★社協職員レポート
【忘れられない日・・・】

 平成29年3月15日は私にとって忘れられない日となりました。この日は、第29回社会福祉士国家試験合格発表の日です。

 資格取得を目指した日から、何年が経ったでしょうか。毎年合格発表の日は、上司や先輩から「どうだった?」と聞かれ、「ダメでした・・・」と答える。そんな言葉のやりとりが恒例の行事のようになってしまっていました。たった1点足りなくて不合格の年もありました。
sr2906.png

 そして、今年。念願だった社会福祉士国家試験に合格したのです!午後2時、パソコンで合格速報を確認し、自分の受験番号が載っていましたが、中々信じられず、何度も番号を確認しました。すぐに上司に報告し、握手をして「おめでとう!お前以上に俺の方が嬉しいよ!」と。その時の上司の笑顔は忘れられません。諦めずにチャレンジし続けて本当に良かったと思います。

 しかし、資格取得がゴールではありません。ようやく自分は今、スタートラインに立ったのです。社会福祉士として、何年も勉強をして得た知識と相談援助の技術を持って、これまで以上に責任を感じながら仕事をしなければならないという気持ちです。
 神栖市社協には、国家資格を持った先輩方がたくさんいます。その先輩方に一歩でも近づけるよう、日々自己研鑽を忘れず、「あの人なら安心して相談ができる」と言われるような相談援助のプロになっていきたいです。


 現在、子どもや障害者、高齢者などの福祉施設は法律や施策の進展と共に、各分野別に支援機関やサービス事業所の設置が進められ、より専門家・細分化されています。神栖市社協はそれらの福祉に関する情報を集約し、相談内容に応じた適切な専門機関につなげる「案内役」として、福祉の総合相談窓口となっています。
※平成28年度の相談実績は1,003件となっています。

★過年度の相談実績はコチラ → 「総合相談」

本所地域福祉推進センター I
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します