常陸太田市社協 山田支部様
視察研修のご来局、ありがとうございました。

h24.10.10 shisatu.JPG  平成24年10月10日(水)に常陸太田市社協 山田支部の皆様(総勢25名)が、神栖市での3.11の震災時の状況と当時の災害ボランティアセンターの設置・運営、神栖市社協の取り組みについて、視察研修に来局されました。
 神栖市社協では、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災を教訓に、平成21年12月に「災害ボランティアセンター立ち上げマニュアル」を作成。
 今回の3.11の震災時はこのマニュアルを活用し、状況に合わせた対応ができたことで大きな混乱はなかったこと、市災害対策本部との連携・協力により、スムーズに対応できたことなどを報告しました。
 (※参考1→災害ボランティアセンター立ち上げマニュアル
 また、神栖市社協の取り組みについては、第3次地域福祉活動計画の概要から神栖市の地域事情に合わせた事業展開とその手法、ホームページの活用や広報誌の発行により積極的に情報公開していることを中心にお話しさせて頂きました。
 (※参考2→第3次地域福祉活動計画
 高齢化率や歴史、生活環境など、地域事情の違いがあり、ご期待に応えられたかどうか不安ではありますが、今回の視察研修で何か一つでも参考になれば幸いです。
 遙々神栖市までお越し頂きありがとうございました。
ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します