精神障害者 家族のつどい

 この会は精神障害を抱える子どもや兄弟と一緒に生活している家族の「つどいの場」です。お互いに不安や悩みを話し合い共有し合うことで、「精神障害」についての正しい理解を深め、より良い家族関係を築いいくことを目的とした月1回の定期的な家族交流会です。
 精神障害者本人にとって最も身近な家族による病気や生活のしづらさの理解は、本人の安心した地域生活に直結します。通院や服薬、家族以外の人々との関わりの大切さや社会資源の有効な活用方法など毎回様々なテーマを元に気軽に話し合えるつどいですので是非ご参加ください。

★お問い合わせは神栖市社会福祉協議会まで
  神栖市溝口1746−1 神栖市保健・福祉会館内   電話0299−93−0294

★家族のつどい 参加者の声
Aさん
「“つどい”に参加して自分ひとりではどうすることもできない不安や悩みを他の家族の方たちにうちあけることで、同じ悩みを抱えている人がいることを知ったり、同じ経験を乗り越えてきた人にアドバイスをいただいています。話を聞いてもらえるだけで元気が出ます。そしてまた頑張れます。“つどい”で元気をもらって ファイト! オー!」

Bさん
「みなさんの話をうかがうたびに精神障害という障害の大変さを身近に感じます。家族にしかわからない“つらさ”、“大変さ”、表面からはわからない病気の深さ、“つどい”に参加して勉強中です。」

Cさん
「最初は、なぜ息子が?と将来を悲観し息子との関わりもギクシャクしていましたが、この会に参加し皆さんのお話を聞かせて頂くたびに私自身のこころが軽くなり、不思議と息子との関係も自然になってきました。今では一人で悩んでいたことが何だったのか・・・ありがとうございました。」

ボランティアセンター ウェブサイトへ移動します