« 2016年10月 | ???? | 2016年12月 »

2016年11月30日

非常勤職員(看護職)を募集します
 ※受付終了しました

本会で、障害者デイサービスの看護業務に従事する非常勤(パート)職員を募集します。

<職種及び募集人数>
 看護職員1名(看護師もしくは准看護師資格を保有することが条件です)

<仕事の内容>
 社協が神栖市の指定管理者として実施する「神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ(生活介護事業及び基準該当放課後等デイサービス。定員20名)」における看護業務(利用者のバイタルチェック、及び入浴・食事・トイレ介助、レクリエーション、送迎車輌への添乗などデイサービス業務全般。

<就業場所>
 神栖市保健・福祉会館内 デイサービスセンター
 (茨城県神栖市溝口1746番地1)

<就業日及び時間>
 日曜日を除く週2〜4日勤務で、下記,らい龍侈海料箸濆腓錣擦能毅隠胸間程度
  仝畫娃源30分〜午後5時15分(昼休み60分)
  午前8時30分〜午後0時30分
  8畫娃校00分〜午後1時00分
  じ畍紕瓜00分〜午後5時00分

<賃金等>
 時間給1,300円
 資格手当 月額2,000円(正看護師の場合)
 通勤手当(日額。本会規定により)
 労災保険
 ※労働条件等の詳細は、〔神栖市社協非常勤職員就業規則〕 をご覧ください。

<雇用期間>
 平成29年3月31日まで(更新あり)

<選考方法>
 面接試験(応募時に面接日時を指定します)

<必要書類(面接時に持参願います)>
 履歴書(写真貼付)
 保有資格を証明する書類(写し可)

<応募受付及び問い合わせ先>
 神栖市社会福祉協議会 在宅福祉サービスセンター 職員採用試験担当:相良
 〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館内
 電話 0299−93−0294
 ※必ず電話にてお申し込み下さい。
  電話受付は毎週月曜から金曜、8:30〜17:15の間です。

精神保健デイケアほのぼの 平成28年12月の予定

 「ほのぼの」の12月の予定表が完成しました。

 12月は、1年の活動を振り返りながら、カラオケや外食などでメンバー同士の交流を楽しむ「クリスマス・忘年会」を今年最後を締めくくるメインイベントとして実施します。

 その他に、手工芸、読書、テレビゲーム、仮眠などから、参加メンバーの自由な選択によるフリータイム。またDVD鑑賞や調理、ウォーキングを行います。


最新の予定表は下記をクリック!!
☆ ほのぼの予定表 ☆

h28.12hono.jpg

★11月の活動の様子

『鹿行フレンドボウリング大会』に参加しました!!


 平成28年11月26日(土)、鹿嶋市のチェリオ内にある鹿島ボウルにて 第11回鹿行フレンドボウリング大会が開催され、「青空」「ほのぼの」メンバー7名が参加しました。

 この大会は、茨城県作業療法士会による鹿行地域の精神障害者グループの交流を目的として毎年開催され、神栖市精神保健デイケアでも第1回大会より参加しています。

 この日、鹿行5市より集まった35名が熱戦を繰り広げ、充実した一日となりました。
2016.11.26.5.jpg


2016.11.26.3.jpg
目指すは、ストライク!
2016.11.26.4.jpg
自然と交流が芽生えます
2016.11.26.1.jpg 2016.11.26.2.jpg

 大会は、団体戦(3人1チーム)、個人戦(バンパーレーン、一般の部)で行われました。神栖市内にボウリング場がないことから、殆どのメンバーがぶっつけ本番ではありましたが、徐々に調子が上がり、あちらこちらでハイタッチ。

 最終的な成績は、なんと、団体戦で「チーム青空」が2年連続の優勝。
 個人戦バンパーレーンの部で、青空メンバーが優勝。個人戦一般の部でも青空メンバーが準優勝となりました。また第11回特別賞にほのぼのメンバーも入賞しました。
 更に、今回は、過去1回から今回の11回まで全ての大会に参加している方2人に皆勤賞の授与があり、青空メンバー内1名が表彰されました。

 短い時間ではありましたが、青空、ほのぼの利用者がグループとしての一体感を感じ、他市町村の参加者とも交流を深めることができました。


 「青空」「ほのぼの」は、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所作り」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。
 利用目的は、病状の安定や不調の早期発見、自宅から外への始めの一歩、ストレス解消、就労を目指すための心身の準備、人とお話ししたいなど、十人十色です。
 デイケアの利用を希望される方は、お問い合わせ下さい。


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 高岡・野口・飯田
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 坂本・横田・篠塚

2016年11月29日

社協活動予定 平成28年12月

 今年も残すところ、あとひと月となりました。
 気ぜわしい時季ですが、クリスマスや年末年始などのイベントもあり、気持ちが華やぎます。

 12月は、3日に第227回となる、地域ネットワーク勉強会を開催します。茨城西南医療センター病院 根本浩則 氏に、周囲から取り入れた感覚を脳で整理し運動や行動を起こす一連の流れ“感覚統合”の視点での行動理解と遊びのポイントについて、お話しいただきます。  どなたでも参加できます。ぜひ、チェックしてみてください。

christmas_teddy_bear.jpg
<年末年始休業のお知らせ>
神栖市社会福祉協議会は、年末年始の下記期間休業します。
12月29日(木)〜1月3日(火)休業 社協事務局(神栖本所、波崎支所)、
ボランティアセンター、
交流サロン(神栖市保健・福祉会館内)、
ファミリーサポートセンター、
福祉後見サポートセンターかみす、
地域生活支援センター、
神栖市福祉作業所きぼうの家、
放課後等デイサービス事業
12月30日(金)〜1月3日(火)休業 ホームヘルプサービス
12月31日(土)〜1月1日(日)休業 神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ
   
曜日 時間 事業・会議名 場所
10:00〜 ファミリーサポートセンター会員交流会 神栖市保健・福祉会館
10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
10:30〜
第8期発達障害者療育者研修会3・4日目
(第227回地域ネットワーク勉強会)
神栖市保健・福祉会館
10:00〜
15:30〜
精神保健デイケアほのぼの
第2回福祉後見サポートセンターかみす運営委員会
神栖市はさき福祉センター
神栖市保健・福祉会館
10:00〜
19:00〜
精神保健デイケア青空
第8期発達障害者療育者研修会5日目
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
10      
11
12
13 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
14 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
15 8:40〜
10:00〜
福祉教育出前講座
精神保健デイケアほのぼの
神栖市立大野原小学校
神栖市はさき福祉センター
16 10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市はさき福祉センター
17
18
19      
20 10:00〜
10:30〜
精神保健デイケアほのぼの
第3回理事会
神栖市はさき福祉センター
神栖市保健・福祉会館
21 10:00〜
10:00〜
精神保健デイケアほのぼの
第2回評議員会
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
22 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
23 天皇誕生日
24
25
26
27 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
28 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
29      
30      
31      
こころの相談室、成年後見制度利用支援相談を随時開催しています。
お問い合わせは 神栖市社会福祉協議会
神栖本所 電話:0299−93−0294
波崎支所 電話:0479−48−0294

きぼうの家新聞 平成28年12月号を発行しました

きぼうの家新聞 第269号内容
・12月行事予定
・のうこうNews
・CHECK!製作物
・活動風景
きぼうの家新聞28.12月号

kibouie.jpg

2016年11月28日

「青空」平成28年12月の予定(精神保健デイケア)

 精神保健デイケア青空の「12月予定表」が完成しました。
 12月の活動の目玉は、「クリスマス・忘年会」。レクリエーションや立食パーティーなどを通して、メンバー同士の交流をさらに深めていきます。
 
 その他に手工芸(裁縫、アイロンビーズ等)などを行うフリータイムや調理、DVD鑑賞などの活動を行います。

右の活動予定表をクリックすると拡大します。平成28年12月の予定

 「青空」「ほのぼの」では、精神障害を抱えるメンバー同士が創作活動や調理、季節行事などのプログラムを通じ、「自分の居場所がある安心感」や「活動に取り組んだ充実感」などを得られるよう支援しています。
  ao12.28.jpg



■11月の活動の様子(調理)■
IMG_0184.JPG   IMG_0189.JPG
11月のメニューは、秋にちなんで、「栗ご飯」と「秋鮭のホイル焼き」。
「○○さん、野菜を切ってね」、「○○さん、鮭の焼き具合はこれぐらいでいいかな?」
調理活動は、みんなで役割分担をしながら一つのものを作るので、自然と声を掛け
合う場面が見られます。調理自体が一つのコミュニケーションツールとなっており、
メンバー同士の交流の深まりに繋がっています。
  

   


【デイケアのご案内】→クリックするとデイケアのチラシを見ることができます
☆「青空」  (神栖地区):水・金曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:神栖市保健・福祉会館内)
☆「ほのぼの」(波崎地区):火・木曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:はさき福祉センター内)

●デイケア対象の方●
精神科に定期通院中で主治医よりデイケアの利用について了解を得ている神栖市在住の方(ただし、1年以上神栖市に居住していること)


●デイケア利用までの流れ●
(利用問い合わせ)
 社会福祉協議会の窓口や電話にて随時受け付けています。利用希望の際は、初回面接の日程を調整します。

(初回面接)
デイケアの活動内容や注意点、利用の申込みについて説明します。利用希望の際は、利用申請書、主治医情報提供書を渡し、見学参加の日程を調整します。

(見学参加)
3回(週1回、半日、外出活動は不可)を目安に見学参加をします。
見学参加終了後にご本人様の参加目標や医療情報、心身状態等を伺い、デイケアの利用について一緒に考えていきます。

(登録・利用)
市障がい福祉課へ利用申請を行い、利用決定通知を受けてから、本利用となります。


illust3795thumb[1].gif
・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士がスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族の方のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

デイケアの利用を希望される方は、お問い合わせ下さい。


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 高岡・野口・飯田
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 坂本・横田・篠塚

障害者デイサービスセンター(神栖市指定管理事業)
「のぞみ通信」を発行しました

201611251.png

PDFファイル平成28年度のぞみ通信No.8

 神栖市より指定を受けている障害者デイサービスセンター利用者様へのお知らせ、「のぞみ通信」平成28年度No.8を発行しました。今月は芸術祭の様子、利用者さんから寄せられた記事「季節の一輪」をご紹介しています。 

 【のぞみ通信 平成28年度No.8の内容】
 ・第3回秋の芸術祭の様子
 ・季節の一輪
 ・のぞみ食堂より
 ・12月の予定
 ・障害者デイサービスセンターのぞみご紹介
  レクリエーション お誕生日会

2016年11月24日

平成28年12月 わくわくサロンの予定 


11.21gamu3.jpg 11.21gamu2.jpg

 11月21日(月)、わくわくサロン松原が若ノ松公民館で開催されました。参加者とボランティアさん21人が集まり、「チーム対抗ボール送り戦」や、「漢字組み合わせゲーム」をして、楽しく体と頭を使って1日楽しく過ごしました。最後はみんなで、わくわくサロン松原のテーマ曲『松原のうた』を歌いました。
来月もまた、元気でみなさんお会いしましょう!!

わくわくサロン松原は、若ノ松公民館を会場に第3月曜日に開催しています。
次回は12月は19日の第3月曜日開催予定です。



【わくわくサロン】

名 称 場 所 開催日
わくわくサロン知手浜 知手浜公民館 12月1日(木)・15日(木)
わくわくサロンあけぼの 知手中央仲町公民館 12月 2日(金)
わくわくサロン大潮 明神前区民館 12月 3日(土)
ティータイム はさき生涯学習センター 12月 3日(土)
なごみ会 高浜公民館 12月 3日(土)
わくわくサロンはさき 仲町区民館 12月 5日(月)
友愛サロン 溝口集落センター 12月 5日(月)
平泉わくわくサロン 平泉コミセン 12月 6日(火)
ほっとサロン 大野原児童館 12月 6日(火)
ふれあいサロンめだか 新港公民館 12月11日(日)
わくわくサロンみもざ 山本宅 12月16日(金) 新規オープン!!
わくわくサロン松原 若ノ松区民会館 12月19日(月)
わくわくサロン知手団地 東町区民館 12月19日(月)
わくわくサロンすこやか はさき福祉センター 12月22日(木)
お茶の間サロン笑い処 小峰宅 お休み

※市内のサロン予定を掲載しています。場所、開催日、内容等について随時更新していきますのでご確認下さい。

『サロン』は地域住民がつくる地域交流の場です

 サロンとは、家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって気軽に楽しい時間を過ごす活動です。

 神栖社協は、新たにサロンを立ち上げたい方々の「思い」を「活動」につなげられるよう、取り組みへの調整や側面的な支援を行います。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
神栖本所 電話 0299-93-0294 担当:下田・馬場
波崎支所 電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本
saronmapH28.12.png
神栖市サロンマップ(PDF)
平成28年12月1日現在

2016年11月22日

★社協職員レポート・・・・チャンスを活かす一手間

 はじまりは、男性職員が訪問先の高齢者からいただいた折り紙細工を事務所に持ち帰ったことでした。デイサービスで作ったという折り紙細工。小さなパーツが何十個も組み合わさった球体や金平糖型など、彩りよく手の込んだ素晴らしさに女性職員で盛り上がり、早速事務所の入口と廊下に飾りました。 その後は通りかかった方々が事務所の前で足を止め、「きれいだね。どうやってつくったの。」「作り方教えて欲しい。」「いくらで売ってもらえるの?」・・・・などの声が事務所に寄せられるようになりました。

IMG_43651.JPG  反響の大きさに高齢者相談員がデイサービスに問い合わせると、利用者さんの中に折り紙の得意なAさんがいて、他の利用者さんに教えながらみんなでつくったものとのこと。「作り方を教えてほしいという方がいるんですが・・・」と切り出すととんとん拍子に話しが進み、福祉センターまで出向いて作り方を教えてくださることになりました。

 急遽決まった折り紙教室。伝えるととすぐに5人の方が参加を希望。参加されたみなさんは和気藹々とした中でおしゃべりを楽しみながらも、夢中になって細かい作業に取り組まれました。話しを聞きつけて途中から参加された方もいました。 一回では覚えきれない、もっと教えて欲しいと最終的に3日間の教室となり、終了時には社協の事務所によって完成した作品を誇らしげにみせてくださいました。

 「これ、私がつくった作品!」 「落ち着いた色合いもシックで素敵ね。」 「紙を変えるだけで全然違う作品みたいでおもしろいね。」・・・達成感にあふれた笑顔でお互いの作品を批評しあい、感想を述べていました。
 聞けば折り紙を教えてくださったAさんは、娘さんがお母さんの認知症予防のためにと作り方を教えてくれたのが始まりだそうです。それをデイサービスで披露したことがきっかけとなり、他の利用者さんにも教えるようになったとのこと。そして、今回早速、教えていただいた方々が、高齢者の居場所である『こいこいはさき』で折り方教室を開催することになりました。また、口づてに評判を聞いた方からも「折り方を教えて欲しい」という声がかかり、折り紙サークルをつくって定期的に集まろうかという話しもでています。

 先日、千代紙で折った夫婦鶴を片手に事務所に寄ってくださった方がいました。一般的な鶴とは違う高度な技術はさることながら、活き活きとしたその方の笑顔にも、だただた感嘆するばかりでした。小さな小さな動きですが裾野は確実に広がっているようです。

 はじまりは小さな出来事でした。それが形となるきっかけをつくったのは、デイサービスに問い合わせた高齢者相談員の一本の電話でした。社会福祉協議会は市民の皆さまをはじめ関係機関等のご支援、ご協力、連携によって成り立っています。人と人との繋がりは社協の大切な財産です。市民の皆さまの声に耳を傾け小さな繋がりを大切にしていくことは、社協の財産を増やすことです。すぐに結果が現れなくても地道な積み重ねは決して無駄にはならないでしょう。 いままでそうしたチャンスをみすみす逃してきた自戒も含め、今更ながらそれを活かす『一手間』について考えさせられた一件でした。

 折り紙講師として教えてくださったAさん、福祉センターまでの送迎をしてくださったデイサービスの職員さん、ご協力ありがとうございました。そして、折り紙教室に参加されたみなさん、ますますのご活躍を心より応援しています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

<支所地域福祉推進センター S>

2016年11月19日

多くの善意をありがとうございます
(平成28年10月の善意銀行預託状況報告)

平成28年10月1日〜10月31日受付分 順不同・敬称略
【寄付金預託 合計40,712円】

社協の地域福祉活動へ
kirikabu2.jpg
神栖市神栖自動車整備組合 3,032円
カトリック鹿島教会 5,000円
今郡正二 20,000円
済生会波崎診療所 671円

共同募金・平成28年熊本地震義援金へ

はさき秋の収穫祭実行委員会 11,801円

日本社会福祉弘済会 空飛ぶ車いす活動へ

なごみ会(未使用ハガキ) 208円


【物品預託】
使用済切手  合計15,990枚
使用済カード 合計162枚
三国屋建設(株)、昭和アステック(株)、鹿島営業所、白十字総合病院、中山節子、岡野京子、
神栖法律事務所 弁護士 安重洋介、なごみ会、済生会波崎診療所、富田、糸川初江、
(株)鴨安商店、鹿島石油(株)鹿島製油所、光和デリカ(株)、鹿島サンケン(株)、長谷川縫製、
太陽肥料(株)、吉沢千栄子、大勝建設(株)、渡辺ふさ江、ダイヤリックス(株)鹿島支社、
三菱化学(株)鹿島事業所、匿名2件

ベルマーク
三国屋建設(株)、岡野京子、糸川初江、長谷川縫製、吉沢千栄子、増康弘、匿名3件

使用済インクカートリッジ  合計161個
白十字総合病院、茅原一美、神栖アウトドアクラブ、ばんなん賀、太田新町行政区、匿名3件

その他
中山節子 外国コイン多数
渡辺ふさ江 外国コイン多数
高木潤子 紙おむつ1袋、紙パンツ5袋、尿取りパット4袋
匿名3件 紙おむつ27袋、尿取りパット25袋、マンガ本221冊




ご協力ありがとうございました。
善意銀行とは・・・

2016年11月18日

平成28年度 法人会員様ご紹介(平成28年10月末時点)

fruit_hoshigaki_tsurusu.png 平成28年度社協法人会員募集にご賛同をいただいた企業・事業所様をご紹介します。
 法人会員のご加入につきましては、一年を通して受け付けております。ご協力いただける企業・団体・法人様は社会福祉協議会事務局までご連絡ください。なお、法人会員様のホームページは神栖市社協ホームページ上でリンクし、ご紹介させていただいております。

        社協会員に関する詳しい内容は、こちらをクリック


平成28年4月1日から平成28年10月31日の間にご加入いただいた法人
 (加入口数別。全108法人。順不同・敬称略。)
 ※10月1日以降にご加入頂いた法人様は★印でご紹介しています。
 ※ホームページをお持ちの法人会員様(名称に下線)については、名称をクリックすると
   企業・団体・法人様のホームページをご覧になれます。


【30口】
鹿島東部コンビナート連絡会

【10口】
波崎地区企業連絡会

【3口】
アトンパレスホテル(株)石田丸漁業幸武建設(株)税理士法人タックス・イバラキ白十字総合病院




〈2口〉
[あ行]
★(株)アイオート、会津商会(株)、赤妻電気(株)、アクツ自動車工業(株)、 NPO法人あすなろ会、荒野歯科医院、(株)五十嵐商事、井上新聞店、いばらきコープ生活協同組合(株)上杉物産、エグゼコア、エヌエス商事、FVイーストジャパン(株)鹿嶋営業所太田保育園

[か行]
(株)開成堂、鹿島オート(有)、★鹿島観光自動車(株)(株)カシマクオリティーライフ鹿島港湾運送(株)、鹿島商館、鹿島信販(株)鹿島設備工業(株)鹿島都市開発(株)、(有)鹿島トーヨー建創、鹿嶋ハートクリニック鹿島埠頭(株)、 鹿島臨海スポーツ、神栖済生会病院神栖市商工会、神栖市衣料品店会、 (株)鴨安商店軽野保育園、 きさき保育園、就労福祉施設グッドライフ神栖、(有)ケイエス在宅介護サービス、こいえ産婦人科医院、廣幢院、(有)港南保険事務所光和デリカ(株)、コスメ山本、児玉医院、 、(株)寿商事、コビキ工業(株)、小若建設(株)

[さ行]
★(有)佐藤造花店(株)さくた、三協クリーンコンサルタント(株)、(株)三金、JX日鉱日石インシュアランス(株)鹿島営業所、障害者地域支援センター潮風の郷、特別養護老人ホームしおさい苑しおさい農業協同組合神栖支店(株)柴橋商会東関東支店★(株)常陽銀行神栖支店、(有)シルバーフライブ、(有)真和堂印刷、 清仁会病院、セントラル歯科医院

[た行]
大成商事(株)ダスキン神栖中国木材(株)千代田システムテクノロジーズ(株)東日本事業所、土合舎利保育園、刀水堂薬局、東洋工事(株)<

[な行]
日本通運(株)鹿島港支店

[は行]
特別養護老人ホーム 白寿荘白十字看護専門学校はさき漁業協同組合波崎水産加工業協同組合波崎旅館業協同組合、(株)花ヶ崎モータース、(有)浜松タクシー、ハミングハウスケアハウスばんなん賀介護老人保健施設ばんなん白光園、(有)ヒショウ、人見医院、日の丸ギフトぴよぴよ保育園、(有)ふくしの、豊栄電機(株)

[ま行]
★牧医院、MAKOツーリスト、(株)誠、 松崎薬局知手店マリンピア神栖丸全昭和運輸(株)萬徳寺保育園三国屋建設(株)みだ保育園水戸ヤクルト販売(株)、★武藤小児科医院

[や行]
山澤自動車、(有)山本運輸、山本石油(株)、柳川保育園

[ら行]
(株)ロングライフ

匿名1件

「うぃるかみす」平成28年10月の実績

kaimono2.jpg  住民参加型有償サービス「うぃるかみす」は、高齢者や障害者の世帯等で、買い物やお掃除、窓掃除、庭のお掃除等ができなくて困っている方のお宅にお伺いして、「ちょっとお手伝いしますよ」という住民の助け合い活動です。 社協のコーディネーターが利用会員と協力会員の調整役を行っています。状況によって一度に複数の協力会員で対応することもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【うぃるかみす活動実績(平成28年10月1日〜31日)】

実績 4月からの累計
 相談件数 24件 190件
 活動実績 63件 429件
 延べ利用時間 104.5時間 658.5時間
 新規協力会員登録 1名 28名
 新規利用会員登録 0名 40名


 協力会員として登録を希望される方は、センターの実施する養成講座を受講いただくことが必要です。
今年度の養成講座は詳細が決まり次第お知らせします。
協力会員として活動していただける方は事務局までご相談ください(随時入会可能です)。

「うぃるかみす」に関するお問い合わせは社会福祉協議会へ。

  神栖本所 0299−93−0294(下田)
  波崎支所 0479−48−0294(横田)

2016年11月17日

ボランティア活動保険加入者数(平成28年10月)

yakedo2.jpg

【ボランティア保険加入者数(平成28年10月1日〜31日)】

ボランティア保険加入プラン 加入者数 4月からの累計
 基本Aプラン 4名 1,172名
 基本Bプラン 0名 33名
 天災Aプラン 0名 54名
 天災Bプラン 0名 29名
 合計 4名 1,288名

☆ボランティア保険は、ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

☆ボランティア保険の保険期間は、保険期間は毎年4月〜3月末までとなっています。  年度途中の加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成29年3月31日午後12時までが保険期間となります。
 ※現在、平成28年4月〜のボランティア保険の新規および更新手続きを、受け付けております。
 
災害ボランティアとして被災地に行く場合は居住地の社会福祉協議会で津波、地震などによるケガ等にも対応できる「天災型のボランティア保険」に加入して、活動に参加することをお勧めしています。

 ★詳しくはこちら→ふくしの保険

☆加入にあたっては、
 社協へのボランティア登録が必要となりますので、登録と合わせて保険加入手続きをとることをお勧めしています。なお、保険掛け金の一部は自己負担となりますのでご注意下さい。 各プランの内容等詳細はボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。
  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

2016年11月16日

ボランティア登録状況(平成28年10月)

ボランティア登録状況(平成28年10月1日〜平成28年10月31日受付分)
boranteer.gif

【ボランティア登録状況(平成28年10月1日〜31日)】

実績 4月からの累計
 団体登録数 0団体 81団体
 団体所属人数 4名 1,755名
 個人登録数 1名 50名


 ★ボランティアグループの情報(平成28年10月30現在)は、こちら→平成28年度登録ボランティアグループ一覧  


 ボランティアセンター(交流サロン)を利用される団体・個人の方には、ボランティア登録(年度ごと)をお願いしています。本会にボランティア団体として登録いただくと、交流サロン内のロッカーやコピーカードを利用できます。

 ★詳しくはこちら→ボランティア登録  登録についてのお問い合わせは、ボランティアセンターまで、お気軽にご連絡下さい。

  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

2016年11月15日

平成28年10月交流サロン利用状況、相談実績 

 交流サロンは少人数での会議や打合せ等、ご自由にご利用できます。筺複娃横坑后檻坑魁檻隠娃横后砲任陵縮鵑蘯け付けています。
 またパソコンも設置してありますので、インターネットでの調べもの等にご利用になれます。
vorasen-28.10.jpg
 【左記の写真】
 ボランティアグループ『バルーンアートwa’mくーる』の作品です。
 ほうきに乗ったクロネコが、交流サロンに来る方をお出迎えしています。
 『バルーンアートwa’mくーる』バルーン教室は、毎月1回(第3火曜日 午前10:00〜12:00)、交流サロンで開催。どなたでも参加出来ます!
 11月は、11月15日(火) 午前10:00〜です。


ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【平成28年10月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 4月からの累計
 打合せ・作業スペースの使用 123人 825人
 点訳室の使用 9人 74人
 録音室の使用 4人 45人
 掲示板、パンフレットラック利用 5団体 33団体
 パソコン、インターネット利用 2人 22人
※交流サロンでは社協ボランティア登録団体を対象にロッカーの貸し出し、コピーカードの貸し出しなども行っています。
※交流サロンは日曜日と年末年始を除き、8:30〜21:00まで、ボランティアの皆様の打合せなどで自由にご利用していただけます。

【平成28年10月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 4月からの累計
 交流サロンについて 0件 0件
 ボランティア活動について 9件 113件
 ボランティア保険について 0件 3件
 福祉活動基金について 1件 17件
 善意銀行について 0件 6件
 災害時の対応について 0件 4件
 広報啓発の周知依頼について 0件 1件
 ボランティア同士の交流について 0件 0件
 福祉団体関係について 0件 3件
 福祉イベント関連について 0件 0件
 ボランティア講座について 0件 0件
 一人暮らし高齢者交流について 0件 2件
 地区目的サロン 1件 6件
 その他 1件 2件
 合計 12件 157件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンのご案内

 交流サロンを予約したい場合は下記にて承ります(お電話でも可)。
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029

平成28年度一般・特別会員加入状況(11月14日時点)

 これまでに寄せられた一般会費(一口1,000円)、特別会費(一口5,000円)の現況を報告します。
 10月15日から11月14日の間で、東明神前、本新町、須田団地、県営住宅自治会の4地区より会員加入をいただきました。
 (加入地区合計:90地区。加入総額:12,605,000円)

tsubaki001.jpg  神栖市社協では、市内の全ての地区のご協力のもとで一般会員、特別会員を募集しています。
(募集期間は各地区にお任せしています。「かみす社協ニュース」12月号で中間報告をさせていただく予定です。)

 区に加入されていない方は、社協本所、支所の窓口で直接受付しています。窓口へお越しになれない場合は、銀行振込による会員加入もご案内できますので、お気軽にご連絡下さい。

         平成28年4月1日から11月14日までの受付分(順不同)
地 区 名 等 一般会費加入口数 特別会費加入口数 加入総額
横瀬地区 128 128,000
日川地区 311 2 321,000
萩原地区 117 117,000
芝崎地区 56 56,000
石神地区 70 70,000
高浜地区 117 117,000
田畑地区 34 34,000
木崎地区 85 1 90,000
溝口地区 143 143,000
奥野谷地区 158 158,000
知手地区 276 276,000
柳堀地区 177 177,000
一貫野地区 108 108,000
亀の甲団地地区 39 39,000
知手中央仲町地区 138 138,000
知手中央東町地区 283 283,000
奥野谷浜地区 86 1 91,000
知手浜地区 346 1 351,000
知手浜東団地地区 71 71,000
日川浜地区 27 27,000
横瀬団地(旧深芝浜)地区 74 74,000
横瀬団地(旧池向)地区 29 29,000
居切地区 179 179,000
深芝地区 177 3 192,000
平泉地区 374 374,000
下幡木地区 173 173,000
鰐川地区 38 38,000
筒井地区 195 195,000
立野地区 100 100,000
賀地区 104 1 109,000
浜松地区 173 173,000
神栖地区 192 192,000
泉町地区 197 197,000
新港地区 209 209,000
大野原地区 558 560,000
息栖原地区 118 118,000
息栖地区 173 173,000
東町地区 119 119,000
仲町地区 57 57,000
西町地区 87 87,000
東仲島東地区 69 69,000
東仲島西地区 76 76,000
西仲島地区 79 79,000
東明神前地区 118 118,000
明神前地区 162 162,000
浜新田地区 179 179,000
本新町地区 160 160,000
海老台地区 149 149,000
本郷地区 310 310,000
高野地区 109 109,000
別所地区 199 199,000
荒波地区 63 63,000
石津地区 164 164,000
仲舎利地区 91 91,000
内出地区 69 69,000
松本地区 61 61,000
芝地区 40 40,000
舎利浜地区 69 69,000
仲新田地区 106 106,000
清水地区 68 68,000
東海地区 86 86,000
西前宿地区 130 130,000
上中地区 82 82,000
押植地区 188 188,000
川尻地区 74 74,000
土合東地区 86 86,000
土合西地区 517 517,000
土合中央地区 263 263,000
土合南地区 404 404,000
土合本町中地区 163 163,000
東松下地区 132 132,000
西松下地区 94 94,000
十町歩地区 61 61,000
日和山地区 53 53,000
東押揚地区 59 59,000
西押揚地区 113 113,000
東宝山地区 118 118,000
西宝山地区 233 233,000
太田新町地区 275 275,000
東須田地区 92 92,000
西須田地区 57 57,000
須田浜地区 60 60,000
須田団地地区 203 203,000
相生地区 55 55,000
高砂地区 72 72,000
二本松地区 60 60,000
若ノ松地区 99 99,000
柳川団地地区 76 76,000
北若松地区 110 110,000
県営住宅自治会 10 50,000
神栖本所窓口での受付分 14 3 29,000
波崎支所窓口での受付分 3 1 8,000
銀行振込による受付分 4 20,000
合  計 12,470 27 12,605,000

『社協会費』及び『会費の納入方法』の詳しい内容は…こちらをクリック 〔社協会費とは〕

かみすファミリーサポートセンター 平成28年10月実績

 かみすファミリーサポートセンターでは、子育てを地域で支援する「お子さんの一時預かり」活動を行っています。子育て経験者や保育士の有資格者が、サポーター養成講座を受講後、サポーターとして登録、活動しています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートします。お気軽にご相談下さい。
kodomo_girl_illust_14.jpg

【事業実施状況(平成28年10月1日〜10月31日)】

【活動実績】

件数/実績 4月からの累計
 活動件数(実績) 187件 1,507件
 相談件数 65件 527件
 新規利用会員登録者数 10名 81名
 新規サポーター登録者数 0名 8名
※総利用会員数【676名】、総サポーター数【239名】

【事業実績(内容別活動件数)】

活動内容 活動件数 4月からの累計
 保育施設の保育開始時や保育終了後の預かり 15件 44件
 保育施設までの送迎 29件 290件
 放課後児童クラブ終了後の預かり 32件 241件
 学校の放課後の預かり 3件 35件
 冠婚葬祭や他の子の学校行事の際の預かり 10件 80件
 買い物等外出の際の預かり 15件 97件
 子どもの習い事等の場合の援助 15件 95件
 保育施設、学校等が休みの場合の援助 0件 3件
 保育所等の施設入所前の援助 0件 10件
 保護者の就労時の援助 18件 197件
 児童クラブ開始前の預かりと送り 13件 82件
 他の兄弟育児中の支援 16件 157件
 親自身のリフレッシュ 13件 132件
 学校開始前の校内での預かり〜教室までの送り 8件 39件
 その他 0件 5件
 合計 187件 1,507件

ファミリーサポートセンターに関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−1029 (担当:高森・馬場)
 波崎支所  電話 0479−48−0415 (担当:沢田・横田)

ことばと発達の相談室 平成28年10月の相談実績

kodomo_illust-17.jpg  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

【平成28年度の ことばと発達の相談室 利用実績】

     4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催回数 4 4 4 4 4 4 4 28
利用者数 16 16 15 15 13 18 15 108


ことばと発達の相談室に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−0294 (担当:馬場・野口)
 波崎支所  電話 0479−48−0294 (担当:横田・篠塚)

福祉後見サポートセンターかみす 平成28年10月の相談実績

madoguti.jpg  神栖市社協は、平成28年4月1日より「福祉後見サポートセンターかみす」を設置し、法人後見事業に取り組んでいます。法人後見とは、社会福祉法人等が成年後見人等になり、個人が成年後見人等となった場合と同様に、判断能力が不十分な方の保護・支援を行うことです。
 福祉後見サポートセンターかみすでは、知的障がい者、精神障がい者、認知症高齢者などの判断能力が不十分な方々の権利を擁護するとともに、住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるように日常生活自立支援事業と法人後見受任事業、制度利用のための相談支援を行っています。


福祉後見サポートセンターかみすの詳細は  こちら


【事業実施状況(平成28年10月1日〜31日)】


日常生活自立支援事業(福祉サービス利用援助事業)

 日常生活自立支援事業は、判断能力が不十分で、親族等の支援が得られない方に対して、福祉サービスの利用手続きの援助や日常生活の金銭管理援助及び書類等の預かりサービスを行っています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 1件 11件
 契約件数 0件 2件
 解約件数 0件 2件
 現契約者数 15件
 支援員活動件数 6件 46件
 専門員活動件数 26件 169件
 利用者ケアカンファレンス回数 0件 6件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 0名 41名


成年後見事業

 成年後見制度は、判断能力が不十分な方々の権利を守る援助者(成年後見人等)を選任し、本人に代わって法律的に支援・援助するための制度です。
 神栖市社協は、成年後見制度利用相談や制度啓発、法人として成年後見人等を受任しています。
相談件数 4月からの累計
 相談件数 2件 11件
 法人後見受任件数 0件 2件
 現受任件数 2件
 受任活動件数 14件 32件
 専門員活動件数 16件 60件
 利用者ケアカンファレンス回数 0件 12件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 0名 70名


成年後見制度・日常生活自立支援事業に関するご相談、お問い合わせはこちらです
  神栖本所  電話 0299−93−0294 (担当:飯田・荒井)
  波崎支所  電話 0479−48−0294 (担当:坂本・篠塚)
 

地域生活支援センター 平成28年10月の相談実績

fumira_aki5_soft.gif  社協が神栖市より受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(平成28年10月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

1.障害別相談 相談件数 4月からの累計
 身体障害 17件 78件
 知的障害 20件 109件
 精神障害 37件 292件
 発達障害 3件 37件
 その他(重複、難病など) 0件 16件
 合計 77件 532件

2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 身体障害 8件 41件
 知的障害 9件 55件
 精神障害 16件 121件
 発達障害 0件 4件
 合計 33件 221件

3.障害支援区分認定調査 調査件数 4月からの累計
 身体障害 2件 10件
 知的障害 1件 10件
 精神障害 0件 3件
 その他(重複など) 0件 2件
 合計 3件 25件

地域生活支援センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖社協地域生活支援センター(神栖地域)
  電話0299−93−0294 相談支援専門員 三浦・飯田・馬場・高岡
 神栖社協地域生活支援センター(波崎地域)
  電話0479−48−0294 相談支援専門員 坂本・篠塚

高齢者相談センター 平成28年10月の実績

 社協波崎支所では、【波崎、矢田部、土合】の各地域を対象に「高齢者相談センター」を市から受託し開設しています。
 高齢者福祉サービスの申請代行、制度や事業の説明、安否確認や見守り等、高齢者の在宅生活を支援するための相談窓口として面接、電話、訪問などにより、きめ細かな対応をいたします。
 相談内容に合わせて必要なサービスへ繋ぎますので、介護などに関しての疑問や困ったことがあれば、なんでも相談して下さい。相談や支援にかかる費用は無料です。
Pyrus pyrifolia.jpg

【社協波崎支所での相談対応件数(平成28年10月1日〜31日)】

相談形態 相談件数 4月からの累計
 電話 7件 89件
 訪問 32件 184件
 面接 8件 70件
 その他 0件 3件
 合計 47件 346件

高齢者相談センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
  電話0479−48−0294  (担当:狩野・篠塚)

こころの相談室 平成28年10月の相談実績

 こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
 ・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
 ・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
 ・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
 ・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
stretching1.gif
 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に作業療法士(精神科)、精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。

・個室相談室によりプライバシーは保護されます。
・相談対応できる時間は1回の予約につき1時間です。
・相談はすべて予約制とさせていただいております。

【平成28年度 こころの相談室 利用実績10月】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
相談件数 17 10 12 17 11 12 9 88


【昨年度実績 198件】

「こころの相談室」問合せ先(無料です)
 神栖本所 電話0299−93−0294(担当:高岡・飯田)
 波崎支所 電話0479−48−0294(担当:坂本・篠塚)
 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

福祉総合相談 平成28年10月の相談実績

 社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談と訪問活動を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。
 社協で実施しているサービスの紹介はもちろん、ご希望や必要に応じて行政、施設、病院、学校など各種関係団体とも連携しながら対応(コーディネート)いたします。
 1人きりや家族だけでは解決できないこと、誰にも相談できないようなことについても、ともに考えます。お電話・メールでのご相談もお受けしています。お気軽にご相談下さい。
fumira_aki3.gif

【福祉総合相談(平成28年10月1日〜31日)】

1.内容別相談実績 相談件数 4月からの累計
 生活福祉資金 14件 68件
 生活福祉制度・事業等 26件 119件
 低額診療制度 3件 31件
 日常生活自立支援事業 3件 31件
 成年後見制度 1件 28件
 障害者福祉(身体・知的・精神障害) 10件 123件
 こころの相談室
 ※今年度、障害相談より分離
8件 85件
 発達障害者福祉 1件 13件
 ひきこもり 0件 5件
 高齢者 25件 106件
 貸出事業(介護機器・福祉車輌) 1件 11件
 福祉教育出前講座 9件 25件
 その他 4件 23件
 合計 105件 678件


2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 障害者関係 33件 221件
 高齢者 35件 206件
 難病者 0件 0件
 ひきこもり 0件 4件
 日常生活自立支援事業 23件 172件
 成年後見 10件 35件
 福祉教育出前講座 18件 89件
 生活福祉事業 8件 51件
 福祉用具貸出 1件 8件
 その他 13件 90件
 合計 141件 876件

★「社協の福祉総合相談」相談窓口はこちら(無料です)
 神栖本所 溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館内  電話0299−93−0294
 波崎支所 土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内 電話0479−48−0294
 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2016年11月14日

デイサービス(生活介護)事業 平成28年10月実績

 社協が神栖市の指定管理者として、茨城県より事業所指定を受けて実施している「神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ(生活介護)」の利用実績(平成28年10月分)です。

【事業別延べ利用者数】

 ◇生活介護事業(区分別)  延べ人数 4月からの累計
  区分2 (年齢が50歳以上の方) 0人 0人
  区分3 48人 310人
  区分4 41人 371人
  区分5 67人 372人
  区分6 81人 610人
     生活介護小計 237人 1663人
 ◇基準該当放課後等デイサービス事業 13人 169人
   合 計 250人 1832人


GEDC0667.JPG
▲トリック・オア・トリート
ハロウィンをのぞみでも開催!
 今年のハロウィンパーティーは昨年より、利用者も職員も仮装がバージョンアップされ開催されました。

 デイサービス(生活介護)は、障害のある方が、介護スタッフのサポートの中で、安心して仲間と楽しく一日を過ごしていただける通所型のサービスです。
 利用相談や見学は随時お受けしています。お気軽にお問い合わせください。

 センターの紹介はこちら!!
神栖市障害者デイサービスセンターのぞみへのお問い合わせはこちらです
  電話:0299−93−1063(直通) FAX:0299−92−8750 
  担当者:萬代(ましろ) / 乳井(にゅうい)

ホームヘルプサービス事業 平成28年10月実績

 社協が法令や市の制度にもとづき実施している「ホームヘルプサービス事業」の活動実績(平成28年10月分)です。
 ホームヘルプサービスは、高齢者や障害のある方が在宅で安心して日常生活が過ごせるよう、訪問介護員がご自宅へうかがい介護や家事援助などを行う福祉サービスです。
origami_fumira_soft.jpg

【訪問介護事業(介護保険制度 介護・介護予防サービス)】

 内容  件数(10月)  時間(10月)  28年度累計  28年度累計
 身体介護 0件 0時間00分 1件 1時間00分
 生活援助 76件 76時間00分 484件 484時間00分
 身体生活 16件 23時間30分 227件 359時間30分
 合計 92件 99時間30分 712件 844時間30分

【居宅介護事業(障害者総合支援法)】

 内容  件数(10月)  時間(10月)  28年度累計  28年度累計
 身体介護 44件 35時間30分 324件 283時間00分
 家事援助 55件 69時間00分 417件 514時間30分
 同行援護 2件 3時間30分 16件 28時間30分
 合計 101件 108時間00分 757件 826時間00分

【神栖市受託事業】

 内容  件数(10月)  時間(10月)  28年度累計  28年度累計
 軽度生活援助事業 4件 4時間00分 28件 28時間00分
 移動支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 養育支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 合計 4件 4時間00分 28件 28時間00分

ホームヘルプサービス事業へのお問い合わせはこちらです
 神栖社協訪問介護事業所(介護保険事業所番号0873600225)
 ホームヘルプサービス神栖社協(障害福祉サービス事業所番号0812900066)
  電話0299−93−1058(直通) 管理者:相良 / サービス提供責任者:池田

2016年11月11日

第226回・227回地域ネットワーク勉強会を開催します

 第226回(11月開催)、第227回(12月開催)の地域ネットワーク勉強会は発達障害に関する講座となっています。2講座同時に参加申込みをしますので、是非ご参加下さい。(どちらか1回のみの参加も可能です。)
★詳しくはこちら→地域ネットワークニュース平成28年11月・12月号
☆第226回地域ネットワーク勉強会

  テーマ:障害とは何か〜発達障害の理解と支援〜

 講 師:茨城県発達障害者支援センター
      野口雄樹 氏 (社会福祉士・精神保健福祉士)

 日 時:平成28年11月16日(水) 午後7時〜午後9時

 場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室

 参加費:無 料
hoiku_fumira5[1].jpg
 第226回の勉強会では、‘障害’の捉え方を改めて考えた上で、発達障害のある子やその疑いのある子への具体的な支援のポイントを、子どもの発達段階と発達の特徴を照らし合わせながら伝えて頂きます。


☆第227回地域ネットワーク勉強会

  テーマ:感覚統合の視点での行動理解と遊びのポイント

 講 師:茨城西南医療センター病院 リハビリテーション部
      根本浩則 氏 (作業療法士)

 日 時:平成28年12月3日(土) 午前10時30分〜午後12時30分

 場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室

 参加費:無 料
illust3278[1].png
 第227回の勉強会では、感覚統合と子どもの情緒・社会性の発達の関連性や実際の作業療法場面の映像等を使用した子どもへの関わり方、感覚発達を促す遊びの取り入れ方について紹介して頂きます。
 保育者や教諭、子育て支援関係者、保護者等、子どもに関わる方々の参加をお待ちしています。

【申込・問い合わせ】
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:三浦)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750

《報告》第225回地域ネットワーク勉強会を開催しました

IMG_0383-2.JPG  ◆日 時:平成28年10月28日(金)
       午後1時30分〜午後3時30分

 ◆テーマ:「親なき後」問題と成年後見制度
    〜知的障害者の生活を支える社会福祉士後見人〜


 ◆講 師:稲嶺裕子氏
     【茨城県社会福祉士会事務局
       /NPO法人スペース空 相談支援専門員】 


 ◆参加者:53名

 今回の勉強会のテーマは「成年後見制度」。知的障害者の後見活動を行う社会福祉士の稲嶺裕子さんに成年後見制度が知的障害者の生活をどのように支えているかをお話頂きました。

 日立市にあるNPO法人スペース空で、障害者相談支援専門員として勤務する稲嶺さんは、「ぱあとなあいばらき」※を通じて社会福祉士後見人として現在9名の方の後見活動を行っています。

 成年後見制度は、判断能力の不十分な方々(認知症高齢者・知的障害者・精神障害者など)が、措置から契約へと変更となった福祉制度を利用する際に、契約などの法的手続きや、利用料の支払いといった日常的な金銭管理、遺産分割の協議などの必要があっても自身ではそれらを行うことが難しい場合に活用できるものです。
 成年後見制度の理念は大きく3つあります。『〇っている能力を最大限活用⊂祿欧陵無に関わらず誰もが地域で安心して暮らすこと(ノーマライゼーション)自己決定の尊重』です。
 稲嶺さんが後見人を受任する9名の内8名が知的障害を理由とする方です。
すでに親御さんが他界してから後見人を受任したケースや親御さんが元気な内に受任したケースがあります。
 法的に裏付けされた「正式な代理人である後見人」による支援は、知的障害のある方がひとりの「大人」として生活していく上で、重要なしくみです。本人はもちろん保護者の生活の質(QOL)を高めていくことにもつながります。

 後見人として具体的に行っていることは以下です。


 ・月々の施設や福祉サービスの支払い・月々の施設や福祉サービスの支払い
 ・毎月、困ったことや本人の状態に変化がないか、福祉サービスが滞りなく、本人のために行われているかを
 グループホームや職場に見に行くこと
 ・通帳などの預貯金の管理
 ・行政等の各種手続き
 ・福祉サービス提供者との懇談
 ・家庭裁判所への報告

 親族が後見人となる割合は3割を切り、第三者後見人は全体の7割となった現状があります。社会福祉士後見人は福祉制度に精通しているといったメリットがありますが、後見人だけで障害のある方の暮らしを支えることはできません。
後見人は家族や福祉事業所、地域の人と共に本人を支えるメンバーのひとりです。
 知的障害のある方は、これまでに生活経験がなかったことで、判断が難しい場面があります。本人の体験や経験値を増やしていく後見活動を心掛け、自己決定を尊重したいと語る稲嶺さん。
 制度の現状から動向をふまえ、実際の後見活動の中で行った訪問販売のクーリングオフの手続きや日常生活の困りごとへの支援など事例を交えて分かりやすく解説して頂きました。 
 
 ※「ぱあとなあいばらき」は、一般社団法人茨城県社会福祉士会が運営する成年後見のための組織です。日本社会福祉士会の成年後見養成研修を修了し、家庭裁判所に名簿を提出した社会福祉士の会員が、成年後見人等を受任しています。  

第8期発達障害療育者研修会を開催します
全5回講座『11月16日(木)〜12月7日(水)』

 この研修会は幼児期の集団場面に関わる保育士、幼稚園の先生方を対象に、発達障害の特性を正しく理解し、実際の保育現場での関わり方や具体的な支援方法などを様々な視点から学び、実践力を高めることを目的としています。体系的に学んでいただくために、全5回すべてに参加可能な方の申し込みをお待ちしています。
 詳しい内容、日程については下記(PDF)をご覧ください。
 ☆第8期発達障害療育者研修会日程表
dai7ki-kensyu.JPG
 ただし、研修会の1日目(11/16)および3日目(12/3)は公開講座となっていますので、全課程に参加できない先生方や発達障害児支援に関心のある方など、一般の方の参加が可能です。お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
 ☆公開講座のご案内はこちら→地域ネットワークニュース平成28年11月・12月号

【問い合わせ】 
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:馬場・三浦)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750

対 象  以下のすべての条件に合致する方が対象です。
      (欅藥痢ν鎮娜犇詰,發靴は障害児支援機関等に勤務されている方
      ∋堝發忘濬擦發靴は在勤の方
      A苅飢鵑垢戮討忙臆辰任る方
        ※全課程を修了された方には修了証を交付致します。
参加費   無 料
定 員    40名(先着順)
日 程    研修会の案内をご覧ください。
場 所    神栖市保健・福祉会館 2階研修室
主 催    神栖市社会福祉協議会

2016年11月09日

神栖市福祉作業所(神栖市指定管理事業) 平成28年10月実績

 神栖市福祉作業所きぼうの家は、「生活介護」及び「就労継続支援B型」のサービス提供を行います。作業や生活訓練のなかから、働くことの喜びや仲間と過ごす楽しさを通して、利用者の自信に繋がるよう自立と社会参加を支援させていただく施設です。

 福祉作業所きぼうの家では、制作作業の1つとして、雑巾や刺繍タオル、ランチバック・手提げバック等の制作物をきぼうの家、市障がい福祉課、ボランティアセンター、社協波崎支所窓口で販売しています。 購入頂いた皆様からは“使い勝手の良さ”に好評を頂いています。この機会に是非きぼうの家の製作物を手にして見てください。

kibouie.jpg  神栖市福祉作業所きぼうの家では、見学や利用についての相談を随時受け付けています。ご連絡をお待ちしています。
   <電話 0299−92−4113 担当:大川>

−平成28年10月度神栖市福祉作業所 きぼうの家月次報告− 

2016年11月07日

知的障がい児 預かり支援事業「やまぼうし」
平成28年10月の利用実績

 本事業は神栖市からの受託事業です。鹿島特別支援学校に通学している児童・生徒を対象に、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と児童が安全に楽しく過ごすことを目的として、はさき福祉センターで実施しています。

 また平成25年度より、やまぼうし利用児童・生徒を対象に夏休みなどの長期休暇中の日中一時預かりを本会独自事業として実施しています。
mogura2.jpg

放課後預かり支援事業(市受託事業)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
稼働日数 16 19 22 15 - 19 20 0 0 0 0 0 111
利用実人数 6 7 7 8 - 7 5 0 0 0 0 0 40
利用延人数 32 35 31 27 - 29 21 0 0 0 0 0 175
利用登録者数8名  1日当たりの平均利用者数1.58名(定員7名) 

長期休暇中の預かり支援事業(神栖社協独自事業)
  春季 夏季 冬季 春季
4月 7月 8月 12月 1月 3月
稼働日数 3 7 20 0 0 0 30
利用実人数 1 3 2 0 0 0 6
利用延人数 2 5 13 0 0 0 20
利用登録者数5名  1日当たりの平均利用者数0.7名(定員3名) 


【お問い合わせ先】
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
 筍娃苅沓后檻苅検檻娃横坑粥★堙帖坂本 

福祉車輌貸出事業 平成28年10月の貸出実績

【この事業は、社協会費を財源として実施しています。】
car_drive_otoshiyori[1].png  神栖市社協では、市内の高齢者や障害者などで車いすでなければ外出が困難な方を対象に車いすに乗ったまま利用できる福祉車両の貸出をしています。

 定期的な通院はもちろん、買い物や旅行などにも利用できます。利用には事前の申請が必要になりますので、利用の際は神栖市社会福祉協議会までお申し込み下さい。

【平成28年度 車輌貸出実績10月】

用 途 通院 一時帰宅 行楽 入退院 施設送迎 転院 その他 合計 貸出日数
10月 5 2 0 0 0 0 3 10 17

  (4月からの累計貸出件数 80件)

詳しい申込み手順については コチラ →低床カー及びリフト付き車輌貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:高岡・乳井

  波崎支所(神栖市はさき福祉センター内)  電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本

介護機器貸出事業 平成28年10月の貸出実績

【この事業は、消毒料及び自動販売機設置手数料を財源として実施しています。】
kaigo_kurumaisu[1].png
 神栖社協では、一時的な疾病等により日常生活に支障があり、介護保険制度や障害者総合支援法などの対象とならない在宅の方に対し、短期間介護機器を貸し出しています。
 貸出の申請は、神栖社協窓口(神栖本所及び波崎支所)へお申し込み下さい。

【平成28年度 介護機器貸出実績10月】

種 類 車いす
(自走式)
車いす
(介助式)
歩行器 合計
10月 5 5 0 0 10

(4月からの累計貸出件数 114件)
  
■申込み手順については コチラ →介護機器貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:高岡・乳井

  波崎支所(はさき福祉センター内)       電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本

2016年11月04日

★社協職員レポート
【法人後見受任事業(成年後見活動)がスタートしました】

 今年4月からスタートした福祉後見サポートセンターかみすでは、知的障害、精神障害、認知症などの理由で判断能力が不十分な方々が身の回りのことや財産の管理などでお困りの場合、住み慣れた地域で安心して生活を送ることができるように日常生活自立支援事業と神栖市社協が成年後見人等となり活動を行う法人後見受任事業を実施しています。
kumiawase_business.png

 成年後見制度は、物事を判断する能力が十分でない方の権利を守る援助者となる成年後見人等を選ぶことで、その方を法律的に支援する制度です
 その大きな役割のひとつとして、福祉サービスの利用のほとんどが契約に基づく形態となった今日にあって、そういった方々が福祉サービスを必要とした時にあたりまえに利用できるように支援するといったことがあります。
 成年後見人等は、親族以外にも弁護士、司法書士、社会福祉士といった専門職の第三者や社会福祉法人や社団法人、NPOなどの法人が裁判所から選ばれる場合があります。
 法人が成年後見人等となり活動を行うのが法人後見です。後見報酬を支払うことが難しい資力の少ない方々への生活・医療・介護などに関する契約や手続きを行う「身上監護」を中心とした後見活動の担い手として、法人後見への期待が寄せられています。
 今回のレポートでは、神栖市社協(以下社協といいます)の法人後見受任から活動開始するまでを事例を通じてご紹介します。 
〜緊急入院となった認知症高齢者の成年後見人に社協が選任され事例です〜

 ●本人の状況:認知症高齢者Aさん
 ●申立人:神栖市
 ●成年後見人:神栖市社会福祉協議会

 『経緯』
 親族やご近所の方の気づかいがある地域でお一人暮らしをするAさんでしたが、ある日訪問した民生委員さんによって衰弱しているところを発見され、緊急入院となりました。
 Aさんが今後在宅で一人暮らしするのは難しく、施設入所を検討する必要がでてきました。これまで金銭管理や生活支援を行ってきた親族も高齢となり、今以上の支援は困難であるため、親族と民生委員さんは地域包括支援センターに相談しました。

 『申立て』
 そこで勧められたのが、成年後見制度でした。介護サービス利用のための契約手続きや利用料の支払いを本人に代わって成年後見人に援助してもらう法的制度の活用です。
 Aさんは子どももなく年金生活で大きな財産はありません。親族は地域包括支援センター(地域包括支援課)に、市長申立※による成年後見利用支援を申し出ました。

 『成年後見人候補者の相談』
 程なく地域包括支援課から社協(福祉後見サポートセンターかみす)にAさんの後見人候補者となってもらいたいという相談が入りました。社協では地域包括支援課と連携し、Aさんが福祉的見地から成年後見制度の活用が必要な状況だと把握し、内部審査で成年後見人候補者となる決定をしました。

 『審判』
 その後家庭裁判所からAさんの成年後見人として社協が選任されました。

 『後見活動開始』
 病院でAさんと面会し、担当医や看護師から症状の説明を受け、入院費の支払いなど生活費の管理をする成年後見人としての活動がスタートしました。Aさんの意向をうかがいながら、親族や病院、福祉施設、支援機関と相談し、Aさんにとってふさわしい福祉施設の申し込みを行いました。
 病院で療養治療をしていたAさんの施設入所が決まりました。入所にあたっての契約や準備手続きをしました。施設での生活に衣類や身の回りの細かな品々が必要です。その際にお願いしたのがういるかみす(住民参加型たすけあいサービス)です。「後見人の業務は、介護や家事援助といった労働は含まれません」
 Aさんと会話をしながら体のサイズや好みを一通りは確認したういるかみす協力会員さんは、不足の下着からタオル、歯ブラシなど30点以上の品々を地域最安値?で買い揃えてくれました。
 現在Aさんは特別養護老人ホームで落ち着いた生活をされています。入所後も成年後見人として社協職員が月に1、2回はAさんと面談し、施設利用料の支払い、ケアプランの確認・同意などの後見業務を行います。


 『後見活動を通じて』
 後見活動がスタートして担当者として感じていることは組織として行う法人後見の強みです。
成年後見人がすべての課題を解決できる訳ではありません。Aさんの安心した暮らしを支えているのは、親族や民生委員さん、医療機関、地域包括支援センター(行政)、福祉施設それぞれの役割が切れ間なくつながっていることだと実感しています。
社協が各事業を通じて培ってきた地域の支援者や関係機関との関係性は、後見活動の連携においても非常に有益です。後見業務を複数の職員で担当することで、急変時などの活動も途切れることなく対応できることも利点です。
 連日テレビ等で東京オリンピックに向けた報道がされていますが、私個人としては、この夏のリオオリンピックでの日本勢の団体競技での活躍がいまでも強く印象に残っています。チームで挑むことで個々の力以上の成果が発揮できたと言った選手のコメントやプレーに感銘を受けました。
 法人後見は競技ではありませんが、日本勢チームの躍進と同様に組織で取り組むことの力強さを感じています。スタートしたばかりの福祉後見サポートセンターかみすですが、ノーマライゼーション「障害の有無に関わらず誰もが地域で安心して暮らすこと」の理念のもと、身近なところに安心を支えるしくみが増えて良かったと一人でも多くの方に感じて頂けるよう、地域の権利擁護センターとしてチーム“力”で取り組みます。

(注)※市長申立とは、成年後見制度を利用したくても、申し立てることのできる配偶者や四親等内の親族がおらず、申し立てることが出来ない場合、市長が代わりに家庭裁判所へ申し立てることが出来ます。

<本所地域福祉推進センター A>

2016年11月01日

かみす社協ニュース平成28年11月号を発行しました

表面

第8期発達障害療育者研修会『発達障害児の理解と支援』講座を開催します
赤い羽根共同募金にご協力をお願いします
第226回 地域ネットワーク勉強会のお知らせ(発達障害療育者研修会と合同開催)
 (障害とは何か 〜発達障害の理解と支援〜)

裏面

茨城県知事表彰・茨城県社会福祉協議会会長表彰
利用者募集!神栖市福祉作業所きぼうの家
身近な地域で開催!11月のわくわくサロン・子育てサロン
つもる善意 平成28年9月1日〜9月30日受付分

かみす社協ニュース平成28年11月号