平成27年度事業計画書及び収支予算書

 平成27年3月26日に開催された第4回理事会、第2回評議員会で、平成27年度事業計画及び予算が議決されました。

 本年度は、神栖市社会福祉協議会第4次地域福祉活動計画(平成27年度〜31年度)の重要なスタートの年となり、本会に求められる、地域福祉を推進する中核的な専門機関としての役割をさらに発揮し、地域住民の安心した暮らしを応援していきます。



 また、今年度は新たに下記の取り組みを進めます。

・市地域包括支援センターが設定する3つの日常生活圏域中1圏域に、担当コミュニティソーシャルワーカーを配置し、きめ細かい相談対応から課題発見、課題解決に向けた支援体制づくりに着手します。

・認知症、知的・精神障害などにより判断能力が十分でない人が地域で自立した生活を送るため保護、支援をする「成年後見制度」の利用ニーズに応えるため、本会が「法人後見」の機能を担うための準備、必要な調整を27年度中に完了させます。


 なお、事業計画書5ページ中「(8)デイサービスの運営」及び「(9)福祉作業所の運営」について、理事会及び評議員会での議決に基づき内容を修正しております。

PDFファイル平成27年度事業計画書及び収支予算書(PDF)
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します