« 2016年04月 | ???? | 2016年06月 »

2016年05月31日

社協活動予定 平成28年6月

 半袖で快適に過ごせるようになり、夏がやってきたことを感じさせます。

 6月8日(水)、14日(火)の2日間、子育てサポーター養成研修を開催します。今回の養成研修を修了することで、子育てサポーターとして登録・活動ができます。ぜひ受講して、地域の子育てを応援してください。

 また、6月29日(水)には、第221回 地域ネットワーク勉強会を開催します。ハローワーク常陸鹿嶋 平間慎一 氏をお招きし、ハローワーク常陸鹿嶋における障害者雇用の現状と就労相談から職場定着までの、関係機関との連携について説明していただきます。ぜひチェックしてみて下さい。
_kasa_girl.png
               
曜日 時間 事業・会議名 場所
10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市はさき福祉センター
10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
10:00〜
10:00〜
子育てサポーター養成研修1日目
精神保健デイケア青空
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
10 10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
11
12
13
14 10:00〜
10:00〜
子育てサポーター養成研修2日目
精神保健デイケアほのぼの
神栖市保健・福祉会館
神栖市はさき福祉センター
15 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
16 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
17 10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市はさき福祉センター
18
19
20
21 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
22 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
23 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
24 10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
25
26
27
28 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
29 10:00〜
13:30〜
精神保健デイケア青空
第221回地域ネットネットワーク勉強会
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
30 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
こころの相談室、成年後見制度利用支援相談を随時開催しています。
お問い合わせは 神栖市社会福祉協議会
神栖本所 電話:0299−93−0294
波崎支所 電話:0479−48−0294

2016年05月27日

障害者デイサービスセンター(神栖市指定管理事業)
「のぞみ通信」を発行しました

2016525.png

PDFファイル平成28年度のぞみ通信No.2

 神栖市より指定を受けている障害者デイサービスセンター利用者様へのお知らせ「のぞみ通信」平成28年度No.2を発行しました。今月は「道の駅いたこ」への外出の様子、利用者さんから寄せられた記事「季節の一輪」などをご紹介しています。 

 【のぞみ通信 平成28年度No.2の内容】
 ・外出 道の駅 いたこ
 ・季節の一輪
 ・のぞみ食堂より
 ・6月の予定
 ・障害者デイサービスセンターのぞみ 避難訓練の様子

平成28年度6月 わくわくサロンの予定 


waraidokoro.H28.5.6-1.jpg waraidokoro.H28.5.6-2.jpg

 5月6日(金)に開催された『お茶の間サロン笑い処』に、32名の参加がありました。
 「神栖のいい男、いい女、こんにちはー!」とボランティアさんがあいさつすると、参加者から大きな声で、「こんにちはー!」との返事。すると、「みんな返事をしたってことは、みんないい男、いい女なんだね!」とのボランティアさんの言葉にサロン開始早々、会場が笑いの渦に包まれました。
 この日は、メイクボランティアによるハンドマッサージや理学療法士による体操、笑いたっぷりの寸劇など盛りだくさんの内容で参加者を楽しませ、まさに“笑い処”といったサロンでした。
 お茶の間サロン笑い処は、神栖市日川にある小峰さんのお宅を開放し、毎月第1金曜日に開催しています。




【わくわくサロン】

名 称 場 所 開催日
わくわくサロン知手浜 知手浜公民館 6月 3日(金)
わくわくサロンあけぼの 知手中央仲町公民館 6月 3日(金)
お茶の間サロン笑い処 小峰宅 6月 3日(金)
わくわくサロン大潮 明神前区民館 6月 4日(土)
ティータイム はさき生涯学習センター 6月 4日(土)
わくわくサロンはさき 仲町区民館 6月 6日(月)
友愛サロン 溝口集落センター 6月 6日(月)
なごみ会 高浜公民館 6月11日(土)
わくわくサロン知手団地 東町区民館 6月13日(月)
平泉わくわくサロン 平泉コミセン 6月14日(火)
ほっとサロン 大野原児童館 6月14日(火)
わくわくサロンすこやか はさき福祉センター 6月16日(木)
ふれあいサロンめだか 新港公民館 6月19日(日)
わくわくサロン松原 若ノ松区民会館 6月20日(月)

※市内のサロン予定を掲載しています。場所、開催日、内容等について随時更新していきますのでご確認下さい。

『サロン』は地域住民がつくる地域交流の場です

 サロンとは、家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって気軽に楽しい時間を過ごす活動です。

 神栖社協は、新たにサロンを立ち上げたい方々の「思い」を「活動」につなげられるよう、取り組みへの調整や側面的な支援を行います。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
神栖本所 電話 0299-93-0294 担当:下田・馬場
波崎支所 電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本
saronmap28.04.jpg
神栖市サロンマップ(PDF)
平成28年5月1日現在

精神保健デイケアほのぼの 平成28年6月の予定

 6月の予定表ができました。

 今月はテーマトークからスタートします。このテーマトークは、参加メンバーから今後のプログラムに取り入れたい内容をお聞きし、以降の活動に反映させるために実施していきます。

 また定番のカラオケや調理などのプログラムも予定しています。


 5月26日の「調理」では、参加メンバーが大好きなカレーライスを作りました。身体が夏の暑さに慣れていないこの時季、体調を崩さぬように汗をかきながら、みんなでおいしくカレーライスをいただきました。
2016.5.26curry.jpg
最新の予定表は下記をクリック!!

☆ ほのぼの予定表 ☆


 「青空」「ほのぼの」は精神障害を抱えるみなさんがメンバー同士で楽しめる活動をしたり、病気のこと、家族のこと、悩みや相談ごとなどを話し合える「集いの場」です。

波崎地区の「ほのぼの」活動予定
毎週火曜日 10:00〜12:00 (うち 第3火曜日が1日活動 10:00〜15:00)
毎週木曜日 10:00〜12:00 (うち 第1・第2・第3木曜日が1日活動 10:00〜15:00)

連絡先 0479-48-0294 担当 坂本・篠塚・横田

2016年05月26日

きぼうの家新聞 平成28年6月号を発行しました

きぼうの家新聞 第263号内容
・6月行事予定
・のうこうNews
・CHECK!製作物
・活動風景
きぼうの家新聞28.6月号

kibouie.jpg

2016年05月25日

「青空」平成28年6月の予定(精神保健デイケア)

 
 精神保健デイケア青空の「6月予定表」が完成しました。
 6月の活動は、年に一度のバーベキューを予定しています。メンバーみんなでワイワイと鉄板を囲みながら、楽しみます。その他、スポーツやおやつ作りを行います。右の活動予定表をクリックすると拡大します平成28年6月の予定表

 精神保健デイケア青空は「精神障害を抱えるみなさん」が主体となって、メンバー同士で楽しめる活動のできる「集いの場」です。活動は主に手工芸や、カラオケ、料理作り、スポーツ等で、毎回10名ほどのメンバーが集って親交を深めています。
  ao.06.03.jpg


■5月の活動の様子(パターゴルフ)■
IMG_ao0941.JPGIMG_ao0933.JPG
 「うわー!○○さん、上手!」、「やったーカップインしたよ」
場内に響き渡るメンバーの弾んだ声。パターゴルフなどスポーツ活動は、
普段とは違った一面を垣間見ることができます。
 デイケアでは、今後もプログラムを通じて、メンバーの特技や特徴を引き
出せるように取り組んでいきます。 




【デイケアのご案内】→クリックするとデイケアのチラシを見ることができます
☆「青空」  (神栖地区):水・金曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:神栖市保健・福祉会館内)
☆「ほのぼの」(波崎地区):火・木曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:はさき福祉センター内)

●デイケア対象の方●
精神科に定期通院中で主治医よりデイケアの利用について了解を得ている神栖市在住の方(ただし、1年以上神栖市に居住していること)


●デイケア利用までの流れ●
(利用問い合わせ)
 社会福祉協議会の窓口や電話にて随時受け付けています。利用希望の際は、初回面接の日程を調整します。

(初回面接)
デイケアの活動内容や注意点、利用の申込みについて説明します。利用希望の際は、利用申請書、主治医情報提供書を渡し、見学参加の日程を調整します。

(見学参加)
3回(週1回、半日、外出活動は不可)を目安に見学参加をします。
見学参加終了後にご本人様の参加目標や医療情報、心身状態等を伺い、デイケアの利用について一緒に考えていきます。

(登録・利用)
市障がい福祉課へ利用申請を行い、利用決定通知を受けてから、本利用となります。


illust3795thumb[1].gif
・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士がスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族の方のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

デイケアの利用を希望される方は、お問い合わせ下さい。


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 高岡・野口・飯田
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 坂本・横田・篠塚

2016年05月20日

平成27年度ボランティア登録グループ情報

 神栖社協ボランティアセンターには、手話、点字、おもちゃ修理、清掃活動、バルーンアートや福祉施設での演芸やメイクなど、計85組(1,919名)の様々なボランティアグループが登録し、市内外で活躍されています!是非、ご覧下さい。
 【平成28年3月31日現在 85グループ】

 ※登録グループの中には代表者名や電話番号等、非公開のグループがあります。詳しい情報を知りたい方やボランティア活動に興味がある方、ボランティアを依頼したい方は、お気軽にボランティアセンターまでお問い合わせ下さ。

 平成27年度登録ボランティアグループ一覧表形式PDF版はこちら

kirin-2.png

2016年05月17日

多くの善意をありがとうございます
(平成28年4月の善意銀行預託状況報告)

平成28年4月1日〜4月30日受付分 順不同・敬称略
【寄付金預託 合計197,762円】

社協の地域福祉活動へ
tubame.gif
サンブルーニュータウン自治会 31,718円
ADEKA労働組合 50,000円
茨城木工(株) 30,000円
匿名1件 6,000円

共同募金・平成28年熊本地震義援金へ
神栖市シニアクラブ連合会 14,436円
生きがい講座カラオケ講師 谷幸子 21,877円
谷幸子と歌仲間カラオケ発表会 会長 横田敏雄 36,245円
わくわくサロン松原 7,486円


【物品預託】
使用済切手  合計6,219枚
使用済カード 合計   931枚
ザ・イングリッシュ、うずも図書館、嶋田 海、奥野谷浜産業(株)、鈴木学習教室、
三国屋建設(株)、かみすシニアハイキングクラブ、みどりの会、(株)鈴和、
額賀米子、中央図書館、鹿島サンケン(株)、神栖法律事務所 弁護士 安重洋介、
長谷川光男、ベルの会、安藤三枝、匿名5件

ベルマーク
三国屋建設(株)、匿名2件

使用済インクカートリッジ  合計194個
社会福祉法人白十字会ケアハウスばんなん賀、かみすシニアハイキングクラブ、内池文一、
茅原一美、サタデーズ、波崎柳川高等学校、ハミングハウス、匿名3件

その他
かみすシニアハイキングクラブ 書き損じハガキ6枚
吉沢千栄子 書き損じハガキ4枚
岸田みどり 紙おむつ3袋
鈴木学習教室 タオル51本、未使用切手(1,609円分)
かみすシニアハイキングクラブ タオル3本、使用済みトナー2個
中村貴彦 タオル29本
天王 勇 未使用封筒222枚
額賀米子 未使用はがき14枚
利美会 タオル20本
吉沢千栄子 石鹸3個、シャンプー3本、バッグ8個、額絵12枚
JXエンジニアリング(株) 童話の花束(童話集)40冊
関 てるみ 手芸キット7セット
匿名8件 書き損じハガキ18枚、タオル40本、尿取りパッド16袋、毛糸多数、ハンカチ31枚、未使用はがき16枚、未使用切手(740円分)、座布団カバー15枚


ご協力ありがとうございました。
善意銀行とは・・・

かみすファミリーサポートセンター 平成28年4月実績

 かみすファミリーサポートセンターでは、子育てを地域で支援する「お子さんの一時預かり」活動を行っています。子育て経験者や保育士の有資格者が、サポーター養成講座を受講後、サポーターとして登録、活動しています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートします。お気軽にご相談下さい。
illust417[1].png

【事業実施状況(平成28年4月1日〜30日)】

【活動実績】

件数/実績 昨年度実績
 活動件数(実績) 247件 2259件
 相談件数 85件 805件
 新規利用会員登録者数 14名 98名
 新規サポーター登録者数 0名 13名

【事業実績(内容別活動件数)】

活動内容 活動件数 4月からの累計
 保育施設の保育開始時や保育終了後の預かり 1件 179件
 保育施設までの送迎 35件 92件
 放課後児童クラブ終了後の預かり 32件 273件
 学校の放課後の預かり 7件 125件
 冠婚葬祭や他の子の学校行事の際の預かり 12件 85件
 買い物等外出の際の預かり 9件 164件
 子どもの習い事等の場合の援助 14件 85件
 保育施設、学校等が休みの場合の援助 3件 27件
 保育所等の施設入所前の援助 10件 242件
 保護者の就労時の援助 47件 304件
 児童クラブ開始前の預かりと送り 13件 181件
 その他 64件 502件
 合計 247件 2259件

ファミリーサポートセンターに関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−1029 (担当:高森・馬場)
 波崎支所  電話 0479−48−0415 (担当:沢田・横田)

ことばと発達の相談室 平成28年4月の相談実績

illust2884[1].png  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

【平成28年度の ことばと発達の相談室 利用実績】

     4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催回数 4 4
利用者数 16 16


ことばと発達の相談室に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−0294 (担当:馬場・野口)
 波崎支所  電話 0479−48−0294 (担当:横田・篠塚)

日常生活自立支援事業 平成28年4月の相談実績

illust842[1].png  日常生活自立支援事業は、相談からサービスの提供まで、社会福祉協議会が実施しています。各地域の社会福祉協議会で働く「専門員」「生活支援員」があなたのところにうかがいます。
 自分ひとりで契約などの判断をすることが不安な方や、お金の管理に困っている方などが利用できます。病院に入院されている方も、施設入所されている方も、利用できるサービスです。

※支援員とは・・・利用者のお宅などを定期的に訪問し、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援する活動を行っており、神栖地域、波崎地域それぞれに2名ずつ配置されています。
※専門員とは・・・相談の受付、申請者の実態把握、支援計画作成、契約締結業務などを行っており、社協職員が担っています。

【事業実施状況(平成28年4月1日〜30日)】

相談件数 昨年度実績
 相談件数 2件 28件
 契約件数 0件 9件
 解約件数 0件 4件
 現契約者数 15件
 支援員活動件数 7件 64件
 専門員活動件数 25件 146件
 利用者ケアカンファレンス回数 1件 14件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 5名 87名

日常生活自立支援事業に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−0294 (担当:飯田・荒井)
 波崎支所  電話 0479−48−0294 (担当:坂本・篠塚)
※成年後見制度の利用に関する相談にも応じます。

地域生活支援センター 平成28年4月の相談実績

illust2683[1].png  社協が神栖市より受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(平成28年4月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

1.障害別相談 相談件数 昨年度実績
 身体障害 10件 133件
 知的障害 13件 104件
 精神障害 38件 456件
 発達障害 7件 65件
 その他(重複、難病など) 2件 55件
 合計 70件 813件

2.訪問活動 訪問件数 昨年度実績
 身体障害 6件 74件
 知的障害 4件 63件
 精神障害 17件 190件
 発達障害 0件 13件
 合計 27件 340件

3.障害支援区分認定調査 調査件数 昨年度実績
 身体障害 3件 20件
 知的障害 1件 12件
 精神障害 0件 8件
 その他(重複など) 0件 5件
 合計 4件 45件

地域生活支援センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖社協地域生活支援センター(神栖地域)
  電話0299−93−0294 相談支援専門員 三浦・飯田・馬場・高岡
 神栖社協地域生活支援センター(波崎地域)
  電話0479−48−0294 相談支援専門員 坂本・篠塚

高齢者相談センター 平成28年4月の実績

 社協波崎支所では、【波崎、矢田部、土合】の各地域を対象に「高齢者相談センター」を市から受託し開設しています。
 高齢者福祉サービスの申請代行、制度や事業の説明、安否確認や見守り等、高齢者の在宅生活を支援するための相談窓口として面接、電話、訪問などにより、きめ細かな対応をいたします。
 相談内容に合わせて必要なサービスへ繋ぎますので、介護などに関しての疑問や困ったことがあれば、なんでも相談して下さい。相談や支援にかかる費用は無料です。
tomato.jpg

【社協波崎支所での相談対応件数(平成28年4月1日〜30日)】

相談形態 相談件数 昨年度実績
 電話 21件 141件
 訪問 18件 283件
 面接 9件 112件
 その他 0件 34件
 合計 48件 570件

高齢者相談センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
  電話0479−48−0294  (担当:狩野・篠塚)

こころの相談室 平成28年4月の相談実績

 こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
 ・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
 ・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
 ・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
 ・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
illust3463[1].jpg

 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に作業療法士(精神科)、精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。

・個室相談室によりプライバシーは保護されます。
・相談対応できる時間は1回の予約につき1時間です。
・相談はすべて予約制とさせていただいております。

【平成28年度 こころの相談室 利用実績4月】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
相談件数 18 18


【昨年度実績 198件】

「こころの相談室」問合せ先(無料です)
 神栖本所 電話0299−93−0294(担当:高岡・飯田)
 波崎支所 電話0479−48−0294(担当:坂本・篠塚)
 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

福祉総合相談 平成28年4月の相談実績

 社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談と訪問活動を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。
 社協で実施しているサービスの紹介はもちろん、ご希望や必要に応じて行政、施設、病院、学校など各種関係団体とも連携しながら対応(コーディネート)いたします。
 1人きりや家族だけでは解決できないこと、誰にも相談できないようなことについても、ともに考えます。お電話・メールでのご相談もお受けしています。お気軽にご相談下さい。
illust2715[1].png

【福祉総合相談(平成28年4月1日〜30日)】

1.内容別相談実績 相談件数 昨年度実績
 生活福祉資金 7件 111件
 生活福祉制度・事業等 10件 159件
 低額診療制度 1件 19件
 日常生活自立支援事業 5件 59件
 成年後見制度 1件 5件
 障害者福祉(身体・知的・精神障害) 9件 251件
 こころの相談室
 ※今年度、障害相談より分離
17件
 発達障害者福祉 3件 39件
 ひきこもり 9件 9件
 高齢者 8件 17件
 貸出事業(介護機器・福祉車輌) 2件 35件
 福祉教育出前講座 1件 20件
 その他 6件 37件
 合計 79件 761件


2.訪問活動 訪問件数 昨年度実績
 障害者関係 27件 340件
 高齢者 22件 26件
 難病者 0件 1件
 ひきこもり 2件 5件
 日常生活自立支援事業 21件 252件
 福祉教育出前講座 0件 121件
 生活福祉事業 3件 87件
 福祉用具貸出 1件 16件
 その他 0件 35件
 合計 76件 883件

★「社協の福祉総合相談」相談窓口はこちら(無料です)
 神栖本所 溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館内  電話0299−93−0294
 波崎支所 土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内 電話0479−48−0294
 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2016年05月16日

福祉車輌貸出事業 平成28年4月の貸出実績

【この事業は、社協会費を財源として実施しています。】
illust1472[1].png
 神栖市社協では、市内の高齢者や障害者などで車いすでなければ外出が困難な方を対象に車いすに乗ったまま利用できる福祉車両の貸出をしています。

 定期的な通院はもちろん、買い物や旅行などにも利用できます。利用には事前の申請が必要になりますので、利用の際は神栖市社会福祉協議会までお申し込み下さい。

【平成28年度 車輌貸出実績4月】

用 途 通院 一時帰宅 行楽 入退院 施設送迎 転院 その他 合計 貸出日数
4月 9 0 2 0 0 0 1 12 17

  (4月からの累計貸出件数 12件)

詳しい申込み手順については コチラ →低床カー及びリフト付き車輌貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:高岡・乳井

  波崎支所(神栖市はさき福祉センター内)  電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本

介護機器貸出事業 平成28年4月の貸出実績

【この事業は、消毒料及び自動販売機設置手数料を財源として実施しています。】
illust2187[1].png
 神栖社協では、一時的な疾病等により日常生活に支障があり、介護保険制度や障害者自立支援法などの対象とならない在宅の方に対し、短期間介護機器を貸し出しています。
 貸出の申請は、神栖社協窓口(神栖本所及び波崎支所)へお申し込み下さい。

【平成28年度 介護機器貸出実績4月】

種 類 車いす
(自走式)
車いす
(介助式)
歩行器 合計
4月 6 16 2 1 25

(4月からの累計貸出件数 25件)
  
■申込み手順については コチラ →介護機器貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:高岡・乳井

  波崎支所(はさき福祉センター内)       電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本

2016年05月13日

第220回地域ネットワーク勉強会を開催します


 テーマ:「ニート等就労困難を抱える若者の理解とサポート」

 講 師:いばらき若者サポートステーション
      須田 彰 氏(総括コーディネーター)
     
 日 時:平成28年5月27日(金)
      午後7時00分〜午後9時00分
 場 所:神栖市保健・福祉会館 2階 研修室
 参加費:無 料
 kaisya_soudan_man_man[2].png


※事前申込みが必要となります。下記の申込方法を参照してください。

 今回の勉強会では、いばらき若者サポートステーションでのニートやひきこもり等就労困難者への就労支援の内容の他、本人や家族等から専門相談に寄せられる相談内容と社会復帰までの過程、家族や支援者が関わる上での注意点など、実際の事例をもとに説明頂きます。
 様々な理由で就職や社会生活に不安がある方やそのご家族、就労支援に関心がある支援者など、多くの方のご参加をお待ちしております。

 ※いばらき若者サポートステーション(水戸市)は、厚生労働省の委託事業として全国160カ所に設置された地域若者サポートステーション(通称:サポステ)のひとつで、様々な理由で仕事に就くことが困難な若者のための自立就労支援施設です。茨城県内には水戸市、つくば市、筑西市に設置されています。
★詳しくはこちら→地域ネットワークニュース平成28年5月号


【申込方法】
.侫.奪スでお申し込みの場合→参加申込書
上記の参加申込書にご記入の上、ファックスして下さい。

▲瓠璽襪任申し込みの場合→mail@kamisushakyo.com
件名に「第220回地域ネットワーク勉強会申込」と入力し、上記の参加申込書に必要事項をご記入の上、添付して送信して下さい。


【問い合わせ】
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター (担当:三浦、飯田)
TEL 0299−93−0294
FAX 0299−92−8750

知的障がい児 預かり支援事業「やまぼうし」
平成28年5月の利用実績

 本事業は神栖市からの受託事業です。鹿島特別支援学校に通学している児童・生徒を対象に、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と児童が安全に楽しく過ごすことを目的として、はさき福祉センターで実施しています。

 また平成25年度より、やまぼうし利用児童・生徒を対象に夏休みなどの長期休暇中の日中一時預かりを本会独自事業として実施しています。
illust2848_thumb.gif

放課後預かり支援事業(市受託事業)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
稼働日数 16 19 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 35
利用実人数 6 7 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 13
利用延人数 32 35 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 67
利用登録者数8名  1日当たりの平均利用者数1.91名(定員7名) 

長期休暇中の預かり支援事業(神栖社協独自事業)
  春季 夏季 冬季 春季
4月 7月 8月 12月 1月 3月
稼働日数 3 0 0 0 0 0 3
利用実人数 1 0 0 0 0 0 1
利用延人数 2 0 0 0 0 0 2
利用登録者数5名  1日当たりの平均利用者数0.6名(定員3名) 


【お問い合わせ先】
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
 筍娃苅沓后檻苅検檻娃横坑粥★堙帖坂本 

★社協職員レポート
障害者相談支援事業「神栖社協地域生活支援センター」

 「神栖社協地域生活支援センター」は神栖市社会福祉協議会で実施する障害者相談支援事業の事業所名称です。
 神栖市社会福祉協議会では平成19年度から神栖市より委託を受けて障害者総合支援法による障害者相談支援事業を実施しています。
 この事業は障害者総合支援法で各市町村での実施が義務づけられている‘地域生活支援事業’の一つです。障害者やそのご家族から様々な相談に応じ、福祉等に関する情報提供や福祉サービスの利用支援、成年後見制度の活用に関することなど、障害者の権利を擁護する支援を行っています。
 さらに、平成25年度からは特定相談支援事業所(計画相談支援)を開設し、適切なケアマネジメントに基づくサービス等利用計画の作成を行っています。現在は66名の方と計画相談利用契約を結び、5名の障害者相談支援専門員(以下、相談員)で対応しています。
 fa501flo027[1].jpg

 平成27年度の「神栖社協地域生活支援センター」へ寄せられた延べ相談件数は813件(実利用者281名)あり、延べ相談件数の内、相談者宅や事業所等への訪問件数は343件・電話での相談は314件・窓口来局者は156件の対応実績となりました。


 障害者やそのご家族からの相談は多岐に渡り、障害や診断名が一緒であっても、生活課題や悩み、充実した地域生活を実現するための意向はそれぞれ違いますが、相談者に安心感を与えること、悩みや生活課題の解決に向けて一緒に考えて行くことが相談員の役割といえます。ただ、課題を解決に導くことは相談員一人ではできません。そのため、相談を入り口に相談者を支えるチームを編成していくコーディネート力が相談員には求められます。
 それぞれのケースを通じて様々な機関と相談者がつながり合い、話し合いを積み重ねていくことで、相談者自身が本来持っている力に気づき、立ち止まっていた相談者が一歩一歩前へ歩み始めたことが垣間見られたとき、この仕事の醍醐味を感じます。
 また、丁寧なケースへの関わりを通じて得た他機関同士のつながりは、次の新たな相談にも活かされることが多くあります。さらには、自分が相談対応で迷ったときや、「こんなときどうする?」といった素朴な疑問を感じたときなど、他機関の担当者が相談員の相談にも親身に聞いてくれたり、逆に「相談があるんだけど…」と気軽に頼ってくれたりするような関係性にまで発展すると、‘つながることの強さ’と‘つながることの喜び’を実感します。
 これからも一人ひとりの相談者が「相談して良かった」と感じて頂けるように、いつでも、どんな相談でもまずは受け止められるように、他機関とのネットワークを広げながら相談員一丸となって取り組んでいきます。
 kaigi[1].png

※「神栖社協地域生活支援センター」では、ご自宅や事業所などへの訪問による相談対応を積極的に行っています。いつでもご相談をお待ちしています。
【問合せ先】
 神栖本所 地域福祉推進センター 電話0299-93-0294(担当:三浦)
 波崎支所 地域福祉推進センター 電話0479-48-0294(担当:坂本)

〈地域福祉推進センター M〉

《報告》第219回地域ネットワーク勉強会を開催しました

cnn28.4.26.jpg  ◆日 時:平成28年4月26日(金)午後7時〜午後9時

 ◆テーマ:「成人期の発達障害者の理解と支援」

 ◆講 師:野口雄樹氏
    (茨城県発達障害者支援センター)

 ◆参加者:56名

 今回の勉強会は、成人期の発達障害に焦点をあて、就労や社会生活の場面で発達障害のある方が困っている背景とその支援のポイントがテーマです。
 「そもそも人間は一人一人が異なるもの。どちらが正しい、何が正しいかという議論は無意味です。相手の言い分を良く理解し、その上でこちらの言いたいことを伝えることが大切です。発達障害は特性であり、否定されるものではありません。特性は活かすべきです」と、茨城県発達障害者支援センターの野口さんからお話がありました。



■発達障害とは
 「発達障害者支援法」では、発達障害とは自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などの脳機能の障害で通常低年齢化で発現するものとして定義づけられています。原因については、まだはっきりしていませんが、脳機能の働きに生まれつきの特徴があると考えられています。
 発達障害は一見しただけでは、その特性や苦労が分かりにくく、親の育て方や本人の努力不足などと誤解されやすい障害です。また、障害特性もさまざまなため、その人の状況に応じた理解と支援が必要となってきます。

■大人の発達障害
 「通常低年齢で発現する」と定義されている発達障害ですが、初めて診断を受ける時期は、幼児期に限らず様々です。ライフサイクルごとに周囲から要求される水準が変化することで発達障害の特性が浮き彫りになるケースが多々あります。様々な精神症状や身体症状が表面化して、初めて発達障害の診断に至る場合もあります。

■二次障害
 発達障害の特徴故に、適切な支援がない場合には、生育の過程で自分が生きていく社会と文化に合った知識・社会規範・価値観・行動パターン・スキルを身につける社会化や教育という過程そのものが、強いストレスを持続的に与え、二次的障害を引き起こす結果に繋がりやすくなります。
 ※不登校、引きこもり、うつ、自傷行為、薬物・ギャンブルなどへの依存症、自殺企図、暴力、盗みなど、様々な心理的・行動上の問題を生じる場合がある。

■大人の発達障害の基本的な対応
【上手くいかない対応】
・何とかこちらの理論に合わせられるようにする
→注意する、叱る、説教する、反省させる 等
・相手の論理が間違っていると思わせる
→世の中の常識を教える、社会的ルールを押し付ける 等
・本人の論理を無視する
→頭ごなしに否定する、プライドを傷つける 等

【上手くいく対応】
・本人の論理(言葉)を尊重する対応
→理解しやすい説明をする、一般論を言わない、相手の論理(言葉)を理解する 等
・注意、叱責にならない対応
→相手の論理に合わせた説明
・本人の立場が有利になる対応
→本人を一人称にした説明

2016年05月12日

神栖市福祉作業所(神栖市指定管理事業) 平成28年4月実績

 神栖市福祉作業所きぼうの家は、「生活介護」及び「就労継続支援B型」のサービス提供を行います。作業や生活訓練のなかから、働くことの喜びや仲間と過ごす楽しさを通して、利用者の自信に繋がるよう自立と社会参加を支援させていただく施設です。

 きぼうの家では、余暇活動の一環として女性利用者を対象に、月1回メイクボランティアの協力により「メイク講座」を行っています。メイク後の利用者の笑顔はステキに輝いています。

kibouie.jpg  神栖市福祉作業所きぼうの家では、見学や利用についての相談を随時受け付けています。ご連絡をお待ちしています。
   <電話 0299−92−4113 担当:大川>

−平成28年4月度神栖市福祉作業所 きぼうの家月次報告− 

デイサービス(生活介護)事業 平成28年4月実績

社協が神栖市の指定管理者として茨城県より事業所指定を受けて実施している「神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ(生活介護)」の利用実績(平成28年4月分)です。

GEDC0317-1.jpg
▲カラオケで自慢の歌声を披露
 水戸ヤクルト販売(株)様から念願のカラオケを寄付して頂きました。カラオケを利用して、声が出にくかった方も大きな声が出るようになりました。また、若い利用者の方も歌える曲が増えて皆さんに喜ばれています。

 デイサービス(生活介護)は、障害のある方が日常生活や社会生活を営むことができるよう、食事・入浴・排泄の介助や身体を動かすレクリエーションなど、介護スタッフのサポートの中で安心して仲間と楽しく一日を過ごして頂く通所型のサービスです。
 利用相談や見学は随時お受けしています。お気軽にお問い合わせください。

【事業別延べ利用者数】

 ◇生活介護事業(区分別)  延べ人数 4月からの累計
  区分2 (年齢が50歳以上の方) 0人 0人
  区分3 48人 48人
  区分4 58人 58人
  区分5 51人 51人
  区分6 82人 82人
     生活介護小計 239人 239人
 ◇基準該当放課後等デイサービス事業 25人 25人
   合 計 264人 264人


 センターの紹介はこちら!!
神栖市障害者デイサービスセンターのぞみへのお問い合わせはこちらです
  電話:0299−93−1063(直通) FAX:0299−92−8750 
  担当者:萬代(ましろ) / 乳井(にゅうい)

2016年05月11日

ホームヘルプサービス事業 平成28年4月実績

 社協が法令や市の制度にもとづき実施している「ホームヘルプサービス事業」の活動実績(平成27年4月分)です。
 ホームヘルプサービスは、高齢者や障害のある方が在宅で安心して日常生活が過ごせるよう、訪問介護員がご自宅へうかがい介護や家事援助などを行う福祉サービスです。ご本人やご家族と事前に十分な打ち合わせを行い、気兼ねなく安心してご利用頂けるようつとめています。
origami_fumira_soft.jpg

【訪問介護事業(介護保険制度 介護・介護予防サービス)】

 内容  件数  時間
 身体介護 0件 0時間00分
 生活援助 63件 63時間00分
 身体生活 39件 63時間00分
 合計 102件 126時間00分

【居宅介護事業(障害者総合支援法)】

 内容  件数  時間
 身体介護 46件 37時間00分
 家事援助 57件 72時間00分
 同行援護 3件 7時間30分
 合計 106件 116時間30分

【神栖市受託事業】

事業名  件数  時間
 軽度生活援助事業 7件 7時間00分
 移動支援事業 0件 0時間00分
 養育支援事業 0件 0時間00分
 合計 7件 7時間00分

ホームヘルプサービス事業へのお問い合わせはこちらです
 神栖社協訪問介護事業所(介護保険事業所番号0873600225)
 ホームヘルプサービス神栖社協(障害福祉サービス事業所番号0812900066)
  電話0299−93−1058(直通) 管理者:相良 / サービス提供責任者:池田

2016年05月09日

平成28年4月交流サロン利用状況、相談実績

vorasen-28.4.jpg  交流サロンは少人数での会議や打合せ等、ご自由にご利用できます。  またパソコンも設置してありますので、インターネットでの調べもの等にご利用になれます。
 
 【左記の写真】
  交流サロンの入り口には、ボランティアグループ『バルーンアートwa’mくーる』の皆さんの作品の、5月らしい、元気に泳ぐ鯉のぼりと、菖蒲のお花が飾られています!!
 『バルーンアートwa’mくーる』バルーン教室は、毎月1回(第3火曜日 午前10:00〜12:00)、交流サロンで開催。どなたでも参加出来ます!


ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【平成28年4月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 昨年度実績
 打合せ・作業スペースの使用 196人 1,490人
 点訳室の使用 13人 130人
 録音室の使用 9人 92人
 掲示板、パンフレットラック利用 5団体 72団体
 パソコン、インターネット利用 4人 32人
※交流サロンでは社協ボランティア登録団体を対象にロッカーの貸し出し、コピーカードの貸し出しなども行っています。
※交流サロンは日曜日と年末年始を除き、8:30〜21:00まで、ボランティアの皆様の打合せなどで自由にご利用していただけます。

【平成28年4月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 昨年度の実績
 交流サロンについて 0件 0件
 ボランティア活動について 20件 147件
 ボランティア保険について 1件 7件
 福祉活動基金について 0件 2件
 善意銀行について  2件 27件
 災害時の対応について 3件 3件
 広報啓発の周知依頼について 0件 8件
 ボランティア同士の交流について 0件 0件
 福祉団体関係について 1件 29件
 福祉イベント関連について 0件 0件
 ボランティア講座について 0件 3件
 一人暮らし高齢者交流について  2件 14件
 地区目的サロン 1件 14件
 その他 0件 13件
 合計 30件 267件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンのご案内

 交流サロンを予約したい場合は下記にて承ります(お電話でも可)。
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029

2016年05月06日

障害者デイサービスセンター(神栖市指定管理事業)
「のぞみ通信」を発行しました

2016425.png

PDFファイル平成28年度のぞみ通信No1

 神栖市より指定を受けている障害者デイサービスセンター利用者様へのお知らせ「のぞみ通信」平成28年度No.1を発行しました。今月はお花見や水戸ヤクルト様よりカラオケ寄贈などをご紹介しています。 

 【のぞみ通信 平成28年度No.1の内容】
 ・外出 神之池でお花見
 ・水戸ヤクルト様よりカラオケ・CDラジカセ届きました
 ・看護師よりひとこと
 ・5月の予定
 ・障害者デイサービスセンターのぞみ 一日の活動ご紹介 

2016年05月02日

ボランティア活動保険加入者数(平成28年4月)

flower_butterfly.png

【ボランティア保険加入者数(平成28年4月1日〜30日)】

ボランティア保険加入プラン 加入者数 昨年度実績
 基本Aプラン 1,105名 1,277名
 基本Bプラン 33名 13名
 天災Aプラン 49名 64名
 天災Bプラン 26名 17名
 合計 1,213名 1,371名

☆ボランティア保険は、  ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、  国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

☆ボランティア保険の保険期間は、  保険期間は毎年4月〜3月末までとなっています。  年度途中の加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成29年3月31日午後12時までが保険期間となります。  ※現在、平成28年4月〜のボランティア保険の新規および更新手続きを、受け付けております。  
災害ボランティアとして被災地に行く場合は  居住地の社会福祉協議会で津波、地震などによるケガ等にも対応できる「天災型のボランティア保険」に加入して、活動に参加することをお勧めしています。

 ★詳しくはこちら→ふくしの保険

☆加入にあたっては、
 社協へのボランティア登録が必要となりますので、登録と合わせて保険加入手続きをとることをお勧めしています。なお、保険掛け金の一部は自己負担となりますのでご注意下さい。 各プランの内容等詳細はボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。
  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15)    波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

ボランティア登録状況(平成28年4月)

ボランティア登録状況(平成28年4月1日〜平成28年4月30日受付分)
text_volunteer_bosyu.png

【ボランティア登録状況(平成28年4月1日〜30日)】

実績 昨年度実績
 団体登録数 76団体 79団体
 団体所属人数 1,556名 1,738名
 個人登録数 37名 64名


 ボランティアセンター(交流サロン)を利用される団体・個人の方には、ボランティア登録(年度ごと)をお願いしています。本会にボランティア団体として登録いただくと、交流サロン内のロッカーやコピーカードを利用できます。

 ★詳しくはこちら→ボランティア登録  登録についてのお問い合わせは、ボランティアセンターまで、お気軽にご連絡下さい。

  神栖本所 0299−93−0294 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

「うぃるかみす」平成28年4月の実績

job_cooking_ryouri_kenkyuka.png  住民参加型有償サービス「うぃるかみす」は、高齢者や障害者の世帯等で、買い物やお掃除、窓掃除、庭のお掃除等ができなくて困っている方のお宅にお伺いして、「ちょっとお手伝いしますよ」という住民の助け合い活動です。 社協のコーディネーターが利用会員と協力会員の調整役を行っています。状況によって一度に複数の協力会員で対応することもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【うぃるかみす活動実績(平成28年4月1日〜30日)】

実績 昨年度実績
 相談件数 21件 209件
 活動実績 53件 680件
 延べ利用時間 82.5時間 1,048時間
 新規協力会員登録 25名 24名
 新規利用会員登録 24名 58名


 協力会員として登録を希望される方は、センターの実施する養成講座を受講いただくことが必要です。
今年度の養成講座は詳細が決まり次第お知らせします。
協力会員として活動していただける方は事務局までご相談ください(随時入会可能です)。

「うぃるかみす」に関するお問い合わせは社会福祉協議会へ。

  神栖本所 0299−93−0294(下田)
  波崎支所 0479−48−0294(横田)

平成28年度「茨城県ボランティア・市民活動推進事業費助成金」のご案内

 茨城県社会福祉協議会より、上記ボランティア基金活動助成について周知依頼がありましたのでご案内いたします。
 pasokon-1.png
■助成対象
(1)茨城県内に所在し、茨城県民を対象とした地域福祉活動を行うボランティアグループ・NPO法人・任意団体等。
(2)申請時に、活動を始めてから1年以上活動している団体に限ります。

■助成事業 (。映助成事業、■廓助成事業のいづれか1つのみ申請可。)
。映助成事業
平成28年4月1日から平成29年3月31日の期間に、新たに以下の事業を実施する際に必要な費用を助成。(期間内に終了する事業が対象)

(1)「研修助成コース」 ボランティア・市民活動を振興するための学習及び研修事業
   (内容)住民を対象とした地域福祉・ボランティアに対する理解を深める研修。
        ボランティアの養成講座。
(2)「調査助成1年コース」 ボランティア・市民活動の振興に広く活用できる調査研究事業
   (内容)今後期待されるボランティア活動の推進に効果が見込まれる調査研究。
(3)「器材助成コース」 ボランティア・市民活動のための機器、器材の整備事業)
   (内容)住民を対象としたボランティア活動を拡充するための機器、器材の整備事業。
(4)「モデル助成1年コース」 ボランティアグループ・市民活動団体による開発的・モデル的事業
   (内容)地域の生活課題等の解決に向けた、他のモデルとなり今までその地域で実施した例のない事業。
(5)「啓発助成コース」 ボランティア・市民活動の基盤づくりのための福祉教育及び啓発事業
   (内容)県民に対するボランティア意識の啓発事業、広報活動。 
        学校・地域における福祉教育の推進。

■廓助成事業
新たに下記の事業で継続的に取り込む事業を実施する際に必要な費用を、平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間で助成。

(1)「調査助成3年コース」 ボランティア・市民活動の振興に広く活用できる調査研究事業
   (内容)今後期待されるボランティア活動の推進に効果が見込まれる調査研究。
(2)「モデル助成3年コース」
   (内容)地域の生活課題等の解決に向けた、他のモデルとなり今までその地域で実施した例のない事業。

■助成金額
。映助成事業
 1件につき8万円以上50万円以内(総額400万円)
 ※申請事業に係る費用のうち、2割以上の自己負担があることが条件。
   また、同一年度に複数の事業を申請することはできません。

■廓助成事業
 3年で100万円以内(1年間3団体まで。単年度の助成金は50万円を限度とする。)
 ※申請事業に係る費用のうち、毎年2割以上の自己負担があることが条件。
   また、同一年度に複数の事業を申請することはできません。

■要項・申請書類
 交付要項及び申請書類については、下記の茨城県社会福祉協議会のホームページよりダウンロードして下さい。

 ★茨城県社会福祉協議会


■申請期限
 平成28年5月27日(金)まで

■申請方法
 所定の様式に必要事項を記載の上、下記宛郵送もしくは最寄りの社協窓口へ持参下さい。

■申請及び問合先
 社会福祉法人 神栖市社会福祉協議会
   <神栖本所>
   〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1(神栖市保健・福祉会館内)
   電話: 0299-93-1029  担当:下田
   FAX: 0299-93-2333
   Eメール:mail@kamisushakyo.com

   <波崎支所>
   〒314-0343 茨城県神栖市土合本町3-9809-158(はさき福祉センター内)
   電話: 0479-48-0294  担当:横田
   FAX: 0479-48-1294

知的障がい児 預かり支援事業「やまぼうし」
平成28年4月の利用実績

 本事業は神栖市からの受託事業です。鹿島特別支援学校に通学している児童・生徒を対象に、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と児童が安全に楽しく過ごすことを目的として、はさき福祉センターで実施しています。

 また平成25年度より、やまぼうし利用児童・生徒を対象に夏休みなどの長期休暇中の日中一時預かりを本会独自事業として実施ししています。
illust1902[1].png

長期休暇中の預かり支援事業(神栖社協独自事業)
  春季 夏季 冬季 春季
4月 7月 8月 12月 1月 3月
稼働日数 3 0 0 0 0 0 3
利用実人数 1 0 0 0 0 0 1
利用延人数 2 0 0 0 0 0 2
利用登録者数5  1日当たりの平均利用者数0.6名(定員3名) 
放課後預かり支援事業(市受託事業)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
稼働日数 16 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 16
利用実人数 6 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 6
利用延人数 32 0 0 0 - 0 0 0 0 0 0 0 32
利用登録者数8名  1日当たりの平均利用者数2.0名(定員7名) 



【お問い合わせ先】
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
 筍娃苅沓后檻苅検檻娃横坑粥★堙帖坂本 

2016年05月01日

かみす社協ニュース平成28年5月号を発行しました

表面

平成28年度 神栖市社会福祉協議会の取り組み
平成28年度 一般・特別社協会員を募集しています
ご活用下さい!『福祉教育出前講座』
第220回 地域ネットワーク勉強会のお知らせ
 〜ニート等就労困難を抱える若者の理解とサポート〜

裏面

社協の取り組み 精神障害者の地域生活支援
 (精神保健デイケア、在宅訪問活動、こころの相談室)
身近な地域で開催!4月のわくわくサロン・子育てサロン
平成28年熊本地震義援金にご協力ください
つもる善意 平成28年3月1日〜3月31日受付分
多大な寄付をありがとうございます(はさき漁業協同組合 様)

かみす社協ニュース平成28年5月号