« 2017年06月 | ???? | 2017年08月 »

2017年07月31日

【精神保健デイケア青空】平成29年8月の予定

 精神保健デイケア青空の「8月予定表」が完成しました。
 8月はフリータイムが中心の活動になりますがエアコンが効いた涼しい中で、のんびりと創作活動や読書が楽しめる時間(空間)となります。ぜひ、涼みに来てください!
 また、23日(水)のおやつ作りでは、豆腐スコーンのアイスサンドに挑戦です。これもまた冷たくて夏にはたまらないスイーツを楽しむ時間になりそうです!!
 右の活動予定表をクリックすると拡大します→平成29年8月の予定


 「青空」「ほのぼの」では、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所がある安心感」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。
  h29.8-aozora2.jpg


■7月の活動報告■

IMG_0608.JPG
 レクリエーションの“脳トレ”では、まちがい探しやクロスワード、漢字問題にチャレンジしました。参加されたメンバーは始めこそ「できるかな?」と緊張していましたが、いざスタートすると本領発揮!すごい集中力でほとんどの問題をクリアされました。
 調理は夏の定番“冷やし中華”でしたが、具材に一工夫。挽肉とたっぷりの生野菜で食欲を起こして夏バテ予防。あんみつも含めペロリと完食しました。 


【デイケアのご案内】
下記の「デイケアパンフレット」をクリックするとパンフレットを見ることができます。
デイケアパンフレット 表面
デイケアパンフレット 裏面

☆「青空」  (神栖地区):水・金曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:神栖市保健・福祉会館内)
☆「ほのぼの」(波崎地区):火・木曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:はさき福祉センター内)

●デイケア対象の方●
精神科に定期通院中で主治医よりデイケアの利用について了解を得ている神栖市在住の方(ただし、1年以上神栖市に居住していること)


●デイケア利用までの流れ●
(利用問い合わせ)
 社会福祉協議会の窓口や電話にて随時受け付けています。利用希望の際は、面談の日程を調整します。

(面談)
デイケアの活動内容や利用の申込みについて説明します。利用希望の際は、利用申請書、主治医情報提供書を渡し、見学参加の日程を調整します。

(見学参加)
3回(週1回、半日、外出活動は不可)を目安に見学参加をします。
見学参加終了後にご本人様とデイケアの利用について一緒に考えていきます。

(登録・利用)
市障がい福祉課へ利用申請を行い、利用決定通知を受けてから、本利用となります。


illust3795thumb[1].gif
・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士がスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族の方のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

デイケアの利用を希望される方は、お問い合わせ下さい。


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 小林・野口・三浦
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 横田・高岡・篠塚

精神保健デイケアほのぼの 平成29年8月の予定

 「ほのぼの」の8月の予定表が完成しました。

 8月の調理活動では、「冷やし中華」、おやつ作りでは、「クリームあんみつ」を作ります。
メンバーみんなで凉を感じるメニューを食べて、夏を乗り切りたいと思います。  その他にも、手工芸、読書、テレビゲームなどから、参加メンバーが自由に選択できるフリータイムやカラオケを行います。



最新の予定表は下記をクリック!!
ほのぼの8月の予定

honobono8.2.png

 「青空」「ほのぼの」は、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所作り」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。


◆“ほのぼの”7月の活動の様子【フリータイム】

174.JPG  7月18日(火)、この日のフリータイムでは、「ブラウスを作りたい」と、女性メンバーがミシンで洋服作りを行いました。始めたばかりなので、完成はまだ先になりますが、フリータイムを活用して作り上げる予定です。
 「出来上がりが楽しみ。キレイにできるようにがんばります。」とメンバーは話して下さいました。

 フリータイムは、個人で創作に取り組んだり、メンバー同士でお話をしたりと、自分のリズムで無理なく過ごすことができる活動です。






◆デイケア活動に興味のある方のお問合せをお待ちしています!
illust3795thumb[1].gif
・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士をスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

 利用目的は、病状の安定や不調の早期発見、自宅から外への始めの一歩、ストレス解消、就労を目指すための心身の準備、人とお話ししたいなど、十人十色です。

下記の「デイケアパンフレット」をクリックするとパンフレットを見ることができます。
デイケアパンフレット 表面
デイケアパンフレット 裏面


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 野口・小林・三浦
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 横田・高岡・篠塚

2017年07月28日

きぼうの家新聞 平成29年8月号を発行しました

きぼうの家新聞 第277号内容
・8月行事予定
・のうこうNews
・CHECK!製作物
・活動風景
きぼうの家新聞29.8月号

kibouie.jpg

障害者デイサービスセンター(神栖市指定管理事業)
「のぞみ通信」を発行しました

2017728.png

PDFファイル 平成29年度のぞみ通信No.4

 神栖市より指定を受けている障害者デイサービスセンター利用者様へのお知らせ、「のぞみ通信」平成29年度No.4を発行しました。今月は季節行事七夕の様子、のぞみ農園の様子、のぞみフェス開催のお知らせをご紹介しています。 

 【のぞみ通信 平成29年度No.4の内容】
 ・七夕飾りつけの様子
 ・のぞみ農園の様子
 ・のぞみ食堂より
 ・のぞみフェス開催のお知らせ
 ・障害者デイサービスセンターのぞみご紹介
 ・8月の予定

2017年07月21日

福祉車輌貸出事業 平成29年6月の貸出実績

【この事業は、社協会費を財源として実施しています。】
illust1693[1].png  神栖市社協では、市内の高齢者や障害者などで車いすでなければ外出が困難な方を対象に車いすに乗ったまま利用できる福祉車両の貸出をしています。

 定期的な通院はもちろん、買い物や旅行などにも利用できます。利用には事前の申請が必要ですので、利用の際は神栖市社会福祉協議会までお申し込み下さい。

【平成29年度 車輌貸出実績6月】

用 途 通院 一時帰宅 行楽 入退院 施設送迎 転院 その他 合計 貸出日数
6月 14

  (4月からの累計貸出件数 24件)

詳しい申込み手順については コチラ →低床カー及びリフト付き車輌貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294 担当:乳井・名雪
  波崎支所(神栖市はさき福祉センター内)  電話 0479-48-0294 担当:横田・高岡

介護機器貸出事業 平成29年6月の貸出実績

【この事業は、消毒料及び自動販売機設置手数料を財源として実施しています。】
illust4351[1].png
 神栖市社協では、一時的な疾病等により日常生活に支障があり、介護保険制度や障害者総合支援法などの対象とならない在宅の方に対し、短期間介護機器を貸し出しています。
 貸出の申請は、神栖市社会福祉協議会へお申し込み下さい。

【平成29年度 介護機器貸出実績6月】

種 類 車いす
(自走式)
車いす
(介助式)
歩行器 合計
6月 11 10 0 14

(4月からの累計貸出件数 54件)
  
■申込み手順については コチラ →介護機器貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:乳井・名雪

  波崎支所(はさき福祉センター内)       電話 0479-48-0294 担当:横田・高岡

2017年07月20日

平成29年8月 わくわくサロンの予定 


sukoyaka9.7.13-2.jpg sukoyaka29.7.13zentai-2.jpg

 7月13日(木)、『わくわくサロンすこやか』が、はさき福祉センターで
開催されました。
 輪投げや、きよしのズンドコ節に合わせた体操と、カラオケを歌い
楽しく 過ごしました。お楽しみの昼食は、ちらし寿司とお芋の天ぷら、
ボランティアさん手作りのピーマンの煮物、キュウリのたまり漬けをみんなで
おいしくいただきました。
 みんなでおしゃべりしながら食べる食事は、本当にご馳走だなと思います。

 「わくわくサロンすこやか」ははさき福祉センターで、毎月木曜日(不定期)に
開催しています。
次回は9月21日(木)に開催予定です。(8月はお休み)



【わくわくサロン】

名 称 場 所 開催日
わくわくサロンあけぼの 知手中央仲町公民館 8月 4日(金)
わくわくサロン知手浜 知手浜公民館 8月17日(木)
わくわくサロン知手団地 東町区民館 8月21日(月)
ティータイム はさき生涯学習センター お休み
わくわくサロン大潮 明神前区民館 お休み
友愛サロン 溝口集落センター お休み
わくわくサロンはさき 仲町区民館 お休み
ほっとサロン 大野原児童館 お休み
なごみ会 高浜公民館 お休み
平泉わくわくサロン 平泉コミセン お休み
わくわくサロンすこやか はさき福祉センター お休み
ふれあいサロンめだか 新港公民館 お休み
わくわくサロン松原 若ノ松区民会館 お休み
お茶の間サロン笑い処 小峰宅 お休み

※市内のサロン予定を掲載しています。場所、開催日、内容等について随時更新していきますのでご確認下さい。

『サロン』は地域住民がつくる地域交流の場です

 サロンとは、家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって気軽に楽しい時間を過ごす活動です。

 神栖社協は、新たにサロンを立ち上げたい方々の「思い」を「活動」につなげられるよう、取り組みへの調整や側面的な支援を行います。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
神栖本所 電話 0299-93-0294 担当:萬代・三浦
波崎支所 電話 0479-48-0294 担当:横田・狩野
saronmap28.10.png
神栖市サロンマップ(PDF)
平成29年6月1日現在

2017年07月18日

ボランティア講演会
 〜今、ボランティアの本質と価値を見つめてみよう〜ご案内

kazoku-5.png  
      来る9月2日(土)、神栖市保健・福祉会館において、
 
      市内のボランティア活動家を対象とした
 
      『ボランティア講演会』を開催致します。
          
   近年の日本各地で発生している大規模災害時には、多く方が災害ボランティアとして活動したり、また、ご近所同士の助け合いの大切さがあらためて見なおされています。

 ボランティア活動とは「自発的な意志にもとづき、他者や社会に貢献する行為」を指します。ボランティアの皆さんの活動の目的や内容は様々ですが、共通しているのは“誰かの役に立ちたい”という思いではないでしょうか?

  講演会では、ボランティア活動の意味や価値をあらためて考え、皆で思いを共有します。また今後の活動に役立つコミュニケーション技術も学びます。 
 
  当日は講演会前に、登録団体の『バルーンアートwa'mくーる』の作品展示や実演、演芸ボランティア『オカリナポポ』の演奏も予定しています。ぜひご参加ください!!


【ボランティア講演会】

・日 時   平成29年9月2日(土) 13時〜15時15分(受付開始12時45分〜)

・場 所   神栖市保健・福祉会館 2階 研修室
         (神栖市溝口1746−1 )

・主 催   神栖市社会福祉協議会

・内 容   日本ボランティアコーディネーター協会の、小原宗一氏を講師に迎え
        ボランティア活動の意味や価値をあらためて考えます。
       
                ※詳細についてはこちら  講演会チラシをご覧下さい。

・対象者  ボランティア活動に参加されている方、ボランティア活動に関心がある方

・定 員   70名
       

・参加費   無料

・締 切   平成29年8月28日(月)まで

・申込方法 申込書に必要事項を記入のうえ、メール又はFAXにて下記へお申込下さい。
         ※申込書はこちら → 団体申込書はこちら
                        個人ボランティア申込書はこちら

申込先   神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター

           神栖本所 TEL:0299-93-1029  FAX: 0299-92-8750 
                     E-mail:inoue@ibaraki-welfare.or.jp

           波崎本所 TEL:0479-48-0294  FAX: 0479-48-1294 

職員採用試験 第1次試験合格者を発表します

 平成29年7月9日に実施した、平成29年度社会福祉法人神栖市社会福祉協議会職員採用試験第1次試験合格者の受験番号をお知らせいたします。

  PDFファイル平成29年度社会福祉法人神栖市社会福祉協議会職員採用試験第1次試験合格者

2017年07月14日

《報告》第233回地域ネットワーク勉強会を開催しました

 ◆日 時:平成29年6月29日(木) 10:00〜14:30

 ◆テーマ:「乳幼児期から児童期の発達段階と発達が気になる子の理解」
        午前の部(10:30〜12:00):生まれてからの生育・成長過程
        午後の部(13:00〜14:30):発達が気になる子の理解と支援

 ◆講 師:穂積妙子 氏(臨床発達心理士)
  【つくば子どもと教育相談センター 代表/神栖市子育てカウンセラー相談 相談員】

 ◆実参加者:54名(延べ82名)
IMG_0994.JPG 

 今回の勉強会は子育てサポーター養成基礎研修の2日目と合同で開催しました。
 →平成29年度子育てサポーター養成講座《報告》
 
 午前中の講義では子どもの発達を乳児期(0〜1歳前後)、幼児期(1歳半頃〜5.6歳)、児童期(7歳頃〜10、11歳頃)の段階に分けて、それぞれの時期に生じる発達課題について詳しく説明がありました。また、午後からは、生まれつき脳に何らかの機能障害があることで、発達に偏りが見られる発達障害の特性や年齢に応じた関わりのポイントについて伝えられ、午前・午後を通じて子どもの発達に関して集中して学ぶ機会となりました。
 たとえ小さな子どもであっても、子どもは親の分身ではないので、「思い通りには育たない」という事実を受け止め、子どもの「ありのまま」を受け入れること。その心構えとして穂積先生から“good enough(グッド イナフ)=完璧でなくほどほどでよい、それで十分”という意味のフレーズが伝えられ、「気負いせずに子育てを楽しむこと」の大切さを改めて感じることができました。

午前の部:生まれてからの生育・成長過程
 人は生涯を通じて発達するといわれています。特に乳児期は人の全生涯で最も成長、発達が著しい時期で、この時期の授乳や身体のケア、声かけやあやし行為などを通じて母親や特定の保育者を愛着対象と認識し、それ以外の人との区別がされます。いわゆる「人見知り」はその表れで、この「愛着形成」が今後の安定した人間関係の基礎となります。2歳〜3歳にかけては第1反抗期と言われますが、これは「自我が芽生えた証」といえます。「自分でやる!」はその一つです。「できないでしょ」と言わずに、チャレンジすることを見守り、子どものやる気(意欲)をそがないように関わることがとても大切です。
 子どもは家族への愛着をベースにして家族以外の身近な他者への信頼形成がすすみます。家庭と家庭以外の環境も安全で信頼できるものである、という認識を子ども自身が自然と持てるように育むことが、社会性の獲得につながります。
   
午後の部:発達が気になる子の理解と支援
 発達障害は「先天性」のものであり、育て方の問題ではありません。障害に気づく、気づかされる時期は障害の種類や程度、子どもの育つ環境によって異なります。
 発達障害がある場合、発達の道筋が定型的な発達を示す子とは異なることがありますが、発達障害があっても子どもは発達します。できる限り、早期にその子に合った教育や療育の方法、可能性を探し、実施することが望ましく、支援者の存在は親子関係のサポートと身近な他者との関わりにもなることから、支援者の果たす役割はとても大きいです。
IMG_1012.JPG

第234回地域ネットワーク勉強会を開催します

【テーマ】
 「ニート・ひきこもり等への社会参加支援の取り組み」
   〜相談支援と居場所・就労支援の活動から〜


 講 師
  ・いばらき若者サポートステーション
   根本久子氏(総括コーディネーター)
  ・障がい者就労支援センター コンパス
   佐藤節子氏・小原夕美子氏
    
 日 時:平成29年7月27日(木)
      午後7時〜午後9時

 場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室

 参加費:無 料
 coworking_space[1].png

 今回の勉強会では、ニート・ひきこもり等の方へ、就労や社会参加の支援を行っている2つの事業所のスタッフを講師としてお招きします。それぞれの事業所の実施プログラムやその特徴、相談する本人やご家族の切実な悩みや思い、社会参加までの課程などを実際の支援事例を交えてお話いただきます。
 社会参加に不安がある方、就労に悩んでいる方やそのご家族、障害者やそひきこもり等の支援に関心がある方など、多くの方の参加をお待ちしています。
 ★詳しくはこちら→ PDFファイル地域ネットワークニュース平成29年7月号


【申込み・問い合わせ先】
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:三浦、飯田)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750
E-MAIL:mail@kamisushakyo.com

《報告》平成29年度子育てサポーター養成基礎研修を開催しました!

h29.hoiku-supporter.JPG  今年度の子育てサポーター養成基礎研修は6月28日〜30日の3日間に渡り、市保健・福祉会館 集会室Bにおいて行いました。
 15回目の開催となった今期の受講生は8名。皆さんは全講義に熱心に取り組み、毎回、積極的に講師に質問もされており、大変有意義な研修となりました。全員の方が全課程を修了され、ファミリーサポートセンターのサポーターとして登録いただきました。今後は地域の子育て応援団として活躍されます。3日間の研修おつかれさまでした。


●1日目:午前10:00〜12:00 【神栖市の子育て支援の取り組み・子育ての現状を知ろう 】
講師:市こども課 少子化対策室 子育てコンシェルジュ 早見咲絵氏 ・ 保健師 高橋純子 氏  

hayamisann.jpgtakahasihokennsi.jpg

 神栖市が行っている子育て支援について、早見子育てコンシェルジュより「子育てガイドブック」を基に教えてもらいました。神栖市には多くの充実した支援があることを知ることができました。(写真左)
 また高橋保健師からは、子育てをする母親からの相談も増えており、その親を支えるためには、否定や指導をすることなく親の気持ちに寄り添って「支援」すること、そして子どものことを理解することの大切さを教えて頂きました。(写真右)



●1日目:午後1:00〜2:00 【心の通い合う保育とは】
講師:大野原保育所 所長 高橋妙子氏  

takahasitaeko-t.jpg

 まずは、高橋妙子先生の「お母さん・はい」という絵本の読み聞かせから始まりました。その後子どもや保護者との関わり方や心の通じ合う保育に必要な心構えについて、保育士の経験に基づいて分かりやすく教えて頂きました。講師は常にカウンセリングマインド(相手と良い関係を結ぶマインド)で、話しに「耳を傾ける」ことを心がけているとのことでした。

 また「遊びが移る際にその都度おもちゃのお片付けをさせた方がいいですか?」との受講生からの質問には、遊びに集中している時には中断させないで、遊びに飽きたのを見計らって一気に片付けさせた方が良いのでは・・とのアドバイスもありました。


●1日目午後2:10〜3:30 【今どきの育児情報と乳児支援のポイント】
講師:市健康増進課 保健師 細川奈央氏 
dakkoberuto.jpgomutugae2.jpg
 
 最新の予防接種情報や育児の今と昔の違い、乳児のお世話のポイントについて丁寧に教えて頂きました。また乳児の人形を使って、抱っこの仕方や着替え、おむつ交換などを体験しました。
 今どきの抱っこベルトの使い方を受講生同士で教え合う姿も見られました。




●2日目午前10:30〜12:00 【子どもの発達 狙犬泙譴討らの生育 成長過程】
    午後13:00〜14:30 【子どもの発達◆組達が気になる子への理解と支援】

講師:市子育てカウンセラー相談 相談員 臨床発達心理士 穂積妙子氏 

hodumisennsei.jpg
  
 午前中は、誕生から児童期までの子どもの発達段階と発達の特徴、午後からは発達障害など、発達が気になる子の特徴とサポートのポイントを学びました。
 乳児期は人の全人生の中で一番成長発達が著しい時期であり、その時期に一番大切なことは、母親や特定の保育者を愛着対象と認識しそれ以外の人と区別するという「愛着形成」であることなど、サポーターに必要な多くの知識を分かりやすく教えて頂きました。


●3日目午前10:00〜12:00【子どもの安全確保と緊急時の対応について】
 講師:神栖済生会病院 小児救急看護認定看護師 高松 薫氏

takamatu-kanngosi.jpg
 
 サポート中の事故を未然に防ぐための危険箇所の確認の仕方や、怪我や骨折、出血、発熱した時などの対処法について、資料や実演を基にわかりやすく説明して頂きました。
 傷は水道水でよく洗い消毒はしないこと、骨折の際の当て木を固定するのにサランラップが便利であることなど身近に使える知識もたくさん教えて頂きました。さらに子どもの場合の救命救急の方法も人形を使って教わりました。


●3日目午後13:00〜14:30 【子どもの成長に合わせた遊びの工夫】
講師:市こども課 主任保育士 加藤秀美氏  大塚恵子氏  平原雅子氏
omotya.jpg
osieteorigami.jpg

 たくさんの種類の手作りおもちゃや子どもに人気の絵本などを持参して頂きました。講師による読み聞かせのお手本や牛乳パックを使った簡単手作りおもちゃ、折り紙の折り方などを教わりました。
 受講生はアイデアいっぱいのおもちゃに興味津々!!熱心に見入っていました。

 かみすファミリーサポートセンターでは年1回、養成研修を開催しています。子育てサポーターになるにはこの研修を終了することが必要ですが、有資格者(保育士・看護師等)の方に関しましては、受講が免除される場合がありますので、当センターまでお問い合わせください。

★今年度の活動状況…平成29年6月末現在★
  利用会員数   671 名
  協力会員数   231 名
  活動件数     536 件

詳細は下記までお問い合わせ下さい★かみすファミリーサポートセンター    
  神栖本所:0299−93−1029(担当:高森・萬代・三浦)                         
  波崎支所:0479−48−0415(担当:沢田・横田)

平成29年度一般・特別会員加入状況(7月13日時点)

 これまでに寄せられた一般会費(1,000円以上)、特別会費(2,000円以上)の現況を報告します。
 6月16日から7月13日の間で、横瀬、萩原、奥野谷、知手、柳堀、知手中央仲町、知手浜、平泉、下幡木、筒井、立野、賀、大野原、息栖原、西町、本郷、土合西、太田新町、東須田、二本松の20地区から会員加入をいただきました。
 (加入地区合計:67地区。加入総額:8,968,500円)
hasu001.jpg
 神栖市社協では、市内の全ての地区のご協力のもとで一般会員、特別会員を募集しています。(募集期間は各地区にお任せしています。「かみす社協ニュース」12月号で中間報告をさせていただく予定です。)

 地区に加入されていない方は、社協本所、支所の窓口で直接受付しています。窓口までお越しになれない場合は、銀行振込による会員加入もご案内できますので、お気軽にご連絡下さい。

         平成29年4月1日から7月13日までの受付分(順不同)
地 区 名 等 一般会費加入金額 特別会費加入金額 加入総額
横瀬地区 132,000 132,000
萩原地区 117,000 117,000
芝崎地区 57,000 57,000
田畑地区 34,000 34,000
木崎地区 82,000 2,000 84,000
溝口地区 143,000 143,000
奥野谷地区 159,000 159,000
知手地区 248,000 248,000
柳堀地区 173,000 173,000
一貫野地区 107,000 107,000
知手中央仲町地区 118,000 118,000
知手浜地区 321,000 5,000 326,000
知手浜東団地地区 74,000 74,000
横瀬団地(旧池向)地区 31,000 31,000
平泉地区 364,000 364,000
下幡木地区 137,000 137,000
鰐川地区 38,000 38,000
筒井地区 180,000 180,000
立野地区 88,000 88,000
賀地区 115,000 115,000
泉町地区 172,000 172,000
新港地区 178,000 178,000
大野原地区 539,000 3,000 542,000
息栖原地区 91,000 91,000
息栖地区 162,000 162,000
仲町地区 55,000 55,000
西町地区 87,000 87,000
東仲島東地区 61,000 61,000
西仲島地区 78,000 78,000
浜新田地区 248,500 248,500
海老台地区 144,000 144,000
本郷地区 303,000 2,000 305,000
高野地区 111,000 111,000
別所地区 199,000 199,000
荒波地区 63,000 63,000
石津地区 170,000 170,000
仲舎利地区 92,000 92,000
内出地区 69,000 69,000
松本地区 59,000 59,000
芝地区 40,000 40,000
仲新田地区 106,000 106,000
清水地区 68,000 68,000
東海地区 87,000 87,000
西前宿地区 130,000 130,000
上中地区 82,000 82,000
押植地区 184,000 184,000
土合東地区 86,000 86,000
土合西地区 507,000 507,000
土合中央地区 260,000 260,000
土合本町中地区 163,000 163,000
東松下地区 124,000 124,000
西松下地区 93,000 93,000
十町歩地区 60,000 60,000
日和山地区 53,000 53,000
東押揚地区 59,000 59,000
東宝山地区 114,000 114,000
西宝山地区 230,000 230,000
太田新町地区 240,000 240,000
東須田地区 92,000 92,000
西須田地区 57,000 57,000
須田浜地区 60,000 60,000
相生地区 55,000 55,000
高砂地区 66,000 66,000
二本松地区 51,000 51,000
若ノ松地区 106,000 106,000
柳川団地地区 74,000 74,000
北若松地区 89,000 89,000
神栖本所窓口での受付 2,000 13,000 15,000
波崎支所窓口での受付 1,000 5,000 6,000
合  計 8,938,500 30,000 8,968,500

『社協会費』及び『会費の納入方法』の詳しい内容は…こちらをクリック 〔社協会費とは〕

2017年07月13日

多くの善意をありがとうございます
(平成29年6月の善意銀行預託状況報告)

平成29年6月1日〜6月30日受付分 順不同・敬称略
【寄付金預託 合計90,500円】

社協の地域福祉活動へ

シニアカラオケ愛好会
     水戸・波崎連合実行委員会
80,000円
鹿行地域労働福祉協議会 10,500円

       
002-6.jpg  6月19日、シニアカラオケ愛好会水戸・波崎実行委員会様から、チャリティカラオケ大会参加者の皆様から寄せられた寄付金80,000円をいただきました。お寄せいただいた善意は、神栖市社協が実施する福祉事業へ大切に活用させていただきます。ありがとうございました。
 〔シニアカラオケ愛好会水戸・波崎連合実行委員会池永様(写真左)、社協高安常務理事(写真右)〕
 シニアカラオケ愛好会水戸・波崎連合実行委員会の皆様より長年にわたり、チャリティカラオケ大会での収益金の一部を社協に寄付していただいております。

 

 

【物品預託】
使用済切手  合計14,247枚
三国屋建設(株)、鹿島食品(株)振興会、三菱ケミカル蠎島事業所、中野智昭、
ダイヤリックス(株)鹿島支社、茨城県理容生活衛生同業組合潮来支部、
JFE条鋼(株)東日本工場鹿島製造所、済生会波崎診療所、蔭山みゆ、三徳運輸(株)、
大久保愛子、増康弘、東仲島東仲よし会、鹿島石油(株)鹿島製油所、(株)トーケミ、
大勝建設(株)、鹿島サンケン(株)、ベルの会、匿名8件


使用済カード 合計40枚
茨城県理容生活衛生同業組合潮来支部、JFE条鋼(株)東日本工場鹿島製造所、匿名2件

ベルマーク合計1.867枚
JFE条鋼(株)東日本工場鹿島製造所、神栖市子ども会育成連合会、大久保愛子、
東仲島東仲よし会、鹿島石油(株)鹿島製油所、匿名2件

書き損じハガキ  合計23枚
匿名2件

使用済インクカートリッジ  合計400個
茨城県理容生活衛生同業組合潮来支部、JFE条鋼(株)東日本工場鹿島製造所、
(株)ダイセツ、神栖アウトドアクラブ、匿名6件

その他
茨城県理容生活衛生同業組合潮来支部 うちわ80枚・あめ多数
匿名10件 タオル76本、介護用靴1足、紙オムツ1袋・尿取りパッド1袋、紙コップ300個、子ども用サーフボード1枚・子ども用プール1個・浮き輪4個・カラーボール43個、自走用車イス1台、
絵本72冊、マンガ本62冊、パズル5枚


ご協力ありがとうございました。
善意銀行とは・・・

「九州北部を中心とした豪雨災害」に関する
災害ボランティアセンター等の情報について

job_information[1].png  平成29年7月5日(水)からの大雨により、福岡県や大分県を中心とした九州北部において甚大な災害が発生しています。被災されたみなさまには、心よりお見舞い申し上げます。
 被災地の状況やボランティア募集等の情報につきましては、随時、以下のホームページで発信されております。 現地での混乱を防ぐため、事前に的確な情報を入手してください。

 ■全社協 被災地支援・災害ボランティア情報"
 
※被災地でボランティア活動をされる方は、ボランティア活動保険をお勧めします。

☆ボランティア活動保険は、
 ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、
 国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

★保険の詳細についてはコチラ→全社協「ふくしの保険」

【加入申込窓口・お問合先】
神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
 ■神栖本所 (月〜土 8:30〜17:15)
     神栖市溝口1746−1(市保健・福祉会館内)
   電話:0299−93−1029
 ■波崎支所 (月〜金 8:30〜17:15)
   神栖市土合本町3−9809−158(市はさき福祉センター内)
   電話:0479−48−0294

「うぃるかみす」平成29年6月の実績

oosouji_yukafuki[1].png  住民参加型有償サービス「うぃるかみす」は、高齢者や障害者の世帯等で、買い物やお掃除、窓掃除、庭のお掃除等ができなくて困っている方のお宅にお伺いして、「ちょっとお手伝いしますよ」という住民の助け合い活動です。 社協のコーディネーターが利用会員と協力会員の調整役を行っています。状況によって一度に複数の協力会員で対応することもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【うぃるかみす活動実績(平成29年6月1日〜30日)】

実績 4月からの累計
 相談件数 22件 80件
 活動実績  73件 198件
 延べ利用時間 113.0時間 306.0時間
 新規協力会員登録  1名 27名
 新規利用会員登録  7名 40名


 協力会員として登録を希望される方は、センターの実施する養成講座を受講いただくことが必要です。
今年度の養成講座は詳細が決まり次第お知らせします。
協力会員として活動していただける方は事務局までご相談ください(随時入会可能です)。

「うぃるかみす」に関するお問い合わせは社会福祉協議会へ。

  神栖本所 0299−93−0294(野口)
  波崎支所 0479−48−0294(横田)

ことばと発達の相談室 平成29年6月の相談実績

khs2907.png  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

【平成29年度の ことばと発達の相談室 利用実績】

     4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催回数 4 3 5 12
利用者数 19 11 16 46


ことばと発達の相談室に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294(担当:萬代・三浦)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294(担当:横田・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

かみすファミリーサポートセンター 平成29年6月実績

 かみすファミリーサポートセンターでは、子育てを地域で支援する「お子さんの一時預かり」活動を行っています。子育て経験者や保育士の有資格者が、サポーター養成講座を受講後、サポーターとして登録、活動しています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートします。お気軽にご相談下さい。
illust1926[1].png

【事業実施状況(平成29年6月1日〜30日)】

【活動実績】

件数/実績 4月からの累計
 活動件数(実績) 177件 536件
 相談件数 68件 181件
 新規利用会員登録者数 5名 19名
 新規サポーター登録者数 0名 1名
※総利用会員数【671名】、総サポーター数【231名】

【事業実績(内容別活動件数)】

活動内容 活動件数 4月からの累計
 保育施設の保育開始時や保育終了後の預かり 17件 52件
 保育施設までの送迎 21件 90件
 放課後児童クラブ終了後の預かり 13件 46件
 学校の放課後の預かり 7件 13件
 冠婚葬祭や他の子の学校行事の際の預かり 3件 36件
 買い物等外出の際の預かり 21件 46件
 子どもの習い事等の場合の援助 29件 84件
 保育施設、学校等が休みの場合の援助 1件 6件
 保育所等の施設入所前の援助 0件 0件
 保護者の就労時の援助 4件 20件
 児童クラブ開始前の預かりと送り 16件 40件
 他の兄弟育児中の支援 22件 48件
 親自身のリフレッシュ 6件 23件
 学校開始前の校内での預かり〜教室までの送り 0件 0件
 その他 17件 32件
 合計 177件 536件

ファミリーサポートセンターに関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−1029(担当:高森・萬代)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0415(担当:沢田・横田)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

福祉後見サポートセンターかみす 平成29年6月の相談実績

fk2907.png  神栖市社協は、「福祉後見サポートセンターかみす」を設置し、法人後見事業に取り組んでいます。法人後見とは、社会福祉法人等が成年後見人等になり、個人が成年後見人等となった場合と同様に、判断能力が不十分な方の保護・支援を行うことです。
 福祉後見サポートセンターかみすでは、知的障がい者、精神障がい者、認知症高齢者などの判断能力が不十分な方々の権利を擁護するとともに、住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるように日常生活自立支援事業と法人後見受任事業、制度利用のための相談支援を行っています。


福祉後見サポートセンターかみすの詳細は  こちら


【事業実施状況(平成29年6月1日〜30日)】


日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

 日常生活自立支援事業は、判断能力が不十分で、親族等の支援が得られない方に対して、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理援助及び書類等の預かりサービスを行っています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 2件 5件
 ※内新規利用相談 0件 2件
 契約件数 0件 1件
 解約件数 1件 1件
 現契約者数 15件
 支援員活動件数 11件 32件
 専門員活動件数 28件 79件
 利用者ケアカンファレンス回数 3件 8件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 23名 51名


成年後見事業

 成年後見制度は、判断能力が不十分な方々の権利を守る援助者(成年後見人等)を選任し、本人に代わって法律的に支援・援助するための制度です。
 神栖市社協は、成年後見制度利用相談や制度啓発、法人として成年後見人等を受任しています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 2件 5件
 ※内新規受任相談 1件 1件
 法人後見受任件数 1件 1件
 現受任件数 3件
 受任活動件数 11件 18件
 専門員活動件数 19件 33件
 利用者ケアカンファレンス回数 1件 2件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 5名 8名


成年後見制度・日常生活自立支援事業に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294(担当:飯田・荒井・鴨川)

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294(担当:高岡・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

地域生活支援センター 平成29年6月の相談実績

family_bbq[1].png  社協が神栖市より受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(平成29年6月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

1.障害別相談 相談件数 4月からの累計
 身体障害 15件 36件
 知的障害 16件 29件
 精神障害 40件 135件
 発達障害 2件 14件
 その他(重複、難病など) 2件 5件
 合計 75件 219件

2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 身体障害 8件 23件
 知的障害 6件 14件
 精神障害 19件 71件
 発達障害 0件 0件
 難病 0件 1件
 合計 33件 109件

3.障害支援区分認定調査 調査件数 4月からの累計
 身体障害 3件 8件
 知的障害 2件 5件
 精神障害 2件 5件
 その他(重複など) 0件 2件
 合計 7件 20件

地域生活支援センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖社協地域生活支援センター(神栖地域)
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294 相談支援専門員 三浦・鴨川・飯田

 神栖社協地域生活支援センター(波崎地域)
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294 相談支援専門員 横田・高岡

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

こころの相談室 平成29年6月の相談実績

こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
 ・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
 ・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
 ・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
 ・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
kokoro6.png

 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に作業療法士(精神科)、精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。

・個室相談室によりプライバシーは保護されます。
・相談対応できる時間は1回の予約につき1時間です。
・相談はすべて予約制とさせていただいております。

【平成29年度 こころの相談室 利用実績6月】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
相談件数 19 17 19 55


【昨年度実績 127件】

「こころの相談室」問合せ先
 神栖本所
  住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
  電話:0299−93−0294(担当:三浦・小林)

 波崎支所
  住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
  電話:0479−48−0294(担当:高岡・篠塚)

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2017年07月12日

平成29年7月5日からの大雨災害義援金(福岡県)及び大分県豪雨災害義援金募集について

akaihane_gienkin.jpg  平成29年7月5日からの大雨により、福岡県、大分県では人的被害をはじめ家屋の倒壊等の甚大な被害が発生し、複数の市町村で災害救助法が発令されました。
 福岡県共同募金会及び大分県共同募金会では、被災された方々を支援することを目的に、次のとおり義援金を募集しています。
 皆様のご協力をお願いいたします。
※ 義援金情報につきましては、中央共同募金会のホームページにも掲載されておりますので、ご参照ください。
中央共同募金会ホームページ


平成29年7月5日からの大雨災害義援金(福岡県)
募集期間平成29年7月10日(月)から平成29年12月28日(木)まで
(義援金のみを取り扱います。)
義援金を送る
方法
☆神栖市社会福祉協議会窓口
社協窓口にて「平成29年7月5日からの大雨災害義援金(福岡県)」とご指定いただければ、社協善意銀行を経由して指定の口座へ送金いたします。なお、社協窓口や市内の募金箱設置協力店には募金箱も設置しておりますのでご協力をお願いいたします。

☆福岡県共同募金会へ直接送金する場合
(1)ゆうちょ銀行
   口座記号番号00980-0-332036
   口座名:福岡県共同募金会7月大雨災害義援金
   ゆうちょ銀行における窓口での振替料金は無料です。
(2)福岡銀行
   春日原支店
   普通預金1932835
   口座名:社会福祉法人福岡県共同募金会 会長 小川弘毅(おがわひろき)

(3)西日本シティ銀行
   春日原支店
   普通預金3063234
   口座名:社会福祉法人福岡県共同募金会 会長 小川弘毅(おがわひろき)
 ※同一金融機関の本支店からの振込手数料のみ手数料が免除されます。

☆茨城県共同募金会に送金する場合
(1)常陽銀行
   本店
   普通預金 口座番号 3789706
   口座名:社会福祉法人茨城県共同募金会 福岡大雨義援金
 
(2)筑波銀行
   県庁支店
   普通預金  口座番号 1153318
   口座名:社会福祉法人茨城県共同募金会 福岡大雨義援金

 ※各行の本支店の窓口から,同行の上記口座に対する振込手数料は無料となります。なお,ATMからの振込みは手数料がかかります。

大分県豪雨災害 大分県豪雨災害 大分県豪雨災害 義援金
募集期間平成29年7月11日(火)からから12月28日(木)まで
(義援金のみを取り扱います。)
義援金を送る
方法
☆神栖市社会福祉協議会窓口
社協窓口にて「大分県豪雨災害義援金」とご指定いただければ、社協善意銀行を経由して指定の口座へ送金いたします。なお、社協窓口や市内の募金箱設置協力店には募金箱も設置しておりますのでご協力をお願いいたします。

☆大分県共同募金会へ直接送金する場合
(1)大分銀行
   ソーリン支店
   普通預金7547430
   口座名:大分県共同募金会豪雨災害義援金
 ※大分銀行の本・支店の窓口からの振込手数料は無料となります。

(2)ゆうちょ銀行
   口座記号番号00990-3-236117
   口座名:大分県共同募金会豪雨災害義援金
 ※ゆうちょ銀行の本・支店及び郵便局窓口からの振込手数料は無料となります。
☆茨城県共同募金会に送金する場合
(1)常陽銀行
   本店
   普通預金 口座番号 3789840
   口座名:社会福祉法人茨城県共同募金会 大分豪雨義援金
 
(2)筑波銀行
   県庁支店
   普通預金  口座番号 1153370
   口座名:社会福祉法人茨城県共同募金会 大分豪雨義援金

 ※各行の本支店の窓口から,同行の上記口座に対する振込手数料は無料となります。なお,ATMからの振込みは手数料がかかります。

平成29年6月交流サロン利用状況、相談実績

交流サロンは少人数での会議や打合せ等、ご自由にご利用できます。筺複娃横坑后檻坑魁檻隠娃横后砲任陵縮鵑蘯け付けています。
 またパソコンも設置してありますので、インターネットでの調べもの等にご利用になれます。
DSC04005-7.jpg
 【左記の写真】
 ボランティアセンター交流サロンの入り口には、いつもwa’mくーるの皆さんの作品を飾っています。
 紫陽花やかわいいくまと金魚たちがボランティアセンターを利用される方たちをお出迎えしています。
 『バルーンアートwa’mくーる』バルーン教室は、毎月1回(第3火曜日 午前10:00〜12:00)、交流サロンで開催。どなたでも参加出来ます!
 7月は、7月18日(火) 午前10:00〜です。


ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【平成29年6月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 4月からの累計
 打合せ・作業スペースの使用 118人 423人
 点訳室の使用 16人 26人
 録音室の使用 5人 17人
 掲示板、パンフレットラック利用 2団体 10団体
 パソコン、インターネット利用 3人 13人
※交流サロンでは社協ボランティア登録団体を対象にロッカーの貸し出し、コピーカードの貸し出しなども行っています。
※交流サロンは日曜日と年末年始を除き、8:30〜21:00まで、ボランティアの皆様の打合せなどで自由にご利用していただけます。

【平成29年6月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 4月からの累計
 交流サロンについて 0件 1件
 ボランティア活動について 16件 51件
 ボランティア保険について 0件 3件
 福祉活動基金について 0件 0件
 善意銀行について 7件 14件
 災害時の対応について 0件 0件
 広報啓発の周知依頼について 0件 5件
 ボランティア同士の交流について 0件 2件
 福祉団体関係について 1件 3件
 福祉イベント関連について 0件 0件
 ボランティア講座について 0件 0件
 一人暮らし高齢者交流について 1件 1件
 地区目的サロン 1件 1件
 その他 0件 2件
 合計 26件 83件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンの利用案内

 交流サロンを予約したい場合は下記にて承ります(お電話でも可)。
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029

高齢者相談センター 平成29年6月の実績

 社協波崎支所では、【波崎、矢田部、土合】の各地域を対象に「高齢者相談センター」を市から受託し開設しています。
 高齢者福祉サービスの申請代行、制度や事業の説明、安否確認や見守り等、高齢者の在宅生活を支援するための相談窓口として面接、電話、訪問などにより、きめ細かな対応をいたします。
 相談内容に合わせて必要なサービスへ繋ぎますので、介護などに関しての疑問や困ったことがあれば、なんでも相談して下さい。相談や支援にかかる費用は無料です。
tyuuka.jpg

【社協波崎支所での相談対応件数(平成29年6月1日〜30日)】

相談形態 相談件数 4月からの累計
 電話 12件 32件
 訪問 26件 72件
 面接 7件 20件
 その他 0件 0件
 合計 45件 124件

高齢者相談センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
  住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
  電話:0479−48−0294(担当:狩野・篠塚)

  窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2017年07月11日

ボランティア活動保険加入者数(平成29年6月)

usagi.png

【ボランティア保険加入者数(平成29年6月1日〜30日)】

ボランティア保険加入プラン 加入者数 4月からの累計
 基本Aプラン 36名 1,082名
 基本Bプラン 0名 18名
 天災Aプラン 0名 51名
 天災Bプラン 0名 19名
 合計 36名 1,170名

☆ボランティア保険は、ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

☆ボランティア保険の保険期間は、毎年4月〜3月末までとなっています。  年度途中の加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成30年3月31日午後12時までが保険期間となります。

 
災害ボランティアとして被災地に行く場合は居住地の社会福祉協議会で津波、地震などによるケガ等にも対応できる「天災型のボランティア保険」に加入して、活動に参加することをお勧めしています。

 ★詳しくはこちら→ふくしの保険

☆加入にあたっては、
 社協へのボランティア登録が必要となりますので、登録と合わせて保険加入手続きをとることをお勧めしています。なお、保険掛け金の一部は自己負担となりますのでご注意下さい。 各プランの内容等詳細はボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。
  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

福祉総合相談 平成29年6月の相談実績

 社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談と訪問活動を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。
 神栖市社協では、地域密着型の相談員であるコミュニティソーシャルワーカーを配置しています。
ss2907.png
 「家族の悩みがあるけど1人では解決できない」「相談したいことがあるけど、どこに相談していいかわからない」といった悩みや不安を、コミュティソーシャルワーカーがご自宅を訪問してお話を伺います。
 高齢者・障害者・子ども・ひきこもり・・・どんな相談でも、地域の身近な相談窓口として、様々な専門機関と連携しながら、課題の解決に向けて一緒に考えて行きます。お気軽にご相談下さい。

【福祉総合相談(平成29年6月1日〜30日)】

1.内容別相談実績 相談件数 4月からの累計
 生活福祉資金 12件 23件
 生活福祉制度・事業等 14件 40件
 低額診療制度 7件 14件
 生活困窮者自立支援事業
 ※今年度からの新規事業
7件 15件
 日常生活自立支援事業 4件 12件
 成年後見制度 10件 17件
 障害者福祉(身体・知的・精神障害) 26件 71件
 こころの相談室 19件 51件
 発達障害者福祉 2件 12件
 ひきこもり 0件 0件
 高齢者 3件 15件
 貸出事業(介護機器・福祉車輌) 0件 1件
 福祉教育出前講座 5件 15件
 その他 5件 10件
 合計 114件 296件


2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 生活福祉事業 12件 23件
 生活福祉資金 0件 0件
 低額診療制度 2件 7件
 生活困窮者自立支援制度
 ※今年度からの新規事業
7件 16件
 日常生活自立支援事業 14件 56件
 成年後見 9件 14件
 障害者関係 33件 109件
 ひきこもり 0件 0件
 高齢者 30件 91件
 貸出事業 0件 0件
 福祉教育出前講座 16件 30件
 その他 3件 17件
 合計 126件 363件

★「社協の福祉総合相談」相談窓口はこちら(無料です)
 神栖本所
 住所:溝口1746-1 市保健・福祉会館内
 電話:0299−93−0294

 波崎支所
 住所:土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内
 電話:0479−48−0294

 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2017年07月10日

ボランティア登録状況(平成29年6月)

ボランティア登録状況(平成29年6月1日〜30日受付分)
iruka-2.png

【ボランティア登録状況(平成29年6月1日〜30日)】

実績 4月からの累計
 団体登録数  1団体 78団体
 団体所属人数  37名 1,634名
 個人登録数  0名 39名


 ★ボランティアグループの情報はこちら→平成29年度登録ボランティアグループ一覧(平成29年6月末時点) 


 ボランティアセンター(交流サロン)を利用される団体・個人の方には、ボランティア登録(年度ごと)をお願いしています。本会にボランティア団体として登録いただくと、交流サロン内のロッカーやコピーカードを利用できます。

 ★詳しくはこちら→ボランティア登録
 登録についてのお問い合わせは、ボランティアセンターまで、お気軽にご連絡下さい。

  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

デイサービス(生活介護)事業 平成29年6月実績

社協が神栖市の指定管理者として、茨城県より事業所指定を受けて実施している「神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ(生活介護)」の利用実績(平成29年6月分)です。

【事業別延べ利用者数】

 ◇生活介護事業(区分別)  延べ人数 4月からの累計
  区分2 (年齢が50歳以上の方) 0人 0人
  区分3 25人 75人
  区分4 33人 112人
  区分5 57人 172人
  区分6 80人 232人
     生活介護小計 195人 591人
 ◇基準該当放課後等デイサービス事業 15人 63人
   合 計 210人 654人


GEDC0255a.jpeg

▲猫のひたいほどののぞみ農園 
 ルームの掃き出し窓から見える範囲、それがのぞみ農園です。ナス4株、ピーマン・トマト・キュウリ2株、カボチャ・トウガン・スイカ1株ずつが利用者さんのお世話のおかげで元気に育っています。

 デイサービス(生活介護)は、障害のある方が、安心して仲間と楽しく一日を過ごすことのできる、通所型のサービスです。
 利用相談や見学は随時お受けしています。お気軽にお問い合わせください。


 
神栖市障害者デイサービスセンターのぞみへのお問い合わせはこちらです
  電話:0299−93−1063(直通) FAX:0299−92−8750 
  担当者:大川

2017年07月09日

ホームヘルプサービス事業 平成29年6月実績

helper6_fumira_soft.jpg  社協が法令や市の制度にもとづき実施している「ホームヘルプサービス事業」の活動実績(平成29年6月分)です。
 ホームヘルプサービスは、高齢者や障害のある方が在宅で安心して日常生活が過ごせるよう、訪問介護員がご自宅へうかがい介護や家事援助などを行う福祉サービスです。

【訪問介護事業(介護保険制度 介護・介護予防サービス・総合事業)】

 内容  件数(6月)  時間(6月)  29年度累計  29年度累計
 身体介護 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 生活援助 66件 66時間00分 192件 192時間00分
 身体生活 24件 31時間00分 80件 103時間00分
 合計 90件 97時間00分 272件 295時間00分

【居宅介護事業(障害者総合支援法)】

 内容  件数(6月)  時間(6月)  29年度累計  29年度累計
 身体介護 52件 44時間30分 146件 123時間00分
 家事援助 64件 80時間30分 190件 237時間30分
 同行援護 2件 2時間30分 10件 17時間00分
 合計 118件 127時間30分 346件 377時間30分

【神栖市受託事業】

 内容  件数(6月)  時間(6月)  29年度累計  29年度累計
 軽度生活援助事業 4件 4時間00分 12件 12時間00分
 移動支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 養育支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 合計 4件 4時間00分 12件 12時間00分

ホームヘルプサービス事業へのお問い合わせはこちらです
 神栖社協訪問介護事業所(介護保険事業所番号0873600225)
 ホームヘルプサービス神栖社協(障害福祉サービス事業所番号0812900066)
  電話0299−93−1058(直通) 管理者:相良 / サービス提供責任者:池田

2017年07月01日

平成29年度 神栖市福祉活動基金助成の募集について(応募締切 7月26日)

01AUG15A.jpg  神栖市社協では、社会福祉の分野で自主・自発的に活動する市内のボランティアグループや当事者グループ、福祉教育事業に取り組む市内小、中、高等学校に対して福祉活動基金から活動費用の一部助成を行っています。

 福祉活動基金は市民のみなさまから善意銀行によせられた寄付金等から成り立っています。平成28年度は、市内のボランティアグループ4団体、当事者グループ1団体、活動資機材助成1団体、学校14校に対し、総額 881,600円の助成を行いました。

<平成29年度募集内容>
※助成を受けるには申請が必要になりますので、詳細をご確認の上ご応募ください。
「平成29年度助成基準」 をご参照下さい。

<今回申請できる助成対象事業>
 ・ボランティアグループ活動費助成事業
 ・市民による地区別サロン活動の取組みへの助成事業
 ・当事者グループ活動への助成事業
 ・活動資機材の整備への助成事業
 ・ボランティア協力校助成事業

  ※申請回数、申請額には限度がありますので、以下の項目をお読み下さい。
 

<受付期間>
 平成29年7月3日(月)〜7月26日(水)

<助成の内容及び基準>

ボランティアグループ活動費助成事業
  申請初回〜3回目まで 50,000円以内で助成
     4回〜5回目まで 20,000円以内(5回で終了)
  ※かつ、グループの年間総予算の1/2を超えない範囲での助成となります。
  ※神栖市や他機関から活動費の助成を受けている(受ける予定も含む)グループは
    対象外です。
    また、市や他機関が主催する事業への協力や、成果に対しグループ構成員へ
    対価が支払われる活動は助成の対象とはなりませんのでご留意願います。

市民による地区別サロン活動の取組みへの助成事業
  申請初回〜2回目まで 20,000円以内で助成
     3回目        10,000円以内(3回で終了)
  ※市民同士が市内で独自運営する「わくわくサロン」「子育てサロン」が対象です。

当事者グループ活動への助成事業
  申請初回〜2回目まで 20,000円以内で助成
     3回目        10,000円以内(3回で終了)
  ※「当事者グループ活動」とは、地域福祉における要支援者、障害者本人またはその
    家族同士が対等な立場で、情報や考え方などを交換・共有することを通じて、各自
    の課題解決や社会参加につなげていく活動で「自助グループ」「セルフヘルプグル
    ープ」なども含まれます。

活動資機材整備助成事業
  1グループにつき1回のみ 50,000円(対象経費の2/3)以内で助成
  ※´↓の要件を満たすボランティアグループ、サロン、当事者グループが対象です。
  ※,泙燭廊◆↓と合わせて申請することもできます。
  ※過去10年の間にこの助成を受けた団体は対象となりません。

ボランティア協力校助成事業
  50,000以内で助成 (神栖市内の小中学校、高等学校が対象です)

 いずれの事業も、助成は年1回です。詳細は「平成29年度助成基準」をご参照下さい。

<申請方法>
 所定の様式に必要事項を記載の上、下記宛郵送もしくは最寄りの社協窓口へ持参下さい。
 以下のリンクをクリックすると、申請書のEXCELファイルが表示されます。印刷してから必要事項をご記入の上、ご提出ください。

平成29年度基金助成金申請書(ボランティアグループ)
平成29年度基金助成金申請書(サロン、当事者グループ活動、活動資機材整備)
平成29年度基金助成金申請書(ボランティア協力校)

<選考結果のお知らせ>
 本会の福祉活動基金管理運営委員会で審査し、8月中旬頃、文書でお知らせいたします。

<申請・お問い合せ先>
 社会福祉法人 神栖市社会福祉協議会
   <神栖本所>
    〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1(神栖市保健・福祉会館内)
    電話: 0299-93-0294  担当:乳井・相良
    FAX: 0299-92-8750
    Eメール:mail@kamisushakyo.com
   <波崎支所>
    〒314-0343 茨城県神栖市土合本町3-9809-158(はさき福祉センター内)
    電話: 0479-48-0294  担当:高岡
    FAX: 0479-48-1294

かみす社協ニュース平成29年7月号を発行しました

表面

高校生の進路アシストカレッジを開講します!
平成28年度神栖市社協 事業報告・収支決算の概要

裏面

第234回地域ネットワーク勉強会のお知らせ
 (ニート・ひきこもり等への社会参加支援の取り組み)
平成29年度 社協法人会員を募集します
身近な地域で開催!7月のわくわくサロン・子育てサロン
平成29年度神栖市社協福祉活動基金助成のご案内
つもる善意 平成29年5月1日〜5月31日受付分

かみす社協ニュース平成29年7月号

高校生の‘夢’応援企画!!
平成29年度高校生の進路アシストカレッジを開講します

 h29.assist1.JPG h29.assist2.JPG
 上記の写真はアシストカレッジでの施設体験の様子です。平成24年から年1回開催し、これまでに59名の高校生が全課程を修了しています。
 進路アシストカレッジは、介護職や看護職、保育者などの専門職に関心のある、または目指している高校生を対象とした講座です。
 福祉・医療の専門職には知識だけではなく“利用者や患者と対話する力”や“場面を観察する力”、“自分が今何をするべきか考える力”などが必要です。この講座は、実際に専門職が働く現場で“専門職に必要な知識や技術とは何か”を学び、高校生のみなさんの職業選択や介護・医療の資格取得を目指す一助となることを目的としています。

 将来、介護福祉士や保育士、看護師、歯科衛生士、理学療法士、作業療法士、保健師、社会福祉士、精神保健福祉士などの専門職として働きたいと考えている方はぜひご参加ください!この夏、同じ夢・目標を持つ仲間と出会える場で、自分の夢への第一歩を踏み出しませんか。


 【開講日】平成29年7月24日(月) 【全6日間】 

 【日 程】
 1日目:7月24日(月) オリエンテーション、講話等 

 2日目〜5日目:7月25日(火)〜8月9日(水) 
            職場体験(市内施設にて4日間) 

 6日目:8月10日(木) 実習振り返り、講話等 

 ☆詳しい日程・内容についてはこちら→PDFファイル日程表       
banzai_school[1].png


 【対  象】神栖市在住の高校生もしくは神栖市内の高校に在学中の生徒

 【参加費】無料

 【定  員】20名(定員超過の場合は、市内在住及び高学年の方を優先させて頂きます)

 【その他】 保護者の同意が必要です
      全課程修了者には修了証を交付いたします
      参加者につきましては行事保険に加入します(本会負担)

 【申込み】平成29年7月3日(月)〜7月14日(金)

 【申込み方法】
 まずは下記問合せ先までご連絡ください。仮申込を受け付けます。
 その後、以下の書類をダウンロードして必要事項をご記入の上、FAXもしくは郵送でお申し込みください。
 ※書類は郵送や窓口でお渡しすることも可能です。

illust1435.png   PDFファイルアシストカレッジ開催要項
  PDFファイル日程表
  PDFファイル申込書
  PDFファイル同意書

 【問合先】神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
      担当 萬代(ましろ)・三浦
      〒314-0121 神栖市溝口1746−1
      電話 0299−93−0294
      FAX 0299−92−8750