善意銀行

13WEA11Azennginnnij.JPG 当センターでは、みなさまからの寄付金や物品の寄付を善意銀行として受け付けています。預託された金品は、寄付される方の意向に添って様々な福祉に役立てられています。
 受付は社協各支所にて行っております。皆様の善意をお寄せ下さい。

寄付金の預託について

 寄付には指定寄付と無指定寄付があります。
 指定寄付は預託者に寄付先を決めて頂き、善意銀行を経由して払い出しされます。
 無指定寄付は社協地域福祉活動基金に積立られ、その果実が市内の福祉ボランティアサークルの活性化支援や、ボランティア協力校への活動支援等に活用されます。

※寄付をしていただくと所得税や法人税の優遇措置が受けられる場合があります。
【個人の場合】
確定申告等によって、所得税法(第78条)の「寄付金控除」をうけることができます。
【法人の場合】
確定申告によって、寄付金額の一部を法人税法(第37条)の規定により、「損金算入」することができます。

知っていますか? 使用済み切手やカードの使われ方

 皆様からご寄付頂いた使用済みの切手やカードは、市町村社協を経由して茨城県社協に集められ、専門業者等に買い取ってもらい換金されたのち、茨城県内のボランティア活動支援のために役立てられます。
 みなさんも家庭や職場で切手やカードの収集ボランティアを始めてみませんか?
※封筒などから切手をはがす必要はありません。切手部分の周囲を5mm〜1cmあけて切り取ってください。

kitute.jpg


書き損じハガキ


 書き損じハガキは、1枚5円で未使用ハガキと交換できますが、社協では預託された書き損じハガキを、日本ユネスコ協会連盟(http://www.unesco.jp/)へ送付し、そこで取り組む「世界寺子屋運動」に役立ててもらっています。


 世界寺子屋運動とは…世界には、学校に行けない子どもが7,200万人もいます。そして学校に行けずに大人になり、文字の読み書きができない人が7億7,400万人もいます。この運動は、東南アジアやアフリカの国々の政府や教育機関、NGO(非政府団体)が読み書きを学べるように教育の機会を提供するもので、地域の発展を支える人材の育成を目的としています。


応援しよう! ベルマーク運動


 ベルマークは2,000種以上の商品についているので普段の買い物でも自然に集まります。マークの周りを余裕を持って四角に切り、集まったら社協各支所へお持ち下さい。社協に集められたマークは市内の参加学校へ払い出しをします。

 ベルマーク運動とは、参加登録した学校や幼稚園などのPTAや大学、公民館がマークを集め、ベルマーク財団に送るとマークの表示点数1点を1円に換算し積み立てられ、自分たちの学校に必要な教材備品購入費にあてる活動です。

 また、購入費の10%がベルマーク財団に寄付され、財団で貯められた資金は、へき地校をはじめ、養護学校、盲学校、ろう学校、災害被災校、そして海外の小規模日本人学校や途上国の学校などで勉強している子どもたちの支援に向けられています。

 "捨てればゴミ、集めれば子どもたちが喜ぶ宝物!" 誰もが気軽にマークを集めるだけで、国内外の子どもたちへの支援につながっていきます。


物品預託出来ないもの


 中古物品

・保証書、取扱説明書等がなく安全が保証できない物

  チャイルドシート、車椅子、ベッド等

・年数経過でメンテナンスや廃棄処分が見込まれる物

  車椅子、歩行器等の福祉用具、文庫本、ビデオ、カセットテープ、

・中古物品で受付が出来ない物

  パソコン、電化製品等
  
・再利用に適さない物

・個人で使用した物 ・・・ シャワーチェアー、ポータブルトイレ等の介護用品、介護服、医療物品

衣類を寄付したい時は?

 「不要になった衣類を寄付したいのですが」・・・という問い合わせがありますが、残念ながら当センターでは直接お受けでしておりません。しかし日本国内には、中古衣料や雑貨類の寄付を募り、活用して海外支援などを行っている団体があります。ご相談いただければ、現在活動している団体の紹介できます。

★その他、上記以外のものについては、一度ご連絡をお願いします。

神栖市社会福祉協議会 ボランティアセンター
神栖本所
〒314-0121 茨城県神栖市溝口1746-1 神栖市保健・福祉会館 2階 地図
 電話: 0299-93-1029(直通) FAX: 0299-93-2333(専用)
波崎支所
〒314-0343 茨城県神栖市土合本町3-9809-158 神栖市はさき福祉センター内 地図
 電話: 0479-48-0294  FAX: 0479-48-1294

メールアドレス mail@kamisushakyo.com