福祉教育出前講座「神栖市立大野原西小学校4年生編」

 大野原西小学校4年生(2クラス80名)は、6月に車いす、アイマスクの2種目の体験を行っており、体験をさらに深める取り組みとして、1月20日に車いすを利用している方、視覚障害のある方との交流会を行いました。
 事前の体験で感じた疑問や普段の生活の工夫など、積極的に質問する子どもたちの眼差しは真剣でいきいきとしていました。
 体験学習と交流会によって様々な人々の地域の暮らしを知り、普段の生活では見過ごしてしまう「ちょっとした気遣い」が大切であることを感じて頂きました。
h23.1.20nisi2.JPG h23.1.20nisi3.JPG

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します