社協会費とは

 現在は、介護保険制度や障害者総合支援制度など、様々な福祉サービスが福祉関係各法により提供されています。これらは全国どこに暮らしていても同じように利用できる公的支援です。しかしながら、公的支援だけで全ての住民の福祉課題が解決できるものではありません。

 社会福祉協議会は、「法的整備が遅れている・サービスがない」など、社会化されていない領域の福祉推進を図り、地域に暮らす誰もが「このまちに暮らして良かった」と思える地域社会を住民の皆さんとともに考え、実現していく専門機関としての役割を担っています。

reaflet29.gif
平成29年度
神栖市社協リーフレット

niji002.jpg  神栖市社協では、精神障害者の社会参加支援活動や発達障害児の早期療育支援活動、さらには認知症・知的障害者・精神障害者など判断能力の不十分な方々の地域生活を支える「福祉後見サポートセンターかみす」の運営など、これから充実が望まれる領域の福祉課題に対応する事業を積極的に展開しています。

 さらに、福祉意識の啓発・ボランティア活動への支援、子どもたちへの福祉講座の開催、高齢者・身体障害者等への支援、住民参加型在宅福祉サービス(うぃるかみす)、福祉団体の連絡調整、地域生活の支援(生活相談・生活安定及び福祉資金の貸付等)及び共同募金運動の推進、介護保険制度・障害者総合支援制度による直接サービス、平成26年度からは神栖市社協の専門職を神栖市の福祉分野(障がい福祉課、社会福祉課、地域包括支援課、こども課)へ派遣するなど、地域福祉の充実をめざし地域に密着した活動をしています。

 これらの福祉活動を実施する上で、会費や寄付金などの民間財源はとても大きな役割を果たしています。特に社協会費は、市内の各世帯よりご加入いただく「一般会員・特別会員」、市内の企業・事業所よりご加入いただく「法人会員」の3種類で実施しておりましたが、平成29年度からは、新たに「団体会員」を加え、市内で活動するボランティアグループや福祉団体の皆様にも会員として社協を支えていただくお願いをしています。


・会費納入の方法

 納入方法は、個人・団体などから社協窓口へ直接持参する方法と、各地区の区長さんや班長さんを通して納入する方法があります。

 神栖市社協の場合は市内全91地区の区長さんを「神栖社協地域福祉推進員」として委嘱させていただき、おおむね6月〜9月までの間に一般・特別会員の募集をしています。毎年多くの世帯に会員になっていただいています。

 団体会員、法人会員につきましては別途ご案内し、「社協窓口でのご加入」または「銀行振込による納入」という形をとっています。

 いずれも年間を通しいつでも受け付けております。 なお、社協会員は決して強制加入ではありませんので、社協活動の趣旨を充分にご理解いただいた上で、各世帯・団体・法人ごとに加入をお考え下さい。
 自治会や組合、団体等で取り組まれる場合は、ご連絡をいただければ、いつでも&どこでも、神栖市社協職員が資料を持って説明にうかがいます。
 


・会費の種類

 一般会費  1,000円以上 

 特別会費  2,000円以上 

 団体会員  3,000円以上 

 法人会費 20,000円以上 




  H29kaiinnsyo.gif
  平成29年度一般・特別会員章


 社協会員への加入は、神栖本所及び波崎支所窓口でも行うことが出来ます。窓口開設時間中であれば、期間を問わずお受けいたしますので、ご協力よろしくお願いいたします。

 社協窓口までお越しになれない場合は、金融機関での加入も可能となっておりますので、お名前・ご住所を社協事務局までご連絡(メールも可)下さい。振込用紙を郵送させて頂きますので最寄りの金融機関の窓口にて手続を行って下さい。


神栖市社会福祉協議会
 【神栖本所】 神栖市溝口1746−1神栖市保健・福祉会館内
          電話0299−93−0294
          メールアドレス mail@kamisushakyo.com

 【波崎支所】 神栖市土合本町3丁目9809−158 神栖市はさき福祉センター内
          電話0479−48−0294

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します