★社協職員レポート
 〜デイサービス〜

 神栖市社協では、市より指定管理者として指定を受けデイサービスセンター(通所介護事業所「やわらぎ」と地域活動支援センター「のぞみ」)を運営しています。今回はデイサービスセンターについてご紹介します。

GEDC0600a.jpeg

★お月見の時期にはかわいいウサギさんで食事を楽しんでもらいました。

 利用者さんと職員の会話です。
 昼食前、食堂に向かう廊下で利用者さんの車椅子を押しながら職員が話しかけます。
 「今日のおかずはおでんですって!私おでん大好き。だからコンビでよく買ってしまうの。大根も味がしみててとってもおいしい。でも一切れ100円もするのよ!100円出したら大根一本買えちゃうよねー」

 「種買えば50円もしないよ〜」

 「本当だね!? 大根の種だったら100円出したら何本もとれちゃうね!」

 今はもう畑や田んぼはやっていないその利用者さんですが、農家を営んでいた経験はなくしていない一言でした。認知症のあるこの利用者さんからの思ってもいなかった返答に職員は驚いていました。

 高齢者の中には認知症の方もいらっしゃいます。ご紹介した利用者さんは、記憶の消失はあまりみうけられませんが、不安感が強く、「できねぇよ〜」が口ぐせです。手先が器用で何でも上手にこなせているのに不満があるようで几帳面な性格であることが理解できます。不安を口にされるたび、職員は「大丈夫ですよ、上手にできていますよ」と声をかけ励ましています。だいぶ慣れていらしたように感じますが、いつもと違うこと(行事など)に過敏に反応され恐怖を感じられるようです。最近職員が声をかけると安心していただけるようになりました。

 認知症になったからといって、それまでの人生が消えてしまうわけではありません。利用者さんの人となりを大事にし、少しでも楽しい有意義な生活ができるよう今後もお手伝いしていきたいと思います。

 デイサービスの職員は、全ての利用者さんに対してその様子を確認し、共通な理解をもつことに努力し、利用者さんに合わせてチーム力を発揮しながらかかわっています。
 通所介護事業所「やわらぎ」は来年3月をもって閉所することが決まりましたが、今後も利用者さんを理解していく努力をつづけ、さりげなく優しいサポートを心がけ、安心して過ごしていただけるよう接していきたいと考えています。     在宅福祉サービスセンター  N 


【ある日のデイサービス】
GEDCTH080.jpg
★この日は”ビュッフェ”を楽しんでいただきました。
GEDC0609a.jpg 
★神之池アリさん公園にでかけました。

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します