【報告】ファミリーサポート会員交流会開催しました!(かみすファミリーサポートセンター)

平成23年3月3日(木)午前10時〜12時 
 (参加者:親22名・子ども26名・サポーター17名 総勢65名)
 
 3月3日のおひな祭りの日、会員間や一般の方との交流を図り、今後のサポート活動をよりスムーズにすることを目的にこの会を開催しました。今回のテーマは「♪赤ちゃんと一緒にベビーダンス&子育てアドバイス♪」でした。前半、子育ての悩みや不安を保育士さんに聞いてもらい、後半は赤ちゃんをだっこしてのベビーダンス!!参加者は楽しくお勉強したり、ダンスで心地よい汗を流したりして、リフレッシュしたひとときを過ごしました。


<hoikusisanho-mupe-ji2.JPG
みんなで一緒に手遊びうた
 bebi-dannsuho-mupe-ji.JPG
赤ちゃんもうっとりベビーダンス

……【前半】 市保育士さんによる子育てアドバイス……
講  師 :うずも保育所主任保育士(高崎奈穂子氏) 
      はさき保育所主任保育士(有馬 悦子氏)

 お子さんが食事を食べ過ぎたり、食べてくれないというお母さんの悩みに保育士さんは、「食事は楽しんで行うことを一番の目標にすることが大切で、集団生活が始まるようになると自然とみんなの様子を見て同じ量になっていくのであまり心配しないでね。」や「どんな悩みでも一人で抱え込まないで口に出してみると心が軽くなりますよ」とのアドバイスがありました。
 途中で子どもたちが飽きないように,たくさんの手遊び歌などを歌ってくれたり、「いないいないばぁ」などのお勧めの絵本の紹介があったりと楽しい充実した時間を過ごすことができました。
また最後に「絆」という曲もスライドを見ながら聴きました。歌詞が子どもの気持ちの立場で書かれている曲で、みなさんじっと聴き入っていました。


kanekosennseiho-mupe-ji1.JPG
笑顔が素敵な金子由佳先生
 hoikusihjho-mupe-ji.JPG
指人形あそび紹介している保育士さん

……【後半】」 ベビーダンス……
講 師  :日本ベビーダンスインストラクター 金子 由佳氏

 先生の楽しい軽やかなかけ声でベビーダンスが始まりました。赤ちゃんをしっかり抱っこして、まずは基本のステップ!少しづつレベルアップして、最後には「どんぐりころころ」の歌に合わせてダンスしました。おどり終わった時には思わずみなさんから拍手も出ていました。泣いていた赤ちゃんもダンスが始まるとスヤスヤ眠り、全部の赤ちゃんがお母さんの胸の中でうっとりした様子でした。参加者のママ達も楽しく体を動かし心からリフレッシュしていました。
 サポーターさんはダンスに参加できない少し大きいお子さんたちを遊ばせながら見守ってくれていました。「明るい優しいサポーターさんばかりで、気軽にお願いできました。本当に助かりました。」との感想もありました。協力して頂いたサポーターのみなさん本当にありがとうございました。
 
 ※かみすファミリーサポートセンターでは、これからも市民のみなさんが参加できる講座や交流会を開催していきます。講座の内容は、本会ホームページおよび広報紙「かみす社協ニュース」「ファミリーサポートセンター通信」にてお知らせします。

かみすファミリーサポートセンターはこちらから

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します