« 2016年02月 | ???? | 2016年04月 »

2016年03月31日

知的障がい児 預かり支援事業「やまぼうし」
平成28年3月の利用実績

 本事業は神栖市からの受託事業です。鹿島特別支援学校に通学している児童・生徒を対象に、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と児童が安全に楽しく過ごすことを目的として、はさき福祉センターで実施しています。

 また平成25年度より、やまぼうし利用児童・生徒を対象に夏休みなどの長期休暇中の日中一時預かりを本会独自事業として実施ししています。
illust1902[1].png

長期休暇中の預かり支援事業(神栖社協独自事業)
  春季 夏季 冬季 春季
4月 7月 8月 12月 1月 3月
稼働日数 3 9 19 3 4 7 45
利用実人数 3 3 2 2 2 2 14
利用延人数 4 8 15 3 3 5 38
利用登録者数9名  1日当たりの平均利用者数0.85名(定員3名) 
放課後預かり支援事業(市受託事業)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
稼働日数 17 18 22 13 - 18 21 18 16 15 19 15 192
利用実人数 7 9 9 6 - 7 6 5 6 6 5 5 71
利用延人数 42 50 53 35 - 42 37 39 33 40 31 27 429
利用登録者数12名  1日当たりの平均利用者数2.27名(定員7名) 



【お問い合わせ先】
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
 筍娃苅沓后檻苅検檻娃横坑粥★堙帖坂本 

社協活動予定 平成28年4月

 気ぜわしかった年度末が過ぎ、新年度を迎えました。この時期、たくさんのお別れと出会いがあったことと思います。
 4月26日(火)開催の第219回地域ネットワーク勉強会は、“成人期の発達障害者の理解と支援”をテーマに、茨城県発達障害者支援センター 野口雄樹 氏をお招きし成人期の発達障害に焦点をあて、就労や社会生活の場面で発達障害のある方が困っている背景とその支援のポイントについて、実際に発達障害者支援センターに寄せられる相談事例を基に説明していただきます。ぜひ、チェックしてみてください。
桜の開花.jpg
                      
曜日 時間 事業・会議名 場所
10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市はさき福祉センター
     
     
     
10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
11:00〜
11:00〜
精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
     
10      
11
12 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
13 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
14 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
15 10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
16
17  
18
19 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
20 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
21 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
22 10:00〜
11:00〜
精神保健デイケア青空
ことばと発達の相談室
神栖市保健・福祉会館
神栖市保健・福祉会館
23
24
25      
26 19:00〜 第216回地域ネットワーク勉強会 神栖市保健・福祉会館
27 10:00〜 精神保健デイケア青空 神栖市保健・福祉会館
28 10:00〜 精神保健デイケアほのぼの 神栖市はさき福祉センター
29 昭和の日
30
こころの相談室、成年後見制度利用支援相談を随時開催しています。
お問い合わせは 神栖市社会福祉協議会
神栖本所 電話:0299−93−0294
波崎支所 電話:0479−48−0294

平成28年度4月 わくわくサロンの予定と子育てサロンの予定


H28.3.15-hotto.1.jpg H28.3.15-hotto.2.jpg

 3月15日(火)、大野原児童館でほっとサロンが開催されました。この日のプログラムは編み物。参加された10名が、それぞれ自分の好きな色の毛糸とカギ針を持ち寄り、帽子づくりを行いました。お話し好きなメンバーも真剣に黙々と作業を続け、ときには「あなた上手に編んでるわね。」「編むのが早いね。」と声を掛け褒め合う、微笑ましい一面がありました。 
 




【わくわくサロン】

名 称 場 所 開催日
わくわくサロンあけぼの 知手中央仲町公民館 4月 1日(金)
わくわくサロン知手浜 知手浜公民館 4月 1日(金)
お茶の間サロン笑い処 小峰宅 4月 1日(金)
わくわくサロン大潮 明神前区民館 4月 2日(土)
ティータイム はさき生涯学習センター 4月 2日(土)
わくわくサロンはさき 仲町区民館 4月 4日(月)
友愛サロン 溝口集落センター 4月 4日(月)
ほっとサロン 神之池 4月 5日(火)
なごみ会 高浜公民館 4月 9日(土)
わくわくサロン知手団地 東町区民館 4月11日(月)
平泉わくわくサロン 平泉コミセン 4月12日(火)
ふれあいサロンめだか 新港公民館 4月17日(日)
わくわくサロン松原 若ノ松区民会館 4月18日(月)
わくわくサロンすこやか はさき福祉センター 4月21日(木)

※市内のサロン予定を掲載しています。場所、開催日、内容等について随時更新していきますのでご確認下さい。

『サロン』は地域住民がつくる地域交流の場です

 サロンとは、家に閉じこもりがちになっている地域の高齢者や障害者、子育て中の親子などが身近な公民館やコミュニティセンターなどに集まって気軽に楽しい時間を過ごす活動です。

 神栖社協は、新たにサロンを立ち上げたい方々の「思い」を「活動」につなげられるよう、取り組みへの調整や側面的な支援を行います。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会 地域福祉推進センター
神栖本所 電話 0299-93-0294 担当:下田・馬場
波崎支所 電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本
saronmap28.04.jpg
神栖市サロンマップ(PDF)
平成28年4月1日現在

きぼうの家新聞 平成28年4月号を発行しました

きぼうの家新聞 第261号内容
・4月行事予定
・のうこうNews
・CHECK!製作物
・活動風景
きぼうの家新聞28.4月号

kibouie.jpg

2016年03月30日

★社協職員レポート
【想いをカタチに・・・】Part2

 神栖社協では、ボランティアの方やボランティアに興味がある方が知識や技術を習得することや、よりスキルアップするための福祉専門講座やボランティア養成講座を毎年開催しています。
kikyu.2.png
 平成24年度から3年間は、女性を対象とした「メイクボランティア講座」や親子を対象に「バルーンアート教室」を開催。
 講座終了後は、受講生たちがこの講座をきっかけにメイクボランティア“かみすべっぴんさん”そして、バルーンアートボランティア“バルーンアートwa’mくーる”というグループを立ち上げ、市内外で活動しています。



 神栖社協のボランティアセンターには、85団体(平成28年3月末現在)にご登録いただいていますが、女性の活躍が目立つ一方で男性のボランティア数が少なく、ボランティアセンターに寄せられた男性からの“ボランティア活動をしたい”という相談に対し、活動を紹介する選択肢が限られているというコーディネーターとしての悩みがありました。

 そこで今年度は、初の試みで定年期の“男性”をターゲットとし、地域で活動する男性ボランティアの発掘と育成を目的に、日常生活に役立つ技術を学ぶ「網戸張り、まな板づくり、そば打ち」の講座を企画。
 その名も「オトコ限定!輝くための“男”の講座」
 そして、この講座を通して参加者同士の仲間づくりや地域などの活動につながるきっかけになって欲しいという想いがありました。
 ★講座の様子はコチラ→「輝くための“男”の講座」

 参加者のほとんどが、このような講座に参加するのが始めてということもあり、最初は口数も少なく緊張感が伝わってきましたが、講座が始まると・・・さすが企業マン!これまで培った技術や知識のノウハウを即座に発揮し、段取りよく作業をこなす姿が、とても印象的でした。


 最初は、参加者数が定員に満たず少し落ち込みましたが、その分、3日間の講座の中で参加者ひとりひとりとコミュニケーションを取ることができ、担当者として関係性を築くことができたような気がします。そして、「社会貢献(ボランティア)をしたい気持ちはあるが、何をしていいか分からない」、「定年退職して数年が経ち、自由な時間をどのように活用していいのか分からない」といった参加者の想いを知ることができました。

teruo-H28.1.8.jpg
交流サロンでの定例会の様子
 参加者の“想い”を何か“カタチ”にしたいと思い、講座修了後、交流会を開催し、「自分たちが興味あるものを楽しく学びながら、ボランティア活動してみませんか?」と問いかけてみたところ、6名が「やってみよう!」と意気投合し、『神栖輝楽シニア倶楽部』(通称:輝楽倶楽部)を結成!


 自分たちが学んだことを地域に還元することを目的に、何度も話し合いを重ね、年間を通して、そば打ちや燻製作り、陶芸、日本茶の美味しい入れ方などを学ぶことにしました。そして、年末に市内のわくわくサロンを訪問し、年越しそばを振る舞おうと計画中です!


 輝楽倶楽部のみなさんから「また来年度も“輝くための男の講座”を開催して欲しい!そして仲間を増やしたい!俺たちが次回の講座の後方支援をするよ!」と、頼もしい言葉をかけていただきました。
 その言葉を励みにこれからもコーディネーターとして、ボランティアセンターに寄せられる相談[想い]を受け止め、[カタチ]に繋げられるように、自己研鑽していきたいと思います。

<本所地域福祉推進センター S>

《報告》第218回地域ネットワーク勉強会
発達障害療育者研修フォローアップ研修会を開催しました

h28.03.05-abe.t.JPG ◆日 時:平成28年3月5日(土)
      午前10時〜正午
(第218回地域ネットワーク勉強会):参加者101名
      午後 1時〜午後3時
(保育園・幼稚園等支援者向け講座):参加者22名

◆テーマ:見方を変えればうまくいく!
    〜「発達が気になる子」支援の鍵はリフレーミング〜


◆講 師:阿部利彦 氏
      (星槎大学 共生科学部 准教授)

 今回の勉強会は、星槎大学 阿部利彦准教授を講師に迎え、午前は公開講座(第218回地域ネットワーク勉強会と合同開催)、午後は保育園・幼稚園等の支援者向け講座として、「発達が気になる子」の支援や子育てを、いつもと違う見方でとらえ直す‘リフレーミング’について詳しく説明頂きました。

※当日は(株)大衆日報社さんの取材が入りました。
  記事についてはこちらをご覧下さい。 → 日刊大衆日報(平成28年3月23日号〈抜粋〉)

   【午前の部】公開講座(第218回地域ネットワーク勉強会と合同開催)とした午前の部は、保育園・幼稚園・小学校の先生や保護者等、101名の参加がありました。
 子どもが「やりたくない」「いやだ」「ぼくばっかり!」と拒否したり、反抗したりするのはなぜでしょう?
   この子どもの表出を、‘わがまま’‘拒否ばかり’などと一方的な視点だけで捉えず、見方を変えて=リフレーミングして考えてみると、「反発してまで支援者と距離を取ろうとしている」「自分が思うように出来ない(やり方が分からない)からやる気がおきない」 「どうせ、僕の気持ちなんか分かってくれない」といった、子どもの思いが見えてきます。リフレーミングをすることで、子どもの本当の気持ちに気づくきっかけになり、 子どもを理解し、寄り添う支援が可能となります。
h28.3.5-am.JPG
 「発達が気になる子の多くは、支援を上手にうけることが出来ていない可能性があります。失敗経験より成功体験を多く積むことで、自己肯定感が育ち、できないことにチャレンジする気持ちが芽生えます。」と子ども目線で支援を考える大切さが伝えられました。 

 【午後の部】は保育園・幼稚園等の支援者向けとして、午前の部で学んだ内容をより具体的に保育園等の現場で活用できるように、絵カードを使用した視覚的支援の事例などを題材にしながら、子どもの見方や行動の捉え方、言葉のかけ方など、普段の子どもとの関わりをリフレーミングするワークを5グループに分かれて行いました。 
 講話では、「私たちは、子どもに対して固まった枠組みで見てしまいがちです。例えば、『多動』を別の枠組みで見てみたならどうでしょう。『多動』の子は、『活発』『エネルギッシュ』と見方を変えることで、支援のバリエーションを広げていくことができます。私たちが“相手を受け入れる心の幅”を広げ、子どもの見方を変えると子どもの味方になれますよ!」と参加した22名に伝えられました。
 
h28.3.5-pm.JPG

2016年03月28日

障害者デイサービスセンター(神栖市指定管理事業)
「のぞみ通信」を発行しました

nozomi20163.png


PDFファイル  のぞみ通信No.12を読む

 神栖市より指定を受けている障害者デイサービスセンター利用者様へのお知らせ「のぞみ通信」平成27年度No.12を発行しました。今月は鹿嶋市チェリオへの買い物やボランティアさん来所の様子などをご紹介しています。 

 【のぞみ通信 平成27年度No.12の内容】
 ・外出 鹿嶋市チェリオでお買物
 ・ボランティアさん ありがとう
 ・季節行事 ひなまつり
 ・4月の予定
 ・障害者デイサービスセンターのぞみ ご紹介 
    ご利用について

「青空」平成28年4月の予定(精神保健デイケア)

 
 精神保健デイケア青空の「4月予定表」が完成しました。
 4月の活動は、「お花見」を予定しています。桜の木の下でメンバーみんなで手づくり弁当を 食べながら、春の訪れを感じてきます。右の活動予定表をクリックすると拡大します平成28年4月の予定

 精神保健デイケア青空は「精神障害を抱えるみなさん」が主体となって、メンバー同士で楽しめる活動のできる「集いの場」です。活動は主に一人でも楽しめる手工芸や、カラオケ、料理作り、スポーツ等で、毎回10名ほどのメンバーが集って親交を深めています。
   ao.04.03.jpg


■3月の活動の様子(しゃべり場)■
IMG_0866.JPG  しゃべり場では、「最近の出来事」、「デイケアでやりたいこと」をテーマにメンバーで話し合います。
 今回のしゃべり場では、「ガムテープを使って、かばん作りをしたい」、「アロマ作りをしたい」等の意見があがりました。その意見をもとにみんなができる工程であるかを考慮して、活動に取り入れていきます。


IMG_0872.JPG  メンバーの提案を受け、スタッフがガムテープを使ってかばんを作ってみました。意外と簡単に作ることができたため、新たな活動メニューとして実施していく予定です。
 今後もメンバーからの提案を活動に活かしていきます。






【デイケアのご案内】→クリックするとデイケアのチラシを見ることができます
☆「青空」  (神栖地区):水・金曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:神栖市保健・福祉会館内)
☆「ほのぼの」(波崎地区):火・木曜日 午前10時〜午後3時まで(会場:はさき福祉センター内)

●デイケア対象の方●
精神科に定期通院中で主治医よりデイケアの利用について了解を得ている神栖市在住の方(ただし、1年以上神栖市に居住していること)


●デイケア利用までの流れ●
(利用問い合わせ)
 社会福祉協議会の窓口や電話にて随時受け付けています。利用希望の際は、初回面接の日程を調整します。

(初回面接)
デイケアの活動内容や注意点、利用の申込みについて説明します。利用希望の際は、利用申請書、主治医情報提供書を渡し、見学参加の日程を調整します。

(見学参加)
3回(週1回、半日、外出活動は不可)を目安に見学参加をします。
見学参加終了後にご本人様の参加目標や医療情報、心身状態等を伺い、デイケアの利用について一緒に考えていきます。

(登録・利用)
市障がい福祉課へ利用申請を行い、利用決定通知を受けてから、本利用となります。


illust3795thumb[1].gif
・活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問を行っています。
・精神保健福祉士、作業療法士がスタッフとして配置していますので、活動以外にも生活の困りごとや福祉制度について、相談することができます。
・精神障害を抱えているご本人もしくはご家族の方のご相談を受けています。プライバシーは守られます。

デイケアの利用を希望される方は、お問い合わせ下さい。


◆申込・問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会
 神栖本所(保健福祉会館2階)   電話 0299-93-0294  担当 高岡・野口・飯田
 波崎支所(はさき福祉センター内) 電話 0479-48-0294  担当 坂本・横田・篠塚

さわやか会食を開催しました!【かみす地区】

 3月10日(木)、今年度最後となる“さわやか会食(神栖地区)”が開催されました。 この日は、市地域包括支援課及び神栖シルバーリハビリ体操指導士会による出前講座を行い、59名の参加がありました。
 会場には、ボランティアさんが持って来てくれた桜の花の香りが漂い、春の訪れを感じられる食事会となりました。
  

 
<協力ボランティアの紹介>
料理・・・食生活改善推進員連絡協議会
接待・・・あゆみの会、家庭倫理の会コスモス
講話・・・市地域包括支援課
体操・・・神栖シルバーリハビリ体操指導士会
音響・・・長谷川巻宏さん

心温まるおもてなしをして下さったボランティアの皆さま、ありがとうございました!
H28.3.10-kaisyoku.jpg
美味しいお弁当に大満足

 
H28.3.10-kaisyoku.1.jpg  H28.3.10-kaisyoku.2.jpg
 市地域包括支援課 保健師による講話では、「今日から始める介護予防」についてお話しいただき、参加者はメモを取りながら真剣に耳を傾けていました。
 講話のあとは、実践編!自宅でも簡単にできる介護予防体操「シルバーリハビリ体操」(指導者:神栖シルバーリハビリ体操指導士会)で、体を動かしました。


H28.3.10-kaisyoku.3.jpg  H28.3.10-kaisyoku.4.jpg
 お揃いのピンクのユニフォームで、手際良くお弁当を作る食生活改善推進員連絡協議会のみなさん。ご飯の上にハートの海苔が飾られ、愛情たっぷりのお弁当になりました。味も「美味しい!」と大好評。


【参加者のみなさんから頂いた感想】
◇いつもありがとうございます。いつも楽しみにしています。
◇初めての参加でしたが良かったです。ごちそうさま完食です。
◇食事のバランスがとても良いと思います。色あいも良く美味でした。有難うございました。
◇大変満足しました。ありがとうございます。
◇スタッフの方の素晴らしさにありがとうございました。


★本日のメニュー★
他人巻、サンマの揚げワンタン、煮物、ほうれん草の白和え、香物、お吸い物、豆腐の黒ごま団子

2016年03月24日

【報告】うぃるかみす仲間づくり講座を開催しました!

3月23日に「平成27年度 うぃるかみす仲間づくり講座」を、はさき福祉センターと矢田部公民館を会場に、私たちが安心して暮らすために「地域で支え合う仲間づくり」をテーマとして開催し、25名の市民のみなさんが受講されました。

 今回の講座では、うぃるかみすの利用依頼がある「家庭菜園」の上手な作り方を学び、お茶会では、「神栖市の福祉の話」の講義をもとに、うぃるかみす活動について意見交換会を行いました。
和気あいあいとした雰囲気のなかで行われた講座の様子をご紹介致します。


機_板躡擶爐両綣蠅丙遒衒

yasai-3.jpg

retas-1.jpg
 実技:土作りのコツと夏野菜の育て方
 アドバイザー:北村陸夫氏 (社協登録ボランティア)

 アドバイザーの北村さんからは、北村流の土作りや肥料、連作のポイントについて、説明していただきました。「野菜作りのコツは、土作りと、植えた後は、植物の成長の様子にあわせて肥料をやる事です。あまり気を遣いすぎてもいけません。」とのアドバイスがありました。
 北村さんが土や野菜の苗に、愛情をたっぷりと注いで育てている様子が、伝わってくるお話をきくことができました。

実技では、北村さん流の、砂地の土に鶏ふんと堆肥を混ぜて作る土を使い、プランターでブロッコリーや枝豆の苗の植え方を教えていただきました。またペットボトルを活用した家の中で簡単にできる野菜作り体験では、手作りのプランターにレタスを植えたり、スプラウトの種蒔きをしました。
みなさん熱心に取り組まれていました。
 


供イ茶会

  1部  神栖市の福祉の話

-oukatsu-1.jpg

houkatsu-2.jpg
 講義「神栖市の包括的な高齢者支援施策について」
 講師:神栖市役所 地域包括支援課 課長 畠山 修氏

 市の介護保険サービスと高齢者の現状について、1時間にわたり、要介護者数や介護サービスの利用状況、特養入所待機者数の現状、認知症高齢者の状況等について、学びました。
 また平成26年度の介護保険制度の改正を受け、今後、市は地域包括支援事業に新たに「在宅医療介護推進事業」「認知症総合支援事業」「生活支援体制整備事業」が追加されるそうです。
 また、高齢者が住み慣れた地域で自立した生活を送るために、介護保険事業所の専門職によるサービス提供だけではなく、NPOやボランティア団体等による支援サービスの提供が出来るようになったという新しい情報も聞く事ができました。今後、神栖市でも、うぃるかみすのような住民参加型の支援の輪が、広がっていくことが期待されているというお話がありました。


  2部 お茶会「福祉のしゃべり場」〜うぃるかみすの活動についての意見交換会〜

hanashi-1.jpg
>hanashi-2.jpg

 受講生の皆さんと社協職員が3グループに分かれての意見交換会では、介護保険を制度ではカバー出来ない生活課題を解決するために、うぃるかみすのような住民同士の助け合い活動が、今後はもっと必要とされてくるのではないかと、多くの受講生の皆さんから意見が出されました。
 また受講生として参加していたうぃるかみすの協力会員から実際の活動を紹介していただきました。「ゴミ捨てや草取り、買い物や掃除など、特別なことはしていませんし、自分で出来る範囲のことをするので、みなさんにも出来ますよ。」と、アドバイスがありました。

グループの話し合いでは、うぃるかみす活動について様々な意見が出され、安心して生活するために、うぃるかみす活動は必要だという意見で共通理解が図られました。

 今回の講座終了後に9名の方が、新たにうぃるかみすの仲間として参加して下さることになりました。


 
☆参加者アンケートからの感想
 【家庭菜園の講座】
 ・去年から家庭菜園を始めたので、わからない事が多かったので、大変参考になりました。
 ・連作のことがよくわかって良かった。
 ・身近なプランターや水耕植えとか、自宅で無理のない作業を楽しく教えていただいた。
 ・色々作ってみたいと思いました。土作りのの基本が大変参考になりました。

 【高齢者の包括的支援の話】
 ・神栖市の高齢者の現状と今後の支援総合事業の取り組み等の説明があり良かったです。
 ・包括支援の必要性が詳しくわかってきました。介護保険では出来ない部分を、うぃるかみす
 の活動につなげる理由がわかりました。
 ・介護保険の入り口が聞けたようでした。
 ・普段、高齢者の支援の話を聞く事がないので、大変参考になった。
 ・介護保険の新制度が少しわかった。
 
 【福祉のしゃべり場】
 ・うぃるかみすの協力会員の生の声が聞けて良かった。
 ・うぃるかみすの活動が理解できた。
 ・色々な意見が聞けて良かった
 ・この様な集会に3、4度参加したが、きちんとした結果を得たことがない。もっと整理した
  議論がしたい。
 ・市民同士の助け合い「うぃるかみす」の活動に興味を持ったので参加しました。講座を
  受けて、私にも出来そうだなと感じました。


 
★☆神栖市社協ボランティアセンターでは、これからも市民のみなさんが参加できる講座を開催していきます。講座の募集は、本会ホームページや「かみす社協ニュース」「ボラマガ」にてお知らせします。 うぃるかみすのお知らせページはこちらから

2016年03月23日

平成27年度 法人会員様ご紹介(平成28年3月23日時点)

 平成27年度社協法人会員募集にご賛同をいただいた企業・事業所様をご紹介します。
 法人会員のご加入につきましては、一年を通して受け付けております。ご協力いただける企業・団体・法人様は社会福祉協議会事務局までご連絡ください。なお、法人会員様のホームページは神栖市社協ホームページ上でリンクし、ご紹介させていただいております。

      社協会員に関する詳しい内容は、こちらをクリック

平成27年4月1日から平成28年3月23日の間にご加入いただいた法人
 (加入口数別。全137法人。順不同・敬称略。)
 ※11月1日以降にご加入頂いた法人様は★印でご紹介しています。
 ※ホームページをお持ちの法人会員様(名称に下線)については、名称をクリックすると
   企業・団体・法人様のホームページをご覧になれます。

〈30口〉
鹿島東部コンビナート連絡会

〈10口〉
鹿島西部地区企業連絡会、波崎地区企業連絡会

〈3口〉
アトンパレスホテル(株)石田丸漁業幸武建設(株)税理士法人タックス・イバラキ
白十字総合病院


〈2口〉
[あ行]
(株)アイオート、会津商会(株)、赤妻電気(株)、アクツ自動車工業(株)、NPO法人あすなろ会
荒野歯科医院、(株)五十嵐商事、(株)泉ハウジング、磯野電機工業所、
いばらきコープ生活協同組合、岩上歯科医院、★(株)上杉物産、エグゼコア、
★FVイーストジャパン(株)鹿嶋営業所、★エヌエス商事(株)太田保育園、★(有)岡野印刷、
★奥野谷浜産業(株)、★(有)おりかみ印刷

[か行]
(株)開成堂鹿島旭自動車ボデー(株)鹿島オート(有)、鹿島観光自動車(株)、
(株)カシマクオリティーライフ鹿島港湾運送(株)、(有)鹿島三星社、鹿島商館、鹿島食品(株)
鹿島信販(株)★(公社)かしま青年会議所、鹿島設備工業蝓鹿島都市開発(株)
(有)鹿島ト−ヨ−建創、鹿島灘診療所、鹿嶋ハートクリニック鹿島埠頭(株)
(株)鹿島臨海スポーツ、(株)鹿島冷熱神栖済生会病院、神栖市衣料品店会、神栖市商工会
★神栖市総合建設業協会、(有)かみす葬祭、カムラ薬局、(株)鴨安商店軽野保育園
★神田観光サービス(株)、きさき保育園、(有)ケイエス在宅介護サービス、こいえ産婦人科医院
向後セラミックス(有)(医)公慈会神之池バイオエネルギー(株)、広幢院、(株)宏洋、
光和デリカ(株)、コスメ・山本、★(株)寿商事、コビキ工業(株)、小若建設(株) 

[さ行]
(株)さくた(有)佐藤造花店、佐藤建設工業(株)、特別養護老人ホームしおさい苑、
JX日鉱日石インシュアランス(株)鹿島営業所、障害者地域支援センター潮風の郷、
(株)柴橋商会東関東支店、舎利保育園、常総開発工業(株)、城之内医院、
(株)常陽銀行神栖支店、(有)シルバーフライブ、(有)真和堂印刷、スポーツ盒供
清仁会病院、セントラル歯科医院

[た行]
大成商事(株)、(株)タイヨー、ダスキン銚子、中国木材(株)
千代田システムテクノロジーズ(株)東日本事業所、東洋工事(株) 、(株)トラヤ

[な行]
日栄建設(株)、日鉄住金物流鹿島(株)★にへいなかよしクリニック、日本通運(株)鹿島港支店

[は行]
白十字看護専門学校特別養護老人ホーム 白寿荘はさき漁業協同組合
波崎水産加工業協同組合はさき寿長生の家波崎ひかり保育園波崎旅館業協同組合
(株)花ヶ崎モータース、(有)浜松タクシー、ハミングハウスケアハウスばんなん賀
介護老人保健施設ばんなん白光園、(有)ヒショウ、人見医院、日の丸ギフト、ぴよぴよ保育園、
深芝保育園、(有)ふくしの、(株)フジカワ、(株)ふたば、豊栄電機(株)、細田牛乳店

[ま行]
牧医院、MAKOツーリスト、(株)誠、誠殖産工業、(株)マサキヤ、松崎薬局知手店、
★マリンピア神栖★丸全昭和運輸(株)鹿島支店萬徳寺保育園三国屋建設(株)
みだ保育園水戸ヤクルト販売(株)

[や行]
(株)山沢自動車、★柳川保育園、(株)山鉄、(有)山本運輸、山本石油(株)、豊造園(株)

[ら行]
(株)ロングライフ

匿名1件

2016年03月22日

《報告》平成27年度子育てサポーターフォローアップ研修会開催しました

日 時:平成27年3月14日(月)10:00〜12:00
会 場 :市保健・福祉会館 1階 趣味余暇活用室
参加者:サポーター16名
講 師:市保健師 山口直美 氏
 ファミリーサポートセンターでは毎年1回、『サポーターのサポート力!アップ』を目的に、フォローアップ研修会を開催しています。今年は、「再確認!赤ちゃんのお世話のポイント&育児の今昔」と題して、子育ての昔と今がどのように変わってきたかを教えて頂きました。
 昔の常識が今では全く違うものもあって本当に勉強になりました。


      熱心に受講中
kouzanoyousu.jpg
      おむつ替えの時は
omutugae.jpg


   座位でのげっぷの出し方
ikedasann.jpg
        保健師を囲んで
hokennsisann.jpg

【講習】
 子育ての考え方、あり方は、時代とともに変わってきています。母乳や白湯、果汁の与え方などは今と昔では全く違っています。昔は1歳で「断乳」が常識でしたが、今ではいつまでの決まりは無く、子どものペースに合わせて、子どもの方から自主的に授乳を止める「卒乳」が主流となっています。
 参加したサポーターからは、昔、常識として行っていたことが全く違っていたことに驚きで、「サポート時にお母さんに"白湯"とか飲ませた方がいいのではないですか?と言ってしまったことがありました。自分の常識が古かったのですね。タイムリーな講義でとても良かったです。」との意見も出ていました。
 その他「離乳食を始める時期」・「抱き癖に関する考え方」「親子を取り巻く子育て環境」などについて、昔と今の違いを、そして「揺さぶられ症候群」に関してはビデオを使って、講師自身の体験等も交えながら分かりやすく教えて頂きました。その後、実物大の赤ちゃん人形で、おむつの当て方やげっぷの仕方などを実技体験し、赤ちゃんとの接し方を学びました。

【意見交換会】
 赤ちゃん人形での実技体験の後、お茶を飲みながらの意見交換会を行いました。日頃のサポート中で感じていることや、事務局への要望など、さまざまな意見を聞くことが出来ました。預かったお子さんがなかなか泣き止まない場合の不安を語るサポーターさんに対して、「実は私も泣かれまして・・・その時は大変ですよね。」と共感してくれるサポーターさんがいたり、「場面を切り替えたり、子守歌を歌ったり、おんぶひもを持って行って、おんぶすると寝てしまうことも多いですよ。」などの経験上のアドバイスをしてくれる方もいました。当センターも貴重なご意見を参考に今後の運営に活かしていきたいと考えます。

  ★ファミリーサポートセンターは地域の中での育児の相互援助活動を行う会員制の事業をおこなっています。     (会員登録無料)
 詳細は下記までお問い合わせ下さい。
 かみすファミリーサポートセンター    
  神栖本所:0299−93−1029(担当:馬場・高森)                         
  波崎支所:0479−48−0415(担当:横田・沢田)

2016年03月18日

デイサービス(生活介護)事業 平成28年2月実績

 社協が神栖市の指定管理者として茨城県より事業所指定を受けて実施している「神栖市障害者デイサービスセンターのぞみ(生活介護)」の利用実績(平成28年2月分)です。

GEDC0206a.jpeg
▲節分 鬼のお面制作中
 2月の行事は節分。のぞみでは鬼のお面を制作しました。恐い顔の鬼やユーモラスな鬼など楽しい作品が出来上がりました。「節分メニュー」ではソイバーグや鬼まんじゅう・恵方ロールを堪能していただきました。

 デイサービス(生活介護)は、障害のある方が日常生活や社会生活を営むことができるよう、食事・入浴・排泄の介助や身体を動かすレクリエーションなど、介護スタッフのサポートの中で安心して仲間と楽しく一日を過ごして頂く通所型のサービスです。
 利用相談や見学は随時お受けしています。お気軽にお問い合わせください。

【事業別延べ利用者数】

 ◇生活介護事業(区分別)  延べ人数 4月からの累計
  区分2 0人 0人
  区分3 53人 605人
  区分4 56人 601人
  区分5 47人 526人
  区分6 89人 1,011人
     生活介護小計 245人 2,743人
 ◇基準該当放課後等デイサービス事業 17人 278人
   合 計 262人 3,021人


 センターの紹介はこちら!!
神栖市障害者デイサービスセンターのぞみへのお問い合わせはこちらです
  電話:0299−93−1063(直通) FAX:0299−92−8750 
  担当者:萬代(ましろ) / 乳井(にゅうい)

多くの善意をありがとうございます
(平成28年2月の善意銀行預託状況報告)

平成28年2月1日〜2月29日受付分 順不同・敬称略
【寄付金預託 合計248,850円】
社協の地域福祉活動へ
 矢口重機(有)                   1,320円(切手)
 JFE条鋼(株)鹿島製造所          247,536円(募金箱120個)

jfe-H28.2.29.jpg  JFE条鋼(株)鹿島製造所様より247,536円(募金箱120個)を寄付していただきました。社協保立会長より(写真右側)JFE条鋼(株)鹿島製造所 沢田所長へ善意の証が贈られました。


【物品預託】
使用済切手  合計12,062枚
使用済カード  合計519枚
茨城県鹿島下水道事務所、三国屋建設(株)、かみすシニアハイキングクラブ、沢井製薬(株)鹿島工場、横瀬小学校砂山子ども会、ビーエス工運(株)出荷センター、清明建設(株)、神栖大野原郵便局、神栖法律事務所 弁護士 安重洋介、増康弘、神栖郵便局、鹿島石油(株)鹿島製油所、(株)ティーエムエアー、岡野勝代、鹿島サンケン(株)、山家多美子、大勝建設(株)、ベルの会、山本嘉津雄、菅崎牛乳店、吉沢千栄子、匿名9件

ベルマーク
三国屋建設(株)、横瀬小学校砂山子ども会、鹿島石油(株)鹿島製油所、(株)ティーエムエアー、吉沢千栄子、匿名3件

使用済インクカートリッジ  合計212個
ワールドハウス鹿島営業所、匿名3件

その他
山本嘉津雄          書き損じハガキ1枚
矢口重機(有)         タオル32本
岡辺恵美子          車いす1台、おもちゃ多数
(株)ティーエムエアー    有機肥料30kg
カーブス神栖         日用雑貨多数、食料品多数
鳥居宏茌           雛人形、五月人形
岡野勝代           未使用切手3,040円分
匿名9件            書き損じハガキ61枚、未使用ハガキ99枚、タオル581本、ホチキス針5箱、
                 糊2個、外国紙幣1枚、乾電池(単三 100本、単一 50本)、
        

ご協力ありがとうございました。
善意銀行とは・・・

「うぃるかみす」平成28年2月の実績

sagyoufuku.png  住民参加型有償サービス「うぃるかみす」は、高齢者や障害者の世帯等で、買い物やお掃除、窓掃除、庭のお掃除等ができなくて困っている方のお宅にお伺いして、「ちょっとお手伝いしますよ」という住民の助け合い活動です。 社協のコーディネーターが利用会員と協力会員の調整役を行っています。状況によって一度に複数の協力会員で対応することもできますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【うぃるかみす活動実績(平成28年2月1日〜29日)】

実績 4月からの累計
 相談件数 19件 195件
 活動実績 50件 628件
 延べ利用時間 63.5時間 971.5時間
 新規協力会員登録 0名 24名
 新規利用会員登録 0名 58名

 また、協力会員として登録を希望される方は、センターの実施する養成講座を受講いただくことが必要です。今年度の養成講座は詳細が決まり次第お知らせしますが、協力会員として活動していただける方は事務局までご相談ください(随時入会可能です)。


「うぃるかみす」に関するお問い合わせは社会福祉協議会へ。

  神栖本所 0299−93−0294(下田)
  波崎支所 0479−48−0294(横田)

ボランティア登録状況(平成28年2月)

ボランティア登録状況(平成28年2月1日〜平成28年2月29日受付分)

mitsubachi.png

【ボランティア登録状況(平成28年2月1日〜29日)】

実績 4月からの累計
 団体登録数 0団体 85団体
 団体所属人数 0名 1,919名
 個人登録数 0名 67名

 ボランティアセンター(交流サロン)を利用される団体・個人の方には、ボランティア登録(年度ごと)をお願いしています。本会にボランティア団体として登録いただくと、交流サロン内のロッカーやコピーカードを利用できます。

 ★詳しくはこちら→ボランティア登録
 登録についてのお問い合わせは、ボランティアセンターまで、お気軽にご連絡下さい。

  神栖本所 0299−93−0294 (月〜土 8:30〜17:15)
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

2016年03月16日

平成28年2月交流サロン利用状況、相談実績

vorasen-28.2.jpg  交流サロンは少人数での会議や打合せ等、ご自由にご利用できます。  またパソコンも設置してありますので、インターネットでの調べもの等にご利用になれます。
 
 【左記の写真】
  バルーンで作ったひな人形!かわいいお内裏様とお雛様が並びました。
  今月のボランティアグループ『バルーンアートwa’mくーる』の作品です。
 『バルーンアートwa’mくーる』バルーン教室は、毎月1回(第3火曜日 午前10:00〜12:00)、交流サロンで開催。どなたでも参加出来ます!


ボランティアセンター交流サロン(神栖市保健・福祉会館2階)の利用状況について報告します。

【平成28年2月の交流サロン利用状況】

  
利用内容 利用延べ人数及び団体 4月からの累計
 打合せ・作業スペースの使用 108人 1,331人
 点訳室の使用 10人 116人
 録音室の使用 9人 86人
 掲示板、パンフレットラック利用 6団体 59団体
 パソコン、インターネット利用 2人 30人
※交流サロンでは社協ボランティア登録団体を対象にロッカーの貸し出し、コピーカードの貸し出しなども行っています。
※交流サロンは日曜日と年末年始を除き、8:30〜21:00まで、ボランティアの皆様の打合せなどで自由にご利用していただけます。

【平成28年2月のボランティア相談件数(内容別。波崎支所対応分含む)】

相談内容 相談件数 4月からの累計
 交流サロンについて 0件 0件
 ボランティア活動について 14件 139件
 ボランティア保険について 0件 6件
 福祉活動基金について 1件 2件
 善意銀行について 5件 24件
 災害時の対応について 0件 3件
 広報啓発の周知依頼について 0件 8件
 ボランティア同士の交流について 0件 0件
 福祉団体関係について 1件 27件
 福祉イベント関連について 0件 0件
 ボランティア講座について 0件 3件
 一人暮らし高齢者交流について 4件 14件
 地区目的サロン 1件 11件
 その他 1件 13件
 合計 27件 250件


★交流サロンの案内はこちら→交流サロンのご案内

 交流サロンを予約したい場合は下記にて承ります(お電話でも可)。
  神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
  茨城県神栖市溝口1746番地1 神栖市保健・福祉会館2階
  電話0299−93−1029

平成27年度一般・特別会員加入状況(最終報告)

 これまでに寄せられた一般会費(一口1,000円)、特別会費(一口5,000円)の現況を報告します。
 神栖市社協では、市内の全ての行政区のご協力のもとで一般会員、特別会員を募集しています。
(募集期間は各行政区にお任せしています)

sakura006.jpg  平成27年度は、神栖市内91の全ての行政区より会員加入をいただきました。
 ご協力ありがとうございました。
(加入総額:12,957,500円)

 行政区に加入されていない方は、社協本所、支所の窓口で直接受付しています。窓口へお越しになれない場合は、銀行振込による会員加入もご案内できますので、お気軽にご連絡下さい。

         平成27年4月1日からの受付分(順不同)
行 政 区 名 等 一般会費加入口数 特別会費加入口数 加入総額
横瀬行政区 133 133,000
日川行政区 298 1 303,000
萩原行政区 114 114,000
芝崎行政区 56 56,000
石神行政区 70 70,000
高浜行政区 124 124,000
田畑行政区 34 34,000
木崎行政区 83 1 88,000
溝口行政区 147 147,000
奥野谷行政区 135 135,000
知手行政区 271 271,000
柳堀行政区 194 194,000
一貫野行政区 110 110,000
亀の甲団地行政区 33 33,000
知手中央仲町行政区 92 92,000
知手中央東町行政区 318 4 338,000
奥野谷浜行政区 57 1 62,000
知手浜行政区 363 2 373,000
知手浜東団地行政区 75 75,000
日川浜行政区 27 27,000
横瀬団地旧深芝浜行政区 75 75,000
横瀬団地旧池向行政区 30 30,000
居切行政区 187 187,000
深芝行政区 167 2 177,000
平泉行政区 380 380,000
下幡木行政区 173 173,000
鰐川行政区 38 38,000
筒井行政区 212 212,000
立野行政区 108 108,000
賀行政区 102 1 107,000
浜松行政区 181 181,000
神栖行政区 172 172,000
泉町行政区 203 203,000
新港行政区 236 1 241,000
大野原行政区 579 579,000
息栖原行政区 127 127,000
息栖行政区 155 155,000
東町行政区 120 120,000
仲町行政区 57 57,000
西町行政区 83 83,000
東仲島東行政区 70 70,000
東仲島西行政区 81 81,000
西仲島行政区 82 82,000
東明神町行政区 127 127,000
東明神前行政区 121 121,000
明神前 166 166,000
浜新田行政区 191 191,500
本新町行政区 177 177,000
海老台行政区 149 149,000
本郷行政区 311 311,000
高野行政区 120 120,000
別所行政区 209 209,000
荒波行政区 63 63,000
石津行政区 165 165,000
仲舎利行政区 90 90,000
内出行政区 69 69,000
松本行政区 62 62,000
芝行政区 40 40,000
舎利浜行政区 65 65,000
仲新田行政区 106 106,000
清水行政区 70 70,000
東海行政区 88 88,000
西前宿行政区 131 131,000
上中行政区 83 83,000
川尻行政区 74 74,000
押植行政区 187 187,000
土合東行政区 90 90,000
土合西行政区 505 505,000
土合中央行政区 270 270,000
土合南行政区 407 407,000
土合本町中行政区 157 157,000
東松下行政区 136 136,000
西松下行政区 88 88,000
十町歩行政区 62 62,000
日和山行政区 53 53,000
東押揚行政区 61 61,000
西押揚行政区 118 118,000
東宝山行政区 120 120,000
西宝山行政区 237 237,000
太田新町行政区 270 270,000
東須田行政区 93 93,000
仲須田行政区 85 85,000
西須田行政区 57 57,000
須田浜行政区 60 60,000
須田団地行政区 222 222,000
相生行政区 56 56,000
高砂行政区 58 58,000
二本松行政区 56 56,000
若ノ松行政区 111 111,000
柳川団地行政区 79 79,000
北若松行政区 120 120,000
神栖本所窓口での受付分 11 3 28,000
波崎支所窓口での受付分 2 11 57,000
銀行振込での受付分 4 20,000
合  計 12,802 31 12,957,500

『社協会費』及び『会費の納入方法』の詳しい内容は…こちらをクリック 〔社協会費とは〕

2016年03月15日

ホームヘルプサービス事業 平成28年2月実績

helper3_fumira_soft.jpg  社協が法令や市の制度にもとづき実施している「ホームヘルプサービス事業」の活動実績(平成28年2月分)です。
 ホームヘルプサービスは、高齢者や障害のある方が在宅で安心して日常生活が過ごせるよう、介護員がご自宅を訪問し介護や家事援助などを行う福祉サービスです。


【訪問介護事業(介護保険制度 介護・介護予防サービス)】

 内容  件数(2月)  時間(2月)  27年度累計  27年度累計
 身体介護 4件 5時間30分 46件 48時間30分
 生活援助 67件 67時間00分 851件 878時間00分
 身体生活 29件 50時間00分 317件 552時間00分
 合計 100件 122時間30分 1,214件 1,478時間30分

【居宅介護事業(障害者総合支援法)】

 内容  件数(2月)  時間(2月)  27年度累計  27年度累計
 身体介護 65件 59時間00分 799件 556時間30分
 家事援助 64件 78時間30分 851件 978時間10分
 同行援護 1件 1時間00分 21件 37時間00分
 合計 130件 138時間30分 1,671件 1,671時間40分

【神栖市受託事業】

 内容  件数(2月)  時間(2月)  27年度累計  27年度累計
 軽度生活援助事業 7件 7時間00分 172件 172時間00分
 移動支援事業 0件 0時間00分 3件 7時間00分
 養育支援事業 0件 0時間00分 0件 0時間00分
 合計 7件 7時間00分 175件 179時間00分

ホームヘルプサービス事業へのお問い合わせはこちらです
 神栖社協指定訪問介護事業所
 ホームヘルプサービス神栖社協
  電話0299−93−1058(直通) 管理者:相良 / サービス提供責任者:池田

ボランティア活動保険加入者数(平成28年2月)

jimuin-4.png

【ボランティア保険加入者数(平成28年2月1日〜29日)】

ボランティア保険加入プラン 加入者数 4月からの累計
 基本Aプラン 0名 1,277名
 基本Bプラン 0名 13名
 天災Aプラン 0名 64名
 天災Bプラン 0名 17名
 合計 0名 1,371名

☆ボランティア保険は、
 ボランティア自身がケガをした場合の『傷害保険』と、活動中の事故により法律上の賠償責任を負った場合の『賠償責任保険』の2つの補償をセットにした『ボランティア活動専門』の保険です。

☆対象となるボランティア活動は、
 国内における、自発的な意思に基づき他人や社会に貢献する無償及び非営利の活動です。ボランティア活動を行うための活動場所と自宅との通常の往復経路途上も含みます。

☆ボランティア保険の保険期間は、
 保険期間は毎年4月〜3月末までとなっています。  年度途中の加入の場合は、加入申込手続き完了日の翌日午前0時から平成28年3月31日午後12時までが保険期間となります。
 ※現在、平成28年4月〜のボランティア保険の新規および更新手続きを、受け付けております。
 

災害ボランティアとして被災地に行く場合は
 居住地の社会福祉協議会で津波、地震などによるケガ等にも対応できる「天災型のボランティア保険」に加入して、活動に参加することをお勧めしています。
 
 ★詳しくはこちら→ふくしの保険


☆加入にあたっては、
 社協へのボランティア登録が必要となりますので、登録と合わせて保険加入手続きをとることをお勧めしています。なお、保険掛け金の一部は自己負担となりますのでご注意下さい。
各プランの内容等詳細はボランティアセンターまでお問い合わせ下さい。

  神栖本所 0299−93−1029 (月〜土 8:30〜17:15) 
  波崎支所 0479−48−0294 (月〜金 8:30〜17:15)

2016年03月14日

福祉車輌貸出事業 平成28年2月の貸出実績

【この事業は、社協会費を財源として実施しています。】
illust4360thumb[1].gif
 神栖市社協では、市内の高齢者や障害者などで車いすでなければ外出が困難な方を対象に車いすに乗ったまま利用できる福祉車両の貸出をしています。

 定期的な通院はもちろん、買い物や旅行などにも利用できます。利用には事前の申請が必要になりますので、利用の際は神栖市社会福祉協議会までお申し込み下さい。

【平成27年度 車輌貸出実績2月】

用 途 通院 一時帰宅 行楽 入退院 施設送迎 転院 その他 合計 貸出日数
2月 5 0 1 0 0 0 1 7 9

  (4月からの累計貸出件数 93件)

詳しい申込み手順については コチラ →低床カー及びリフト付き車輌貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:高岡・下田

  波崎支所(神栖市はさき福祉センター内)  電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本

介護機器貸出事業 平成28年2月の貸出実績

【この事業は、消毒料及び自動販売機設置手数料を財源として実施しています。】
illust676_thumb[1].gif
 神栖社協では、一時的な疾病等により日常生活に支障があり、介護保険制度や障害者自立支援法などの対象とならない在宅の方に対し、短期間介護機器を貸し出しています。
 貸出の申請は、神栖社協窓口(神栖本所及び波崎支所)へお申し込み下さい。

【平成27年度 介護機器貸出実績2月】

種 類 車いす
(自走式)
車いす
(介助式)
電動ベッド 歩行器 合計
2月 8 6 0 1 0 15

(4月からの累計貸出件数 149件)
  
■申込み手順については コチラ → 介護機器貸出事業

◆申込・問合先
 神栖市社会福祉協議会
  神栖本所(神栖市保健福祉会館 2階)   電話 0299-93-0294 担当:高岡・下田

  波崎支所(はさき福祉センター内)       電話 0479-48-0294 担当:横田・坂本

ことばと発達の相談室 平成28年2月の相談実績

khs2803.png  この相談室は「ことばが遅い・上手に発音できない・落ち着きがない・他の子とうまく遊べない・耳の聞こえが悪いのでは?」といった不安を抱えるお子さんやそのご家族を対象に言語聴覚士が指導・助言を行い心身の成長を支援します。

【平成27年度の ことばと発達の相談室 利用実績】

     4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
開催回数 4 5 4 4 4 4 4 4 4 3 4 44
利用者数 17 18 15 13 15 17 15 18 14 13 14 169


ことばと発達の相談室に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−0294 (担当:馬場・野口)
 波崎支所  電話 0479−48−0294 (担当:横田・篠塚)

2016年03月13日

かみすファミリーサポートセンター 平成28年2月実績

 かみすファミリーサポートセンターでは、子育てを地域で支援する「お子さんの一時預かり」活動を行っています。子育て経験者や保育士の有資格者が、サポーター養成講座を受講後、サポーターとして登録、活動しています。
 預かり場所は、利用会員宅やサポーター宅、女性・子どもセンターや児童館などの公共機関となっています。お子さんの年齢や保護者の方のご希望に合わせて、センタースタッフが安心して預けられるようにコーディネートします。お気軽にご相談下さい。
fs2803.png

【事業実施状況(平成28年2月1日〜29日)】

【活動実績】

件数/実績 4月からの累計
 活動件数(実績) 173件 2032件
 相談件数 71件 725件
 新規利用会員登録者数 8名 84名
 新規サポーター登録者数 0名 13名

【事業実績(内容別活動件数)】

活動内容 活動件数 4月からの累計
 保育施設の保育開始時や保育終了後の預かり 18件 158件
 保育施設までの送迎 2件 85件
 放課後児童クラブ終了後の預かり 16件 254件
 学校の放課後の預かり 4件 122件
 冠婚葬祭や他の子の学校行事の際の預かり 7件 77件
 買い物等外出の際の預かり 19件 157件
 子どもの習い事等の場合の援助 8件 77件
 保育施設、学校等が休みの場合の援助 2件 23件
 保育所等の施設入所前の援助 39件 198件
 保護者の就労時の援助 11件 262件
 児童クラブ開始前の預かりと送り 7件 170件
 その他 40件 449件
 合計 173件 2032件

ファミリーサポートセンターに関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−1029 (担当:高森・馬場)
 波崎支所  電話 0479−48−0415 (担当:沢田・横田)

2016年03月12日

日常生活自立支援事業 平成28年2月の相談実績

ky2803.png  日常生活自立支援事業は、相談からサービスの提供まで、社会福祉協議会が実施しています。各地域の社会福祉協議会で働く「専門員」「生活支援員」があなたのところにうかがいます。
 自分ひとりで契約などの判断をすることが不安な方や、お金の管理に困っている方などが利用できます。病院に入院されている方も、施設入所されている方も、利用できるサービスです。

※支援員とは・・・利用者のお宅などを定期的に訪問し、住み慣れた地域で安心して暮らせるよう支援する活動を行っており、神栖地域、波崎地域それぞれに1名ずつ配置されています。
※専門員とは・・・相談の受付、申請者の実態把握、支援計画作成、契約締結業務などを行っており、社協職員が担っています。

【事業実施状況(平成28年2月1日〜29日)】

相談件数 4月からの累計
 相談件数 2件 26件
 契約件数 2件 9件
 解約件数 0件 3件
 現契約者数 16件
 支援員活動件数 6件 58件
 専門員活動件数 14件 127件
 利用者ケアカンファレンス回数 1件 13件
 利用者ケアカンファレンス参加者数 8名 82名

日常生活自立支援事業に関するご相談、お問い合わせはこちらです
 神栖本所  電話 0299−93−0294 (担当:飯田・荒井)
 波崎支所  電話 0479−48−0294 (担当:坂本・篠塚)
※成年後見制度の利用に関する相談にも応じます。

2016年03月11日

地域生活支援センター 平成28年2月の相談実績

ts2803.png  社協が神栖市より受託している「障害者相談支援事業(神栖地域生活支援センター)」の活動実績(平成28年2月分)です。
 地域生活支援センターでは、身体・知的・精神障害者及び障害のある児童とそのご家族等からのご相談は、窓口への来所、電話、相談員の訪問、メールなどにより問題を一緒に解決するためのお手伝いをします。相談内容及び個人情報の守秘義務は厳守されますので、お気軽にご相談ください。

1.障害別相談 相談件数 4月からの累計
 身体障害 7件 118件
 知的障害 9件 85件
 精神障害 38件 418件
 発達障害 4件 61件
 その他(重複など) 4件 50件
 合計 62件 732件

2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 身体障害 4件 69件
 知的障害 5件 54件
 精神障害 15件 174件
 発達障害 0件 13件
 合計 24件 310件

3.障害支援区分認定調査 調査件数 4月からの累計
 身体障害 1件 20件
 知的障害 0件 8件
 精神障害 0件 8件
 その他(重複など) 1件 5件
 合計 2件 41件

地域生活支援センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖社協地域生活支援センター(神栖地域)
  電話0299−93−0294 相談支援専門員 三浦・飯田・馬場・高岡
 神栖社協地域生活支援センター(波崎地域)
  電話0479−48−0294 相談支援専門員 坂本・篠塚

高齢者相談センター 平成28年2月の実績

 社協波崎支所では、【波崎、矢田部、土合】の各地域を対象に「高齢者相談センター」を市から受託し開設しています。
 高齢者福祉サービスの申請代行、制度や事業の説明、安否確認や見守り等、高齢者の在宅生活を支援するための相談窓口として面接、電話、訪問などにより、きめ細かな対応をいたします。
 相談内容に合わせて必要なサービスへ繋ぎますので、介護などに関しての疑問や困ったことがあれば、なんでも相談して下さい。相談や支援にかかる費用は無料です。
ks2803.jpg

【社協波崎支所での相談対応件数(平成28年2月1日〜29日)】

相談形態 相談件数 4月からの累計
 電話 16件 133件
 訪問 23件 268件
 面接 13件 98件
 その他 2件 28件
 合計 54件 527件

高齢者相談センターへのお問い合わせはこちらです
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
  電話0479−48−0294  (担当:狩野・篠塚)

こころの相談室 平成28年2月の相談実績

 こころの相談室は精神障害等に関する相談窓口です。(カウンセリングではありません)
 ・心の問題などの悩みがあって病院にかかるべきか悩んでいる。
 ・家族や知人から精神科病院への受診を勧められているが、受診することや治療を受けることに不安がある。
 ・身内に心の問題を抱える家族がいて、これからどう関わっていけばよいか悩んでいる。
 ・精神障害者の利用できる福祉制度等について知りたい。
kks2803.png

 上記のようなご自身やご家族の気分の落ち込み、不眠、こだわり、精神疾患が原因と思われる不安や悩みの相談に作業療法士(精神科)、精神保健福祉士が応じます。(無料です)まずは電話でご相談ください。

・個室相談室によりプライバシーは保護されます。
・相談対応できる時間は1回の予約につき1時間です。
・相談はすべて予約制とさせていただいております。

【平成27年度 こころの相談室 利用実績2月】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
相談件数 19 7 21 24 13 23 16 20 16 15 11 185



「こころの相談室」問合せ先(無料です)
 神栖本所 電話0299−93−0294(担当:高岡・飯田)
 波崎支所 電話0479−48−0294(担当:坂本・篠塚)
 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

福祉総合相談 平成28年2月の相談実績

 社協の総合相談窓口(神栖本所、波崎支所)に寄せられた相談と訪問活動を報告します。
 社協は福祉の総合相談窓口として、家族が障害を持ったときや介護が必要になったときの相談に応じます。
 また社協では 共通の課題を抱える人同士が集まって、その共通の課題を題材に、情報交換や交流を通じて、理解を深めたり、お互いに共感しあえる当事者グループの活動を応援しています。当事者グループに参加したい、当事者グループについて知りたい方はお問い合わせください。
ss2803.png

【福祉総合相談(平成28年2月1日〜29日)】

1.内容別相談実績 相談件数 4月からの累計
 生活福祉資金 7件 104件
 生活福祉制度・事業等 10件 148件
 低額診療制度 0件 17件
 日常生活自立支援事業 4件 55件
 成年後見制度 1件 5件
 身体障害者福祉 2件 19件
 知的障害者福祉 2件 32件
 精神障害者福祉(こころの相談室) 11件 185件
 発達障害者福祉 6件 33件
 難病 1件 1件
 ひきこもり 0件 8件
 高齢者 1件 17件
 貸出事業(介護機器・福祉車輌) 2件 33件
 福祉教育出前講座 1件 19件
 その他 3件 34件
 合計 51件 710件


2.訪問活動 訪問件数 4月からの累計
 障害者関係 24件 310件
 高齢者 2件 19件
 難病者 1件 1件
 ひきこもり 1件 4件
 日常生活自立支援事業 22件 221件
 福祉教育出前講座 0件 121件
 生活福祉事業 3件 83件
 福祉用具貸出 1件 16件
 その他 1件 34件
 合計 55件 809件

★「社協の福祉総合相談」相談窓口はこちら(無料です)
 神栖本所 溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館内  電話0299−93−0294
 波崎支所 土合本町3-9809-158 はさき福祉センター内 電話0479−48−0294
 窓口開設時間 8:30〜17:15(月〜金曜日)

2016年03月10日

《報告》第217回地域ネットワーク勉強会を開催しました

cnn28.2.23.003.JPG ◆日 時:平成28年2月23日(金)午後7時〜午後9時

◆テーマ:「障害者就労支援の取り組み
      〜就労系福祉サービスの改正と就労支援のポイント〜」


◆講 師:鈴木はつ子氏
    (かしま障害者就業・生活支援センターまつぼっくり)

      西沢将行 氏
      (神栖市障がい福祉課 係長)

◆参加者:33名

 今回の勉強会は、就労系障害福祉サービスの制度改正を「神栖市障がい福祉課」の西沢さんに、障害者の就労支援の取り組みの現状についてを「かしま障害者就業・生活支援センターまつぼっくり」の鈴木さんからお話をいただきました。

cnn28.2.23.001.jpg
    障がい福祉課 西沢さん
 障害を抱えている方が働く場所として、一般就労と福祉的就労(就労移行支援事業、就労継続支援A型、就労継続支援B型)があります。就労継続支援B型事業所を利用できる条件は、50歳以上の者、⊂祿牡霑断金1級受給者、就労経験がある者であって、年齢や体力の面で一般企業に雇用されることが困難となった者、とありますが、平成27年4月1日より、上記に該当しない者が就労継続支援B型を利用する場合、就労移行支援事業所にて就労アセスメントが必要となりました。

★就労アセスメントとは
 働くことを希望する障害者が適切な「働く場」を選択するために必要な情報(就労面、生活面)を把握すること。アセスメント期間はおおむね1ヶ月で、支援する期間が同じ方向を向け、継続的な支援を行えるようになります。

★就労移行支援とは
 就労を希望する65歳未満の障害のある方に対して、生産活動や職場体験などの機会の提供を通じた就労に必要な知識や能力の向上のために必要な訓練、就労に関する相談や支援を行います。

★就労継続支援A型(雇用型)とは
 企業等に就労することが困難な障害のある方に対して、雇用契約に基づく生産活動の機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行います。

★就労継続支援B型(非雇用型)とは
 通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障害のある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識および能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。

 まつぼっくりでは、障害のある方が自立した生活が送れるように、生活だけではなく就労のワーカーたちが、一体となって、就職に向けた準備、就職活動や職場定着の支援、健康管理やお金の管理、生活に必要なことへの助言、住まいや余暇の活動などに関する助言などの支援をしています。
 毎年年度末になると、実績を数えながら離職した人の顔を思い浮かべては仕事を辞めるに至った状況を思います。誰もが長く働けることを願って就職しますが、色々な理由で辞めざるを得なくなる人もいます。
cnn28.2.23.002.jpg
    まつぼっくり 鈴木さん

 離職することが一概に悪いとは言いません。ダラダラといつの間にか仕事に行かなくなって・・・という辞め方はしてほしくはありません。色々な働き方があり、生活があり、それぞれの人生があります。1人ではできない事、1つのセンターではできない事がありますが、関係機関のみなさんと一緒に障害を抱える方の支援を考え、共に歩んで行けたらと思っています。と、鈴木さんはこれまでの支援を振り返った気持ちを参加者に伝えてくれました。

2016年03月09日

神栖市福祉作業所(神栖市指定管理事業) 平成28年2月実績

 神栖市福祉作業所きぼうの家は、「生活介護」及び「就労継続支援B型」のサービス提供を行います。作業や生活訓練のなかから、働くことの喜びや仲間と過ごす楽しさを通して、利用者の自信に繋がるよう自立と社会参加を支援させていただく施設です。

 東日本大震災から5年。きぼうの家では、震災以降毎月11日に毎月避難訓練を実施しています。 地震・火災・津波とその月によって訓練は変わりますが、自分の身を守る大切さは変わりません。 今後も、より安全にスムーズな避難が出来るよう訓練を重ねていきます。

kibouie.jpg  神栖市福祉作業所きぼうの家では、見学や利用についての相談を随時受け付けています。ご連絡をお待ちしています。
   <電話 0299−92−4113 担当:大川>

−平成28年2月度神栖市福祉作業所 きぼうの家月次報告− 

2016年03月03日

精神保健デイケアほのぼの 平成28年3月の予定

 3月の予定表ができました。

   今月の活動の目玉は、ウォーキングです。暖かくなってきた今日この頃、季節を感じながら日頃の運動不足を解消します。また、定例のフリータイム、調理やカラオケなどを実施していきます。

最新の予定表は下記をクリック!!

☆ ほのぼの予定表 ☆
2016.3.1ho.jpg
2月4日のおやつ作りでは、カスタードパイを作り、
参加者一同でおいしく頂きました。




 「青空」「ほのぼの」は精神障害を抱えるみなさんがメンバー同士で楽しめる活動をしたり、病気のこと、家族のこと、悩みや相談ごとなどを話し合える「集いの場」です。

波崎地区の「ほのぼの」活動予定
毎週火曜日 10:00〜12:00 (うち 第3火曜日が1日活動 10:00〜15:00)
毎週木曜日 10:00〜12:00 (うち 第1・第2・第3木曜日が1日活動 10:00〜15:00)

連絡先 0479-48-0294 担当 坂本・篠塚・横田

知的障がい児 預かり支援事業「やまぼうし」
平成28年2月の利用実績

 本事業は神栖市からの受託事業です。鹿島特別支援学校に通学している児童・生徒を対象に、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と児童が安全に楽しく過ごすことを目的として、はさき福祉センターで実施しています。

 また平成25年度より、やまぼうし利用児童・生徒を対象に夏休みなどの長期休暇中の日中一時預かりを本会独自事業として実施ししています。
skito.jpg

長期休暇中の預かり支援事業(神栖社協独自事業)
  春季 夏季 冬季 春季
4月 7月 8月 12月 1月 3月
稼働日数 3 9 19 3 4 38
利用実人数 3 3 2 2 2 12
利用延人数 4 8 15 3 3 33
利用登録者数9名  1日当たりの平均利用者数0.87名(定員3名) 
放課後預かり支援事業(市受託)
  4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
稼働日数 17 18 22 13 - 18 21 18 16 15 19 177
利用実人数 7 9 9 6 - 7 6 5 6 6 5 66
利用延人数 42 50 53 35 - 42 37 39 33 40 31 402
利用登録者数12名  1日当たりの平均利用者数2.27名(定員7名) 



【お問い合わせ先】
 神栖市社会福祉協議会 波崎支所
 筍娃苅沓后檻苅検檻娃横坑粥★堙帖坂本 

平成27年度神栖市社協 福祉感謝会
映画「わが母の記」上映会を開催しました。

 平成28年2月20日(土)、神栖市保健・福祉会館にて「平成27年度神栖市社会福祉協議会 福祉感謝会」を開催しました。
 当日は118名の来場者が見守る中、神栖市において社会福祉活動に関して功績があった個人10名、団体1組が表彰されました。受賞された皆様、おめでとうございます。
 式典終了後は、映画「わが母の記」を記念上映しました。多くの皆様のご来場、まことにありがとうございました。 

【アンケート集計結果(回収率70.3%)】
☆映画の内容…大変良かった(68.7%)・良かった(21.7%)・普通(1.2%)・未回答(8.4%)
☆映画の感想(一部掲載)
 「母と子の絆の深さ、しみじみ感じました」
 「家族の思いやりに感動した」
 「認知症の親を見送りましたが、親の気持ちを理解出来ませんでしたが、今日、少しわかったような気がしました。ありがとうございました。」
☆福祉感謝会へのご意見(一部掲載)
 「表彰される方々には素晴らしい活動にいつも敬意を表します」
 「ボランティア活動は本当に大変だと思います。紙上ながら皆様によろしくお伝え下さい」
 h28.2.20-1.JPG


h28.2.20-2.JPG h28.2.20-3.JPG
 
平成27年度神栖市社会福祉協議会会長表彰
 社会福祉の分野で国、茨城県、茨城県社会福祉協議会、神栖市などから表彰を受けていない方を対象とし、在職・活動期間は平成27年4月1日(民生委員・児童委員は平成27年11月30日)をもって算定しています。

平成27年度表彰者(順不同)

■民生委員・児童委員 【在職期間が9年以上で、現職の者】
 ・中村一男 様   ・菱木三惠子 様
 ・田中宥吉 様   ・久永起代枝 様

■社会福祉団体・施設の役員 【在職期間が10年以上で、現職の者】
 ・関口幸子 様 (神栖市遺族会女性部長)
 ・山間松代 様 (神栖市身体障害者福祉協議会副会長)
 ・下田洋子 様 (舎利保育園理事)

■社会福祉施設の職員 【在職期間10年以上かつ年齢40歳以上で、現職の者】
 ・伊藤幸恵 様 (神栖市立大野原保育所)
 ・濱田千枝 様 (神栖市立大野原保育所)

■社会福祉の進展に大きく寄与
   【ボランティア活動期間が3年以上であり、現在も活動する個人又は団体】
 ・川和政徳 様
 ※平成23年3月11日の東日本大震災当時、市内において、飲料水の給水補助やがれきの撤去などの活動を率先して行うなど、市内の災害支援に尽力されました。また、現在も毎月1〜2回、宮城県や福島県などに出向き復興支援ボランティアとして活動しています。
 ・フレンズモニカ 様
 ※平成12年4月発足。特技のハーモニカを活かした演奏のボランティアとして、施設等へ定期的に訪問し、高齢者や障害者との交流を楽しみながら取り組んでいます。毎週木曜日は合同練習を行い、依頼があれば市外の施設へも出向くなど、積極的な活動を継続しています。

2016年03月02日

★社協職員レポート 〜精神保健デイケアの取り組み〜

   神栖社協では、平成16年度より、精神保健デイケア(市より一部委託)を行っています。
 この事業は、創作活動や調理、カラオケ等の活動を通じて、同じ障がいを抱える方同士が交流を深め、生活リズムの構築や達成感を味わうことで、社会参加へのきっかけとなることを目的としています。  
DSC06141.JPG
フリータイムでの一コマ。
自分のやりたい活動を選んで取り組むことができます。


 生活リズムを整えたい、仲間を作りたい、就労へのステップなど参加メンバー(以下、「メンバー」)は、それぞれ目的を持って、デイケアに参加しています。ただ、対人関係に不安や緊張があって思っていることを上手く伝えられない、どのように伝えたらいいか分からないなど、自分の想いを表現することが得意ではないメンバーもいます。そのため、関わるスタッフは、「メンバーが安心して過ごせるようにどのような関わり方が適しているのか」、「どのような活動プログラムが社会参加への手がかりとなるだろうか」といったことを常々意識しているところです。


fashion_misanga_micanga[1].png
 その中で印象に残っている出来事は、数年前からデイケアに参加しているAさんです。
 Aさんの活動時の様子は、音楽を聴いたり、ファッション雑誌を読んだりしており、他のメンバーと話すことはあまりなく、スタッフからの声かけに対しても消極的な反応でした。その姿は、スタッフとして関わっている私にとっては、どこか馴染んでいないように映りました。そのため、まずは少しでも安心感を持ってもらえるよう、本人の好きな音楽やファションを話題に声かけを続けていきました。「はい」、「そうです」など、一言、二言だけのやりとりから「○○のファッションが好きだ」、「雑誌で気に入った服は通販で買っている」など自分のことを話してくれるようになりました。

 その後、「ファション雑誌に載っているようなアクセサリーを作ってみたい」との要望があったので、早速、材料を揃えて、一緒にアクセサリー作りを始めました。作り方をある程度覚えると、自分の分、家族の分と次々と作りあげており、充実感に満ちた表情から、その方のペースに合わせ、エンパワメントを引き出せるような関わりが大切であると改めて実感させられました。

 デイケアでは、活動を通じて、「安心して過ごせる」→「達成感や充実感を味わう」→「就労へチャレンジ」や「生活習慣の安定」といった、メンバーそれぞれの目標を持ってもらえたり、意欲を高められたりできるような取り組みを目指していきます。

 デイケアは、精神科に定期的に通院中で主治医よりデイケア利用の了解を得られている精神障害を抱える方を対象とし、神栖地区(「青空」)、波崎地区(「ほのぼの」)の2ヶ所で活動を行っています。(今年度は、青空:26名、ほのぼの:9名の方が登録)
 活動について詳しく聞きたい方やグループ活動への参加に不安がある方への訪問も行っています。デイケア利用の希望がある方は、ご相談ください。

 【問合せ】   神栖本所 地域福祉推進センター 電話 0299−93−0294(担当:高岡、野口)
          波崎支所 地域福祉推進センター 電話 0479−48−0294(担当:坂本、篠塚)

★「精神保健デイケア」の活動についてもっと知りたい方はこちらへ
http://www.kamisushakyo.com/11/13/

本所地域福祉推進センター T

2016年03月01日

かみす社協ニュース平成28年3月号を発行しました

表面

平成27年度社協法人会員様ご紹介
パート職員募集(看護職員)
平成27年度 神栖市社会福祉協議会会長表彰
第218回 地域ネットワーク勉強会のお知らせ
 (見方を変えればうまくいく!〜「発達が気になる子」支援の鍵はリフレーミング〜)

裏面

「発達が気になる子」への支援の輪を広げています
 〜発達障害児支援への神栖市社協の取り組み〜
身近な地域で開催!3月のわくわくサロン・子育てサロン
当事者グループからのお知らせ 介護者の会「わかば」
障害者デイサービスセンターのぞみ・福祉作業所きぼうの家
つもる善意 平成28年1月1日〜1月31日受付分

かみす社協ニュース平成28年3月号