【報告】『夏の交流会』を開催しました。〜たくさんのご参加ありがとうございました〜

 7月26日(水)、矢田部ふれあい館において、鹿島特別支援学校PTA波崎支部と社協のコラボ企画の『夏の交流会』を開催し、10家族23名とボランティアの皆さん6名にご参加いただき、工作やゲーム、かき氷作りとみんなで楽しく交流しました。

 初めて体験した『スノードーム』の工作は、親子で協力して、ポケモンやクワガタ、カエルの人形、ピンクや緑色のストーン、キラキラ砂など、思い思いに飾りつけをしました。仕上げに洗濯ノリと精製水を混ぜ合わせた液体を作り、ドームカップの中に注入し完成!!。 世界に1つだけのキラキラ輝く素敵な作品が出来上がりました。(写真)
domesakusei.jpg
スノードーム作りに挑戦!!



 次は参加者とボランティアが一緒になり、かき氷を作りました。ブルーハワイやイチゴ味のシロップにミルクもトッピング。大きなかき氷を、みんなペロリとたいらげていました。お友達と一緒に、かき氷やおにぎりを食べ、また保護者同士のお話がはずみました。
 お楽しみの縁日では、水に浮かんだヨーヨー釣り、ボールを当てて賞品をゲットするゲーム、輪投げやお菓子すくい等、子どもたちとボランティアさんが一緒になって遊び、楽しい時間を過ごしました。

 初めてボランティアで参加した神栖輝楽シニアクラブの川松さんは、「今日は一日、孫と一緒に遊んだような気持ちになり楽しかったです。また機会があったら声をかけてください。」と再会を楽しみにされていました。

今後も、特別支援学校PTAの皆さんと連携を図り、児童・生徒の皆さんや保護者が交流し情報交換できる余暇活動支援を、今後も継続して実施してまいります。

「夏の交流会」の当日の様子〈スノードーム・かき氷づくり・ボールゲーム、水ヨーヨー釣り〉

snowdome.jpg IMG_5032-2.jpg kakigori.jpg mizu-yoyo.jpg bourugame.jpg borantia.jpg

 交流会を開催するにあたり、鹿島特別支援学校PTA波崎支部、ほほえみ様、神栖輝楽シニア俱楽部の皆様、ご協力いただきありがとうございました。


   

問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会 波崎支所地域福祉推進センター
TEL:0479−48−0294 担当:横田 ・高岡
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します