<報告>楽しかったね! 平成26年度 やまぼうし「夏の交流会」

 7月30日(水)、やまぼうしを利用している家族、鹿島特別支援学校PTA波崎支部の家族、支援員、他協力者、総勢35名が集まり、恒例の『夏の交流会』を矢田部公民館を会場に実施しました。
 交流会は今年で5年目を迎えます。夏休み中は放課後支援事業も休みとなることから、家族や地域の皆さんにも参加頂き、放課後支援事業のPRと、当事者・家族と社協、他関係機関とのよりよい連携づくりを目的に実施しました。
 当日は、親子で体験して頂いたムーブメント療法、餃子の皮を使ったスナック作り&アイスクリームのトッピングのミニ調理、そして高校生のお姉さんと一緒に“お菓子釣り”をして楽しく過ごしました。夏休みの楽しい思い出が出来ました。
koryukai-12.jpg
簡単でおいしい ミニスナック作りに挑戦!!

 当日、ご協力頂きました神栖市児童発達支援事業所 早田恵子氏、鹿島特別支援学校PTA波崎支部、神栖市母子寡婦福祉会の皆さん、波崎高校2年生(山田未来さん、高神真梨花さん、田山遙香さん、濱崎茜さん)、ご協力ありがとうございました。

みんなで楽しく交流しました。写真で見る当日の様子

koryukai-6.jpg koryukai-8.jpg koryukai-15.jpg koryukai-17.jpg koryukai-2.jpg koryukai-19.jpg

 「やまぼうし」とは、神栖市社協が神栖市より受託している知的障がい児放課後支援事業の通称です。
 鹿島特別支援学校に通学する児童を対象に、ご家族がお迎えに来るまでの間(16:00〜18:00)、児童をはさき福祉センター内でお預かりし、ご家族の身体的・精神的負担の軽減と児童が安全に過ごすことを目的としています。
 また、やまぼうし利用児童・生徒を対象に夏休み等の長期休暇中の日中預かり支援(14:00〜17:00)を本会事業として実施しています。

問い合わせ先
神栖市社会福祉協議会 波崎支所地域福祉推進センター
TEL:0479−48−0294 担当:横田・坂本
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します