ケアマネジャー活動報告《8月次》

社協ケアマネジャーは、利用者お一人おひとりの暮らしに合ったケアプランを策定するため、利用者の身体状況や生活環境を確認する訪問(月平均約130件)を行っています。
 お話をお聞かせ頂く中で、本人や家族に過度に負担は生じていないか?福祉サービスの過不足はないか?そして何より家族内での役割を発揮できているかに重点を置いたモニタリングをしています。
 利用者の暮らしに、しっかりと配慮するケアマネジメントを心がけています。

−平成23年8月度神栖社協かみす指定居宅介護支援事業所月次報告− 

info1.JPG

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します