいなかったら、と考えると・・ 

 「どこに相談したらいいか分からない」、「生活課題を抱えているが自分で解決しようとする意識が乏しい」などの理由で福祉制度やサービスに繋がることができていない方が少しでも地域で安心した生活が送れるよう、社協職員として、行政や民生委員、福祉事業所などの支援機関と連携し、一体的な支援をしていけるように努力していきます。


☆CSWの活動はこちら→CSWパンフレット(神栖地区)   CSWパンフレット(波崎地区)

                                      波崎支所地域福祉推進センター T

2017年09月26日

平成29年10月わくわくサロンの予定


014.JPG  022-2.jpg

 9月4日(月)に開催された『わくわくサロンはさき』は8月はお盆の月でサロンがお休みとなったため、2ヶ月ぶりの実施となりました。
 お楽しみの演芸はご近所の東町行政区のみなさんがお揃いの浴衣を着て『手踊り』を披露して下さいました。
その後は、神栖市交通安全推進員と神栖警察署交通安全課の警察官をお招きし『高齢者の交通安全の講話』を聞きました。交通事故は夜間と、細い道で発生する事が多いと説明を聞き、事故は身近なところで起こっていることを知りました。
 お昼をみんなで食べた後は、カラオケを楽しみ楽しい時間はあっという間に過ぎました。
 「わくわくサロンはさき」は仲町区民館、毎月第1月曜日に開催しています。
次回は10月2日(月)に開催予定です。



【わくわくサロン】

名 称 場 所 開催日
わくわくサロンはさき 仲町区民館 10月 2日(月)
友愛サロン 溝口集落センター 10月 2日(月)
ほっとサロン 大野原児童館 10月 3日(火)
わくわくサロン知手浜 知手浜公民館 10月5日・19日(木)
わくわくサロンあけぼの 知手中央仲町公民館 10月 6日(金)
お茶の間サロン笑い処 小峰宅 10月 6日(金)
ティータイム はさき生涯学習センター 10月 7日(土)
わくわくサロン大潮 明神前区民館 10月 7日(土)
平泉わくわくサロン 平泉コミセン 10月10日(火)
なごみ会 高浜公民館 10月14日(土)
ふれあいサロンめだか 新港公民館 10月15日(日)
わくわくサロン知手団地 東町区民館 10月16日(月)
わくわくサロン松原 若ノ松区民会館 10月16日(月)
わくわくサロンすこやか はさき福祉センター 10月19日(木)

※市内のサロン予定を掲載しています。場所、開催日、内容等について随時更新していきますのでご確認下さい。

『サロン』は地域住民がつくる地域交流の場です

 サロンとは、家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって気軽に楽しい時間を過ごす活動です。

 神栖社協は、新たにサロンを立ち上げたい方々の「思い」を「活動」につなげられるよう、取り組みへの調整や側面的な支援を行います。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
神栖本所 電話 0299-93-0294 担当:萬代・三浦
波崎支所 電話 0479-48-0294 担当:横田・狩野
saronmap28.10.png
神栖市サロンマップ(PDF)
平成29年9月1日現在

2017年09月25日

《報告》ボランティア講演会・第236回地域ネットワーク勉強会を開催しました

  平成29年9月2日(土)の午後1時より、神栖市保健福祉会館を会場として、ボランティア講演会及び第236回地域ネットワーク勉強会を開催致しました。
社協の登録ボランティアのみなさんや、ボランティア活動に関心のある市民の皆さん等、66名の方々にご参加いただきました。
1610-2.jpg
【オープニング】

 社協登録ボランティア団体「バルーンアートWa'mくーる」と「オカリナポポ」の活動紹介
 「バルーンアートWa'mくーる」の皆さんによる、会場入り口をすばらしいバルーンアート作品で飾り、作品を作る実演を披露して下さいました。ボランティアの皆さんがとても楽しそうに作品を作っている姿は、参加者の皆さんを元気に、笑顔にしてくれました。

演芸ボランティアの「オカリナポポ」の皆さんによるミニコンサートでは、やさしい音色のオカリナの演奏を披露していただきました。「瀬戸の花嫁」や、「見上げてご覧夜の星を」等6曲を披露し、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

1525-2.jpg 1535-2.jpg
1541-4.jpg 1526-2.jpg


【ボランティア講演会】
テーマ『今、ボランティアの本質と価値を見つめてみよう』
NPO法人日本ボランティアコーディネーター協会
                     講師  小原宗一氏

1612-2.jpg



 【講演内容】
 1、市民の社会貢献に関する実態調査から見るボランティア現状
 2、ボランティアの考え方の基本原則について
 3、ボランティアとは
 4、人はなぜボランティアをするのか
 5、なぜ地域でボランティアが必要なのか
                     について学びました。


☆人はなぜボランティアをするのか・・
  ボランティアとは『個』の活動が原点であり、命令されてやる活動ではありません。やる、やらないを自分で決めることができます。興味、関心は人によって違いがあり、やりたいことは同じではないし、ボランティア活動をしなければならない義理もありません。ボランティアの良い所は、自由で楽しく、自分で活動を選択でき自分ペースで参加できます。そして人に喜んでもらえることです。


☆なぜ地域でボランティアが必要なのか・・
  (第一の選択)プロには出来ないボランティアならではの役割があるため
  (第二の選択)本当はプロに頼みたいが、人手不足や資金不足であるため
 
   ボランティアを必要とする地域や利用者のニーズと、ボランティアのニーズにギャップがある事が
  多いため、このギャップを埋めたり調整する役割を担っているのが、社協などの
  ボランティアコーディネーターです。

  

☆ボランティア活動でどんなことが得られたか(参加して良かったこと)・・
                  (※市民の社会貢献に関する実態調査より) 
    80代・・心身の健康が得られたこと
   40〜60代・・多くの仲間が得られたこと
   30代・・自分の人格形成や成長が見られたこと
         20代・・活動が楽しい
                          と回答しています。


☆ボランティア活動の本質と価値とは何かあらためて考えてみると・・・

 ボランティア活動を通じて、自発性、社会性、無償性といったボランティアらしさが発揮できることにより、結果として地域が豊かになると考えられます。ボランティア活動を通じて地域や社会の問題が身近になり、人ごとではなく、『自分事として考える住民が増える』ことになります。またボランティアという市場価値とは異なる世界観で様々な人々が活躍できることが、一人一人が尊重される社会の実現に近づくことができます。ほっとけない、地域を良くしたいという気持ちが高まると、ボランティア活動を通じて地域の問題解決力が高まり、住みよいまちづくりの基礎を築くことにつながっていくのです。


1607-1.jpg


【ボランティアセンターからのお知らせ】

◇ボランティアセンターの活用について
 社協のボランティアコーディネーターより、ボランティアセンターの機能と交流サロンの利用について説明しました。センターではボランティア活動に関する相談、情報提供、依頼に対する調整、活動の支援、ボラマガの記事の掲載、ホームページによる情報発信を行っています。
 また、各種講座の開催、高校生の進路アシストカレッジ、うぃるかみす活動や、わくわ くサロン活動支援等ボランティア活動に関する様々な支援を行っています。

 交流サロンには、交流スペース、録音室、点訳室、ロッカー、コピー機(モノクロ1枚5円)、掲示板、パンフレットラック、図書、パソコン、プリンタ等が用意されています。ボランティアの皆さん、打合せや作業等に是非ご利用下さい。
  
 
  1527-5.jpg 1528-6.jpg
  
 
【社協団体会員の募集のご案内について】

 神栖市社協の会員はこれまで、世帯を単位として加入いただく、「一般会員」「特別 会員」、企業・事業所に加入いただく法人会員」の3種類でしたが、本年度新たに「団 体会員」が加わりました。「団体会員」は、高齢者団体や障害者団体、市民活動やボラン ティアグループ等任意団体の皆さんに加入していただく事が出来るます。  現在、神栖市シニアクラブ連合会様、神栖輝楽シニア俱楽部様、ほほえみ、の3団体の方々に団体会員にご加入いただいております。



 最後に、
 今回の講演会及び第236回地域ネットワーク勉強会の開催にあたり、ご協力いただきました、NPO法人日本ボランティアコーディネーター協会の小原宗一氏、ボランティア団体のバルーンアートWa'mくーるとオカリナポポの皆様、ボランティアセンター運営委員、そして講演会にご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

平成29年度 法人会員様ご紹介(平成29年8月末時点)

 平成29年度社協法人会員募集にご賛同をいただいた企業・事業所様をご紹介します。(順不同、敬称略)
 法人会員のご加入につきましては、一年を通して受付けております。ご協力いただける企業・団体・法人様は社会福祉協議会事務局までご連絡ください。
 尚、法人会員様のホームページは神栖市社協ホームページ上でリンクし、ご紹介させていただいております。

 社協会員に関する詳しい内容は、こちらをクリック

平成29年4月1日から平成29年8月31日の間にご加入いただいた法人様
(加入口数別。全107法人。順不同・敬称略)
 ※8月1日以降にご加入いただいた法人様は★印でご紹介しています。
 ※(ホームページをお持ちの法人会員様については、名称をクリックすると企業・団体・法人様のホームページをご覧になれます。)


〈30口〉
鹿島東部コンビナート連絡会

〈10口〉
★鹿島西部地区企業連絡会、波崎地区企業連絡会

〈3口〉
(株)石田丸漁業幸武建設(株)

〈2口〉
[あ行]
(株)アイオート、(株)会津商会、赤妻電気(株)、あきら医院NPO法人あすなろ会
(株)五十嵐商事、 (株)泉ハウジング、岩上歯科医院、(株)上杉物産
エグゼコア、(株)NTH商事、(株)小堤工業

[か行]
(株)開成堂、鹿島旭自動車ボデー(株)、鹿島加工サービス(株)、(株)鹿島企業、
★(株)カシマクオリティーライフ★鹿島港湾運送(株)鹿島信販(株)かしま青年会議所★鹿島設備工業(株)★鹿島食品(株)鹿島都市開発(株)鹿嶋ハートクリニック★鹿島埠頭(株)、(株)鹿島臨海スポーツ、(株)鹿島冷熱、神栖済生会病院、神栖市衣料品店会、神栖市商工会、 (有)かみす葬祭、神栖法律事務所、(株)鴨安商店★軽野保育園、かわ野、神田観光サービス(株)、木内製菓(株)きさき保育園、(株)グッドライフ、★社会福祉法人鴻恩会、★廣幢院、(有)港南保険事務所★コスメ・山本、(株)寿商事、コビキ工業(株)、小若建設(株) 

[さ行]
★(株)さくた★(有)佐藤造花店、三協クリーンコンサルタント、(株)三金、
JXインシュアランス(株)鹿島営業所特別養護老人ホームしおさい苑★しおさい農業協同組合神栖支店(株)柴橋商会東関東支店、(株)新栄警備保障、(有)真和堂印刷、清仁会病院★(株)スポーツ高橋関彰商事(株)ビジネスソリューション部鹿島支店、セントラル歯科医院

[た行]
大成商事(株)、 ★ダスキン神栖ダスキン銚子 、★(株)筑波銀行神栖支店
土合舎利保育園、★東洋工事(株)、★(株)トラヤ

[な行]
蠅覆澆、★日栄建設(株)、 日本通運(株)鹿島港支店

[は行]
白十字看護専門学校★はさき漁業協同組合波崎水産加工業協同組合
(株)花ヶ崎モータース、浜口建設(株)、(有)浜松タクシー、ケアハウスばんなん賀
介護老人保健施設ばんなん白光園、(有)ヒショウ、人見医院、日の丸ギフトセンターぴよぴよ保育園深芝保育園、(有)ふくしの、(有)福村電機、豊栄電機(株)、細田牛乳店

[ま行]
牧医院、★(株)誠、MAKOツーリスト、 (株)マサキヤ、(株)松崎丸全昭和運輸(株)
(株)丸や萬徳寺保育園★みだ保育園水戸ヤクルト販売(株)

[や行]
★(株)山沢自動車、(有)山本運輸、山本石油(株)、(株)山鉄 

[ら行]
★(株)ロングライフ 

2017年09月21日

社協新人レポート 〜わくわくサロン〜

 新人レポート第2弾は平泉コミュニティセンターで行われている「平泉わくわくサロン」に伺ったその様子をお伝えします!
 サロンは地域住民がつくる地域交流の場です。家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって、気軽に楽しい時間を過ごす活動となっています。サロンでは、歌を歌ったり、レクリエーションをしたり、おしゃべりをしたり、その活動内容は様々です。
sinnjinnrepoH29.9.15.png


saronH29.9.12.jpg  9月12日の「平泉わくわくサロン」には参加者6名、ボランティア5名が集まりました。
 午前は平泉コミュニティセンターの調理室にて昼食作り。具だくさんの豚汁、かぼちゃの煮付け、冬瓜の酢の物を作りました。全員で協力し、声を掛け合いながら作業に取りかかります。たくさんあった肉や野菜などの食材も大ベテランの主婦たちが集まっているので、あっという間に下ごしらえが進んでいきます。また、作業の合間も笑い声にあふれ、にぎやかで楽しい雰囲気につつまれます。


 昼食が完成し、全員でテーブルを囲んで食事の時間。
 参加者の方からは「たくさん作るとおいしい!」「豚汁は野菜の出汁がよくでているね」などと絶賛の声が多数!「食べることは活力になるよ」と、いつもより食も進むようです。昼食後はお茶を飲みながら、おしゃべり。ゆったりと和やかな時間を過ごしました。

 今回見学させていただき、地域でいきいきと生活する方々とお会いすることができました。
 “おしゃれをし、お化粧をして外に出る。”
 “馴染みの人と顔をあわせ、おしゃべりをする。”
 “参加したことで充実感を得て、次回の活動が待ち遠しくなる。”
 “楽しみがあることで生活にハリがでる。”
 こういった楽しみが、地域で元気に過ごせる秘訣なのではないかと思いました。

 ★サロン活動の詳細はこちらをクリック → 『サロン活動』

 本所地域福祉推進センター 大久保

2017年09月14日

「オトコ限定! 輝くための“男”の講座」受講生募集!

 自宅やお庭のお手入れ、料理などセカンドライフがもっと“輝く”全4回の講座です。
 仕事に区切りがつく方の多い60代、これまで気になっていても取り組みことができなかったことを、新たな仲間と楽しんでみませんか?ぜひ、ご参加下さい。

<開催日時・内容・会場>
【1日目】プロに学ぶそば打ち
日  時:平成29年10月4日(水)
      9:30〜14:00
講  師:二八そば越後店主 水島義治氏
持ち物:エプロン、三角巾
会 場:神栖市保健・福祉会館 栄養実習室
    (神栖市溝口1746−1)
 chirashi.jpg
  詳しくはチラシをクリック!
【2日目】 網戸の張り替えにチャレンジ
日  時:平成29年10月12日(木) 9:00〜12:00
講  師:シルバー人材センター会員
持ち物:網戸2枚(自宅にある物)、上靴
会 場:神栖市シルバー人材センター ワークプラザ(神栖市溝口4991−5)

【3日目】庭木のせん定を学ぼう
日  時:平成29年10月19日(木) 9:00〜12:00
講  師:シルバー人材センター会員
持ち物:軍手、刈込ばさみ、せん定ばさみ
会 場:神栖市はさき福祉センター 中庭(神栖市土合本町3−9809−158)

【4日目】参加者同士の交流とボランティア活動の紹介
         (昼食を取りながら交流を深めます)

日  時:平成29年10月23日(月) 11:30〜14:00
会 場:神栖市保健・福祉会館 栄養実習室(神栖市溝口1746−1)


<定  員>20名(先着順)
<対象者>60歳以上の男性(定年前の方も大歓迎です)
<参加費>1,000円



【申込方法】
‥渡辰任申し込みの場合→氏名、年齢、住所、連絡先等を確認させていただきます。
▲侫.奪スでお申し込みの場合 参加申込書(PDF)
上記の参加申込書にご記入の上、ファックスして下さい。 FAX:0299−93−2333


【問い合わせ】
神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
・神栖本所 TEL 0299−93−1029 (担当:萬代)
・波崎支所 TEL 0479−48−0294 (担当:横田)

2017年09月13日

「うぃるかみす」平成29年8月の実績

sentaku_tatamu2.jpg  住民参加型有償サービス「うぃるかみす」は、高齢者や障害者の世帯等で、買い物やお掃除、窓掃除、庭のお掃除等ができなくて困っている方のお宅にお伺いして、「ちょっとお手伝いしますよ」という住民の助け合い活動です。 社協のコーディネーターが利用会員と協力会員の調整役を行っています。状況によって一度に複数の協力会員で対応することもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【うぃるかみす活動実績(平成29年8月1日〜31日)】

実績 4月からの累計
 相談件数 24件 135件
 活動実績  62件 323件
 延べ利用時間 89.5時間 485.0時間
 新規協力会員登録  0名 28名
 新規利用会員登録  3名 46名


 協力会員として登録を希望される方は、センターの実施する養成講座を受講いただくことが必要です。
今年度の養成講座は詳細が決まり次第お知らせします。
協力会員として活動していただける方は事務局までご相談ください(随時入会可能です)。

「うぃるかみす」に関するお問い合わせは社会福祉協議会へ。

  神栖本所 0299−93−0294(野口)
  波崎支所 0479−48−0294(横田)

平成29年度第3回理事会が開催されました

 平成29年9月6日(水)に第3回理事会が開催され、平成29年度上期(4〜7月)事業実施状況及び予算執行状況をはじめとする案件について報告がされました。
 会議の詳細は以下の通りです。

社会福祉法人神栖市社会福祉協議会 平成29年度 第3回 理事会

PDFファイル平成29年 第3回理事会資料

PDFファイル経営改善計画策定指針に基づく行動計画(神栖市社協発展・強化計画)実施1年次の進行管理

PDFファイル平成29年度 第3回理事会出席者

○ 日   時:平成29年9月6日(水) 午前10時00分〜午前10時36分まで
○ 場   所:神栖市保健・福祉会館 2階 会議室2
○ 定   数:18名
○ 出 席 人 員:理事16名、監事2名

○ 議   長 保立 一男(会長)


議事の内容についてはコチラ → PDFファイル平成29年度 第3回理事会議事録

★社協職員レポート
〜輝くための男の講座〜

  4月に在宅福祉サービスセンターから、本所地域福祉推進センターに異動になり6ヶ月が経ちました。10年間も在籍した在宅福祉サービス(デイサービス)の仕事から、ボランティア関係の仕事に替わり戸惑いながらも周りの仲間の協力で日々の業務を行っています。

  ボランティアセンターに異動して驚いたのは、沢山の方がボランティア活動されていることです。   神栖社協のボランティアセンターには、平成29年8月末現在、78団体,1638名のボランティアグループと個人ボランティア39名にご登録いただいています。   
 ★ボランティアグループの情報はこちら平成29年度登録ボランティアグループ一覧(平成29年8月末時点) 

 そのなかでも、女性ボランティアの活躍が目立つ一方で男性のボランティアがまだまだ少ない状況です。そこで今年も平成27年度から開講している定年期の“男性”をターゲットに、地域で活動する男性ボランティアの発掘と育成を目的とし、日常生活に役立つ技術を学ぶ「そば打ち、庭木の剪定、網戸張り」の講座「オトコ限定!輝くための“男”の講座」!を企画しました。

 
 ボランティア業務の中には、市民の皆さんがスムーズに活動していただく為に、ボランティアに関するコーディネートや福祉専門講座・養成講座などの開催があります。輝くための男の講座もその一つです。  この講座を通して参加者同士の仲間づくりや地域などの活動につながるきっかけづくりや、新たな男性ボランティアグループの立ち上げになればという想いがあります。

  開催日程は下記の通りです
1日目:10月 4日(水) 9:30〜14:00  「プロに学ぶそば打ち」
2日目:10月12日(木) 9:00〜12:00  「網戸の張り替えにチャレンジ」
3日目:10月19日(木) 9:00〜12:00  「庭木の剪定を学ぼう」
                           雨天の場合は翌日に延期
4日目:10月23日(月)11:30〜14:00  「参加者同士の交流とボランティア活動の紹介」

IMG_1273-50.jpg 昨年4日目「段ボールでつくるピザがま作り」
 
 
この男の講座は、今年で3回目を迎えますが1回目に受講した7名が「神栖輝楽シニア倶楽部」としてボランティアグループ登録され、毎年この講座に協力して下さっています。
 2回目の受講した方の中には個人で登録され「うぃるかみす」の活動で活躍されています。

★うぃるかみすはコチラ→うぃるかみすのパンフレット(PDF版)
      
                    在宅福祉サービス事業実施要綱(PDF版)  
   

  「誰かや、何かの役に立ちたい(社会貢献・ボランティア)をしたい気持ちはあるが、何をしていいか分からない」、「定年退職して数年が経ち、自由な時間をどのように活用していいのか分からない」といった男性の皆さん是非「オトコ限定!輝くための“男”の講座」に参加し輝いて欲しいと思います。!
 

★講座の様子はコチラ→「輝くための“男”の講座」


<本所地域福祉推進センター M>

2017年09月12日

デイサービス(生活介護)事業 平成29年8月実績

社協が神栖市の指定管理者として、茨城県より事業所指定を受けて実施している「神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ(生活介護)」の利用実績(平成29年8月分)です。

【事業別延べ利用者数】

 ◇生活介護事業(区分別)  延べ人数 4月からの累計
  区分2 (年齢が50歳以上の方) 0人 0人
  区分3 31人 133人
  区分4 33人 167人
  区分5 57人 288人
  区分6 84人 399人
     生活介護小計 205人 987人
 ◇基準該当放課後等デイサービス事業 61人 160人
   合 計 266人 1,147人


kenngakukai.png

▲夏フェスを楽しんでいただきました 
 8月25日(金)に福祉作業所きぼうの家と合同見学会を開催しました。当日は2組のご家族が参加され、きぼうの家では作業体験し、のぞみではレクリエーション(夏フェス)や昼食体験、浴室などの施設見学をされました。

 デイサービス(生活介護)は、障害のある方が、安心して仲間と楽しく一日を過ごすことのできる、通所型のサービスです。
 利用相談や見学は随時お受けしています。お気軽にお問い合わせください。


 
神栖市障害者デイサービスセンターのぞみへのお問い合わせはこちらです
  電話:0299−93−1063(直通) FAX:0299−92−8750 
  担当者:大川

多くの善意をありがとうございます
(平成29年8月の善意銀行預託状況報告)

平成29年8月1日〜8月31日受付分 順不同・敬称略
【寄付金預託 合計122,681円】

社協の地域福祉活動へ

tsuki-usagi.png
茨城県ハイヤー・タクシー協会
 鹿行支部神栖地区会
70,000円
ADEKA労働組合
40,000円
クロワッサン 6,293円

共同募金・熊本地震義援金へ
一貫堂文房具店 6,388円

【物品預託】
使用済切手  合計13,132枚
三国屋建設蝓特別養護老人ホーム白寿荘、信越化学労働組合YG
三菱ケミカル蠎島事業所、JXエンジニアリング(株)
鹿島石油(株)鹿島製油所、神栖法律事務所弁護士安重洋介、原輝子
ダイヤリックス蠎島支社、浜野産業(株)、鹿島サンケン(株)
幼保連携型認定こども園萬寺保育園、
(有)藤和造園土木大勝建設(株)、(有)椙山材木店
匿名6件

使用済カード 合計172枚
鹿島石油(株)鹿島製油所、匿名3件

ベルマーク合計1,823枚
三国屋建設蝓⊆島石油(株)鹿島製油所、
幼保連携型認定こども園萬寺保育園、
いきいき神栖
匿名5件

書き損じハガキ  合計8枚
幼保連携型認定こども園萬寺保育園、
信越化学労働組合YG、鹿島サンケン(株)

使用済インクカートリッジ  合計727個
神栖柔道スポーツ少年団、神栖アウトドアクラブ

その他
棒邱瓢 タオル16本
東仲島東仲よし会 紙おむつ8袋、車イス1台
匿名6件 車椅子1台、一点杖1本、タオル53本、鉛筆12本、
巾着袋3枚、封筒多数ぬいぐるみ6体、キーホルダー17個
リハビリパンツ1袋、紙おむつ2袋、尿取りパット1袋


ご協力ありがとうございました。
善意銀行とは・・・

ホームヘルプサービス事業 平成29年8月実績

helper6_fumira_soft.jpg  社協が法令や市の制度にもとづき実施している「ホームヘルプサービス事業」の活動実績(平成29年8月分)です。
 ホームヘルプサービスは、高齢者や障害のある方が在宅で安心して日常生活が過ごせるよう、訪問介護員がご自宅へうかがい介護や家事援助などを行う福祉サービスです。

【訪問介護事業(介護保険制度 介護・介護予防サービス・総合事業)】

 内容  件数(8月)  時間(8月)  29年度累計  29年度累計
 身体介護 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 生活援助 64件 64時間00分 314件 314時間00分
 身体生活 31件 39時間30分 139件 179時間00分
 合計 95件 103時間30分 453件 493時間00分

【居宅介護事業(障害者総合支援法)】

 内容  件数(8月)  時間(8月)  29年度累計  29年度累計
 身体介護 50件 42時間30分 244件 201時間30分
 家事援助 62件 78時間00分 315件 393時間30分
 同行援護 5件 8時間30分 18件 31時間00分
 合計 117件 129時間00分 577件 626時間00分

【神栖市受託事業】

 内容  件数(8月)  時間(8月)  29年度累計  29年度累計
 軽度生活援助事業 4件 4時間00分 20件 20時間00分
 移動支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 養育支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 合計 4件 4時間00分 20件 20時間00分

ホームヘルプサービス事業へのお問い合わせはこちらです
 神栖社協訪問介護事業所(介護保険事業所番号0873600225)
 ホームヘルプサービス神栖社協(障害福祉サービス事業所番号0812900066)
  電話0299−93−1058(直通) 管理者:相良 / サービス提供責任者:池田

2017年09月11日

社協新人レポート 〜精神保健デイケア青空〜

sinnjinnrepoH29.9.8.png  平成29年9月1日付けで、神栖市社協に入職した新人の大久保です。
 これから私が神栖社協の取り組みについて現場に潜入し、普段は見えにくい事業の裏側や、職員の事業にかける想いなど取材した内容を、新人職員の視点からレポートしていきます!

 今回は、精神保健デイケア青空に参加しました。
この事業は、創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じて、「自分の居場所がある安心感」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。また、そのような活動を通して同じ障害を抱える仲間同士で交流を深められる自由な場です。

 9月6日のプログラムは「フリータイム」。手芸やアイロンビーズなどの創作活動や音楽鑑賞、メンバーは各々自由な時間を過ごしています。(活動内容にもよりますが、毎回10名前後のメンバーが参加しています)。職員の私は支援者という立場ではありますが、早速仲良くなったメンバーから教えてもらいながら、アイロンビーズに初挑戦し、作品を仕上げることができました。
 参加して感じたことは、メンバーが活動を素直に楽しんでいるということです。活動内容はそれぞれであっても、各々熱中した時間を過ごしていました。
H29.9.6aozora.JPG
完成したアイロンビーズ。オムライスとプリンに見えるでしょうか・・・

 また、“楽しめる”ということは“安心して参加できる場である”ということです。場所はもちろんのこと、ともに時間を過ごすメンバーも同様です。安心して関わることのできる人がいる、これは社会参加に向けた大きな力となるのではないでしょうか。

 メンバーにとっては、「青空」への参加が安心感を作り、社会とのつながりを感じられる場所なのだと思います。


★精神保健デイケア事業の詳細はコチラをクリック → 『精神保健デイケア』

ことばと発達の相談室 平成29年8月の相談実績

khs2909.png  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

【平成29年度の ことばと発達の相談室 利用実績】

     4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催回数 4 3 5 4 4 20
利用者数 19 11 16 15 15 76


ことばと発達の相談室に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294(担当:萬代・三浦)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294(担当:横田・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

かみすファミリーサポートセンター 平成29年8月実績

 かみすファミリーサポートセンターでは、子育てを地域で支援する「お子さんの一時預かり」活動を行っています。子育て経験者や保育士の有資格者が、サポーター養成講座を受講後、サポーターとして登録、活動しています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートします。お気軽にご相談下さい。
fs2909.png

【事業実施状況(平成29年8月1日〜31日)】

【活動実績】

件数/実績 4月からの累計
 活動件数(実績) 125件 804件
 相談件数 59件 312件
 新規利用会員登録者数 14名 47名
 新規サポーター登録者数 0名 9名
※総利用会員数【699名】、総サポーター数【238名】

【事業実績(内容別活動件数)】

活動内容 活動件数 4月からの累計
 保育施設の保育開始時や保育終了後の預かり 18件 87件
 保育施設までの送迎 36件 154件
 放課後児童クラブ終了後の預かり 10件 64件
 学校の放課後の預かり 0件 18件
 冠婚葬祭や他の子の学校行事の際の預かり 0件 37件
 買い物等外出の際の預かり 7件 72件
 子どもの習い事等の場合の援助 15件 117件
 保育施設、学校等が休みの場合の援助 8件 14件
 保育所等の施設入所前の援助 0件 0件
 保護者の就労時の援助 3件 26件
 児童クラブ開始前の預かりと送り 9件 62件
 他の兄弟育児中の支援 9件 72件
 親自身のリフレッシュ 8件 39件
 学校開始前の校内での預かり〜教室までの送り 0件 0件
 その他 2件 42件
 合計 125件 804件

ファミリーサポートセンターに関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−1029(担当:高森・萬代)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0415(担当:沢田・横田)

福祉後見サポートセンターかみす 平成29年8月の相談実績

illust926[1].png  神栖市社協は、「福祉後見サポートセンターかみす」を設置し、法人後見事業に取り組んでいます。法人後見とは、社会福祉法人等が成年後見人等になり、個人が成年後見人等となった場合と同様に、判断能力が不十分な方の保護・支援を行うことです。
 福祉後見サポートセンターかみすでは、知的障がい者、精神障がい者、認知症高齢者などの判断能力が不十分な方々の権利を擁護するとともに、住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるように日常生活自立支援事業と法人後見受任事業、制度利用のための相談支援を行っています。


福祉後見サポートセンターかみすの詳細は  こちら


【事業実施状況(平成29年8月1日〜31日)】


日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

 日常生活自立支援事業は、判断能力が不十分で、親族等の支援が得られない方に対して、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理援助及び書類等の預かりサービスを行っています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 4件 14件
 ※内新規利用相談 0件 5件
 契約件数 0件 2件
 解約件数 0件 2件
 現契約者数 15件
 支援員活動件数 10件 52件
 専門員活動件数 41件 149件
 利用者ケアカンファレンス回数 0件 10件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 0名 62名


成年後見事業

 成年後見制度は、判断能力が不十分な方々の権利を守る援助者(成年後見人等)を選任し、本人に代わって法律的に支援・援助するための制度です。
 神栖市社協は、成年後見制度利用相談や制度啓発、法人として成年後見人等を受任しています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 1件 8件
 ※内新規受任相談 0件 1件
 法人後見受任件数 0件 1件
 現受任件数 3件
 受任活動件数 6件 35件
 専門員活動件数 7件 53件
 利用者ケアカンファレンス回数 0件 2件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 0名 8名


成年後見制度・日常生活自立支援事業に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294(担当:飯田・荒井・鴨川)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294(担当:高岡・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

地域生活支援センター 平成29年8月の相談実績

ts2909.png  社協が神栖市より受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(平成29年8月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

1.障害別相談 相談件数 4月からの累計
 身体障害 11件 54件
 知的障害 14件 53件
 精神障害 41件 211件
 発達障害 0件 18件
 その他(重複、難病など) 0件 5件
 合計 66件 341件

2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 身体障害 7件 37件
 知的障害 8件 26件
 精神障害 20件 112件
 発達障害 0件 0件
 難病 0件 1件
 合計 35件 176件

3.障害支援区分認定調査 調査件数 4月からの累計
 身体障害 0件 12件
 知的障害 8件 16件
 精神障害 0件 5件
 その他(重複など) 0件 2件
 合計 8件 35件

地域生活支援センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖社協地域生活支援センター(神栖地域)
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294 相談支援専門員 三浦・鴨川・飯田

 神栖社協地域生活支援センター(波崎地域)
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294 相談支援専門員 横田・高岡

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

高齢者相談センター 平成29年8月の実績

 社協波崎支所では、【波崎、矢田部、土合】の各地域を対象に「高齢者相談センター」を市から受託し開設しています。
 高齢者福祉サービスの申請代行、制度や事業の説明、安否確認や見守り等、高齢者の在宅生活を支援するための相談窓口として面接、電話、訪問などにより、きめ細かな対応をいたします。
 相談内容に合わせて必要なサービスへ繋ぎますので、介護などに関しての疑問や困ったことがあれば、なんでも相談して下さい。相談や支援にかかる費用は無料です。
ks2709.png

【社協波崎支所での相談対応件数(平成29年8月1日〜31日)】

相談形態 相談件数 4月からの累計
 電話 9件 56件
 訪問 20件 112件
 面接 5件 29件
 その他 2件 2件
 合計 36件 199件

高齢者相談センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
  住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
  電話:0479−48−0294(担当:狩野・篠塚)

  窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

こころの相談室 平成29年8月の相談実績

こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
 ・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
 ・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
 ・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
 ・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
counselor[1].png

 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に作業療法士(精神科)、精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。

・個室相談室によりプライバシーは保護されます。
・相談対応できる時間は1回の予約につき1時間です。
・相談はすべて予約制とさせていただいております。

【平成29年度 こころの相談室 利用実績8月】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
相談件数 19 17 19 15 16 86


【昨年度実績 127件】

「こころの相談室」問合せ先
 神栖本所
  住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
  電話:0299−93−0294(担当:三浦・小林)

 波崎支所
  住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
  電話:0479−48−0294(担当:高岡・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

福祉総合相談 平成29年8月の相談実績

 社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談と訪問活動を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。
 神栖市社協では、地域密着型の相談員であるコミュニティソーシャルワーカーを配置しています。
illust313_thumb[1].gif
「家族の悩 みがあるけど1人では解決できない」「相談したいことがあるけど、どこに相談していいかわからない」といっ た悩みや不安を、コミュティソーシャルワーカーがご自宅を訪問してお話を伺います。   高齢者・障害者・子ども・ひきこもり・・・どんな相談でも、地域の身近な相談窓口として、行政、施設、病院、学校など各種関係団体とも連携しながら、課題の解決に向けて一緒に考えていきます。お気軽にご相談下さい。

【福祉総合相談(平成29年8月1日〜31日)】

1.内容別相談実績 相談件数 4月からの累計
 生活福祉資金 4件 33件
 生活福祉制度・事業等 33件 91件
 低額診療制度 5件 20件
 生活困窮者自立支援事業
 ※今年度からの新規事業
17件 43件
 日常生活自立支援事業 12件 36件
 成年後見制度 1件 20件
 障害者福祉(身体・知的・精神障害) 21件 112件
 こころの相談室 16件 82件
 発達障害者福祉 1件 17件
 ひきこもり 0件 0件
 高齢者 7件 25件
 貸出事業(介護機器・福祉車輌) 0件 2件
 福祉教育出前講座 2件 18件
 その他 6件 17件
 合計 125件 516件


2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 生活福祉事業 23件 53件
 生活福祉資金 0件 0件
 低額診療制度 2件 10件
 生活困窮者自立支援制度
 ※今年度からの新規事業
10件 38件
 日常生活自立支援事業 24件 110件
 成年後見 3件 25件
 障害者関係 35件 176件
 ひきこもり 0件 0件
 高齢者 25件 141件
 貸出事業 0件 0件
 福祉教育出前講座 16件 69件
 その他 1件 20件
 合計 139件 642件

★「社協の福祉総合相談」相談窓口はこちら(無料です)
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

ボランティア活動保険加入者数(平成29年8月)

cooking_kome_togu2.jpg

【ボランティア保険加入者数(平成29年8月1日〜31日)】

ボランティア保険加入プラン 加入者数 4月からの累計
 基本Aプラン 0名 1,085名
 基本Bプラン 0名 18名
 天災Aプラン 1名 52名
 天災Bプラン 0名 19名
 合計 1名 1,174名

☆ボランティア保険は、ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

☆ボランティア保険の保険期間は、毎年4月〜3月末までとなっています。  年度途中の加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成30年3月31日午後12時までが保険期間となります。

 
災害ボランティアとして被災地に行く場合は居住地の社会福祉協議会で津波、地震などによるケガ等にも対応できる「天災型のボランティア保険」に加入して、活動に参加することをお勧めしています。

 ★詳しくはこちら→ふくしの保険

☆加入にあたっては、
 社協へのボランティア登録が必要となりますので、登録と合わせて保険加入手続きをとることをお勧めしています。なお、保険掛け金の一部は自己負担となりますのでご注意下さい。 各プランの内容等詳細はボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。
  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

2017年09月08日

介護機器貸出事業 平成29年8月の貸出実績

【この事業は、消毒料及び自動販売機設置手数料を財源として実施しています。】
illust4351[1].png
 神栖市社協では、一時的な疾病等により日常生活に支障があり、介護保険制度や障害者総合支援法などの対象とならない在宅の方に対し、短期間介護機器を貸し出しています。
 貸出の申請は、神栖市社会福祉協議会へお申し込み下さい。

【平成29年度 介護機器貸出実績8月】

種 類 車いす
(自走式)
車いす
(介助式)
歩行器 合計
8月

(4月からの累計貸出件数 78件)
  
■申込み手順については コチラ →介護機器貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:乳井・名雪

  波崎支所(はさき福祉センター内)       電話 0479-48-0294 担当:横田・高岡

ボランティア登録状況(平成29年8月)

ボランティア登録状況(平成29年8月1日〜31日受付分)
pyoko11_ochiba.png

【ボランティア登録状況(平成29年8月1日〜31日)】

実績 4月からの累計
 団体登録数  0団体 78団体
 団体所属人数  1名 1,638名
 個人登録数  0名 39名


 ★ボランティアグループの情報はこちら平成29年度登録ボランティアグループ一覧(平成29年8月末時点) 


 ボランティアセンター(交流サロン)を利用される団体・個人の方には、ボランティア登録(年度ごと)をお願いしています。本会にボランティア団体として登録いただくと、交流サロン内のロッカーやコピーカードを利用できます。

 ★詳しくはこちら→ボランティア登録
 登録についてのお問い合わせは、ボランティアセンターまで、お気軽にご連絡下さい。

  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

2017年09月07日

福祉車輌貸出事業 平成29年8月の貸出実績

【この事業は、社協会費を財源として実施しています。】
illust1693[1].png  神栖市社協では、市内の高齢者や障害者などで車いすでなければ外出が困難な方を対象に車いすに乗ったまま利用できる福祉車両の貸出をしています。

 定期的な通院はもちろん、買い物や旅行などにも利用できます。利用には事前の申請が必要ですので、利用の際は神栖市社会福祉協議会までお申し込み下さい。

【平成29年度 車輌貸出実績8月】

用 途 通院 一時帰宅 行楽 入退院 施設送迎 転院 その他 合計 貸出日数
8月 12

  (4月からの累計貸出件数 38件)

詳しい申込み手順については コチラ →低床カー及びリフト付き車輌貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294 担当:乳井・名雪
  波崎支所(神栖市はさき福祉センター内)  電話 0479-48-0294 担当:横田・高岡

平成29年8月交流サロン利用状況、相談実績

交流サロンは少人数での会議や打合せ等、ご自由にご利用できます。筺複娃横坑后檻坑魁檻隠娃横后砲任陵縮鵑蘯け付けています。
 またパソコンも設置してありますので、インターネットでの調べもの等にご利用になれます。
wamu.29.8-2.jpg
 【左記の写真】
 ボランティアセンター交流サロンの入り口には、いつもwa’mくーるの皆さんの作品を飾っています。
 夏の風物詩の金魚と、これから楽しみな秋の味覚のブドウのアレンジが届きました。ボラセンを訪れる人が皆さんステキねと声をかけてくれます。見ているだけで元気が出るバルーンアートです。
 『バルーンアートwa’mくーる』バルーン教室は、毎月1回(第3火曜日 午前10:00〜12:00)、交流サロンで開催。どなたでも参加出来ます!
 9月は、9月19日(火) 午前10:00〜です。


ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【平成29年8月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 4月からの累計
 打合せ・作業スペースの使用 71人 618人
 点訳室の使用 10人 50人
 録音室の使用 6人 27人
 掲示板、パンフレットラック利用 7団体 23団体
 パソコン、インターネット利用 4人 20人
※交流サロンでは社協ボランティア登録団体を対象にロッカーの貸し出し、コピーカードの貸し出しなども行っています。
※交流サロンは日曜日と年末年始を除き、8:30〜21:00まで、ボランティアの皆様の打合せなどで自由にご利用していただけます。

【平成29年8月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 4月からの累計
 交流サロンについて 0件 1件
 ボランティア活動について 12件 75件
 ボランティア保険について 0件 3件
 福祉活動基金について 0件 0件
 善意銀行について 1件 19件
 災害時の対応について 0件 0件
 広報啓発の周知依頼について 0件 7件
 ボランティア同士の交流について 0件 2件
 福祉団体関係について 0件 3件
 福祉イベント関連について 0件 0件
 ボランティア講座について 0件 0件
 一人暮らし高齢者交流について 0件 1件
 地区目的サロン 0件 1件
 その他 2件 5件
 合計 15件 117件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンの利用案内

 交流サロンを予約したい場合は下記にて承ります(お電話でも可)。
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029

2017年09月04日

《報告》第235回地域ネットワーク勉強会を開催しました

IMG_1155-3.jpg ◆日 時◆
 平成29年8月24日(木)
  午後7時〜午後9時

◆テーマ◆
 多重債務の対処や悪質業者の最新の手口
〜不安のある障害者・高齢者世帯への支援に向けて〜

◆講 師◆
 内藤恵美子 氏(消費生活アドバイザー・消費生活専門相談員)
 高品順子 氏(消費者啓発推進員)
 【神栖市消費生活センター】

◆参加者◆
 20名

 今回の勉強会では、不安のある障害者・高齢者世帯への支援に向けた、多重債務の対処や悪質業者の最新の手口についてお話を頂きました。

【前半「多重債務」について】
 
 「多重債務」とは、返済しきれない借金を抱えることで、自力で解決できない状況です。消費生活センターに相談があった場合、借金問題は必ず解決できることを伝えて、まずは安心させてから相談者の現状を聞き取ります。多重債務の整理には、4つあります。

○任意整理:裁判所を利用せず債権者と話し合い、借金の返済方法や金額を決め直す。
○特定調停:簡易裁判所に申し立て、調停委員の仲介で借金の返済方法や金額を決め直す。
○個人再生の手続き:地方裁判所に申し立て、借金の一部を3年間程度で支払うことを条件に、 残りの借金を免除してもらう方法。
○自己破産:地方裁判所に申し立て、全財産を債権者に分配し、残りの借金を全額免除してもらう方法。

どれが相談者にとってよいのか一緒に考え、手続きをしていただく弁護士へ繋いでいきます。

 また、借金を抱えていると、クレジット会社やサラ金業者から督促の郵便物が届きます。その中でも裁判所から送られてきたものは、裁判所指定の期日までに何もしないと、基本的に相手の言い分がすべて通った形での判決となり、特に注意が必要です。


【後半「悪質な事例」について】

 不安のある障害者・高齢者世帯は、4つの傾向にあり被害にあいやすい状況であると思います。

○勧誘を受けたその場で、的確な判断や対応ができにくい
○被害を受けたことを他人に伝えたり相談できにくい
○怒られると思って隠してしまう
○業者の話を素直に信じてしまう

 最近、消費生活センターに相談があったものとしては「不用品を無料で回収します」と言って、荷物を積んでからお金を請求してきます。金額が高いため断ると、トラックへ積んだ重い荷物を自分で降ろすよう言われたケースがありました。

 福祉関係者の皆様が障害者・高齢者世帯を支援をしていく中で、消費生活トラブルを発見した場合は「消費者ホットライン 電話188(イヤヤ)」をぜひ活用していただき、連携をとって対処していきたいとアドバイスをいただきました。

2017年09月01日

かみす社協ニュース平成29年9月号を発行しました

表面

高校生の進路アシストカレッジ −平成29年度修了者18名− 【自分の将来を見つめた6日間】
赤い羽根共同募金 募金に協力してくださるお店・事業所を募集します
デイサービスセンターのぞみ・福祉作業所きぼうの家 無料見学・体験会を開催します

裏面

ボランティア講演会 『今、ボランティアの本質と価値を見つめてみよう』
 (第236回地域ネットワーク勉強会と合同開催)
気になるワード 第4回 「発達障害」
身近な地域で開催!7月のわくわくサロン・子育てサロン
つもる善意 平成29年7月1日〜7月31日受付分

かみす社協ニュース平成29年9月号