《報告》第7期発達障害療育者研修会(5日目)を開催しました

 ◆日 時:平成27年1月15日(木) 午後7時〜午後9時

 ◆テーマ:『子どもの特性から考える保育の工夫2』

 ◆講 師:公益財団法人 鹿島病院精神科医
       佐藤奈美氏

 ◆参加者:27名
DSCF9834.jpg

 発達障害療育者研修会5日目。今回の講師は前回に引き続き、鹿島病院の佐藤先生。「子どもの特性から考える保育の工夫」をテーマに、前回の復習を踏まえて、発達暦聴取や対応方法のポイントについてお話いただきました。

 ★発達障害療育者研修会についてはコチラをクリック!→第7期発達障害療育者研修会


 発達歴聴取のポイントとして、出産時状況や始歩、始語、指さし確認、視線が合うか、呼ぶと振り向くか、生育環境、現在の症状など、様々な面を確認していきます。その後、本人の特性に合わせて具体的な療育方針を決めます。また、興味の高いこと、もう少しで出来そうなことを把握して療育に利用し、現段階での対応が将来的に有用な方針であることも考慮することが必要です。

 11月20日から始まり5週連続で実施した「第7期発達障害療育者研修会」。全課程を修了された21名のみなさん。本当にお疲れ様でした。発達障害の基本から専門的な知識まで、幅広くそして深く理解を得られた研修会になったと思います。今後も、みなさんの熱意と共に発達障害児・者へのサポート体制を強化できるように神栖市社協も邁進していきます。
 そして、今回の研修会にご協力頂いた講師のみなさん。ありがとうございました。


★全課程を修了された受講生の方々へ
 平成27年2月21日(土)に開催される『神栖市社会福祉協議会平成26年度福祉感謝会』で修了証の授与式を執り行う予定です。都合により全課程を修了できなかった方々も感謝会に出席することは可能です。感謝会については、毎月発行している「神栖社協ニュース」や、このホームページでもご案内をさせて頂きます。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します