平成25年度事業計画書及び収支予算書

 平成25年3月28日に開催された第4回理事会、第2回評議員会で平成25年度事業計画及び予算が議決されました。

 本会の活動の中心は引き続き、社会福祉の整備が遅れた、支援の手の届きにくい分野の福祉向上を図ることとし、行政や他の機関・団体では取り組むことが困難な課題に対応し、相談支援体制の整備をはじめ、各事業の企画・実施など、それぞれ中立性と専門性をもって実施します。

 また、今年度は新たに下記の取り組みを進めます。

・鹿島特別支援学校に通う児童生徒の、長期休暇中の日中一時預かりについて事業化し、25年度の夏休みより本会独自事業として提供します。

・障害者福祉分野の法改正を受け、市より受託運営する障害者相談支援事業(障害者地域生活支援センター)を中心に「ケアプラン作成(計画相談)」等、市との連携のもとで取り組める体制づくりを行います。

・神栖市養育支援訪問事業ヘルパー派遣業務を新たに受託(神栖市こども課)し、養育支援が必要な家庭に対し、こどもの生活支援に資する日常生活上の援助活動を、本会訪問介護員が行います。

PDFファイル平成25年度事業計画書及び収支予算書(PDF)

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します