映画『校庭に東風(こち)吹いて』上映会
神栖市社会福祉協議会 平成28年度福祉感謝会にて

kouteini.jpg
©2016映画「校庭に東風吹いて」ゴーゴービジュアル企画
 2月18日(土)、神栖市で社会福祉分野に功績のあった団体や個人を顕彰する「神栖市社会福祉協議会 福祉感謝会」を開催します。また同日、記念映画上映会として『校庭に東風吹いて』を無料上映します。

映画「校庭に東風吹いて」公式サイト

 当日は一般参加もお受けしますが、事前申込が必要となりますので、以下の手続きによりお申し込み下さい。




神栖市社会福祉協議会 平成28年度福祉感謝会

<開催日時> 平成29年2月18日(土)13:30〜

<開催場所> 神栖市保健・福祉会館(茨城県神栖市溝口1746−1)2階 研修室

<一般参加> 定員70名(先着順)

<主 催 者> 社会福祉法人 神栖市社会福祉協議会

<プログラム>
       13:00 開 場
       13:30 式 典(神栖市社協会長表彰状授与)
       14:00 記念映画上映会『校庭に東風吹いて』
       16:00 終了(予定)

<お申し込み>
       (1)申込用紙で
             所定の用紙をダウンロードし印刷・記入の上、ファックスまたは社協事務局
           (神栖本所もしくは波支所)まで直接お持ち下さい。
           申込用紙(ワード)はこちらからダウンロードできます
            
       (2)お電話で
           神栖市社会福祉協議会 神栖本所(電話:0299-93-0294 担当:三浦、荒井)
            へお申し込みください。

       (3)メールで
            mail@kamisushakyo.com へ「お名前(複数で参加される際は全員の
           お名前)」「住所・電話番号(複数参加の場合は代表の方)」を入力の上、
           送信して下さい。


記念映画上映会『校庭に東風吹いて』
 原作は、小学校教員の経験を持つ柴垣文子の同名小説。家庭では話せるのに、学校や幼稚園などでは話したくても話せなくなる「場面緘黙(かんもく)症」の疾患がある少女や様々な問題を引き起こす少年など、子どもたちの悩みや苦しみに寄り添い、子どもと共に生き、子どもへの愛情を貫いた教師の物語です。

☆ストーリー☆
 三木知世(沢口靖子)は、転勤で小学3年のミチルのクラスを担当する。「場面緘黙症」の疾患を持つミチルに、知世は共感と愛情をもって接する。同じクラスに、問題行動の多い安川純平がいる。離婚した母親の理恵と純平は貧しい生活を送っている。教室に飛び込んできた青いインコを巡ってミチルと純平は幼い友情を芽生えさせる。しかし、ある日インコが逃げ出してしまう…。様々な問題に奔走する知世は、子どもたちの〈涙〉を〈希望〉に変えることができるのだろうか。

kouteini3.jpg
© 2016映画「校庭に東風吹いて」ゴーゴービジュアル企画
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します