高次脳機能障害を考える会

 この会は高次脳機能障害を抱える方や、同じ家に暮らす家族の「つどいの場」です。お互いに不安や悩みを話し合ったり、高次脳機能障害についての勉強会を開いています。

★お問い合わせは神栖市社会福祉協議会まで
  神栖市溝口1746−1 神栖市保健・福祉会館内   電話0299−93−0294

 「高次脳機能障害」とは、病気や事故などの原因で脳が部分的に損傷を受けたために、言語、思考、記憶等の知的な機能に障害が起きた状態を指します。

 この障害は普通に人との関わりができているように見えていても、「誰と会ったか、何を話したか、忘れてしまうこと」がありますので、周りの方々に障害を理解してもらうことや、忘れていることを前提とした関わりが必要不可欠になります。

 この障害を理解してもらったり、相談ができないといった悩みを持っている方々がお互いに話し合い、情報交換したりできる機会として、この『高次脳機能障害を考える会』を発足しました。

 事故による脳損傷は誰もがその可能性を否定できるものではありません。高次脳機能障害とその取り巻く環境について、家族の方はもちろん、医療・福祉関係の方も一緒に考えていきませんか?

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します