<報告>平成28年度 やまぼうし「夏の交流会」 〜たくさんのご参加ありがとうございました〜

 7月29日(金)、放課後支援事業やまぼうしを利用しているご家族と、鹿島特別支援学校PTAの波崎支部、神栖支部のご家族41名、ボランティア6名、支援員等、総勢54名が集まり、今年で7年目となった『やまぼうし 夏の交流会』を矢田部公民館で開催しました。
 楽しみにしていたムーブメント療法では、ロープやカラーマット、パラシュートを使い、視覚や聴覚、触覚など全身を使って、親子、兄妹、みんなで楽しく体験する事ができました。
 お昼のミニクッキングでは、卵のサンドイッチと焼きそばパンづくり、アイスクリームを自由にトッピングして、みんなでワイワイとおしゃべりをしながら、楽しいお食事会となりました。
28yamaboushi-1.jpg
ムーブメントで人気のパラシュート!!
 そして食後のゲーム大会は、輪投げと水ヨーヨー釣りで盛り上がりました。輪投げは意外と難しく、真剣な表情でチャレンジしていました。水ヨーヨー釣りは、自分の好きな色のカラフルな風船を上手に釣りあげていました。参加者の皆さんも、ボランティアさんも笑顔があふれた楽しい1日となりました。

 交流会を開催するにあたり、神栖市児童発達支援事業所「なのはな」の早田恵子氏、鹿島特別支援学校PTA波崎支部・神栖支部の皆様、ほほえみ様、山口様、お忙しいなかご協力いただきありがとうございました。

「夏の交流会」の当日の様子〈ムーブメント・ミニランチづくり・輪投げ、水ヨーヨー釣り〉

28yamaboushi-2.jpg 28yamaboushi-3.jpg 28yamaboushi-4.jpg 28yamaboushi-5.jpg 28yamaboushi-6.jpg 28yamaboushi-7.jpg

 「やまぼうし」とは、神栖市社協が神栖市より受託している知的障がい児放課後支援事業の通称です。
 鹿島特別支援学校に通学する児童・生徒を対象に、ご家族がお迎えに来るまでの間(16:00〜18:00)はさき福祉センター内でお預かりし、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と、児童が安全に過ごすことを目的としています。
  また「やまぼうし」の利用児童・生徒を対象に、夏・冬・春休み等の長期休暇中の日中預かり支援(14:00〜17:00)を本会事業として実施しています。


問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会 波崎支所地域福祉推進センター
TEL:0479−48−0294 担当:横田・坂本
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します