【福祉教育出前講座】大野原西小学校4年生

270916.nisi01.jpg  大野原西小学校4年生児童63名は、総合的な学習の時間で『ひとりひとりがかがやけるまち』をテーマに、自分の住んでいる地域の人々に目を向け、福祉の意味を理解するため、調べ学習を進めてきました。
 9月16日(水)は自分達が調べた事柄について深く学ぶために、社協職員による福祉の講話や車いすとアイマスク体験に取り組みました。



■車いす体験
270916.nisi02.jpg  当事者役と介助者役に分かれ、学校内の体育館前から歩道に出て、体験を行いました。普段の学校生活で歩いていてもあまり気にならないちょっとした段差や坂道でも、自分で車いすを操作するのに四苦八苦。介助者役のちょっとのお手伝いとやさしさによって、車いすで困難な道でも進めることが分かりました。


■アイマスク体験
270916.nisi03.jpg  校舎内を当事者役と介助者役にわかれて体験を行いました。普段歩き慣れている校内でも、アイマスクを使って視覚を遮られると、不安感が強くなりまが、介助者役の様々な声かけで歩行する際の安心感が生まれます。『相手の立場に立って、自分はどのようなことができるのか』と考えながら体験に取り組むことができました。


 当日ご協力頂きました父兄の皆様、ありがとうございました。

 社協では、地域のボランティアのご協力をいただきながら小、中学校をはじめ、PTA活動、企業等への福祉の出前講座を行っていますのでご活用下さい。

お問い合わせ
神栖市社会福祉協議会
 【神栖本所】 神栖市溝口1746−1 神栖市保健・福祉会館内
          電話0299−93−1029(担当:下田)
 【波崎支所】 神栖市土合本町3丁目9809−158 神栖市はさき福祉センター内
          電話0479−48−0294(担当:坂本)
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します