akahane.jpg赤い羽根 共同募金運動が始まります

 平成24年度 共同募金運動が、本日10月1日より全国一斉にスタートしました。

 神栖市でも、行政区の協力による戸別募金、市内の協力店等での募金箱設置、職域募金等に取り組みます。寄せられた募金は、私たちのまちの様々な地域福祉活動の支援に役立てられます。ご家庭や職場、外出先等で募金の機会がありましたら、ぜひご協力下さい。

募金方法(1) 行政区を通じて

運動期間 10月1日(月)〜10月31日(水)
 地域福祉推進員(各行政区の区長)さんを中心に、組長さん、班長さん等のご協力いただき、行政区ごとにお願いする募金です。

募金方法(2) 市内に設置された募金箱で

募金箱の設置期間 10月1日(月)〜12月31日(月)
 子どもから高齢者まで誰もが、募金したいときに自由に募金できるよう、市内のレストラン・商店・病院などにご協力をいただき、市全体に100カ所以上の募金箱を設置しました。
 まちのいろいろな場所で、募金箱をみつけてみて下さい。
 なお、募金箱設置協力店は今後も募集を続けます。ご協力いただけるレストラン、商店、病院などありましたらご連絡下さい。

 DSCN1240.JPGDSCN1587-1.JPG

平成24年度共同募金 募金箱設置協力店のご紹介
※募金箱は各施設等の開館日・営業時間に合わせて設置されています。

akaihane_2.gif

募金の額と「赤い羽根」

 行政区を通じた募金、募金箱へ入れる募金、どちらも金額に決まりはありません。募金をするかどうかも含めて、自由な協力をお願いしています。

 「赤い羽根」は、募金に参加したことを表す「共同募金」のシンボルとして、募金をいただいた際にお渡ししています。裏面にはシールが付いているので、衣服等にもつけることが出来ます。羽根は募金箱のまわりにもおいてありますので、お気軽に募金いただき、みんなで羽根を身につけましょう!

akaihane_2.gif
寄せられた募金は「地域の福祉活動」のために使われます

<神栖市内の福祉活動(社会福祉協議会の事業として実施します)>

 ■高齢者福祉活動
  ○一人暮らし高齢者を対象とした日帰り遠足の実施(年1回)
  ○一人暮らし高齢者を対象とした会食型食事サービス「さわやか会食会」開催
  ○地域わくわくサロン活動の支援

 ■障害児・者福祉活動
  ○ことばと発達の相談室事業
    知的障害、発達障害児とその親に対し言語聴覚士が実施する個別の相談室。
  ○こころの相談室事業
    精神障害や、こころの悩み等を抱える方の身近な相談室。
  ○発達障害児サポート相談事業
    保育士や幼稚園教諭等を対象に、現場での支援に関する相談に応じます。

 ■児童・青少年福祉活動
  ○○福祉教育出前講座の実施

 ■福祉育成・援助活動
  ○福祉推進員の設置(市内の全行政委員さんを推進員として委嘱)
  ○広報紙「ボランティアセンターマガジン」発行(費用の一部)

 ■ボランティア活動育成事業
  ○ボランティアグループ活動の振興
  ○ボランティア講座、交流会の開催
  ○ボランティア交流サロンの運営


<茨城県内の福祉活動>
  ○県内の社会福祉施設の整備のために
  ○県内の民間社会福祉団体の活動支援のために
  ○県内のNPO法人の活動支援のために
  ○災害支援・救援活動のための準備金として積立



akaihane_2.gif

お問い合わせはこちらです

★社会福祉法人茨城県共同募金会
  水戸市千波町1918     電話 029-241-1037
  茨城県共同募金会のホームページ

★茨城県共同募金会神栖市支会(神栖市社会福祉協議会内)
  神栖本所 溝口1746-1    電話 0299-93-0294
  波崎支所 土合本町3-9809-158 電話 0479-48-0294
 
 


akaihane_2.gif

 

共同募金についてもっと知りたい

  中央共同募金会のホームページ

  神栖市社協ウェブサイト過去のエントリー(共同募金関係)

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します