災害ボランティアセンター情報 第16号(H23.4.6 11:00発信)

神栖市災害ボランティアセンター 4月5日(火)の活動報告


ボランティア登録状況
4月4日までの登録…個人68名、16団体
4月5日の新規登録…個人 3名、 0団体
登録累計 …… 個人71名、16団体

ボランティア依頼の受付
4月4日までの受付件数 … 123件
4月5日の受付件数 ……  8件
受付件数の累計 …… 131件
キャンセル …… 5件

現地調査
4月4日までの調査件数 … 18件
4月5日の調査件数 … 1件
調査件数の累計 … 19件

活動件数
4月4日までの活動件数 … 107件
4月5日の活動件数 … 6件
活動件数の累計 … 113件


kawarafall.JPG

kawaraclean.JPG


活動内容 …屋根から落ちた瓦の撤去・搬出 1件
        乳児のいる家庭へお湯(入浴用)をお届け 1件
        仮設トイレ清掃 2件(しらゆり児童公園、ひかり街区公園)
        高齢者デイサービスセンターでの生活用水運び 1件
        給水車による飲料水の給水補助 1件


 「地震で自宅の屋根瓦がたくさん落ちてしまいました。落ちた瓦をまとめるのは一人でやれますが、集積場への搬出が出来なくて困っています。」という相談が災害ボランティアセンターに寄せられました。相談者は一人暮らしの高齢者。災害ボラセンは早速現地へ向かい状況を確認し、この日、3名のボランティアとともに瓦搬出のお手伝いをしてきました。

 写真(上)は現地調査時(4月1日)の様子です。屋根から滑り落ちた瓦が家の周り、ベランダ等に散乱していました。一部はご本人の手で集められていましたが、瓦の量や重さなどを考えると、とても高齢者ひとりの力でできるものではありませんでした。

 この日活動してくれた3名のボランティアさんは、いずれも力仕事に自信のある人ばかり。持ち込んだコンテナに瓦の破片をどんどんまとめ(写真下)、自ら運転する軽トラックに載せ震災ごみ集積場へ搬出。運んだ瓦は軽トラック2往復分になりました。

 協力してくれたボランティアさん、ありがとうございました。ボランティア活動とはいえ、内容によっては今回のように重労働であったり、特に神栖では自身が車を運転しての移動を伴うものもあります。くれぐれも安全面や健康面にはご留意下さい。また、皆さんが息の長い活動を継続していただけるよう、私たちも「依頼者の立場」、「活動者の立場」双方を尊重したボラセン運営に努めていきます。<災害ボランティアセンター>

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します