災害ボランティアセンター情報 第50号(H23.5.8 10:00発信)

神栖市災害ボランティアセンター 5月7日(土)の活動報告

ボランティア登録状況
 登録累計 ‥‥‥‥ 個人91名、19団体  
 ※新規ボランティア登録は4月17日を
  もって一時休止しています

ボランティア依頼の受付
 5月6日までの受付件数 ‥‥ 426件
 5月7日の受付件数 ‥‥‥‥‥ 2件
 受付件数の累計 ‥‥‥‥‥ 428件
 キャンセル ‥‥‥‥‥‥‥‥ 23件

現地調査
 5月6日までの調査件数 ‥‥ 30件
 5月7日の調査件数 ‥‥‥‥ 0件
 調査件数の累計 ‥‥‥‥‥ 30件

活動件数
 5月6日までの活動件数 ‥‥ 396件
 5月7日の活動件数 ‥‥‥‥‥ 2件
 活動件数の累計 ‥‥‥‥‥ 398件

 


godtohoku.JPG

仮設トイレ清掃ボランティア小島さん(右)
新しい活動を計画中です。     

この日の活動内容
 ・仮設トイレ清掃 1件(あすなろ児童公園−今日で活動終了)
 ・仮設給水所(給水車)による飲料水の給水補助 1件(池田興産東側駐車場)

   心温まる善意の活動をありがとうございます。<災害ボランティアセンター>


 長い間、市内の仮設トイレ清掃ボランティアをしてくれた小島さんが災害ボランティアセンター窓口に来てくれました。

godnote.JPG 

市内仮設トイレ情報がぎっしり
詰まった小島さん特製ファイル

 今日、小島さん(初めてお名前を紹介しています)は、トイレ清掃ボランティア活動の終了を報告するために、センターを訪れてくれました。

 小島さんは震災直後からほぼ毎日、最近では特に上下水道の復旧が困難な堀割、深芝地域を中心に仮設トイレ清掃をしてくれていました。左写真のファイルは、神栖市内の上下水道復旧状況とあわせ、「どこの地域のトイレがよく使われそうか」を考える材料として、常に最新情報を揃え、このデータをもとに清掃場所を決めていたそうです。


 しかし、5月に入って徐々に「掃除したトイレがキレイなまま」になってきた、と小島さんは言います。

 仮設トイレ利用が少なくなってきたということは、それだけ復旧作業が進んだということで、小島さんはトイレの汚れ具合から、地域が復興に向かっていることを肌で感じ、清掃活動の終了を決心したそうです。

 今日まで清掃したトイレは延べ104か所。1ヶ月半という長期にわたり、活動を継続してくれた小島さんに対し、改めてボラセンスタッフ一同、感謝申し上げます。ありがとうございました。


 horiwaritoiret.JPG

 一時期は非常に利用のあった「堀割三丁目」
 仮設トイレ。現在は利用も少なくなりました。


 なお小島さんは今後、東北地方でのボランティア活動を計画しているそうです。どこに行ってもそのボランティアスピリットで充実した活動ができるよう、これからのご活躍を応援しています。

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します